ぼくたち3きょうだい

皆さまこんばんは!

今週は比較的のんびり生きてます。最高!

粗大ゴミを捨てたり保護猫たちと遊んだり、余裕があるのはいいことですね。

でもどんなにせわしなく緊張が張り詰めたとしても、ふと気が緩む瞬間があるのです。そうすると我が家の闘病トリオ(べべ、ほほ、さぶ)の行く末について考えてしまう。

加齢著しいIBDのべべがもしまたがんを発したら?

いや? ノーマークのナナ、リル、あまぱんが病気になったら?

もうすでに歩行困難の域に達したほほの将来は?

そして、慢性腎不全ステージ4目前のさぶ……

 

まあ、考えても仕方ないですよね^^;

今日はさぶの自宅補液です。打たれるスナイパーの抵抗が最小限でありますように。

IMG_4956

 

 

 

さて、ひさびさに我が家の保護猫ゾーンをのぞいてみましょう!

 

保護猫いせやん、さんきゅう、寿子は1日中ほとんど一緒にいます。

IMG_3659

 

 

人間にも猫にも厳しかったいせやん氏が徐々に軟化してくれたのも一因ですが、私はさんきゅう&寿子の醸し出す空気がいせやんを変えたのだと思います。

IMG_3658

 

 

みんなで遊べるのはもちろんのこと、ごはんやお昼寝も仲良くできます。

 

 

ちなみに、いせやんを怖がらずマイペースに彼に接した保護猫の元祖はこのお方↓

IMG_2370

 

 

2月22日(にゃんにゃんにゃんの日)に保護した卒業猫素なうあらため麦さん。麦さんこそいせやんにいじめられても「?」を貫き、いつの間にか男性同士の友情を築いた第一人者!

麦さんの天性のゆるさがいせやんを溶かしたのですね。

 

こちらは最近の麦さん↓ 相変わらずゆるいです(笑)。

IMG_4686

 

 

里親さん、癒し満点のお写真ありがとうございました。麦さん幸せそう♪

 

麦さんと同じ血が流れているからか? いせやんはさんきゅう&寿子にいじわるせず、むしろ先輩保護猫としてふたりにごはんをゆずるなどかいがいしく面倒を見ています。

 

「いせにいはやさしいのよ」

IMG_3651

 

 

そうね。でも、うまく言えないけどそれだけじゃない気がする。

 

あなたたち3きょうだいの独特なやわらかい雰囲気がいせやんにはわかったんだね。

 

 

さんきゅうを保護した時点では私、なにも知りませんでした。ただ、さんきゅうを保護しようと格闘していた際に、小ぶりの三毛猫とすれちがったのです。

IMG_3301

 

三毛猫ですから当然女の子です。ほっといたら子猫を産むにちがいありません。そういった意味で次はこの子を保護すべきだと腹を括りましたが、あそこまで本気になったのは自分の「とりこぼし」に気づいてからでした。

 

あの大雨の日にさんきゅうを保護した私は、翌日また現場に行ってみました。

 

小柄の三毛猫にせめて不妊手術だけでも受けさせなければ、と思ったのです。

 

現場でしばしうろついていた私は、アパート横の畑付近で三毛猫を見かけました。

捕獲箱を設置するも入らず。昼、失敗、夜、失敗、翌昼、失敗、その夜失敗……

 

「空腹でもなさそうだし、三毛ちゃん、警戒心が強いなあ……」

IMG_3765

 

 

同じことを数度繰り返す中で私は三毛猫のごはんの面倒を見ていた男性に出会いました。

 

男性は当初不審者風の私と捕獲箱を警戒していましたが、徐々に話を聞かせてくれるように……。

 

一年ほど前、母猫が飢えた赤ちゃん猫3匹を連れて男性宅に現れたそうです。猫を飼ってはいないけど猫が好きだった男性は、情にほだされ餌やりをはじめてしまいました。

 

そのうち、母猫が失踪。生死は不明。

 

赤ちゃん猫たちは消えたお母さん猫の言いつけどおり、自力で毎日男性宅に通いつづけてごはんをおねだりしました。雨の日も極寒の日も、3匹並んでやってきたそうです。

それが「麦さん」と「さんきゅう」と「寿子」でした。

 

話を聞いてはじめて、私が保護した麦さんに2匹のきょうだいがいたことを知り、うち1匹が保護して間もないさんきゅうだったことを知り、すれちがった三毛猫が最後に残ったきょうだいであることを知りました。

 

つまり私が三毛猫から肩を寄せ合って生きてきたきょうだい2匹を奪ってしまったのです。

 

あのときの焦燥感と後味の悪さをたとえる言葉が見つかりません。

 

三毛猫は最低でもTNRを、などと言っていられなくなったのです。

 

もう絶対に保護するしか道がない。

この子たちの運命を私が変えてしまった以上、最後の子を外には残せない。

 

切迫しているにも関わらず、保護は難航しました。もはや捕獲箱は無用の長物で、唯一三毛猫を触れる男性を説得し直接キャリーに入れてもらうしか方法が思いつきません。

 

けれど男性にも感情はあります。

外とはいえ一年間面倒を見てきた子と別れるのは淋しいのです。「保護」の大義を振りかざし私の正論をぶちまけて戦うのは得策ではないので、まくし立てずに「やんわりお願い」作戦に徹しました。

連日のように男性のもとに通いました。最後は便箋2枚びっちりの手紙に世間話で聞き出した男性の好物のプレゼントを添え祈る気持ちで待ちました。

 

それからいろいろあって(割愛)数日後……私の願いが通じました。

男性が意を決して三毛猫を捕まえ、私に電話してくれたのです。

 

ああああああありがとう!

 

こうして、時期はずれましたが麦さん、さんきゅう、寿子の全員が703号室にやってきました。

 

消息不明の母猫がのこした3匹のヨチヨチたちをみんな保護できて幸せです。

 

 

近隣住民から「大迷惑!」と罵られながら外で生きてきたさんきゅうと寿子ですが

IMG_3650

 

 

ご家族からは熱烈な「大歓迎!」を受けています(笑)。

IMG_3654

 

 

然るべきところに然るべきものがおさまるとLOVEが生まれますね。

 

 

LOVELOVE

 

 

 

 

スポンサーリンク





女の底力(天音)

昨夜直木賞作家の森絵都さんがお忙しい中母の店に来てくださいました。森さんとはちょくちょくお会いしていますがふたりきりで飲むのは約7年ぶり。ディープな話をしつつ最近の私にしてはつい飲んでしまい、帰宅後ブログの更新ができませんでした。森さんがタケノコを頬張っている写真は次回勝手にUPします。森さんに怒られませんように^^

 

さて、本日は天音の保護宅(マイ太郎さんのご実家)へ遊びに行った日の様子を。

 

マイ太郎さんを私が車で迎えに行きました。千葉のご実家へ向かう途中、ホームセンターへ寄り天音のちゅーる(おやつ)を大量買いするマイ太郎さん。太っ腹です。

IMG_4261

 

 

私が天音に差し入れたD-フラクションプレミアムやリジンを飲ませるためにもちゅーるは必須。なにより、天音が喜んで食べるものを食べさせてあげたいとのおやさしさからです。

 

経済的に自立しているマイ太郎さんを「余裕のある人」と括る方もいるかもしれませんが、私はマイ太郎さんがこういうお金を捻出するために地道に節約しているのを知っています。

残業でヘトヘトの日も家で食べたほうが安いからと自炊し、自宅でお茶を煮出してはペットボトルにコツコツ詰め替え……お母さま同様、お金の大切さを知っている方です。

 

だからよりいっそう天音にお心を砕いてくれるおふたりに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

「あら? 来たの? マイねえとハハいらっしゃい♪」

IMG_3092

 

 

「ここがわたしの“ホームステイ”のおうち」

IMG_4263

 

 

「マイママさんが毎日丁寧におうちを磨いているからキレイでしょう?」

IMG_3100

 

 

「床は鏡みたいにピカピカ」

IMG_3102

 

 

「わたしも散らかさないよう気をつけているの。余計なお仕事を増やしたくないもの」

IMG_3133

 

 

「マイママさんが家事にいそがしい時間は窓辺ですごすのがわたしの日課」

IMG_3095

 

 

「一段落するとマイママさんはかならずわたしを抱いたり撫でたりしてくれる」

IMG_3118

 

 

「マイねーがわたしに作ってくれたマタタビキッカー」

IMG_3139

 

 

「マイママさんと遊ぶの楽しい」

IMG_3142

 

 

「今日のおやつは なあに?」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

「はやくちょうだい」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

「ハハ~ グルメリポーターみたいにかわいく撮ってね」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

「遊ぶのも大好き」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

「わたしずっとこうしたかったの」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

おそらくもう若くはないであろう天音の中には少女とオトナが混在しています。

 

どっちの天音も素敵ですが、無邪気な少女顔のときはこちらも頬が緩みますね。

 

すごくえらいし、魅力的な女性です。

IMG_3098

 

 

マイママさんが見た目も味も美しいランチを用意してくださいました。

IMG_3110

 

※運転手ですからお酒じゃなくてジュースですよ!

 

甘いものもいただいてしまい……あれもこれもすみません^^;

IMG_4274

 

 

そしていつものスタイルに。言い訳ですが肝臓病患者は食後こうするといいんですよ(笑)。

IMG_4280

 

 

天音を囲い女子トーク。マイママさんの「ちょんこアルバム」を見せていただきました。

IMG_4282

 

 

マイ太郎さんがまだ小さな頃に拾って帰った「愛犬ちょんこちゃん」の一生が詰まったマイ太郎家の宝物の一冊です。

IMG_4281

 

 

あどけない子犬の時分から17歳で亡くなるまで。

 

ちょんこちゃんアルバムをめくると涙が溢れます。

 

今の日本で……いえ数十年前の話ですから当時の日本でこれだけ大事にしてもらえる犬猫がどれほどいたでしょうか? ちょんこちゃんアルバムの中にこもっているのはご家族のちょんこちゃんへの情のみならず、人間としての器の大きさ、成熟度、家族としての完成度の高さかもしれませんね。

 

改めて天音を幸せな猫だなあと思いました。

 

たとえ生涯の一時でもこのようなお宅に身を置き安全に暮らせるのは有意義です。

 

 

天音、がんばってきてよかったね。終の棲家が見つかるまでここにいていいんだよ。

IMG_3106

 

 

会社を休んで天音の通院などもしてくれているマイ太郎さん。

IMG_3099

 

 

ささやかながらおふたりにちょこっとしたプレゼントをお渡ししました。

IMG_4278

 

 

前日ショップで迷いに迷ったカップの色。結局マイママさんのイメージに合う桜色をチョイス!

IMG_4242

 

 

気に入っていただけたようでうれしいです♪

 

 

マイ太郎さんの力作、リビングゲート。通風もでき飛び出し防止にもなります。

IMG_3152

 

 

うらやましかったのはグランドピアノ

IMG_3148

 

 

天音とは関係ない写真ですが、ド貧乏で団地住まいだった私には無縁かつ憧れです。もちろんピアノがあっても私は弾けませんけどね(苦笑)。

グランドピアノはマイ太郎さんのお姉さまが使っていたそう。お姉さまは現在もピアノを教えるお仕事をしています。かっこいいな。

 

あ、また話が逸れた^^;

 

 

先述のとおり、保護猫天音は若くありません。

 

何歳かは不明ですがシニア層でまちがいないです。

 

家族募集にあたり、シニア猫が有利でないことは百も承知です。

 

しかしマイ太郎さんも私も、天音のこれまでの一切の微塵も否定したくありません。

 

シニア猫が里親サイト上で有利でないとしても、私たちは天音の積み上げてきたものが誇らしいです。天音をほめてあげたい。

 

老いるのは悲しいことではありません。

 

天音は生まれたての子猫よりたくさんの経験を積んできた“猫の達人”です。

 

生きる者は終わりに向かって歩いているのではなく、明日に向かって歩いている、と思います。

 

逆境の中生き残った儚げなあなた

IMG_4268

 

 

一途で勇敢で惚れ惚れします。

 

天音、女の底力を見せてくれてありがとう。

 

私たちも女の底力をあなたに見せなきゃね。

 

必ずあなたを幸せにします。約束する。

 

 

 

スポンサーリンク





打たれるスナイパー

にわかには信じがたいでしょうが私にはマジメで几帳面な一面があるのです。

私は日々自分にノルマを課しています。

ぐうだらのくせに……いやぐうだらだからこそ? いつの頃からか、スケジュールを立てそれに添って動く習慣ができました。

 

しかし今日は怠惰の感情に負け、最終的に7割程度しかこなせませんでした。

悔しいです。なんか損してる気がするこういう生き方(笑)。

 

予定していた保護猫天音の記事は次回にさせてください。現在写真を整理中です。

 

 

先日会ったときに撮った一枚。物静かな天音嬢は窓辺が似合うなあ♪

IMG_3115

 

 

 

さて、我が家の闘病トリオのひとり、さぶが今回の主役!

 

 

準備完了!

IMG_3633

 

 

先日、太田夫妻にさぶの自宅補液がうまくいかないことを愚痴ったら、やさしい太田さんがぽーちゃんのおさがりの保定着を送ってくださいました。

 

天国に眠るぽーちゃんの抜け毛つき。感慨深いです。どうもありがとうございました。

 

 

「よしやるか? おれ注射とかきらいだから おてやわらかに頼むな」

IMG_3634

 

 

「おれの点滴は毎度ふたりがかりなんだよな」

IMG_3636

 

 

「つい暴れて……ごめんな」

IMG_3637

 

 

「おーたさん この服気に入ったありがとな。おれがスナイパーや特殊部隊にみえるか?」

IMG_3635

 

 

「まあ 打たれるのはおれだけど」

IMG_3640

 

 

「つらいな……これが死ぬまでつづくのか?」

IMG_3639

 

 

150mlを週に2回。さぶのストレスは不憫ですが、どうにかステージ3を維持したい。

IMG_3641

 

 

点滴に使うグッズは少し離れた病院に買いに行くことに。

消耗品はちょっとでも安く譲ってくれるところがいいに決まっています。昔、保護猫まーもの点滴セットを買いにその病院に向かおうとして道中交通違反で捕まり余計に高くついた苦い経験を踏まえ、安全運転を心がけながら上手に切りつめていきたいです^^;

 

さぶ、がんばれなくなったらもう言わない。

 

がんばれるうちはがんばれ!

 

できることはなんでもしてあげる。

 

 

“ありがとう”

 

ずっと応援してくださるピチコさまより大量の物資のプレゼントが届きました。

IMG_3631

 

 

これだけの量を定期的に送ってくださるピチコさま。恐縮の限りです。すべてありがたくつかわせていただいています。保護猫たちにも良質なフードを与えることができて幸せです。

 

さて、ぐうだら主婦は明日ゆるいノルマにしますかね?

 

皆さまもよい一日をお過ごしください。

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





じゅん部長を訪ねて

ごはんを炊いてチチに粗食を用意し私は部長のもとへ参ります。

IMG_4842

 

 

部長就任のささやかなお祝いを助手席にいざ出発!

IMG_4845

 

 

「おれとめいが2年生になったんだよ」   (写真:みいさん)

IMG_4883

 

 

そう。譲渡から一年以上経ったんだよね。めい、じゅん改めておめでとう!

 

本日は前に紹介したFIVキャリアの卒業成猫めい&じゅんの誕生日パーティでした。里親さんにご招待され、みいさんMIHOさんも一緒です。

 

ママさんが用意してくれたオシャレケーキを囲みながら人間女子5人わいわいおしゃべり^^

IMG_4881

 

(↑写真:みいさん)

 

小人姫さまは食べこぼしに備え機能的なよだれかけ姿で場を和ませてくれました。

IMG_4871

 

もうなにしても萌える。ビジュアルがママそっくりの美人さん!

 

 

じゅん&めいのお家のいくつかのグッズなどをパパラッチコラージュしました。

IMG_4885

 

①ママ手作りのピンクのお花のリース

②広々としたリビングはほぼ猫グッズだらけ(キャットタワーの写真)

③数台あった給水機

④ベランダへ出てしまわぬよう脱走防止の柵がしっかり立てられていました。

⑤最近追加したアイテムは自動給餌機

⑥各扉にあとづけで作られた「猫ドア」はママの力作! のこぎり片手にがんばりました。

⑦玄関の柵には「ねこいます」のかわいい三毛猫イラストつき看板が♪

 

写真におさめきれないほどの猫グッズのひとつひとつに里親さんの愛を感じました。実にあたたかい住空間ですね。

 

接待部長に昇格したはずのじゅんはママのクローゼット内にブランちゃんと篭城^^;

IMG_4873

 

 

めいはベッドの下に隠れてしまい、一目会えただけでした。(写真:里親さん)

IMG_4879

 

 

でもいいの。あなたたちが幸せにやっているのはママさんのツイッターを見て知っているから今回はチラッと顔を見せてもらえれば十分。ママさんとお話をしたかったしね。

 

 

「そうか? ならいいけど。あのとき、おれたちちょうど隠れんぼ遊びの最中だったんだよ。ごめんな。気を悪くせずまたおれんちに遊びにきてな」   (写真;みいさん)

IMG_4882

 

じゅんじゅん、承知しました。また遊びに行っちゃう行っちゃう!

 

ママさん、みいさん、MIHOさん、小人姫さま、私の5人の会話は傍から見るとかなり意味不明だと思いますが、私たちはみーんな最高に楽しかったです。

 

ご準備くださったママさん、ご多忙の中、ありがとうございます。

みいさん、MIHOさん、あたたかい眼差しでじゅんたちを見守ってくれてありがとう。

慈悲深い方と交わり合うのは至福ですね。いいエネルギーをたくさんいただきました。

 

おみやげまでいただいてしまいました。お手紙やご支援もありがとうございます。

IMG_4887

 

めい、じゅん、ブラン、気難しい性格の上、年齢不詳のオトナ3匹。3匹全員がFIVキャリアです。しかしどの子も毛づやピカピカで食欲旺盛ときてますから、ママさんの日頃のケアのよさに感謝せずにはいられません。めい&じゅんを大切にしてくださりありがとうございます。

 

善き里親さんの出会いこそが私の命の源です。

ないとやっていけません。生きていけません。私の心が死んでしまうのです。

 

今日の感動を糧に天音の家族募集をがんばりたいと思います。

 

めいじゅんブランママさん、いろいろとお疲れさまでした。どうぞゆっくりお休みください。

みいさん、MIHOさんありがとう。おふたりのおかげで場が盛り上がります。

 

 

では来週もがんばりましょう!

 

おはようございます。

おやすみなさい。

 

 

 

スポンサーリンク





巣立ったあとの一歩

今夜のタケノコ族は絵本作家のスギヤマカナヨさんご一家(左上)、私の活動を応援してくださっている麗しの女性おふたり(左中)、妹のお友だちさいちゃん夫妻(左下)でした。

IMG_4836

 

 

カナヨさーん! 母と私に羊羹のおみやげ(右上)ありがとうございました。

保護猫さんきゅう&寿子ペアもうちのリルもタケノコを食べに店にやってきました(ウソ)。

かわいいからコラージュに入れてみただけです(笑)。

このほか永澤さんのご友人夫妻もいらっしゃいました。みんな台湾タケノコに夢中です。

 

 

あ、言っておきますけど私はタケノコばかり食べているわけではありません。やることもやってますからね。今いちばん力を注ぐべきなのは保護猫天音のご縁探し!

 

マイ太郎さんと密に連絡を取り合い気持ちをひとつにがんばります。

123

 

 

ああマイ太郎さん作の「天音のあまあまモードコラージュ」に胸がきゅんきゅんします。

マイ太郎さん写真教室参加しなくていいですよ。私より先にみいさんになっちゃう。

まあでも、天音は写真より実物の方がもっとイケてますよ♪ 天使みたいなんだから!

 

 

本日はうれしいことがありました。テンションが上がりまくり↑↑↑

 

卒業猫萌乃あらため貴和の里親さんが近況ラインを送ってくれたのです。

 

ラインはプライバシーが含まれるため内容をコピーしメモにペーストしました。

IMG_4822

 

原文はスタンプや絵文字がついていてかわいいメッセージでしたよ^^

 

 

「あま兄 さぶ兄がいなくても わたち 元気にやってるわよ!」

IMG_4685

 

貴和、ありがとう。

里親さん、ありがとう。

一歩一歩近づいているのがよくわかります。この調子でがんばってください。

 

 

「貴和 元気? ぼく いまいち。毎日 おなかいっぱい食べたいよ お母さんくれない……」

IMG_0146

 

あま兄ことあまぱん太郎からも貴和へのお祝いのことばが述べられましたね(爆)。

 

 

703号室は頭数が多いのでまんべんなく全員を載せられませんが、犬組を代表してべべ

IMG_3556

 

 

猫組を代表して保護猫いせやんに登場してもらいましょう。

IMG_3530

 

 

べべは相変わらず私を執拗にストーキングします。ガラス越しに別れるとガラスや扉を前脚で叩きまくって割りそうな勢いで「こっちに来い!」と絶叫するのです。困ったちゃんですね。

 

さんきゅう&寿子とも仲良く過ごせるいせやんはなかなかの甘えん坊に変身しました。これまたガラス越しに目が合うと、「こっちに来ておれを撫でろ!」と泣き喚きます。

 

はあ。あっちもこっちも呼ばないでよね! 私はひとつしか体がないんだから。

 

 

「ぼき ほほ よっちゃ ま ありがと ござまち」

IMG_4681

 

 

ブログを見てくださっているよっちゃまさんがこんなかわいいプレゼントを作ってくれました。

IMG_3625

 

 

ほほそっくり(笑)。ブローチにもキーフォルダーにもなるんですって!

 

以前ブログでほほのプレゼント企画に載せたこの一枚をモデルにしたんだとか。

DSC_8627c

 

 

ほほの闘病はいろいろ苦しいことも多いです。でもこのブローチと一緒なら乗り越えられそうですね。目も口もアンテナもぜんぶほほそっくりで萌えます。ありがとうございました。

 

さて、明日は超イケメンの接待部長に接待されるかもしれません。

 

ワクワクします。

 

 

皆さまもよい週末をお過ごしください。

 

 

Smile!

 

スポンサーリンク