ぼくが“クー太”になるまで

皆さまこんばんは。

いつも応援ありがとうございます。

ツイッターでのリツート。ブログでもさぶのランキングバナーにポチっと押してくださったり。素直にうれしいです^^ コメントのお返事を終えていますのでよかったらご覧くださいね。

 

さてだいぶ時間が空いてしまいましたが、先日MIHOさんが遊びに来てくれたときのことを少し書かせてください。MIHOさんは3ヶ月に一度くらいの割合で703号室にやってきます。

 

今回もたくさんのおみやげを持ってきてくれました。重かっただろうにどうもありがとう。

IMG_4741

 

 

ランチはほぼMIHOさんが買ってきたおみやげで済ませ

IMG_4742

 

 

お茶菓子はMIHOさん持参のロールケーキをいただくという横着振り

IMG_3620

 

 

実はこの日保護猫天音の家族募集をはじめたばかりでドタバタでした。

天音のことで頭がいっぱいだったのです。

 

もうすぐ卒業の天音嬢。マイママさんちで気持ちよさそうに眠っていますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

(天音の写真:マイ太郎さん

 

MIHOさんがいるのにブログの更新をしたり、MIHOさんにお子たちのごはんを任せスーパーへ行ったり。最低レベルのホストぶりの私^^; でもごはんをお願いしたのには理由があるのです。私がお子たちにごはんをあげるとMIHOさんは私をせかします。

 

「ナナちゃんが待ってるよ」

「アンちゃん、あまぱんがほしがってるよ」

「ほほちゃんが食べたそうにしているよ!」

 

MIHOさんを安心させるにはもはやMIHOさん自身に任せてしまうのが一番早いと気づきました。それにMIHOさんは「みんなに好かれる“得役”」を喜んで引き受けてくれるのです。

私はその日の様子を写真におさめる余裕がなく皆さまにお伝えできませんが、ぜひMIHOさんの「703号室レポート」をお読みくださいね。

MIHOさんが撮ってくれたうちのお子たちの写真、悔しいほどかわいいです。

特に猫じゃらしで遊ぶほほ&さぶ、保護猫いせやん&さんきゅうが萌えます。

最後はあの人私からのプレゼントを手に台湾タケノコを食べて機嫌よく帰りました。単純です

 

 

MIHOさんちには2匹の愛猫がいます。クー太(黒猫)ときなこ(グレートラ)。

1510938_343572592449730_1902028750_n

 

 

クー太(元フック)は703号室の卒業猫。きなこはみいさんがMIHOさんに譲渡しました。

 

クー太を保護したのは6年以上前の話です。

あまりにも悪い飼育環境にいたため、クー太は今でも重い慢性風邪を患っています。

 

 

超虚弱体質ですが、MIHOさんに完璧のケアをしてもらい日々楽しく生きているクー太!

1779291_363385080468481_44425632_n

 

 

前回ゴクウたちのことを書いたのですが、クー太の保護がまた壮絶で……。

 

クー太とクー太の仲間たちが味わってきた過去をここで紹介させてください。

 

昔私が書いた記事です。クー太は「フック」という仮名で登場します。

「幸せの703号室/フックたちのこれまで」   (←ここをクリック)

 

お読みいただければ、なぜ保護動物の譲渡に慎重にならなければいけないのか、フィルターをかける理由をご理解いただけると思います。

ほしがる人間に動物をあげる前に、その人の背景、環境、責任能力について今一度冷静に考えてみる必要があるのではないでしょうか? 丁寧な譲渡を心がけたいですね。

 

つらい過去にも関わらず、クー太はとても快活でやさしい男の子です。保護当時から私はクー太がかわいくて仕方ありませんでした。里親になってくれたMIHOさんに深謝しています。

 

 

保護猫時代のクー太と仲良しだったのが、うちのほほ

IMG_2506

 

 

ときどき、クー太とほほのスローな追いかけっこやぶきっちょな舐め合いの姿を見かけては悶絶していたっけ。私にとってそれらは懐かしくあたたかい思い出です。

 

私は我が家を巣立った犬猫たちが大切です。

彼らが家族に出会うまでは私が彼らの家族です。

703号室を巣立ったどの子の幸せも私の幸せです。

 

一頭でも多くの犬猫たちが終の棲家を得られることを願いつつ

 

 

LOVE!

 

スポンサーリンク





河川敷に生きたゴクウ、私の尊い犬 

ナナのことをブログに書いたらナナが余計に愛おしくなりました。

ナナと生きられる私は至極ぜいたくです。ナナ、ありがとう。

 

そうしたら今日、ナナのきょうだい犬ゴクウのママさんがゴクウの近況メッセージと最新画像を送ってくれたのです。幸せそうで頬が緩みますね。

IMG_5140

 

 

ゴクウは13歳になってもリードを引っぱりながら元気よくお散歩しているそうです。最近の趣味はママのお風呂場をのぞくことだとか(笑)。やるね!

 

1歳8ヶ月で土手を出たナナは、苦労こそあれどゴクウの比ではなかったでしょう。ゴクウは子犬時から7年以上土手で生きていたのです。私の力不足でゴクウの保護が遅れました。

 

遅れたなんてもんじゃない。

 

7年です。犬の寿命の約半分、私はゴクウに過酷な暮らしを強いてしまいました。

 

きょうだいたちの中でひときわ体の小さな彼が殴られている姿は悲壮でした。

 

ある日KさんIさんと土手犬のもとを訪ねると、いるはずの犬たちの姿が見当たりません。

 

犬たちはなぜか大きな木箱の中に入れられていたのです。

 

箱の中は犬たちの吠える声が響き渡っていました。

 

「犬がうるせえから(木箱のまわりに)灯油撒いて火つけろ!」

 

激高した「男」が子分のホームレスに犬たちを焼き殺せと命じていたのです。

 

私とともに土手に通っていたKさんは、緊迫した現状を目の当たりにし、両方のてのひらをこすり合わせながら、怒り狂う「男」に懇願。

 

「●●さんおねがいよ。それだけは堪忍して。●●さんおねがいよ。堪忍してあげて」

 

そのときのKさんの表情を私はよく覚えています。

 

への字につぐんだ口。

涙を堪えながら媚びるような目をしてKさんは何度も「男」に頭を下げました。

 

 

女三人。

 

当時の私たちにできたのはその程度でした。

土手には合計20頭以上の犬がいたのに行政も動いてくれなかったし誰も助けてくれませんでした。土手に寝食しているホームレスの人たちは比較的温和だったものの、ホームレスの人たちを牛耳り、なにやら仕事をさせていた? ヤクザ風の「男」がとにかくひどかったのです。「男」の命令に逆らえる人間は皆無でした。

 

よって、数年後「男」が心臓発作で他界するまで犬たちは地獄の日々を過ごしたのです。

 

終盤、ゴクウはきょうだい犬コロンJとともにやさしいホームレスさんに引き取られました。

 

 

【環境が改善され生きやすくなったゴクウ7歳 2009年土手にて】

goku

 

 

私は長い時間をかけ、ホームレスさんたちをひとりひとり説得しながら生き残った土手犬たちを保護し里親を見つけました。これもなかなかむずかしかった(苦笑)。

 

ナナのきょうだい犬たちの中で一番長く時間がかかってしまったのが「ゴクウ」です。

 

今でも私は、11頭いたナナの一族に対し懺悔の気持ちでいっぱいです。

特に保護前に土手で朽ち果てた5頭(きょうだい3頭、タカコの子犬2頭)のことは自分が死ぬ日まで忘れないでしょう。タカコたちの死は私にとって強烈なトラウマです。

 

あのときほど自分が女に生まれたことを悔やんだことはありません。

 

あのときほど「力がほしい」と地団駄を踏んだことはありません。

 

けれど生き残った犬たちを全員終の棲家へ案内できたこと、最後の一頭まであきらめずにやり抜けたことだけは自分の実になったかなと思います。7年かかったけどね。

 

ごめんなさい。さらっと書くつもりがつい長くなってしまって……。

 

 

お詫びにMIHOさんが抱っこしているかわいさ満点のほほを載せておきます!

11406603_557078481099139_8888071054152641533_n

 

 

多くができないかわりに、これからもやると決めたことは徹底的にやっていきたいです。日本にはまだ救いの手を待つ犬猫たちが仰山います。

 

皆さまもぜひご自身のできる範囲でお互いがんばりましょうね!

 

私の回想録を読んでくださりありがとうございます。

 

ああゴクウ!!

スポンサーリンク





Beautiful Picture

ときどき

 

ナナはいたずらをするふりをする。

 

リルをまねて布団をかじるそぶりや

 

鼻でほほを転がす仕草

 

うれしいことがあると大きな声で吠えることも。

 

でもいずれも、お母さんと目が合うとぴたっと止まる。

IMG_0057

 

 

1歳8ヶ月で土手から我が家に来てからナナはずっと「いい子」のまま。

 

お母さんを困らせたりしない。

 

お母さんがナナを「できた子」とほめるもんだから、ナナは型を破れなくなってしまったのかもしれない。やさぐれたナナを、そういえばお母さんは一度も見たことがありません。

 

土手にいた頃のナナはものすごい苦労犬で、飼い主のホームレスたちから目を覆いたくなるほどひどい飼いかたをされていました。ナナのきょうだい犬たちはずいぶん死にました。

 

中でもいまだに忘れられないのが、ナナにそっくりのナナの姉妹、土手犬「タカコ」の餓死。

あの頃はナナもタカコもほかのきょうだいたちも、理不尽な暴力の下、奴隷以下の扱いを受けながらもひたむきに生きていました。説得がかなわず不妊手術を施せなかったタカコはきょうだい犬の子を身ごもり、地獄の環境下で出産。ほんとうにかわいそうなことでした。

 

ナナはそりゃもう必死に姉妹のタカコと4頭の子犬たちを守っていたものです。

 

土手犬の境遇を改善するボランティアを個人で行っていた私が土手へ行くと、ナナは私を敵視し、鎖を噛み千切らんばかりにけたたましく襲ってきました。

 

私は犬たちの中でナナが一番怖かったです。

 

子を産んだタカコよりナナのほうが何倍もヒステリーで、タカコの子に触れようとでもしようものなら、ナナが命がけで向かってきました。

 

「赤ちゃんに指いっぽん、触れないで。そこから一歩もあたしたちに近づかないで!」

 

水溜りに落ちていた子犬を助けようと手を伸ばした途端、ナナが狂ったように怒り、私の履いていたズボンのすそを裂いたこともありました。

 

そのナナが私の子になって11年以上、一度もわがままをいいません。

 

こんな生活ですから、なにか不自由を感じていても不思議はないのに、ナナは常に仏のようにやさしい顔をしているのです。

IMG_0025

 

 

ナナ、もっとわがままをしていいんだよ。

 

 

いっぽう、ナナが守ったタカコの子犬のうちの1頭、リルは叔母のナナとは対極の性格

IMG_0069

 

 

リル、あなたにナナちゃんと同じ血が流れているとはね(笑)。

IMG_0061

 

 

ナナとリルを足して二で割ったらちょうどいいのができるのかな?

 

けれどどちらもお母さんの人生にいなくてはならない尊い犬たちです。

 

 

本日の美しい写真の数々は昨年ポストカードでお世話になった猫撮るさんが撮ってくださったもの。

写真教室私は6月24日水曜の夜参加します。

 

一緒に学ぶ皆さまどうぞよろしくお願いしますね。

 

 

私もこんな雰囲気のある写真を撮れるようになりたいです。

IMG_0027

 

 

きみたちの一瞬一瞬を残したい!

IMG_0009

 

 

ぎゅっと、ね。

 

 

I LOVE MY FAMILY

 

スポンサーリンク





天音の家族が決まりました!

皆さま、こんばんは。朗報です!

 

マイ太郎さんのご実家にお世話になっている保護猫天音ですが、このたび家族が決まりました。応援してくださった皆さま、どうもありがとうございました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

今週末は、土日つづけてマイ太郎さんのご実家へ天音に会いに行きました。

 

「いっそ泊まって行ったら?」

 

なんて言ってくださったのですが、お子たちのお世話があるのでそうもいかず。

 

天音の件でマイ太郎さんとお母さまには感謝しつくせないほどよくしていただきました。私にできる最大の恩返しは、おふたりのお心に沿う「ご縁」をさがすことです。

 

年齢は不明ながらもけっして若くない天音ですが、彼女自身の努力の甲斐あって終の棲家を得ることができたのです。よくがんばりましたよね。

IMG_0326

 

 

天音を遺していかなければならなかった前の飼い主さんも喜んでくださるかな?

 

実はここ数日の間に天音に関する新しいことがいろいろわかりました。

 

彼女はもともと、あるご夫婦と例のアパートの一室で暮らしていたそうです。

 

ご病気の奥さまが先に旅立ったあと、しばらく天音はご主人と暮らしていたようですが、ご主人もガンで他界。その後天音は遺品を整理しに来た息子によって外に出されてしまいました。

 

天音のハッキリした年齢や前の名前は不明のまま。

 

でも、もういいかなって思います。知らなくても。

IMG_0421

 

 

天音の里親さんは彼女の余生を丸ごと引き受けてくださいます。

 

最新の通院では10~15歳? との見解も伺っていたので年齢的なこと、健康面などについてもよく話をさせてもらいました。

 

マイ太郎さんやマイ太郎さんのお母さまも含めみんなで話し合いました。

 

「こんなはずじゃなかった」と後悔してほしくないからです。

 

けれど里親さんのご意思の固さは私たちの想像をはるかに超え、私たちがなにをお話しても最後まで変わることはありませんでした。

 

里親さんの目からも天音の加齢は一目瞭然のようでした。

 

お見合い時に里親さんが仰った言葉です。

 

「天音ちゃんの動きや腰の辺りの肉づきが年齢を感じますね」

 

とても冷静に天音を見てくださっていたのです。

 

その上で里親さんは、天音のあどけない仕草や少女らしさに目を細めてくださいました。

IMG_5071

 

 

天音の中に「少女」を見つけ微笑んでくださっています。

IMG_5070

 

 

そして彼女と生きていこうと決意してくださいました。

 

 

私は本当に感無量です。

 

 

若い子も若くない子もみんな素敵です。

 

若い子の魅力に気づいてください。

若くない子の魅力に気づいてください。

 

若い子も若くない子も生きる場所を求めています。

 

一頭でも多くの保護犬猫たちが終の棲家を得られますように。

IMG_0350

 

(天音の写真はすべてマイ太郎さん)

 

 

今週は、さんきゅう&寿子ペアのお届け、天音のお届けを予定しています。

 

703号室からハッピーをまとって!

 

 

PS 声帯を取られた卒業犬バービー(栃木県犬遺体大量遺棄からの生き残り)あらため「そよ」のご家族がYou Tubeにそよの動画をたくさんUPしています。よかったらご覧くださいね。ぬいぐるみみたいにかわいいです。元気いっぱい幸せいっぱい^^

 

 

 

DEEP LOVE!

 

 

 

 

スポンサーリンク





予習、ほか

「この写真何点だ?」

utinoko (11)

 

 

ツイッターやフェイスブックでも同じフレーズを目にした方々、ウンザリさせてごめんなさい。

 

でも、写真教室の参加……本当に必要か自分でもわからなくなってきたのです(遠い目)。

 

写真家の太田康介さんからは「120点」と言っていただいてしまいました。恐縮です。ウソのつけない太田さんですから本心でしょう。うーん……ポスターとかにしちゃうかな?

 

 

暇人勤勉家の私は写真教室の予習をしようと、ミラーレス片手にお子たちを撮ってみました。

 

 

「いやっ はずかしっ」

utinoko (8)

 

 

おおお……あまぱんが凛々しい(涙)。

utinoko (9)

 

 

床に転がっていたほほ

utinoko (2)

 

 

ジト目のストーカーべべ。べべちゃん白髪が増えましたね。

utinoko (3)

 

 

お昼寝がしたいナナ

utinoko (4)

 

 

ナナちゃんちょっとは協力してよ……美しいモデルさーん!

utinoko (5)

 

 

一時期流行った魚眼レンズで撮る犬の「鼻デカ」風にトライ!

utinoko (6)

 

 

鼻はデカイけど鼻にピントが合いすぎて「鼻だけ」になっちゃった^^;

 

 

「しょうがないよ。お母さん魚眼レンズ持ってないもんね」

utinoko (7)

 

 

あああ。愛おしいリル……そのとおりだねえ……。

utinoko (10)

 

 

お子たちがヤバかわすぎるせいで鼻息が荒くなりました。うちのお子最高!

 

 

カメラを構えて「物撮り」にも挑戦しました。静物は静物のおもしろさがありますね。

 

 

静物部門のベストショットはこちら

utinoko (13)

 

きょっぴいさんad缶ありがとうございました♪ ad缶は常備しているので助かります。

 

 

ピチコさま前回の載せもれです。さぶ用の腎臓フードも送ってくださりありがとうございました。

utinoko

 

 

太田さんがさぶにスナイパー衣装を送ってくださった際におまけ? で入っていたカレールー! おいしそう^^ 遠慮なくいただきます。

utinoko (12)

 

 

そしてなぜかこんなものも撮ってみました。

utinoko (14)

 

 

10年は愛用している「お散歩ウエストポーチ」。たしか大昔PEPPYで見つけて買ったんだっけな。多頭で散歩へ行く私は両手に荷物を持つのが不安なのです。

機能的で丈夫。そして汚れに強い。

犬と暮らしていらっしゃる方におススメしたいグッズですが、もう売ってないのかな?

 

 

そそ!

 

カメラいじりのあと、おつかいで外に出たついでに母の店へ寄って台湾タケノコの食べ納めをしてきました。来年まで食べれないからね。

 

先日食べに来てくださった直木賞作家の森絵都さん希望の牧場の著者でもあります。

utinoko (15)

 

森さんは元祖タケノコ族。台湾タケノコの魅力にいち早く気づいてくださった方です(笑)。

森さんとお話すると時間があっという間に過ぎていきます。とは言ってもいつも7割以上私が一方的に話しているだけですけど。森さん、妹と私におみやげありがとうございました。母はとらやの何かをもらって喜んでいました。

 

 

毎春NHKホールで行われる展示でお世話になっているNPO PM和田さん&白塚さんもご親族とタケノコを食べにきてくださいました。

utinoko (16)

 

その日のことを和田さんがご自身のブログで紹介してくださっています。和田さん、クルミのお菓子のおみやげありがとうございました。止まらないー!

 

ほかにも目黒から素敵な酒豪の女性お越しくださったり、お忍びで卒業猫福多朗の里親さんが来てくださったり。皆さまありがとうございます。台湾タケノコと台湾マヨネーズにかわって皆さまにお礼を申し上げます(爆)。

 

私も台湾タケノコのようにみずみずしく生きていく所存です(突っ込みは不要です)。

 

 

皆さま、明日も明後日もにっこりお過ごしください。

 

 

 

Smile!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク