2015年のMy News TOP3

2015年もいろいろありました。703号室の卒業生たちと連ねた日々は感慨深く、無事に送り出せたときは底知れぬ達成感に包まれます。一頭一頭のご縁結びを丁寧にをモットーに掲げていますのでこれからも勉強を重ねていきたい所存です。まだ〆の記事ではありませんが自分の中の3大ニュースをピックアップしてみようと思います。

 

 

Ⅰ SALAと家族になれたこと

 

14年半近所の犬だったSALA。SALAの子犬時代から私たちは友だちでした。

nyaonn (2)

 

 

重く苦しい病魔に蝕まれたSALAですが、その終末期は神さまが私に与えてくれた尊いプレゼント。SALAと家族になれてどれだけ幸せだったか。

IMG_6178

 

 

激痛に喘ぎながらも水中でだけは痛みから解放され人魚姫のように手足を動かしたよね。

IMG_6288

 

 

もっといっしょにいたかったというのが私の本音です。

 

 

やさしく立派な犬でした。SALAに会いたくて仕方がありません。

IMG_6314

 

 

SALAが好きです。ありがとう。

 

 

 

Ⅱ 卒業猫寿子あらためこのはを保護できたこと

 

肌寒い春の雨の日に私はずぶ濡れのさんきゅう(サスケ)に出会いました。

kesaimi-1

 

 

サスケはその夜無事に保護できましたが、のちにサスケに妹猫がいることが判明。

keiswaizumi (2)

 

 

連日粘るも妹猫を保護できません。ずっときょうだいたち(麦さん&サスケ)の存在を支えに生きてきた小柄な女の子です。事情を知らずに兄たちを連れ帰った自分を心底呪いました。私は彼女から彼女の世界のほとんどを奪ってしまったのだと。

 

悩みすぎてなかなかブログにも書けませんでした。

 

その彼女を保護できたときの安堵感は言葉ではたとえようがないです。

 

我が家で合流したさんきゅう&寿子(サスケ&このは)。この時点でもうひとりのきょうだい素なう(麦さん)はすでにあたたかいご家族の元へ旅立っています。

IMG_3381

 

 

ふたりはセットでご縁を得ました。このは、私はあなたに少しだけ贖罪できたかな?

 

 

 

Ⅲ 怒りん坊保護猫いせやん(景虎)となかよく慣れたこと

IMG_4745

 

 

あまぱんの力を借りながら一歩ずつ。景虎に関しては多くの感情が溢れ出てきますのでひと言ではまとめられそうにありません。

riazyu (4)

 

 

景虎が「卒業生」になったのも私の大きな活力に。奇跡のようなご縁です。先述のサスケ&このはのあとを追い同じ家にたどりついたのですから。

 

703号室時代ちょくちょくつるんでいたお三方

IMG_3659

 

 

サスケ、このは、景虎、ご家族の皆さまありがとう。

 

 

このはと景虎については達成感ですが、SALAの場合はいまだ喪失感が勝っています。

 

生と死の狭間で彼らと生きるには、私がたくましくならなければいけません。

 

彼らはずどん、と落ちてきます。

 

ときとして全力を賭け向かい合う覚悟がなければ彼らを受け止めきれない気がするのです。

 

まさに山あり、谷あり、ですね。

 

けれど飽きやすい私は凹凸のない平坦な道ならば歩きつづける気すら失っていたでしょう。

 

両手に擁く彼らの重みは悪いばかりではありません。むしろ人生の豊かさを得られます。

 

 

「共存」

 

シンプルなこの言葉の意味を噛みしめながらそろそろ寝ます。

 

おやすみなさい。

 

いつも読んでくださってありがとう。

 

LOVE!

 

スポンサーリンク





解説書役

べべ、ほかのネタを書くつもりだったのにお母さん気力が出ない。

IMG_7145

 

 

今年一年を振りかえると、私はほんとうに泣かなくなりました。

 

ときどき感情の一部が壊れてしまったのかと自分を疑いたくなるほどタフになりました。

 

特に「悔し涙」はおそらく一度も流していません。

 

悔し涙を流さずに済む方法ばかり考えてきました。それに喜怒哀楽に自分の精神をもっていかれるのは口惜しい気がしてならなかったのです。

 

余分な感情は非効率的です。ただでさえ小さなエンジンを止めかねません。

 

よってなるべく自分なりに淡々と過ごすようにしてきました。

 

そのかわり抑えられない涙は、いっそ外へ流してしまった方が体にいい気もするのです。今日はそれでした。うちのお子たちの闘病が不安な日や卒業生の冥福を祈るときだけ私は泣いてもいいルールにしています。今日だけではありません。実は少し前にも泣きました。大切に育ててくださった里親さんがたには感謝してもしきれません。いろんなことを書きたいのですがこれが精いっぱいです。全盲の老猫コテツくん、白血病のレイちゃん、ご家族の皆さまお疲れさまでした。ありがとうございました。

 

頭痛がひどくなりましたし現在私の庇護下で生きているお子たちにできるだけ還元したいのでそろそろパソコンを閉じみんなと遊びはじめるつもりです。

 

 

あと1ヶ月でべべは15歳になるんだね。

IMG_7148

 

 

べべは半生以上ずっと闘病しているのに明るくわがままで最高にかわいい!

 

 

命あるものの解説書役を引き受け、お母さんにあれこれ教えてくれたべべに感謝します。

IMG_7149

 

 

今週はこの子がやってくるよ。苦労をたくさんしてきた子らしい。

IMG_9089

 

 

べべ、またお母さんに知恵を貸してね。

 

お母さんもっと強くたくましくなりたい。

 

 

スポンサーリンク





Double

今日は里親さんの(しじみさんのお家)に遊びに行きました。

 

超絶に楽しかっただけでなく、帰り道ひさびさに夜の首都高をひとりドライブしストレス発散できた気がします。しじみさんちの訪問記は改めてUPしますね。

 

飲み会をエンジョイし酔ってご帰宅のチチを歓迎するおふたり。右の女性はチチの本妻です。

IMG_7132

 

 

ナナがいることでリルの情緒が落ち着き、リルの存在はナナの活力に。

 

ナナとリルは保護した時期が大幅にずれていますが、叔母のナナと姪のリルは相性がよくあうんの呼吸。多頭の我が家でもナナとリルはセットです。

 

 

ところで栗子さん、ちゅーるを召し上がりません?

IMG_7143

 

 

実は私、栗子さんにお願いを兼ねた提案があるのです。

 

賄賂を舐めてしまったのなら、私の話を聞いてくれますよね?

 

 

栗子さんの保護を私が決めたのはだいぶ前です。

 

だからあなたが外にいる頃からいつもあなたが来ることを想定していました。

 

 

「終の棲家を見つけたい」

 

あなたの未来を私なりに真剣に考えていたのです。

 

私はおそらく栗子さんの話を知らず知らずのうちに夢中で話していたのでしょう。

 

外にいる頃からすでにあなたは話題の中心にいました。知らなかったでしょう?

 

 

そうして奇跡のような幸運が舞い込んだのです。

 

けれど、幸運を手にするにはいくつかのハードルが……。

 

私はあなたがハードルを越えていく姿だけをイメージし、賭けてみることにしました。

 

幸せを掴むためには挑まなければならないときもありますものね。

 

もちろん、挑戦者はあなただけではなく、私もです。厳密にいえば主には私かもしれません。ぜひあなたの力を借りてやってみたかったのです。

 

まず栗子さんの保護が私の中で「第一関門」でした。MIHOさんが奮闘してくれましたよね。

 

栗子さんのウイルスチェックが「第二関門」。ひと言つけくわえたいのですが、感染症がいやだったわけではありません。たとえプラスだったとしても、あなたの丸ごとを引き受けた以上は責任を持ってあなたのご縁をさがしたでしょう。しかし今回ばかりはマイナスが出て正直うれしかったです。理由はあとでわかります。

 

仮に人馴れを「第三関門」に据えておきます。そして第三関門は現在努力中なので結果はいったん端によせますね。

 

「最後の関門」は、これがつまりは一番重要で切実ですが……私はあなたに保護猫夜々子となかよくしてほしいのです。

 

栗子さん、あなたは夜々子といっしょにお嫁に行くことが決まっているからです。

 

あなたが我が家に着いてからというもの、私はくり返し心の中で懇願していました。

 

どうしても、どうしてもお願い。

 

 

ついに今夜、栗子さんは夜々子を受け入れてくれましたね。

 

私の目にはそう映りました。まちがいではないでしょ?

 

 

栗子さん私のお願いを聞いてくれてありがとう。

IMG_7139

 

 

あなたがここを乗りこえてくれたら、私絶対にあなたを幸せにする自信があります。

 

 

私の執念があなたに伝わったのだと信じています。

IMG_7142

 

 

もっと自然に近づけるよういろいろ作戦を練りますので、ちょっとがんばってみてください。

 

 

ひとまず、やったね!!

 

 

万物に感謝して!

 

スポンサーリンク





わたしの中の 警戒心 そして 好奇心

毎年あま~いイチゴを送っておくってくださるわらひよさん。どうもありがとうございました。

wain (2)

 

 

キッチンドランカーはチチの夕飯の片づけをしながら冷蔵庫にあった貴腐ワインをグラスに一杯注ぎました。わらひよさんのイチゴを添え金曜の夜をエンジョイします。

wain

 

 

するとなんということでしょう!

 

見る見るグラスがカラになるではありませんか。ついには瓶が空いてしまいました。

 

もともとちょっとしか残ってなかったし、細い瓶だったのですね。

 

 

ってことで今、まさに今!

 

私はじゃっかん酔った気になっています。タイプミス、無礼などがあったらごめんなさい。

 

 

昨日栗子さんに来客がありました。

 

 

「だれ?」

wain (8)

 

 

栗子さん以上にふてぶてしい女性です(笑)。このあとソファで半日転がっていました。

wain (6)

 

 

「ああMIHOか。毎日わたしにごはんをくれてた人ね。そして私を捕らえた憎い人」

wain (9)

 

 

MIHOさんは栗子さんを想っているんだよ。栗子さんが好きみたい。

 

「栗ちゃんオシッコした?」

「栗ちゃんウンチでないの?」

「栗ちゃん食べた?」

 

毎日のように私にライン攻撃してくるもん。

 

 

「ふーん」

wain (7)

 

 

誰かに想われるっていいことだよ栗子さん。ね^^

 

 

MIHOさんが来たら栗子さんのババシャツを剥ぎ取ろうと決めたいた私。ボロボロだしキツそうだし肝心の下半身がへんてこな? 形になってしまったのです。動きづらい栗子さんはストレスマックス。傷口は気になりますがいざとなったらカラーもあるのでひとまず脱がせることに。

 

ところが、栗子さんが怒りまくり一筋縄にはいきません。

 

栗子さんを保護した日に703号室で指を思いっきり噛まれたMIHOさんは戦意喪失。

 

そりゃそうだよね。どれだけ痛かったか。病院へ行ったし、仕事を休んだし、数日間は着替えもままならなかったみたいですから。

 

しかし私は自分が立てた予定どおりに動きたい人間。

 

性に抗えないので仕方なくひとりでやることにしました。

 

 

が……

 

実はトライする直前、ごはんをケージに入れようとした際に手痛いパンチを喰らったのです。

 

 

当然、私もビビッています。

 

 

果たしてうまくいくのでしょうか?

 

MIHOさんが一部始終をだいたい動画に撮ってくれました。写ってない場面もあるけれど流れはわかるはず。なれていない猫さんの術後着をどう脱がしたか興味のある方はぜひごらんください。もっとうまい方もいるでしょうしなんの参考にもならないかもしれませんけど。

 

 

 

 

 動画にはありませんが、まずは3段ケージを1段になおしたところからはじまります。その作業中も栗子さんは怒りまくり。なぜ3段を1段にするかといいますと、栗子さんがケージの中で上下に逃げるのを防ぐため。これは意外と重要なポイントです。

 

 MIHOさんが当日の様子を詳しく自分のブログにUPしています。二部作だそうですよ。お時間のある方はぜひお読みください。MIHOさんのブログはクスッと笑えるのです。

 

ミッションはまだあります。ケージにキャスターをつけなくては。

wain (12)

 

 

完成~! MIHOさんに手伝ってもらいキャスターの上に栗子さんケージを載せればOK!

wain (11)

 

 

MIHOさんが持ってきてくれたキンパとスープでランチ

wain (3)

 

 

お菓子、飲み物、栗子さんの好物や

wain (4)

 

 

猫砂12袋も……ありがとう。

wain (5)

 

 

うちのお子たちや保護猫夜々子獣ともたくさん遊んでくれました。ややよかったね。

wain (10)

 

 

栗子さんはオシッコも運子もごはんもクリアしています。

 

栗子さんの精神は彼女の現実に追いついていないけれど、栗子さんの肉体は新しい環境に素直に順応しはじめました。大きな一歩ですよね。

 

 

私は思います。

 

どんな猫も「警戒心」と「好奇心」の狭間にいる、と。

 

警戒心と好奇心が絶えず猫の中でせめぎあっているのです。

 

個体によって大小の差はあれど、栗子さんの中にも必ず好奇心が宿っています。

 

好奇心が警戒心を上回った瞬間を見逃さずに歩み寄れば彼女をこじ開けることができるかもしれません。まずは単調な日常を存分に味わってもらい、生活に心の余裕を持ってもらいたいです。彼女が日々に退屈しはじめたら下僕の出番ですね。

 

急がばまわれ、そう自分に言い聞かせています。

 

 

お~~っと、酔っ払いが語りすぎました。

 

GOOD NIGHT!

 

スポンサーリンク





下僕による必死の説得

夕飯にもやしそばをすすりながら私はイタリアに想いを馳せていました。

 

これでも犬猫と暮らす前は食通だったのです。いえ疑わないで! ほんとうですってば!

 

どうでもいい話におつき合い願いますが、私の妄想(食べたいコース)をごらんください。

kihuwain

 

 

【食前酒】カナダ産のアイスワインなど貴腐ワインをちびちび一杯

【前菜】ナスとズッキーニーがふんだんのラタトゥユとアスパラガスの入ったキッシュ

【パン】あたたかいフォカッチャにエキストラバージンオイルをつけて

【ドリンク】ガス入りのお水にライムを搾って

【パスタ】ペンネアラビアータ

【メイン】白身魚の香草焼き(できればすずき)

【デザート】デザートのかわりにレモンティとエスプレッソ

 

 

わお……妄想止まらん……

 

 

そして悲しくなってきた。

 

残ったわずかなもやしそばにケチャップを混ぜようか真剣に悩むほど。

 

いつもは「なんでもいいや」の食卓ですが、なぜか今夜は先述のメニューが食べたくてたまらなくなり脳内欲求との闘いがキツかったです(今もです)。はあ。

 

 

もやしそばを食べたのちチチの食事を作る気が完全に失せた私は、タッパ3つを手に母の店に向かいました。毎晩毎晩作っているのです。1日くらいは買ってきてもいいよね(笑)。

kihuwain (9)

 

 

 

と、あれこれ心の余裕が持てるようになったのも実は保護猫たちのおかげ。

 

 

風邪でダウン中だった夜々子獣が元気よくごはんを催促するようになりました♪

kihuwain (6)

 

 

ややありがとう。大好きなかつおバー食べようね。

kihuwain (5)

 

 

デカ円氏も食欲は満点です。うーん左目の目やにを取りたい。

kihuwain (8)

 

 

表情は悲壮感が漂っていますが、毛づやがよくなってのがわかります?

kihuwain (10)

 

 

デカ円はたまにフリーにしています。トコトコ保護部屋を歩く姿は悶絶ですよ^^

 

 

最後はこのお方、ハンスト戦士だった栗子さん

kihuwain (3)

 

 

カーテン(ボロいバスタオル)をあけると「シャーっっっ!!」出ます。

kihuwain (7)

 

 

シーバ限定ですが食べるようになって来ました。夜鳴きも少々。鳴くのは不安だからですが、私はこれも一種の大切な自己表現だと思っています。

 

「自分を外に出す」

 

栗子さんはすばらしい表現者ですね。

 

 

栗子さん、ムカついていますか?

 

栗子さんに限らず、保護犬猫たちは我が家の貴いゲストです。「ゲスト」といっても、私があなた方と距離を置き、腫れ物に触るように他人行儀に接することではありません。あなた方の身のまわりのお世話をさせてもらうことは私の生き甲斐なのです。

 

ゲストであるのと同時にあなた方は私の家族です。

 

終の棲家が決まるまでの間、私はあなたたちを思いつづけます。

 

不自由や意に沿わぬことも多いでしょう。

 

けれど精いっぱいのケアと心と心の交流をさせていただきたいのです。

 

余計なお世話だと呆れずに私の方を向いてください。

 

栗子さん、あなたはすでにご縁がほとんど決まっています。

 

あなたがまだ野良猫だった頃からあなたには嫁ぎ先がありました。

 

あなたがどんなタイプかぜんぜんわからないのに、外で凍えるあなたを不憫がり、あなたと暮らしてみたいと名乗りをあげてくださったご家族に私は深謝しています。

 

 

あなたにもあなたの言い分があるでしょう。

kihuwain (2)

 

 

でも栗子さん私の話を怒らずに聞いてください。

 

犬猫が人間の庇護なくして寿命をまっとうするのはとてもむずかしいのですよ。

 

生まれてきたからには、最後までちゃんと生きたいじゃないですか。

 

あなたを守ってくれるご夫婦があなたを待っています。

 

 

どうか、あなたの美しい瞳で現実を見てください。

kihuwain (4)

 

あなたの未来、そんなに悪いものじゃないと思いますよ?

 

LOVE!

 

スポンサーリンク