反対の役

皆さまこんばんは。いつもポチの応援、あたたかまなざしありがとうございます。

 

連日保護猫龍とキャッチを放出中ですが、いただいたプレゼントや、デカ円の近況、(今さらながら先月の)お出かけ記事なども書きたいのでそちらもUPしていきます。

 

次回は札幌市が制定をめざす犬猫の「8週間条項」を応援する集会へ参加したときの模様をお伝えしようかと。札幌市へは永田町・議員連盟(犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟)からもエールを送っています。

 

いろいろなことが滞り、関係者の皆さまにご迷惑ばかりおかけして申し訳ないのですが、ちとお腹が痛いのでみいさん撮影の龍とキャッチの写真を使い簡単更新にて失礼します^^;

 

 

「ハハ~ ぼくいいたいことあります! 食いしん坊はぼくだけではありません!」

ryuutyae (6)

 

 

そうね。

 

 

龍が甘えん坊、キャッチが食いしん坊・・・・・・すっかりそういう感じにおさまったけれど、というか実際その通りなんだけど(笑)、龍が食べないわけでもないし、キャッチが甘えないわけでもないんだよね。どちらかと言えば、龍が甘えん坊、キャッチが食いしん坊かな? ってだけで。

 

 

おやつを食べる龍の巻

 

 

「ハハ~ キャッチのいない隙に手に持っているちゅーるのお皿ぼくに舐めさせてくださいよ」

ryuutyae (2)

 

 

 

「んー おいしー! ぼく ちゅーるだいすき♪」

ryuutyae (10)

 

 

 

龍くん、首輪曲がってるね。ブカブカだよ? 龍ってもやしみたいに細いのよね。うらやましい。キャッチより手足が長いしスタイルいいよね。本体のボーダーレスやっぱしびれるねえ。

ryuutyae

 

 

 

龍「べべちゃん ぼくに圧力かけないでください。べべちゃんはこれ食べちゃいけないんだよ。これはねこ用で つまりはぼく用です」

べべ「わたしねこ ちゅーるくれ」

ryuutyae (4)

 

 

 

龍とキャッチはつい先日のバレンタインに我が家に移動し、うちではじめて犬と暮らしました。すごいと思いません? 順応性の高さに驚きませんか?

ryuutyae (5)

 

 

 

「あ もうちょっとしかない・・・・・・」

ryuutyae (3)

 

 

 

龍とキャッチの家族になってくださる方には、龍とキャッチを信じふたりに少し時間をいただきたいのです。お見合いの日、龍とキャッチはおそらく緊張して自分を出すことができません。

 

みいさんが写真を撮りに来てくれたとき、龍とキャッチはビビりまくっていました。

 

お届け後、数日間は岩のように固まっているかもしれません。

 

でもたったそれだけなんです。

 

2週間、いや10日以内に、龍とキャッチは本来の快活さを思い出し、甘えぶり、食べっぷりを発揮し、まっすぐに育っていきます。龍とキャッチは短期間の間に、はじめて会った私になついてくれました。はじめての家で走りまわり、はじめて見る犬たちと遊ぶようになりました。

 

この猫は「なにができない」「なにが欠けている」ではなく、「なにができるようになったか」に着目してもらえればきっとすぐに円滑に楽しく暮らせるようになります。

 

ご家族のポジティブさが龍とキャッチに伝わらないはずがありませんものね。

 

すべては繋がっているんだと思います。

 

 

 

「ハハ~ ハハがかわいくないのが惜しいですが 龍の食いしん坊のあとは ぼくの甘えん坊写真もだすべきですよね?」

ryuutyae (8)

 

 

「ハハって パジャマすっぴんマスク姿なのにカメラを向けられるとカメラ目線になるんですね」

ryuutyae (7)

 

 

 

うるさいな。意地悪ばかり言ってるとキャッチおまいお婿行けないぞ!

 

 

 

「えー みなさま ぼくはねこだから当然日本語をしません。ぼくの写真にハハが勝手にセリフをつけているにすぎないのです。誤解のなきよう おねがいします。ぺこり。キャッチより」

ryuutyae (9)

 

 

 

皆さま明日もよい一日をお過ごしください。

 

私もそうします。

 

LOVE!

 

スポンサーリンク





べべ、悪かったね

今日のできごとをざっとコラージュしてみました。

kyatti

 

 

左上:703号室にて自分宛にメールを書いています。とち狂ったわけではありません。「フォスターアカデミー(猫)や「教えてアンニイさん」で使う資料を作成しているのです。参加する方はあとでわかりますが、皆さまへの出題にさせていただこうと思っています^^

 

右上:夜、二駅歩いて妹んちへ。妹の愛猫「福」が不機嫌ヅラでふんぞり返っています。推定12歳くらいのシニア猫ですがいつ会っても若々しい。福は私が保護し妹に譲渡した猫です。

 

左下:妹が残した生クリームを舐めまわす福(♀)。女性は甘いものが好きなのですね。

 

右下:帰りスーパーでブラウンマッシュルームを大量ゲット。驚きの安さでした。半分はシチューへ。残りの半分はガーリックオイルで炒めました。おいしかった♪

 

 

福が「甘い物好き」ならキャッチは「食べ物好き」。食べ物ならなんでもいいみたいです。

kyatti (7)

 

 

 

私が手につけたちゅーるをペロペロ♪

kyatti (8)

 

 

 

かわいいなあ。こんなにいっしょうけんめい食べるんだもん。

kyatti (6)

 

 

 

みいさんが撮ってくれた数々の写真の中で、これもすごく気に入っているのです。

catch (6)

 

 

キャッチがちまっと写っています。顔の表情も前足もたまらない。

 

正直キャッチは龍ほど甘えん坊ではないですが、キャッチはキャッチのペースでキャッチの思考で生きています。彼の丸ごとを抱いてくれるやさしいご家族に出会えますように。

 

 

龍も元気ですが、龍の写真はまた次回にしますね♪

 

 

 

みいさんが撮ってくれた我が家の老犬べべ公

kyatti (3)

 

 

 

みいさんから送られてきたべべの写真を見て、なぜか涙が止まりませんでした。

 

 

多頭の環境に翻弄されながらも15年間私のそばにいてくれたべべ。はじめはひとりっ子だったのにお母さんがどんどん仲間を増やしちゃってべべ、悪かったね。

kyatti (2)

 

 

 

淋しがり屋で目立ちたがり屋のべべ

kyatti (4)      

 

 

 

もし、べべにたくさんの選択肢が与えられていたら、あなたは私を選んでくれたでしょうか?

 

 

べべはお母さん以外の人と他の道を歩むかな?

 

 

ときどきすごく絆を感じるし、ときどき少し不安になる。

 

 

べべの幸せのバロメーターを私はそれなりに満たせているのか、と。

 

 

両思いの気もするし、片思いの気もします。

 

 

たしかなのは、お母さんの気持ちだけかもしれないね。

kyatti (5)

 

 

 

べべがお母さんを好きな百倍、お母さんはべべが好きです。

 

べべのおかげで、いつもぜんぜん孤独じゃない。べべありがとう。

 

 

LOVEを添えて!

 

 

スポンサーリンク





ほほのごはん他

「ねえねえハハ~ ぼくだよ~」    「ハハぼくだよ! ぼくぼく」

hokanokoto (9)

 

 

 

えっと・・・・・・おまいらはいったいだれ?

 

 

え待てよ?

 

 

もしかしてうっすら見覚えが・・・・・・

 

 

「へへ~ ハハぼくたちだれだかわからないの?」

hokanokoto (13)

 

 

 

あああびっくりした! 龍とキャッチか。驚かさないでよ。あまりにもブサイクでビビったし。

 

 

 

「てかハハが自分で撮った写真でしょーが!」

hokanokoto (14)

 

 

 

「でしょーが!」

hokanokoto (15)

 

 

はい。

 

 

そうなんです。

hokanokoto (9)hokanokoto (9)hokanokoto (9)hokanokoto (9)

 

 

この駄作を撮るために私が費やした時間はたったの10秒。まあつまりは私の場合、普通に撮ればこういう感じになります。ではなぜわざわざ意図的に駄作を撮ったか?

 

 

すべては「フォスターアカデミー(猫)」と「教えてアンニイさん」の資料作成のためです。

img_3

 

(※ 詳細はバナーをクリック↑ )

 

 

ほかの資料もぞくぞく。14年前に作った誓約書を直しまくって今も使っています。これがワインならまさに飲み頃ですね。しかし残念ながら所詮はただの紙。飲めませんね。

hokanokoto (8)

 

 

本日新たに参加者2名が! ひとりは森絵都さん(笑)。来るんですね。ありがとうございます。

 

 

もうひと方のゆさまのご質問は捕獲についてだったので先に簡単にお返事を書きました。4月30日では長すぎるかなと。でも当日いろんな話をするのでぜひご参加ください♪

 

 

現在703号室は保護猫龍とキャッチの家族募集中ですがその他の写真も見ていってください。

 

 

 

チチの布団をめくったら、まあるい頭が。保護猫デカ丸とチチは相変わらずラブラブです。

hokanokoto (6)

 

 

 

べべちゃん? なんのいたずらをしたの?

hokanokoto (7)

 

 

 

あの・・・・・・お母さんも横になりたいのですがどこに入ればよろしいですの?

hokanokoto (5)

 

 

 

みいさんが撮ってくれた水頭症ほほの食事風景

hokanokoto (12)

 

 

 

起きているとふらつきがひどいほほ。寝ながら食べることが増えてきました。

hokanokoto

 

 

 

お気に入りの場所でおいしいちゅーるをペロペロ。このあと、元気が出たほほは自力でキッチンのそばまで来ておねだり。床に倒れているほほを座らせ、ほほ用の食卓を出せばほら!

hokanokoto (4)

 

 

 

ほほ、じょうずじょうず~

hokanokoto (3)

 

 

 

後方でハイエナちゃんが狙っています。ハイエナちゃんは自分のごはんを食べてください!

hokanokoto (2)

 

 

 

最後に、私の好きな2枚を!

hokanokoto (10)

 

 

 

キャッチをキャッチ!

hokanokoto (11)

 

 

はい。出たー! くだらないねー。まあ写真はいいでしょ?

 

 

703号室には愛の塊がいっぱい。ここにいるとあっという間に1日が終わってしまいます。

 

 

LOVE!

 

スポンサーリンク





Existing together in harmony

こんばんは。

 

本日も保護猫龍とキャッチはかわいさ満点です♪

 

今ふたりともオトナの階段をあがっている月齢。

 

幼い一面としっかりした部分を交互に出しては下僕(私)を悩殺しています。

 

 

またみいさんの写真を使って龍とキャッチの日常を放出させてください^^

 

 

鏡大好き自分大好きの龍、ナルシストの巻

AKATYA (9)

 

 

 

「ハハ~ ぼく最近気づいたことがあるのです。もしかしてぼくって ビジュアル完璧ですか?」

AKATYA (3)

 

 

 

「ハハはぼくの性格についても ここで言及してましたね さすがぼくの魅力をわかってる」

AKATYA (4)

 

 

 

「みなさん 容姿端麗で中身もすぐれているぼくには 実はひとつだけないものがあります」

AKATYA (8)

 

 

 

「そうそう 正解者続出! みなさんよくおわかりですね」

AKATYA (5)

 

 

 

「ぼくには 欠点が ないんですよ・・・・・・」

AKATYA (6)

 

 

 

「およ?」

AKATYA (14)

 

 

 

「いったいなにを食べたらあそこまで勘違い体質になれるのかね」

AKATYA

 

 

 

「ぼく 龍とはきょうだいだけど ぜんぶは似なくてよかったかも」

AKATYA (13)

 

 

 

うーん。そうだねえ。なんかわるいもん食べちゃったかな?

 

 

 

「ハハまでなにを言うのです?」

AKATYA (7)

 

 

 

たしかに龍はハンサムな上素直な猫だよね。でもキャッチもだよ。龍とおんなじ。

AKATYA (11)

 

 

 

「ねー」       「ねー

AKATYA (12)

 

 

 

自称完璧王子の龍ももちろん愛おしいですが、天然度の高いキャッチにも激しく萌えます。

 

私は目が合った次の瞬間のキャッチの甘えた声が好きです。

 

甲高い美声にキャッチの要求や願望をふんだんに含んでいるから。

 

言葉を交わすようにキャッチは私に呼びかけてくれる。

 

私に自分を丸ごと投げかけてくれる。

 

私は猫ではないし、キャッチは人間ではないのに、私たちはそれぞれの言葉で話しかけ、そしてたしかに通じ合っている。

 

私たちは調和する。

 

キャッチとの会話はすごく楽しいね。おしゃべりがじょうずでおりこうだよ。

AKATYA (10)

 

 

 

保護譲渡活動は身を削るようにたいへんとのイメージがありますが、私にとってはちがいます。

 

 

たとえ一時だとしてもいろいろなタイプの保護動物たちといっしょに暮らせる自分は“おいしいところどり”をしていると思うのです。まちがいなく私は「得役」ですね。

 

 

我が家には保護猫龍とキャッチとデカ円がいます。みんなすばらしい子たちです。

 

それぞれが未来のご家族と出会うまで、私は「共存時間」を謳歌させてもらっています。

 

あなたたちのかけがえのない青春のひとときをうちで共に過ごしてくれてありがとう。

 

 

龍とキャッチは家族募集中です。どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

「おかーさー りゅ と きゃち かわいね みな どぞ よろしき おねが ちまち」

AKATYA (2)

 

 

 と  でち。

 

 

スポンサーリンク





キャッチミー そして タッチミー

龍とキャッチに会いに来てくださった皆さま

 

もともと703号室をお読みになってくださっている皆さま

 

こんばんは♪

 

昨夜ようやく龍とキャッチの家族募集を開始しました。人慣れしている子たちですからもっと早くてもよかったのですが、私の仕事との兼ね合いで少し時間がかかってしまい^^;

 

みいさんが撮ってくれた写真で龍とキャッチをアピールしていきます。

RYUU (2)

 

 

また、みいさんほどじょうずには撮れませんが、自分のカメラなどでも撮って放出しますね。

 

 

そうそう!

 

みいさんが自分のブログに龍とキャッチの記事を書いてくれたんですよ。ぜひご一読を!

 

みいさんありがとう。やさしいなあ^^

 

 

龍とキャッチは今ケージ内でスヤスヤねんね中。オンとオフをつかいわけすばらしい子たちです。若いのに聞きわけがいい。感心しますよ。

ryu (3)

 

 

はい。おぼえてくださいましたよね?

 

全身茶トラのブルーボーイで、茶白のレッドボーイキャッチです。

 

 

もう一度おさらい!

 

 

こちらのおまんじゅうが龍で

RYUU (6)

 

 

 

大福みたいなのがキャッチです。

RYUU (7)

 

 

※ アピールフォトの写真はカメラマンのかみむらさんより

 

 

みいさんの写真もステキですが、龍とキャッチは以前の保護宅でカメラマンのかみむらさんにも撮っていただいたので卒業の際には写真を額に入れ里親さんにプレゼントしようかななんてもくろんでいます。未来の里親さんは喜んでくれますかね? 私ならうれしいけど。

 

 

龍くんみいさんに人見知りの巻

RYUU (5)

 

 

 

「ハハ~ ぼくの近くに顔がすごく大きくて 黒くて 四角い女の人がいます」

RYUU (3)

 

 

 

「ぼくのゆくところ ゆくところに ついてきてね 乾いたげっぷ音を ならしまくりです」

RYUU (4)

 

 

 

「こわい~ ぼくのところには来ないでよ!」

RYUU

 

 

 

「あ~ よくみたらこれカメラですよ~ 龍くん おバカの小心者ですね。ハハ~ 龍くんって ほんとうにぼくと血が繋がっているのでしょうか?」

RYUU (8)

 

 

 

あら言うわねキャッチ(笑)。

RYUU (9)

 

 

 

でもある意味たしかにキャッチの方が賢いかも。ふたりでした盗み食いを龍だけのせいにして逃げ足は速いし・・・・・・。ひとりでとっととケージに戻り“やってません面”するの得意だよね。

 

 

ふたりともかわいいなあ。

 

最高だよ。

 

龍とキャッチへのお問い合わせをお待ちしています。どうぞよろしくごひいきください。

 

 

話は変わりますが、参加してくださる方がまた増えました。 まだ席は空いてます。

img_3

 

(※詳細はバナーをクリック↑)

 

マニアックなお題ゆえ実はだれも来てくれなかったらどうしよと心配だったのでうれしいです。

 

参加してくださる方よりいただいたメッセージの文末にじーん。ありがとうございます。

 

 

「私は昨年保護猫ちゃんを譲り受け一緒に生活し始めてまだ1年ちょっと、知識も経験もないのですが、外で猫ちゃんを見ると胸が苦しくなります。力をつけて、行動したいです」

 

 

あたたかいお人柄ですね。当日こういう方々と交流をさせてもらえるのが楽しみです。

 

 

さあ、龍とキャッチの撮影の合間にみいさんが撮ってくれたうちのスーパーモデルたちも!

RYUEA

 

 

さぶもあまぱんもめちゃくちゃ萌える~!

EDA

 

 

明日は日曜日。皆さま有意義な一日をお過ごしください。

 

703号室より愛を込めて!

 

スポンサーリンク