砂丘

連日SNSで残酷な画像を目にします。

 

動物たちへの理不尽な実験、暴力、虐待、殺処分。

 

比ゆしがたいほど暗澹たる気持ちになります。

 

龍やキャッチやデカ円が同じ目に遭わされたらと想像するだけで身震いが止まりません。

言い換えれば、日々仰山の“龍”や“キャッチ”や“デカ円”が嬲り殺されているのですよね。

 

近年の私は己の身の丈をイヤというほど思い知りました。

小さな私には大それたことを言えません。

そもそも言う資格などないのです。

 

私の意志や理想とは無関係にたくさんの犬猫たちが虐げられている。

不気味な変態によって。あるいは営利目的の乾いた組織によって。

 

私ひとりになにができるというのでしょう?

 

私を含め、何万何十万という不幸に立ち向かえる人などいないはずです。

 

しかしヤラレたのが私の保護猫じゃなくてよかったとは思えません。

 

どの不幸を見聞しても胸がえぐれます。

 

その動物の恐怖や痛みや絶望を考えると人間でいることに辟易してしまう。

 

だからこそ私は自分の周りを見直す作業を怠らないよう心を配ることにしました。

 

私は絶対に「幸せ」を意識した譲渡に徹しようと何度も改めて誓うのです。

 

私と出会ってくれた犬猫たちと真正面から向き合い、手を抜くことをせず、石橋を叩こう、と。

 

多少時間がかかったとしても、その間にほんとうはもっとあまたの犬猫を保護できたとしても、私は割愛も省略も近道もせず、納得のいく譲渡をめざそうと。それが自分なりの「多くの不幸」や「不幸の塊」との対峙方法であり、結局はそうしかできないんだと知ったのです。

 

ほかの方のことはわかりません。だれのこともここで否定するつもりはありません。犬猫の問題に取り組む方は個々のポリシーを有し、各々に苦労を抱えているのです。

 

ただ私は、自分以外をじょうずに欺くことはできても、自分を騙すことができないタイプなので、自分をごまかし、ウソをついて生きていくよりも、自分の活動に自分が少なからずの満足とやりがいと自信をもって生きたいです。そのために私自身がどうするべきかを常に悩んでいます。

 

繰り返しますが、日本全体の数えきれない不幸にひとりぼっちで立ち向かえる人はいません。

 

数人の団体を組んでも無理です。

 

 

けれど身のまわりの犬猫たちを確実に幸せにすることはできます。だれにでもできます。

 

犬猫問題について意識しはじめた15年前、私は今より非力でした。

 

力が弱い割に声だけは大きく、日本全体をよくする夢想ばかり繰り返していました。

 

「日本をどうやって変えていこうか?」

 

そんなことをぼやきながらある日近所を歩いていると、かわいい盛りの子猫に出会ったわけですが、当時の私は「その子猫を保護し里子に出すだけの行為」に畏怖し、逃げました。

 

脳内は日本全体をどうやって変えようかと壮大な思案を繰り広げていたのにも関わらず、私は目の前の子猫を見捨てたのです。卑怯でした。みっともない自分を恥じ、いろんな言い訳を並べたりもしました。保護しなかった正当な理由を、です。

 

以後、あのときの苦味を味わいたくなかったので、出会った子たちを積極的に家に入れていくようになりました。とは言っても、キャパがあるので外で出会う犬猫たちを全部は飼えません。

 

あっという間に多頭飼育崩壊を迎え、犬猫ともども共倒れしてしまいます。

 

よって個人で「譲渡」を考えてきました。譲渡とはなにか、譲渡とはなにか、なにか。

 

譲渡を真剣に考えれば考えるほど、私は贖罪され、この世で起きるあらゆる不幸の中で呼吸できる気がしたのです。保護と譲渡は勇気とノウハウとわずかな知恵があればむずかしくありません。努力し掘り下げた先には犬猫たちと里親さんたちの笑顔があります。

 

偶然不幸に出くわしたとしても、幸福は必然と築けるのです。

 

日本に蔓延る悪に対抗する力はありません。

 

けれど私は無力ではありません。

 

私のような普通の人間は大勢います。

 

みんな無力じゃないんですよね。

 

 

まず、私たちの目の前にやってきてくれた犬猫たちに目を向け、彼らがにっこりする社会を創っていきたいですね。砂丘も目を凝らせばひと粒ずつの光る砂でできていますもの!

hutari

 

 

多くの犬猫たちが幸せになれますように。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





宣誓

いや~ ダメだ……

 

パソコン画面を見ていると頭が割れそうなので簡単更新にて失礼します。

 

 

宣誓!

 

 

チチにはベタベタ、私にはツンデレ(冷ため)の保護猫デカ円を……

 

次の週までに抱っこできるようになります。

 

1日2回の割合でなぜかデカ円にパンチされますが、あまり痛くないので私の方からもっと積極的に寄って行くことにしました。デカ円も手加減してくれていますが、念のため保険をかけます。

 

ということで週末、デカ円を連れて大巻先生の病院へ爪切りに行きます。

 

 

デカ円、いいね? もう病院予約したよ?

 

 

 

 

「……ちょっと考えさせて」

IMG_8267

 

 

 

明日がんばればお子たちとベタベタの週末がやってきます。

 

本日はうちのナナの14歳の誕生日でしたが、オトナの事情で誕生日会は日曜日に延期させてもらいました。ナナちゃんごめんっ! 肩がこりすぎて吐き気がします。おやすみなさい。

 

 

スポンサーリンク





ひとりずつを

仕事へ向かうのは億劫ですが、仕事から帰るのは楽しいです。

 

働くのが嫌いなわけではなく、みんなに会えない時間が長いからいやなのです。ふだんどこかへ出かけるとしても数時間程度ですが、仕事の日は約半日拘束されてしまう。そうするとお子たちのさびしげな顔が浮かんできて一種の強迫観念に駆られるのですよ。困りましたね。

 

でもまあ最近は定時であがれるのでありがたいです。

 

 

昨日帰宅したら少し前にチチが買ったべべのおやつが届いていました。いっぱいあるね!

faere

 

 

闘病のためこれ一種類しか食べれないべべ。切らさないようストックしておかないと。

 

 

家に帰ってすぐやることは猫のごはんと犬のおやつ。トイレの掃除。頭数が多いので意外と時間がかかります。そしてケージ内でがんばってお留守番してくれた龍とキャッチの放牧(笑)。

 

 

龍とキャッチは水を得た魚のように飛び回るのでいい写真がなかなか撮れません。

 

 

ということで本日はふたりを保護したピチコさん宅にいた頃の写真をご紹介しようと思います。

faori

 

 

(※写真はすべて猫撮るさんが訪問撮影の際に撮ったものだそう。素敵~)

 

 

龍くんももちろん大好きですが、私はキャッチのビジュアルに萌えています。

 

 

ピチコさんのお宅にいた頃に写真を見せてもらってからずっとキャッチの虜でした。

gaur

 

 

胸のふわっとした白毛と鼻の模様がたまらない。

seua

 

 

【本日の自分のツイッターより】

 

音楽はボーダーレス

笑顔はボーダーレス

愛はボーダーレス

ぼくも背中で語ります

ぼくは背中にシマシマにゃい
ぼくはボーダーレス‼︎

キャッチ
家族キャッチとなるか?

家族募集中

faoed

 

 

おもしろいポーズをしているキャッチもご堪能ください。

rfaf (4)

 

 

なんか微妙な場所でふんばっていますね。

rfaf (3)

 

 

なにがしたいんでしょうか? 当事者は必死でしょうが傍から見るとついふきだしてしまう。

rfaf (2)

 

 

怖がりの一面もあったけれど、最近は名を呼べばすっ飛んできます。

rfaf

 

 

が!

 

 

私の手に食べ物がないと知るとがっかりした表情でトボトボ去っていくのです。

 

 

そういうわがままで家猫らしいところがキャッチの魅力のひとつだと思います。

 

 

皆さまもうおぼえましたね。茶白がキャッチ。胸に白い飾り毛があるほうがキャッチです。

 

 

そしてこっちのきなこ饅頭は龍くんです。この写真の龍くん仏さまみたいでいい感じ!

vagr

 

 

福々しいですね。私もこんな写真を撮れるようになりたいなあ。

 

 

いつもはキャッチの前に出てくる龍くんのシャイ風な一枚も気に入ってます。

fao8uer

 

 

キャッチのお尻はあったかい?

 

熱を分け合うのっていいね。きっとキャッチもこのときお尻があったかで気持ちよかったはず。

 

 

ふたりのこのようなラブぶりを見ているとセットでお婿に出したくなります。

 

その方が心強いだろうし。

 

けれど龍もキャッチも成猫のカテゴリー。ふたりともちゃんと自立心があります。

 

ほんとうの気持ちを隠さずにお話しすると私はセットでのご縁を希望していますが、希望者さまのキャパや住宅の頭数制限の事情などでセットではむずかしい場合もあるかもしれません。この子たちは今いっしょにいるから仲がいいですが、本来はそれぞれ立派な「個」です。だからまずはセットでも単体でもいい意味で平たく家族募集をさせていただきたいと考えています。

 

皆さまにもなんとなくふたりまとまっている茶色きょうだいの雰囲気ではなく、龍は龍として、キャッチはキャッチとして、ひとりずつおぼえてもらいたいです。

 

そのためのアピールをまずはしないとね♪

 

いずれにせよこの子たちが絶対に孤独の「弧」にならぬ良縁を探していきます。

 

ピチコさんは私に一任してくれたので私の責任で取り組みます。全力を注ぎます。

 

 

龍が気になる! という方も

 

キャッチが気になる! という方も

 

龍とキャッチが気になる! という方も

 

些細なことでも構いませんのでまずはお問い合わせください。

 

誠意を持って対応させていただきます。ぺこり。

 

スポンサーリンク





ボーダーレスボディ

会社でやたら眠かった私は職場の床に布団を敷き2時間眠る妄想ばかりしていました。

 

これじゃ仕事にならんとコンビニへ。眠気打破類のドリンクを物色。一本388円ってそんなあ。

 

高すぎでしょう? 効き目は確実か? 万が一効かなかったら400円近くを棒に振るうことになる。絶対やだ。ってことでイチゴグミにシフトチェンジしグミを噛んで眠気をがまんしました。

 

 

社内では帰宅後速攻一時間寝ようと心に誓っていた私ですが……

 

 

ぜんぜん急ぎじゃないのになぜか本日着たセーターとか手洗いしちゃった。あれ?

IMG_8502

 

 

自分のことがよくわからない。手に負えない。セーターはとりあえずキレイに干せました。ついでだからと保護猫龍とキャッチのトイレもひとつ洗ってしまいました。

 

 

そしてフリータイム。若いのは元気でたいへんよろしい(笑)。

IMG_8499

 

 

だいぶ前に龍とキャッチのめずらしい部分を見つけました。まずは龍~

IMG_8501

 

 

そしてキャッチ~

IMG_8497

 

 

あ、写真ですが胴体のみの構図は別に失敗とかではないです。

 

さすがの私もここまでは下手じゃありませんから。

 

うまく撮れなかったけど、ふたりともボディのシマシマがないの! つるっとしたブラウン♪

 

特に茶白のキャッチはシマシマが見当たらずめずらしい感じの模様です。

 

先祖にアビシニアンがいるのかも? 強引かな?

 

これぞ「ボーダーレス」ではないでしょうか? おおお。なんか壮大な雰囲気に……。

 

 

コピーしたの? ってくらい顔がそっくり! ふたりの無垢な寝顔、かわいいですね。

IMG_8409

 

 

 

おーい龍! お前さんたちは寝放題でいいなあ。

IMG_8352

 

 

 

キャッチ、だれかキャッチを見てくれている人がいるといいね。

IMG_8414

 

 

仕事の都合などで時間が取れず里親サイトへの掲載はあと数日かかってしまいそうですが、龍とキャッチはいつでもお婿に出せる状態ですので気になる方はコメントをくださいね。お問い合わせのコメントは非公開にします。

 

龍もキャッチも生後10ヶ月の男子です。

 

都心の公園でがんばって生き抜いた母猫が産んだお子たち。

 

保護したピチコさんの愛情を受け人間との生活に慣れています。

 

人の言葉や表情をちゃんと理解しているので育てやすいです。

 

うるさすぎず静かすぎません。ウイルス検査は二匹ともマイナス。去勢手術も済んでいます。

 

食欲旺盛。健康状態は良好で気になるところは今のところひとつもありません。

 

703号室のハンサムたちどうでしょう? また改めて紹介しますね。

 

明日も朝早いのでこの辺で失礼します。まだ寝ないけどね^^;

 

LOVE!

 

スポンサーリンク





黒光りするきみ

先ほどカメラマンの太田康介氏が母の店に食べに来てくれました。サクッと食べサクッと話しサクッとお帰りになった面々。APF通信の山路徹氏、笑顔の素敵なよっしーさんもごいっしょです♪ hohoko (8)

 

 

私はちょっと遅れての参加でしたが到着早々皆さまの食欲に驚きました。特にこのお二方!

hohoko (10)

 

 

太田氏は被災地の撮影のほか個人で猫の保護をされており、山路さんは被災地出身の猫と暮らしています。よっしーさんはおーあみ避難所でボランティア活動をされています。一歩を踏み出している方々のお話は勉強になりますね。楽しいひとときをありがとうございました。

 

 

よっしーさんからはおいしいおみやげまで! ごちそうさまでした。

hohoko (12)

 

 

帰宅後、山路さんのフェイスブックにて今宵の台湾料理の記事発見! 料理ひとつひとつを写真に撮り説明書きまで加えてくださったとは感動です。うれしいですね。早速母に転送します。

faoue

 

 

今日の日中は家で掃除していました。明日から仕事日がつづくのです。家事を済ませてしまわなければツケが自分にまわってきます。チチも忙しいので負担をかけられません。

 

掃除が7割終わると、私はウズウズが止められずお子たちにちょっかいを出しはじめます。

 

 

みんなと遊びたくて仕方ない。デカ円とはだいぶ仲よしになりましたよ^^

hohohohoho (5)

 

 

次の目標は「抱っこ」です。チチは楽勝で抱っこしますが私にはまだ厳しい^^;

 

 

龍とキャッチは長めのフリータイムを。明日から仕事で留守番させるからおやつもたっぷり!

hohohohoho (7)

 

 

ボケてるけどかわいい一枚でしょう?   さぶと並んでおねだりしているシーンです。

 

703号室に馴染んでいるのがわかりますよね?

 

明るく聞きわけのいいハンサムきょうだいです。家族になりたい方はいませんか?

 

 

最後に、うちの黒子ちゃんをゆりかごに入れ毛布で包んでみました。

hohohohoho (2)

 

 

窓際に置いた天音のお下がりベッドの上で日光浴するのがほほの至福

hohohohoho (3)

 

 

そんなほほを眺めるのが、私の幸せ

hohohohoho (10)

 

 

奥にいたずらっ子が写ってます。べべー? なにしてるん?

hohohohoho (8)

 

 

ほほあったかいね

hohohohoho (4)

 

 

気持ちいい?

hohohohoho

 

 

 

またまた親バカ発言ですが、私ほほは個性的なだけでなくキレイな猫だと思うんですよ。

hohohohoho (9)

 

 

 

意志の強さや努力が顔にあらわれているというか……私には輝いて見えるのです。 hohohohoho (6)

 

 

ほほはよく食べ、がんばって出し、ほほのペースで生きています。できることもあるしできないこともあります。しかし自分を受け入れちゃんと前を向いています。ごはんはよくねだります。

 

そのたびに下僕は、ほほのお皿にフードを注ぎ足す。

 

ちょっとくらい太ってもいいんだから、たくさん食べてくださいね。

 

ほほはごはんを噛み砕くバリバリ音で返事をしてくれる。

 

とてもいい子です。

 

 

明日もいい一日でありますように。ああ早起きやだな。

 

LOVE!

 

スポンサーリンク