明日はジョイのお茶会です

昨夜はあまぱんを抱いて「出だし」だけやってみました。私みたいなビビりはしゃべれないんじゃないのです。緊張の場に飲みこまれてフリーズしてしまうのです。あ、いっしょか。

totot

 

 

はじめさえうまくいけば、あとはどうにか。

 

幸い、自分が作った資料がある程度台本の役割を果たしてくれています。頭が真っ白になってもきっと戻ってこれる。だいじょうぶ。

 

冒頭だけはなにとぞ会場中の皆さまのあたたかい微笑みを期待しつつ何度か練習しましたが、その都度噛みまくり(汗)。ええい。もう知らんっ。

 

 

と、ここで私が撮ったハンサムたちの画像を貼りつけておきます。

tuaro (9)

 

 

 

布団にくるまったあまぱん

tuaro

 

 

 

体型のだらしなさが際立つデカ円氏とそれを抱く男(笑)。

tuaro (10)

 

 

 

あれ? お耳がちょっと嫌がっている?

tuaro (6)

 

 

 

デカ円はいつも困ったお顔なんだよね。

tuaro (7)

 

 

 

女心をくすぐられます。

tuaro (8)

 

 

 

お次はジョイ

tuaro (4)

 

 

 

ジョイ、おいで

tuaro (2)

 

 

 

明日はなんの日か、さっき言い聞かせたからわかるね?

tuaro (3)

 

 

 

「ぼく主宰のお茶会?」

tuaro (5)

 

 

 

そう。たぶん主宰者のくせにおまえさんはがんばらないと思います(汗)。なので大目に見てくれるよう事前に来賓の方に懇願しました。まあ、いてくれるだけでいいです。

 

 

ということで、まだ家族募集サイトに掲載前のジョイですが、明日はお見合いが入りました。

まだなにも決まっていませんので、もしご縁がまとまりましたらすぐにご報告しますね!

私はどうなることかと気を揉んでおります。

 

なんせジョイのきょうだいの龍とキャッチがお見合いでまったくどうにもならなかったからです。

 

ジョイはもっとどうにもならないでしょう。現時点では私にしかなついていない状態ですから。

 

皆さまもうまくいくよう祈っていてください。どうぞよろしくお願いします。

 

 

最後に、思うことを。

 

 

ふだん、ブログとツイッターでひとり勝手に好きなことを吠えてるじゃないですか。

 

 

だからこそ、ときたま皆さま側の声を知るとじーんとね。

 

 

にゃっ展お話会に参加してくださるNさまのメッセージより一部↓

 

毎日ブログを拝見させていただいております。

ワンちゃんとしか生活したことのない私が、二年前に勤務先で推定5歳から8歳の茶トラちゃん男の子を保護したことがきっかけで、人間の勝手で過酷な生活をしている動物たちを助けたい気持ちが強くなりました。(こんな思い切った行動。50歳前にして初めてでした)また今年の初め近くのボランティアさんから、仔猫の男の子。5か月くらいの子を引き取り、幸せなわんにゃんライフを送っております。

それまで犬派と言っていた主人も子供もねこちゃんのかわいさにメロメロです。これからの人生、微力ながらもっと動物たちのために自分ができることを考えたく、今回のお話会に申し込ませていただきます。素晴らしい活動をしているアンニイさんにお会いしたいということもあるのですが。質問でもないのに、長々すみません。

 

 

こちらはポストカードを買ってくださったHさまのメールより一部↓

 

昨日、ポストカード届きました。お忙しいのに可愛い切手&シール。
 ポストカードもオマケしていただきありがとうございます。
 
ほほちゃんも さぶくんも あまちゃんも わんちゃん達も・・・み~んな可愛くて感激です。カード、2枚早速飾りました^^ あとは、そばに置いて見たりして大切にします。
 
 メッセージカードを購入したり、アンニイさまからお手紙添えていただいたりして、アンニイさまや703号室の天使たちの事が、今まで以上に身近にそして、大好きになりました。私は今、8匹の保護した猫さん達の他に近所の三毛猫さんに避妊手術をしてあげたくてがんばってます。
 
だだ、捕獲器を仕掛けるも8回失敗。 警戒心が、たいへん強く中に入ってくれません。
 
おなかは、ペコペコだと思うので、から揚げ 竹輪 シーバーと美味しいものてんこ盛りで 保護できるまでがんばります。捕獲は、たいへんですが、同じ九州熊本は、とんでもないことになっているので、捕獲活動をできる状況に感謝しなければいけないなと思っています。
 
4月も半ばですが、朝晩は、冷えたりして不安定な日々ですが、アンニイさまお風邪ひかれませぬよう・・・。
折に触れ、皆さまから声を寄せていただける機会があります。
ああ幸せになった犬猫が増えているんだなあと実感し、ほんとうにテンションがあがります。
ほかにも紹介したいメッセージやメールがたくさん!
また機会があったらUPさせてくださいね。
Nさま。にゃっ展でお会いできることを楽しみにしています。当日は、Nさまのように慈悲深く意識の高い方がたくさんいらっしゃいます。勤務先で出会って保護したオトナ愛猫さん、里子として迎えた愛猫さん、猫の魅力に気づかなかったご主人さまとお子さまをもメロメロにしたんですね。我が家も犬猫と共存しています。とても楽しいです。犬も猫も萌えますね。
ポストカードをお求めくださったHさま。「保護活動をできる状況に感謝」という一語にうるっとしました。私も民主主義社会で自由意志のもと保護譲渡活動できることに日々感謝しています。不妊手術のための捕獲、9回目は成功しますように!
LOVE

スポンサーリンク





ボーイズ宅へ

今日は【教えてアンニイさん】の軽い打ち合わせをしにマイ太郎さんのお宅を訪ねました。

IMG_1623

 

 

あまり日がないのに頭の中が混乱しています。どうしよ。ヤバい。

 

本日新たに参加を希望してくださった方が6名増えました。ありがとうございます。

 

会場のスペースの関係上、これをもちまして締め切りとさせていただくことになりました。ペコリ。

 

 

譲渡について話すとは言っても「保護」から「譲渡後のフォロー」まで幅が広いので、皆さまが関心を持っているポイントに触れられるか自信がありません。

 

当日私が重点的にお話ししようと思っているのは以下の通りです。

 

Ⅰ 日本の不遇な猫たちが置かれている状況

Ⅱ インターネットの家族募集サイトを利用する際のコツ

Ⅲ 希望者への対応の心得

  ◎脱走防止の重要性

Ⅳ 里親詐欺の種類と目的

Ⅴ 里親詐欺への対策

 

多岐に渡るご質問については、なんらかの形で必ずお返事しますが、当日は時間配分の問題ですべてにお答えするのがむずかしい場合もあります。

 

なお私も勉強中の身ですし、一個人のやり方ですので必ずしも皆さまにとっての「正解」ではないかもしれません。そもそも譲渡活動には「正解」など存在しないのかなとも思います。よって、あくまで私という一個人の「ひとつの意見」としてお耳を拝借できればありがたいです。

 

 

なにが言いたいかと申しますと・・・・・・

 

どうかにっこりとお手柔らかにお願いしますと小心者が必死に弁明をしている感じです。ペコリ。

 

 

質問の多かった「人なれしていない保護猫の馴らし方」についてはいくつかのアプローチの方法を試しながら、という風で、チチも私も正解を持っていません。当然、個体によっても話が変わってきます。ここ、とってもむずかしいですよね。私も毎度苦労しています。

 

だから当日時間があったら参加してくださる皆さまのご体験談なども聞ければなあと。

 

※ ブログのコメント欄に書いてくださる方も大歓迎!

「こうして馴れました~♪」的なエピソードなどがありましたらぜひ!

 

うちにもなかなか人なれしなかった強者たちがいましたので、その子たちとの思い出などでしたらお伝えできるかなとも考えています。

 

 

話の主軸は「インターネットをつかっての家族募集」です。どうぞよろしくお願いします。

 

 

せっかくマイ太郎さんちに行ったのでiPhoneで撮った写真を少し^^

IMG_1647

 

 

 

さくらちゃんの命日には間に合いませんでしたが、さくらちゃんにお花を持っていきました。

IMG_1631

 

 

 

マイ太郎さんには日常品を。マイ兄とはっちゃんにはおやつを♪

IMG_1646

 

 

この子たちきっと食べさせてもらってないんですよ! だってすごい食欲ですもん(爆)。

 

 

ウソ。笑。ちゃんともらってます。っていうかおねだりが半端じゃないです。

IMG_1624IMG_1630

 

 

 

夕飯時だったのでマイ太郎さんがパスタを茹でてくれました。ごちそうさまでした。

IMG_1638

 

 

 

ぬいぐるみみたいに抱き心地のいいマイ兄と打ち合わせに真剣参加のはっちゃん

IMG_1649IMG_1642

 

 

実際に会うのは数年ぶりかな? かわいかった。マイ太郎さんはお忙しそうだったので早々に打ち合わせを切り上げました。お邪魔しました。

 

 

帰宅後、ライン見て感動。卒業生便りは全部うれしいのですが最近ベレーボのことを回想していたので余計にテンションが上がりました。ふだん卒業生の近況写真はツイッターに時折流していますが、ベレーボはちょっとブログに紹介させてください。

IMG_1661

 

 

約7年前に私がとあるセブンイレブンで保護した成猫です。あかりちゃん相変わらず美犬!

IMG_1653

 

 

保護したときの記事を読んであのときは超感情的だった自分が懐かしくなりました。

 

「待っててベレーボ/幸せの703号室」

 

 

たくさんのお子を保護したけど、そのたびに恩恵を受けたのは私のほうだったと思います。

 

幸せにしてもらったのも私のほう。

 

ほんとうに保護犬猫たちにありがとうと言いたいです。

 

 

おやすみなさい。

 

明日も皆さまにとっていい一日でありますように。

 

 

スポンサーリンク





Q&Aのいちにち

べべ、ナナ、リルに注文したフードがやっと届きました。遅いよ楽天。我が家の定番ロイヤルカナンの低分子プロテインは8キロサイズ。カナダ産アカナは6キロサイズ。合計14キロ。

imautiha (10)

 

 

収納場所に困るんですが、大きいのを買ってしまった方がお得ですからね。

 

 

保護猫デカ円が私のそばに寄ってきました。

imautiha (12)

 

 

 

目も顔も体もまあるい。

imautiha

 

 

 

こまめにおもちゃで遊びながらコミュニケーションをはかっています。

imautiha (8)

 

 

 

日中、家事を終えた私は「教えてアンニイさん」の質問攻めに遭いました(笑)。

fosuta

 

(詳細は↑バナーをクリック)

 

※ じゃっかんなら椅子を増やせるかもしれませんので参加を希望される方は上記バナーをクリックしお問い合わせください。質問はナシでもだいじょうぶです(爆)。

 

 

「質問攻め」は冗談ですが、回答をひとつひとつ書きながら勉強させてもらいました。

IMG_9368

 

 

 

ご質問をくださった皆さまどうもありがとうございました。すばらしい観点ばかりでした。

IMG_9363

 

 

当日口頭でお答えするか、紙に落とすかはまだ迷っています。

IMG_9366

 

 

 

せっかくですので、ご質問と私の回答を2つほど紹介させてください。

 

 

 外で猫を見つけた場合、明らかに野良猫と分かる場合と迷い猫か外飼いの猫か野良猫か分からない場合があると思いますが、つまり飼い主さんがいるかどうか分からない場合はどうしたら良いでしょうか。

 

 猫は事情を話しませんので断定はできませんが、状況で考察します。猫があまりにもオドオドしている場合は外に出て間もないことが考えられます。その場合は捨て猫か迷い猫になるのですがいずれにせよ保護するのが望ましいです。野良猫か出入り自由の飼い猫かについての判断は、毛の汚れ具合のほか「天候」に注目してください。

大雨の日や極寒の日にも所在なげに外にいる場合は「食糧難」あるいは「帰る場所がない」ことが想定されます。家に自由に戻れる猫は悪天候の日に外を徘徊せず、天候の回復を待って散歩に出るのが自然だと思うからです。

くわえて猫の出没する地域の住民への聞き込みも有効です。

 

 

Q 保護猫・犬さんと先住犬猫たちとの共存のコツは?

 

 段階を踏んで徐々に会わせます。はじめは声だけを聞かせる。臭いだけを嗅がせる。存在を示唆するに留めておく。ケージ越し、ガラス戸越しなど日を経て距離を縮める。

それと必要以上に神経質に考えないことです。先住犬猫と保護犬猫たちは自分たちで関係の上下を作り、互いを信頼し合うまでケンカもするし駆け引きもします。人間が過度に干渉、心配するのがいい結果に繋がるとは思いません。最悪相性が合わず、どちらかが体調の変化をうったえたとしても、保護犬猫たちは「ほかのお宅へ譲渡する対象」なので、ゴールにたどり着くまでがんばろうとの心意気で取り組みます。たとえ相性が合わずとも、一生ではなく、一定期間の共存で済みますので、譲渡までは物理的に隔離するなどの配慮をしています。

 

 

 

あとは捕獲方法、活動資金のこと、心の持ち方、譲渡方法など、とにかく多岐に渡っています。

 

 

人によって聞きたいこともちがうでしょうし熟練度も異なるでしょうし、どこにウエイトを置きながら話せばいいのか、悩ましい限りです。うーん。

 

 

 

「頭の中がメチャクチャなんだな」

IMG_8274

 

 

 

そう^^; ちゃんと整理しないとまずいね。

 

 

 

「あのハハ~ なんならぼくがやりましょうか?」

IMG_9373

 

 

 

おまい、できんの?

IMG_9371

 

 

 

「まあ譲渡のことなら多少わかりますよ」

IMG_9370

 

 

 

いや、いい。

 

ボールペンやマウスを転がしまくって邪魔してばっかだったよね。信用できません。

 

 

 

西日がまぶしい時間帯になり、PC画面が見づらくなったのでカーテンをおろしました。

 

 

ほほに光が届く分だけを残して。ほほ、お母さんの椅子の後ろで生きていてくれてありがとう。

IMG_9365

 

 

ふりかえってあなたを見つけるとホッとします。

 

 

幸せになれる犬猫を増やしたい。

 

家族を得られる犬猫が、この国にいっぱいいてほしい。

 

 

いっぱい!!

 

 

PS まどっぺさんのコメントうれしかったです。感動。

 

LとOとVとE

 

スポンサーリンク





子犬になったきみ 朝日に出向くきみ

土手から保護したときに一生分の怒りを爆発させたナナ

時効だから告白しますが、土手にいた頃も我が家にやってきた最初の頃も

ナナには制御不能のキレやすさがありました。

けれど、「家族」と「安らぎ」を知り膿を出し切ったナナは

性格を完全に入れ替えたのです。

 

若いときはいっさいのわがままを言わず

キッチンにも一度も入ったことのないナナ

寝る際も控えめで体が触れると私の邪魔にならぬようほかの場所にそっと移動していたナナ

 

年を取り完全にキャラクターが変わりました。

キッチンに侵入しまくり

ドスンと私の上に乗っかかり体重をかける。重い。なかなかどかない。

imautiha (2)

 

 

朝も晩も早く散歩へ連れて行けと吠えまくる。

 

しかしだからこそ余計にかわいい。

いい子のナナも好きだったけど、いい子を卒業したナナはもっと好きです。

 

いっしょには暮らしていなかったけど、私はナナの子犬時代を知っています。

7頭きょうだいの中でいちばん警戒心が強く、いつ会っても萎縮していました。

 

子犬らしい時期を過ごせず、長い虐待を生き延び、我が家に来てくれました。

そのナナが14歳で子犬にかえったのです。

いや、子犬にかえったのではなく、はじめて子犬になったのだと思います。

 

ナナには今、軽く認知症の兆候が見られます。

けれど私は、ナナを哀れな老犬としてみていません。

 

 

改めて見渡すと、我が家にはたくさんの悲しみが転がっています。

 

 

べべの曲がった背骨が悲しい。浮き出た肋骨が悲しい。

散歩に行ってもあまり歩けないのが悲しい。

 

 

あまたの咳が悲しい。食いしん坊だったのに食べると口を痛がるのが悲しい。

 

さぶが点滴の際に泣くのが悲しい。さぶの首に針を刺すのが悲しい。

 

 

ころんでばかりのほほが、薬をむせるほほが。

排泄ごときの自然現象にもいちいち歯を食いしばる姿が悲しい。

imautiha (11)

 

 

食事中の方、不快になった方はほんとうにごめんなさい】

 

 

みんなの老いも病も代わってやれない自分が悲しい。

imautiha (3)

 

 

いつまでこの家族形態でいられるのか・・・・・・。

 

あまりにも失いたくなくて、ついまともに考えるのを放棄したくなる。

 

恐ろしいし、どうせ気持ちのやり場がない。だからなるべく考えない。

 

 

「前向きに」とか「明るく」という言葉には限界がある気がします。

imautiha (5)

 

 

少なくても、近ごろの703号室にいると、私はときどきふと悲観的に思いつめる。

 

 

けれど先日、朝日に向かって床の上を這うほほを見て自分の心境が少し変化しました。

imautiha (6)

 

 

朝ごはんを食べ終わったほほが日光を浴びるために、懸命に掃きだし窓をめざしていたのです。必死なほほを目の当たりにして、私はほほに「生」を感じました。

 

 

私が嘆くことをうちのお子たちは望んでいない。

imautiha (7)

 

 

彼らは穏やかな朝と昼と夜と

 

撫でてくれる手と、誉めてくれる声と

 

ごはんを楽しみにし、太陽を待っているだけです。

 

痩せたべべも、咳をするあまたも、治療をいやがるさぶも、認知症の兆候のあるナナも、不自由なほほも、わがままなリルも(笑)、みーんなシンプル。

 

 

なら私のほうも、みんなに従わないと。

 

民主主義の世界は、多数決が基本ですので。

 

 

悲しい悲しい言ってばかりでみっともなくてすみません。今週はもう愚痴りません。

 

 

お詫びにハンサムボーイをお見せします。

imautiha (9)

 

 

もういっちょ!

imautiha (4)

 

 

Smile

 

スポンサーリンク





勉強会とパーツ

今さらですが先週のできごとをサラッと!

 

 

4月13日はTOKYOZEROの第三回目の勉強会でした。細川弁護士(初回)朝日新聞太田記者(第二回)→国際NGOピースウインズ・ジャパン大西健丞代表(第三回)。

 

 

勉強会は毎回大人気で抽選になります。

 

 

まずはTOKYOZERO藤野真紀子代表による開会のあいさつ

peace (4)

 

 

 

そして大西さんや佐藤さんが壇上に上がり約1時間半びっちり講演

peace (5)

 

 

 

大西さん率いるピースワンコジャパンが広島県で犬の殺処分ゼロを達成させたニュースをご覧の皆さまも多くいらっしゃるでしょう。なぜ不可能だと思われたことが可能になったのか。

 

 

殺処分ゼロをめざすようになったいきさつ。災害救助犬夢之丞くんの登場とその育成。ふるさと納税やネット、マスコミ、新聞といった媒体を活用した資金調達の方法。シェルターの紹介。地域の人々、支援者の方々とのつき合い方。行政や業界団体(生体売買業も含む)との対峙方法、かけひき。ほんとうに盛りだくさんでした。いろんな本音も聞けました。

 

 

大西さんの話はとにかくスケールが大きいのです。しかし「感動」だけで終わらせたくありません。個人の細々とした活動へのヒントに繋げたいと、私は夢中で聞いていました。

 

大西さんは行動力も半端じゃないのですが、頭の回転の速さが際立っていました。

 

皆さまも機会があったら、ぜひTOKYOZERO勉強会にご参加ください。目からウロコの事実が聞けます。14年間東京僻地で保護譲渡活動してきた私も知らなかったことが仰山です。

 

いろいろと賛否両論の胸の内を抱えることもあるでしょう。けれど「賛」でも「否」でもまずは知ることがたいせつなのかもしれないと思いました。正しく知った上で判断すればいいのかなと。

 

 

会場でよく知った顔を見かけたので思わず3枚ほど写真を撮りました(爆)。グループディスカッション中のチチです。私の存在に気づいた模様。

peace (7)peace (6)

 

 

参加してよかった、話を聞けてよかった、だそうです。

peace (3)peace (2)

 

 

私とは関係なく、チチ個人の意志で参加しています。もちろん、厳正なる抽選を経て。

 

チチは広島県のピースワンコと静岡県にふるさと納税をしています。ふるさと納税とはいっても広島県や静岡県の出身者ではありません。だれでも利用できる制度なのです。チチにとってはぜひ話を聞いてみたいところだったのでしょう。

 

 

終わったあと、数言会話を交わしてチチは先に帰宅。私は打ち上げに!

peace (8)

 

 

大西さん、藤野代表、佐藤さん、塩村議員、事務局西川さん、浦田さん、ほかの呼びかけ人の方など10名で食事しました。和気あいあいお話をしたり、議論が白熱したり。有意義でした。

peace (9)

 

 

 

さて、勉強もいいですけど私にとって保護猫たちとのコミュニケーションは勉強の100倍大事です。家族を求めている保護猫たちの写真も載せないとね。

 

 

お題:私の好きなパーツ

 

 

【デカ円の背中】と首輪からはみ出た後頭部の毛に激しく萌える・・・・・・

peace (10)

 

 

見てこれ~! クリームパンかギョウザみたい!!

peace

 

 

正面もかわいいけど背中もいい味出してるでしょ?

peace (16)

 

 

爪とぎにつけたまたたび粉の影響でラリってます。爪を研ぎまくってます(汗)。

peace (17)

 

 

 

つづいては【ジョイの肉球】と甘えぶり♪

peace (15)

 

 

キャーピンク!! はあ、天然美・・・・・・

peace (14)

 

 

ジョイは猫さんが好きなので、猫のいるお宅が合うと思います。

peace (11)

 

 

フリータイムもじょうずに過ごせます。キッチンへのいたずらもないしおりこうです。

peace (12)

 

 

ジョイも龍とキャッチにつづいて幸せになろうね。来月の卒業をめざしています!

peace (13)

 

 

LOE!

 

 

スポンサーリンク