打破する存在

新しい朝が明けました。皆さまおめでとうございます。

 

うちは大掃除もそこそこにだれたまま新年を迎えました。

IMG_7579

 

 

里親さんがたからたくさんの年賀状が届いています。ほんとうにうれしい。宝物ですね。

 

心を込めてお返事を書きたいので少しお時間ください。

 

 

2016年の目標は、なんといっても703号室レギュラーメンバーのケア。何度も書いているように、もうみんな若くありません。正直、いつだれがどうなってもおかしくない状況です。

 

「家族を大切にする」

 

当たり前のことを再確認しながら余力を持って微々たる活動もつづけていくのが理想ですね。

 

 

それから、お正月にふさわしくないでしょうが、一種の決意文として記しておきたくて。

 

私はお子たちと死別した場合に備え、特に私がお子たちをこの世に残し先に逝くことを想定し、先日遺言書の概要を作りました。日本はまだ犬猫に寛大で成熟した社会とは言えません。自分がいなくなったのち、だれにうちのお子たちを守ってもらうのか悩ましい限りです。けれど安心していっしょに生きたいからこそ、直面すべき問題だと思うに至りました。

 

 

だいたいが組みあがると案の定全身からさびしさが湧き起こりました。抑えようのない胸の痛みがします。「離れ離れ」になるなんて考えたくない。しかも責任を残したまま旅立つのですから未練がましい私は成仏できないかもしれません。

 

しかし次第に不思議と安堵感に包まれていくのも自覚しました。そして知ったのです。

 

お子たちは私の死生観や固定観念や恐怖をも塗り替え、あるいは打破する存在なんだと。

 

こんなに自分以外のだれかを心配し、愛おしいと思わせてくれたお子たちに感謝します。

 

 

もうすぐ15歳のべべ。腰が曲がり散歩を嫌がるようになってきました。べべの幼い頃はべべに老いてほしくなかったのですが、今はちがいます。老いてなお己の道を細々と歩む姿に励まされ、尊敬の念すら抱きます。ガンなど重い病気だらけだったべべが「老犬」になってくれたのはありがたい奇跡です。

IMG_7548

 

 

ナナは次の春で14歳。近ごろキャラ替えを果たしました。前とちがって控えめではありません(笑)。むしろわがまま。チチも私も、新生ナナを見つけるにつけホッとしています。そうそう。こういうの! ナナはこういうのがやりたかったのね。なら存分になりたい自分になるといいよ。できる限り聞き叶えてあげたいです。

IMG_7567

 

 

末っ子末っ子と甘やかせていたリルも気づけばシニアの域に。相変わらずしたい放題です。持病はありませんが食が細く神経質なので手がかかります。秋で12歳なのでしっかり食べ基礎体力をつけてほしいのですが、親の心子知らずとはよくいったもので、ハンストばかり起こすリルには伝わってません。

IMG_7559

 

 

重度の水頭症が原因で歩行困難、行動障害のほほ。赤ちゃん時から育ててきました。当時短命と宣告されたほほが今年で9歳を迎えます。転んでも転んでも立ち上がるほほ。トイレも食事も決まったゾーンまで這って行きます。不自由な体を抱えながらも、猫として受けた生をほほは忠実に守っています。我が家の誇り。

IMG_7502

 

 

 

若く見積もっても推定11歳(おそらくもっと)のあまた。老齢になってから肺を患いました。ひどい口内炎もあり常に「経過観察中」。見習いたくなるほどやさしく「他に譲る」精神を忘れない猫です。若い頃は元気一筋。長年ノーマークでしたがここへきていろいろケアが必要になってきました。末永くそばにいてもらいたいです。

IMG_7493

 

 

 

我が家の中では比較的「家族歴」の浅いさぶ。保護時すでに中年(初老?)。慢性腎不全ステージ3を維持。自宅での点滴、投薬、食事療法に徹しています。慢性腎不全は長い闘いなので明るい気持ちでさぶの闘病の友をつづけていきたいです。外猫時代からの知り合い。家族になれて幸せです。

IMG_7477

 

 

 

それぞれの里親さんに命のバトンを手渡すまで、私には他にも守るべき家族がいます。

 

 

保護猫デカ円。FIVキャリアの成猫。人馴れ訓練の成果は出ていませんが、彼なりに日々の生活を吸収し努力しています。焦らずのんびりやっていくしかないですね。

IMG_7467

 

 

 

保護猫夜々子。2度目の体調不良でおととい通院したやや。点滴のあと徐々に夜々子獣に復活してきました。出会う人を夢中にさせる器量よしのパーフェクトガールです。

IMG_7512

 

 

 

保護猫すや。たまにフリータイムを設け保護部屋を探検させています。人に対する威嚇はおさまりませんが夜鳴きがじゃっかん減ってきました。すやには時間が必要です。

IMG_7463

 

 

 

保護猫桜。オトナ桜は清潔感や分別のある女性です。ややに比べ物静かで自立した一面が際立ちます。苦労に負けない。曲がらない。見習うべきところだらけの猫。カニカマが好き。

IMG_7454

 

 

人生は流動的ですが、激流と対峙する生き方のみならず、穏やかな流れに身を任せプカプカと浮いてもいたいですね。くわえて、どんなシーンでも家族とは手を繋いでいたいです。

 

 

本年もよろしくお願いします。

 

 

KISS!

 

スポンサーリンク





うつくしい姫君たち(夜々子、すや、桜)

卒業生のお宅に遊びに行った記事より先に703号室女子保護猫トリオの写真をUPします。

ぜんぶ今日のお昼に撮ったものです。

 

トップバッター夜々子は食べる際に口が痛そうなので明日の朝通院します。

bouke (2)

 

 

現在常備している抗生物質とad缶でケア中ですが、大巻先生の病院がお正月休みに入るのが不安なので念のため一度行っておこうかと。

bouke

 

 

夜々子とすや(栗子)の里親さんはお迎えの準備に余念がありません。猫部屋作り、脱走防止対策の写真が数十枚送られてきています。ほんとうに安心だしありがたい限り。

bouke (3)

 

 

大切にお預かりしているつもりですが、命あるものなのでいろいろと緊張します。無事健康な状態でお渡しできるようがんばらないと。

 

 

不機嫌嬢すや(栗子)は食欲旺盛。相変わらず怒ってばかりで夜鳴きもひどいですが、コンディションはよさそう。午後、チチのおひざ抱っこ訓練を受けていたときの一枚!

bouke (7)

 

 

夜々子のおかげですやも終の棲家を得られました。ややのお見合い時に里親さんに外猫すやの話をしたのがきっかけですやのお嫁入りが実現したのです。

 

 

そしてややは、もうひとつのご縁を結んでくれました。私の師匠ですね(笑)。

bouke (5)

 

 

新星みいちゃんの赤い糸を、です。

bouke (10)

 

 

みいちゃんはこのたびめでたく良縁を得たのですが、実はみいちゃんの里親さん……もとは夜々子の希望者さんだったのです。

 

ややへのお問い合わせがきっかけでやり取りをさせていただくようになった私は、素敵なお人柄に打たれ水面下でみいちゃんを紹介していたのです。しかもややとみいちゃんはふたりとも茨城出身者ですが、かつて同じ場所にいたこともあるそう! 奇遇だなあ……。

 

 

「ややちゃん ありがとう」

bouke (15)

 

 

みいちゃんよかったね。

bouke (13)

 

 

「てへっ」

bouke (14)

 

 

うおー!! 鼻血!! 舌とかちょろ出しで萌える!!

 

 

みいちゃんリビング探索。公衆トイレを見つけすかさずチェック!

bouke (6)

 

 

掃除機をかけようとしていたのでコードがゴチャゴチャですみませんが、リルとパチッ^^

bouke (4)

 

 

夜はみいちゃん、チチ、リルで寝室をシェア。みいちゃんはフリーですが問題なく過ごしています。

bouke (16)

 

 

ダイソンとカメラ女にビビッて布の間に隠れてしまいました。ごめんみいちゃん。

bouke (8)

 

 

保護部屋にも顔を出したみいちゃん(笑)。ケージの中にはすやがいます。

bouke (12)

 

 

暗い棚下に潜ると黒目がくっきりでかわいいこと♪

bouke (9)

 

 

模様が艶やかです。

bouke (11)

 

 

3歳をすぎたオトナなのに、たまに子猫のような仕草をします。

bouke (22)

 

 

「鏡よ鏡 この世でいちばんうつくしいのはだあれ?」

bouke (23)

 

 

みいちゃん捕獲~

bouke (17)

 

 

わしゃわしゃ

bouke (18)

 

 

ビビリな部分もありますが、安心できると自分からすりよってきます。

bouke (19)

 

 

「ハハ~ あったかい」

bouke (20)

 

 

みいちゃんもあったかい!

bouke (21)

 

 

みいちゃんのお茶会から家族決定まで時間が空いたのでご心配くださった方もいたでしょうか? 私は毎回、「結果」を持ち帰ってもらっています。

 

ゴリ押しするのは好きじゃないのです。

 

中にはその場ですぐにお返事をくださる方もいますが、熟考の末ご返答くださる方もいます。十人十色。みんなそれぞれちがいますものね。

bouke (24)

 

 

ここにみいちゃんの里親さんからの2通のメールを原文のまま紹介させてください。

 

 

お茶会の夜届いたメール↓

 

田辺様

お世話になっております、●●です。

本日は、お時間を割いていただき、また、たくさんお話をさせていただき、ありがとうございました。

最初とても緊張していたのですが、いろんなお話をさせていただいて、とても有意義な時間を過ごさせていただきました。

不安だったことや、わからなかったことも、大丈夫です!と言っていただけたり、

明確な答えをいただけたことで、少し安心いたしました。

きっと一歩進むごとに次はどうしたらいいの?ということが出てくるものだと思うのですが、困ったら何でも相談してくださいと言っていただけて、とても心強く、嬉しかったです。ありがとうございます。

みいちゃんもとってもとっても可愛くて、ずっとでれでれしてしまいました…

慣れない場所にやってきて、いきなり知らない人間に会うことになって、緊張しているだろうに私にもすりすりしてくれて、とても嬉しかったです。

仰っていた通り、優しいいい子ですね。

お伺いしたお話だと、本当に大変な中で頑張って生きてきて、いろんな場所を転々として、それでも人間のことを嫌いになったり、曲がったりせずに、素直なままのみいちゃんがとてもいじらしく……

最後のほうには、少しリラックスした姿も見せてくれて、とても嬉しかったです。

しっかり考えて、ちゃんとしたお返事をお送りいたします。

本日は本当にありがとうございました。

お土産までいただいてしまい、恐縮です。ありがたくいただきます。

また、メッセージもありがとうございました。田辺さんのあたたかいお心遣いには本当に感謝の言葉しかございません。

今日も冷え込んでおりますので、どうぞあたたかくして、ご自愛なさってください。

 

取り急ぎ、ご挨拶まで……

 

 

昨夜届いたメール↓

 

田辺様

お世話になっております、●●です。

もったいないくらいのお褒めの言葉をたくさんいただき、恐縮です。ありがとうございます。

家に帰ってから、夜、そして昨日一日中みいちゃんのことを考えていました。

じっくり考えてみてください、とありがたいお言葉をいただいたので、里親の募集サイトや、保護猫の情報ももう一度一通り見てみたりもしました。

ゆっくりゆっくり考えて、けれど、気がつくと頭がみいちゃんのことを考えていました。

私と一緒にいてくれたらいいなあ、昨日はお互い緊張していたけど、とてもいい子だったなあ、ゆっくり仲良くなれたらいいなあ、と心から思いました。

田辺さんさえご了承いただけるのなら、ぜひみいちゃんを私の家族としてお迎えさせていただきたいと思います。

実家で犬を飼っていたときは、『気がついたらいた』という感じで、私自身が強固に飼いたい!といった気持ちをもったわけではなく、子供ゆえに命を最後まで預かることの大変さや大切さ、ということも最初から考えていたわけではありませんでした。

猫を飼う!と今決めたのは、私自身であり、家族と離れて暮らしている今、全ての責任は私にある、その重大さを思うと本当に私のような人間が大丈夫なんだろうか、と不安に思うことはたくさんありますが、自分にできることを精一杯、みいちゃんにしてあげたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

あまり、結論を先に延ばしてしまうのも気がかりを残したままにしてしまうかなと思いまして、取り急ぎご連絡させていただきました。

今後のことをご相談できればと思いますので、お手すきの時にでもご一報頂けましたら幸いです。

では……忙しない時期ですので、お体を壊さぬよう、どうぞご自愛ください。

追伸・お土産にいただいたゼリーが、桜のゼリーで驚きました…!和=桜といえば定番なのかもしれませんが、なんだか不思議で、とても嬉しかったです。とても綺麗で食べるのがもったいなくなってしまいますが、友人と美味しくいただきます。本当にありがとうございました…!

 

 

里親さんはお茶会の時こう仰っていました。

 

「夜々子ちゃんをお迎えするとしたらきっと名前は【夜夜子】のままでした。ややちゃんの里親さんも一字変えたのみだと知って、やっぱり! と。その後みいちゃんの写真を拝見して、三毛猫なら【桜(さくら)】かなと思っていたんです。私のいちばん好きな花で……」

 

お見合いの日私が里親さんに渡したお土産は、偶然にも「桜ゼリーの詰め合わせ」でした。

種類豊富な和菓子屋さんでなぜか「桜ゼリー」がパッと目に飛び込んできたんですよ。

 

お話を伺いドキッとしながらも、余計なことを言ってはならんと噛み殺していましたが胸中でひそかにご縁を感じずにはいられませんでした。

 

里親さんも驚かれたようですね。

 

 

みいちゃんは「桜ちゃん」となって近日中に703号室を巣立ちます。

bouke (25)

 

 

皆さまのあたたかい応援に感謝して!

 

LOVE!

 

スポンサーリンク





Sun Boy

朝、保護部屋からリビングにひとりの留学生がやってきました。

 

 

彼は太陽のほうを向いています。

IMG_7360

 

 

朝日に包まれた彼は

IMG_7356

 

 

ウトウトと居眠りをはじめました。

IMG_7358

 

 

日が暮れたあと、私はくるりと彼のケージをまわしました。

 

彼は今、キーボードを叩く私を見つめながら要求鳴きをしています。

 

彼の声は小鳥のさえずりのように澄んでいて耳心地がいいです。

 

彼もいつかこの巣を羽ばたくのでしょう。

 

たくさんの思い出を私たちに残しながら。

 

LOVE!

 

スポンサーリンク





師走の週末(ある土曜)

慌しさが加速しています。

年末に一年分の疲れがどっと出ていますが「主婦」としてこの時期とお正月あたりがいちばん忙しいのでどこで休めばいいのかわかりません。

今年最後の記事にはドーンと2015年の卒業生たちの写真をUPしますね。

 

脱腸した成猫さんを保護されているさかえ先生より実用的なクリスマスプレゼントが届きました。砂8袋! さかえ先生ありがとうございます。

goen (9)

 

 

いつも気にかけてくださる豆さまはヨックモックの非売品の大きな板チョコや頭痛に効くアイテムなどを送ってくださいました。豆さまありがとうございます。

goen (7)

 

 

先日忘年会に伺ったしじみさんのお宅からのおみやげ。化粧水はみいさん、クッキーは猫撮るさんにいただきました。お三方ありがとうございます。

goen (6)

 

 

 

昨日、保護三毛猫みいちゃん主催の「お茶会」を行ったのです。

goen (5)

 

 

お茶会前のリラックスみいちゃん。みいちゃん、有意義な時間を楽しく過ごそうね。

goen (3)

 

 

三毛猫は日本的なのでお茶菓子とお渡しするおみやげは和菓子がいいかな?

goen

 

 

ふふ。お茶菓子は「最中」でお渡ししたおみやげは色合いのキレイな「桜ゼリー」^^

 

 

みいちゃんに会いに来てくださった素敵な方に私もおみやげをいただいて恐縮です。

goen (8)

 

 

主役みいちゃん用のお茶菓子(笑)。丸のみする勢いでがっついていました。女子かね?

goen (2)

 

 

お茶会の詳細は後日お伝えしますが、みいちゃんはよーくがんばりました。移動がつづき心細かったはず。お疲れさまみいちゃん。ありがとうね。

goen (4)

 

 

みいちゃんのお茶会なのに、バタバタで首飾りをつけ忘れたことを激しく後悔。ごめんね。

 

しかし艶やかな毛色は見栄えの極みだったでしょう。美しいみいちゃんに助けられました。

 

 

夜、保護猫すや(栗子)とあまぱんをそれぞれキャリーにつめこんで大巻先生の病院へ!

 

すやは不妊手術の抜糸をがんばりました。おとなしく固まっていてくれたのであっという間に終了。すやお疲れさま。これで安心だね。

goen (10)

 

 

あまぱんは背中の診察をお願いしました。実はあまぱん、背中に小コブができたのです。

goen (11)

 

 

スキンシップの際にコブを見つけ不安が募りました。

 

もし肥満細胞腫だったら……?

 

細胞診の結果、がん細胞らしきものはなさそうなのでとりあえず経過観察でいいとのこと。

 

あああ。よかった! ホッとしました。

 

あまぱんは老猫ですが、私はいつまでもそばにいてもらいたいのです。

 

だから少しの不調も見逃さないよう心を配っていかないと。

 

それにしても2015年も我が家はお子たちの医療費がいっぱいかかったなあ。中でも何年もノーマークだったあまぱんの医療費がダントツでした。けれど年老いたお子たちと暮らしているのですから予期せぬ出費は当然です。来年も仕事をがんばるぞ!

 

最後に、卒業生たちの近況はツイッターに極力流しています。どんどん溜まり放出が追いつかないこともありますが興味のある方はのぞいてくださいね。

 

栃木犬死体大量遺棄事件の生き残り卒業犬バービー改めそよも元気に暮らしています。

 

 

そよママさんはこのたび「人馴れゼロ」の猫さんを保護し現在ケア中。勇気あるすばらしい里親さんがたに多々教わる日々を過ごせて幸せです。

 

動画のそよに涙が出ました。あまりにもけなげで。しかも超かわいい……。

 

そよは保護時すでに無理やり声帯除去手術を受けさせられており、喉に後遺症が残りました。声が出ないのにいっしょうけんめい里親さんとお話しています。胸が打たれますね。

 

そよ、なんのお話をしているの?

 

だいじょうぶ。そよの声はちゃんと伝わってるからね。

 

無感情に見えたそよの「自己主張」が愛おしい。

 

 

人間の勝手で不幸になる犬猫があとを絶ちません。

 

ぜひ人間の勝手で彼らを幸せな世界へいざないましょう!

 

LOVE!

 

スポンサーリンク





クリスマスランチ

メリークリスマス(イブ!)皆さまいかがお過ごしですか?

 

私はふだんあまり使わない食器をあれこれ出しパーティのまねごとをしてみたのです。

これまでに細々と集めた食器たちもようやく活躍の機会を得られ喜んだことでしょう。

 

クリスマスランチのメンバーはおなじみMIHOさん。すや(栗子)の保護に携わったMIHOさんはすやが気になって仕方がないそうで、まめにすやに会いに来るのです。

 

 

午前中には近所に出没していました(笑)。ちょうどナナリルの散歩をしていた私は駅で会ったMIHOさんにリードを預けスーパーへ足りないものを買いに。効率的ですね!

gfaora (2)

 

 

 

MIHOさんが買ってきてくれたものと私の手抜き料理でランチが完成!

gfaora (3)

 

 

サラダ

gfaora (5)

 

 

シーフードとブロッコリーのバジル風味炒め

gfaora (9)

 

 

ペンネアラビアータ

gfaora (11)

 

 

MIHOさんのおみやげ3種のキッシュ

gfaora (7)

 

 

チチから私たちへの寄付(貴腐)ワイン

gfaora (13)

 

 

ワインおいしくて驚きました。濃い黄金色は保護猫夜々子の瞳を彷彿させますね。

 

 

MIHOさんからの差し入れのチョコケーキ。マリアージュの紅茶を淹れていただきました。

gfaora

 

 

あれ? 今日の記事おかしい。

 

なんかシャレた方向に……と思ったそこの奥さま!

 

実態はこうです(爆)。このあと自堕落にもふたりして20分間お昼寝しました。

gfaora (15)

 

 

が!

 

私たちはただ食べて寝ただけではありません。

 

 

夜々子とすや(栗子)のスキンシップを少々と

faiufpa

 

 

ひとりぼっちで淋しいであろうみいちゃんを主役に据え、みいちゃんをこねくりまわしました。

gfaora (4)

 

 

みいちゃんは自分からおひざに乗り頭を押しつけてくれる女の子です。

gfaora (16)

 

 

クリスマスシュシュでおめかしの女優♪

gfaora (14)

 

 

三色の被毛と首もとの赤が艶やかでかわいいなあ。

gfaora (12)

 

 

裸もいい女^^

gfaora (8)

 

 

みいちゃんはまるでずっと我が家にいるかのごとく自然にふるまっていました。

gfaora (6)

 

 

保護猫デカ円やすやの「人馴れ」がじゃっかん辛いのでみいちゃんの性格に救われます。

 

夜鳴きもしないし、ちゃんと食べるし、攻撃性皆無!

 

けれど自然に見えるみいちゃんも、実はまだ自然ではないんですよね。

 

 

ほんとうは、ほんとうはだよ? みいちゃんきっとカチコチに緊張しているよね。

gfaora (10)

 

 

みいちゃん、あなたは手がかからないのね。

 

でももしわがままを言いたくなったら、できるだけ聞くようにするから遠慮はいらないよ。

 

来てくれてうれしい。703号室はみいちゃんを大歓迎しています。

 

ありがとう。

 

LOVE!

 

スポンサーリンク