猫の日の弾ける検査結果(+ナナ)

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

本日2度目の更新は、さぶの通院について。保護猫あゆむの卒業記事も近日中にUPする予定なので、その前に、書きたかったことをなるべく載せてしまおうと思います。

 

 

「お? おれがメインなんだな」   「ハハ~ さぶくんどこかわるいのですか?」

IMG_1792

 

 

そう。腎臓がね。七色が生まれる前からさぶは闘病しているんだよ。8年になるの。

 

 

「さぶくんは 治るの?」

IMG_1543

 

 

うーん。治らないかな。でも、悪化のスピードを緩めようとはしているよ。

 

 

「七色 おれを心配してくれるのか?」   「まあ それなりには」

IMG_1542

 

 

「七色はやさしいんだな」   「なんか照れるね」

IMG_1540

 

 

家族募集中の保護猫七色とすずらんの間を行ったり来たりしてくれているさぶ

IMG_1865

 

 

さぶは本当にやさしい男で、いろいろと「意味がちゃんとわかっている」のです。

 

 

そんなさぶの体調を維持するのが私の生き甲斐なので、日々のケアは欠かさずにやっています。

 

 

皮下補液、シリンジご飯、サプリメント、薬などを緻密に考えながら……。

 

 

2022年2月22日、2か月ぶりの東京大学動物医療センター

IMG_1759

 

 

さぶりん、がんばって♡

IMG_1746

 

 

「猫の日にこんな仕打ちをするんだな」

IMG_1747

 

 

ごめんね^^; 仕事の都合でこうなってしまったのです。

 

 

今回は血液検査をお願いしました。

IMG_1754

 

 

さぶが検査を受けている間、私は車内にいました。

 

 

最近、オートファジーを意識しているので、私は1日のうちの16時間を絶食しています。

 

 

東大農学部にはカフェやレストランがあるので、ウロウロして誘惑に負けないよう、運転席でおとなしく政治経済系のYouTubeを観て時間をつぶすことにしたのです。節約にもなるしね♪

 

 

病院に貼られていた注意書きを見つけてハッとしました。

IMG_1748

 

 

これ、かなり危険です。

IMG_1760

 

 

実は私、15,6年前に天国組の愛犬ナナをエレベーターで危ない目に遭わせたことがあります。

 

 

私が左側のポストのほうに一瞬気を取られている隙に、なんとナナが先にエレベーターに乗ってしまい、そのまま扉が閉まったのです。今、思い出しても震えが止まりません。

 

 

幸い、マンションに来ていた業者さんがナナと私を助けてくれたのですが、その方からもメチャクチャ怒鳴られました。至極当然です。私はナナにケガをさせるところでした。いや、運が悪かったらナナの命に関わっていたでしょう。想像するだけで恐ろしいです。

 

 

ナナのために、私のために怒ってくれたことを決して忘れません。あれから私は、犬連れでエレベーターに乗る前は、絶対的な緊張感を手放したことがないのです。

 

 

ナナを知らない方もいらっしゃるでしょうから、シニアの頃のドアップ写真を♡

IMG_5153

 

 

元は私が保護した繊細な女の子で、16歳で旅立つまで私の家族として共に暮らしてくれました。

 

 

亡くなってからも、ナナは私の心の中では生きつづけてくれています。

 

 

雷にビビるナナと、ナナを布団の中に隠す私

IMG_5145

 

 

そういえばナナも慢性腎不全で東大のお世話になったな。大師前どうぶつ病院やMOMOペットクリニックにもさんざん通ったっけ。いい先生方に囲まれて実りある犬生でした。

 

 

と、ナナとの回想で脱線してしまいましたが、さぶの血液検査の結果をご報告します。

IMG_1751

 

 

主治医の前田先生、昔、前田先生の紹介で私と共に保護猫2匹を譲渡したことのある研修医のS先生(当時は東大の大学生でした)と私。一同満面の笑顔の数値となりました。

IMG_1752

 

 

不気味に上がっていたリンの値もきっちり下がっていい感じ♪

IMG_1756

 

 

もう、うれしくてたまりません。万物に感謝です。

 

 

さぶ、ありがとう。お疲れさま!

IMG_1755

 

 

さぶがこのまま安定してくれることを願いながら、自分にできることを最大限模索していきます。

 

 

皆さまも皆さまの愛する肉球家族とのすばらしい時間をお過ごしください。

 

 

ナナのこともお読みいただきありがとうございました。

 

 

弾けるLOVEっ!

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





リルを彷彿とさせるもの

※ブログを連続更新中。信くんの様子はひとつ下をお読みください。

 

 

今落ち着いているので、信くん以外のことも少し書かせてくださいね。

 

 

天国に眠る卒業犬ジャンの里親さんより、「スペシャルリル」が届きました。

8 (2)

 

 

かわいいですね。ありがとうございます。我が子グッズは最高にうれしいです。

8 (3)

 

 

ゆちゃんとまなちゃんからは、リルっぽい色彩のリースのプレゼントが♡

8 (6)

 

 

生前、リルとたくさん遊んでくれてありがとう。お散歩にもいっしょに行ったよね。

 

 

私のiPhoneに入っていた2015年頃のリル姫

8 (8)

 

 

イヤイヤしてばかりだったから、毎回ごはん食べさせるの大変だったな^^;

8 (1)

 

 

べべ、ナナ、リルと公園へ

8 (7)

 

 

リルの笑顔はいつもキラキラと輝いています。

 

 

信くんのことばかりがつづいていますが、みーちゃんは元気にしていますよ。

8 (10)

 

 

さっき撮った「おねだりみーちゃん」

8 (9)

 

 

キッチンへきては、「クレクレ」言ってます(笑)。

 

 

〆に、この色男さんも載せておきますかね。

8 (4)

 

 

では皆さま、おやすみなさい。明日はさぶを連れて、ひさびさに東大病院へ行ってきます。

8 (5)

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





私の自慢の娘たち

毎日ふとした瞬間にリルのことを考えてしまいます。

IMG_4090

 

 

特に多いのは車での「移動中」。ふわふわの毛触りが恋しいです。

IMG_4491

 

 

ピチコさんがリルにピンクの可憐なお花を送ってくださいました。ありがとうございました。

IMG_6899

 

 

そして、9年前の卒業生うに家からもお手紙で慰めをいただきました。うにのキュートな近況写真やプレゼントもうれしかったです。フルーツ瓶をいただくのを楽しみにしています。感謝♡

IMG_7127

 

 

703号室に犬がいない日が来るなんて、昔は考えられませんでした。レギュラーメンバーのべべ、ナナ、リル。高菜、ゴンタ、SALA、コロ……私が看取ってきた老犬たちに、多くの保護犬たち。うちは当たり前のように犬がいて、犬との生活が「ふつう」だったのです。

IMG_3261

 

 

そんな訳で最近は、仕事でお世話をさせてもらうのが私の生き甲斐になっています。

 

 

リルを思い出すときは、長く生活を共にしてきたべべとナナも連なります。

 

 

胃がんと9年以上闘い抜いて、16歳半で旅立ったべべ公は、我が家の中心にいました。

IMG_3006

 

 

若いときはとにかく負けん気が強く、アクティブな性格でしたが、加齢に従い、穏やかになりました。べべは私の太陽のような存在で、愛おしくて、どうしようもないです。

IMG_3247

 

 

16歳まで生きた次女のナナは手のかからないお子でしたが、たまに見せる「自己主張」がなんともいえずにかわいいのです。リルがチチっ子で、ナナはお母さん(私)っ子^^

IMG_1865

 

 

視力が衰え、立てなくなってからは、不安からか、私たちに嚙みつくこともありました。

 

 

でも、もちろんそこも含めて、ナナと過ごした時間は宝物です。唯一の後悔は、長女のべべ公、末っ子のリルとちがって、真ん中のナナを特別扱いする期間が短かったこと。何ごとも、病気がちのべべ公が優先となり、ナナはさびしかったのかもしれません。

IMG_6857

 

 

いつかナナに再び会う日が来たら、「ごめんね」と心から謝りたいです。

 

 

べべ、ナナ、リルは私の娘です。

 

 

私の若く多感な頃に、彼女たちは惜しみなく私に与えつづけてくれました。

 

 

彼女たちと分け合った喜怒哀楽を私は忘れません。

 

 

すべてが、私の財産です。

 

 

だからもし、犬を家族に迎えるかどうかを悩んでいる方がいたら、私はぜひ、犬との暮らしをおすすめします。犬は、人間にとって、かけがえのない素晴らしい伴侶です。たとえ血を分けた人間の子どもであっても、犬の立ち位置は務まらない。それほど太い絆を私は感じました。

IMG_4084

 

 

しかし、ひとたび犬との生活をはじめたら、簡単に手放すことも、粗末に扱うこともしてほしくありません。犬は全部を賭けてこちらに向かってきます。当然、犬のまるごとを、一生を、重い責任で受け止める必要が出てきます。犬を傷つける人がいたら、私はその人と仲よくすることはできません。

 

 

私は犬が好きなのです。

IMG_0005

 

 

天国にいる娘たちが、私を待っていてくれている気がします。

IMG_3259

 

 

いつの日かまた、出先から戻ってカギを開けて自宅に飛び込んだ瞬間みたいに、私たちはお互いを認識し、激しく再会を喜び合い、歓迎され、いつまでも、いつまでも、止まることなく、頭を撫で、顔を舐められるを繰り返しながら……と、つい、そんな想像をしてしまいます。

 

 

リル、べべとナナに無事会えた?

IMG_9033

 

 

みんなでのんびりと羽を伸ばしていてね。

 

 

I LOVE べべ、ナナ、リル

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





リル、ありがとう

昨日、うちの末娘リルがスッと旅立っていきました。

 

 

苦しんだ様子もなく、私たちはリルの生と死の境に気づかなかったほどです。

 

 

若い頃は、元気で明るく、少しわがままなところすらも魅力の犬で、昔から大好きなチチにくっついているのがリルの幸せのようでした。体格の割には食が細いのでそれなりに手はかかりましたが、晩年まで大きな病気もせず、実に親孝行でえらかったと思います。

IMG_6195

 

 

最近リルを知った方は、おしめをつけている姿か

IMG_0480

 

 

寝たきりの印象が強いかもしれません。

IMG_2120

 

 

後ろ足が衰えてから、だいぶ時間が経っているものですから。

IMG_0097

 

 

最後は、骨と皮のように細くなってしまいました。

 

 

それでもリルは、精いっぱい生きてくれました。粘り強く、強靭な生命力……

IMG_6200

 

 

話せば長くなるのですが、残念ながら、今、私には書く気力がありません。よって、おおよそを割愛しますが、私はリルを保護する前の子犬時代からリルを知っているのです。

 

 

リルは18年前の秋に4兄妹で生まれました。母犬の名前はタカコといいます。

 

 

リルの本当の誕生日は、(日にちまではわかりませんが)、おそらく10月の中旬以降です。

 

 

でも、家族になったとき、私は意図的にリルの誕生日をちょっと後ろにずらしたのです。

 

 

理由は、「ワンワンワン」にこだわったから。

 

 

リルの誕生日を11月1日、ワンワンワンの日にしたかったのです。

 

 

だからリルは、そろそろ18歳でまちがいありません。

 

 

大きめの中型犬のリルが18歳って、とてもよくがんばりましたよね?

 

 

そんなところもリルはチチと私の誇りなのです。

 

 

元気だった時代の写真を数枚並べておきますので、見ていただければうれしいです。

 

 

病院での定期健診

tuin (9)

 

 

先に天国で待っている、叔母のナナ、べべ公と並んで、703号室にて

poko (17)

 

 

ドッグランでナナと走るリル

nanaba (4)

 

 

シニア期に入ってもこの脚力

ririru (2)

 

 

泥まみれ(あとが大変でした)

1 (5)

 

 

川遊び

0kawahe (3)

 

 

ナナもリルもいいお顔

0kawahe (5)

 

 

楽しい?

0kawahe (7)

 

 

レギュラーメンバー、べべ、ナナ、リルは私の娘

0kawahe (6)

 

 

皆さまにリルのかわいさを自慢しようと、過去のフォルダーを見返したのですが、涙が止まらなくなり、胸の痛みに負けて、途中でやめてしまいました。数えきれないくらいあるのですが、またの機会にでも……。べべ16歳半、ナナ16歳、リル約18歳。私の愛する娘たちは、それぞれの命の丈を使い果たしました。老犬になるまでそばでお世話をさせてくれたことに深謝しています。

 

 

亡くなったあとの写真を載せることを迷いましたが、リルが穏やかな表情をしていたので、ブログに残しておきたくなりました。ご気分を害す方がいたら申し訳ないです。

IMG_6423

 

 

リルは最後までかわいいでしょう? やさしく微笑みながら、息をしているみたいでしょう?

IMG_6421

 

 

古くて不自由な身体を脱ぎ去って、魂はどこまでも伸びていってくれると信じています。そして、べべ、ナナ、ほほ、あまぱん、兄の高菜……その他私が看取った犬猫たちと共に、私を待っていてほしいです。私もいずれは絶対に行くのだから、その日までのしばしの別れ。

 

 

どんな形になろうとも、家族だから、繋がっています。

 

 

生前リルをあたたかく見守ってくださりどうもありがとうございました。

 

 

しばらくは心にぽっかりと空いた穴のせいで不義理をしてご迷惑をおかけするかもしれません。

 

 

皆さまと皆さまのお子たちが笑顔で過ごせますように。

 

 

I LOVE リル

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





七色 5、ナナから七色一家へ

※ブログを連続更新中

 

 

七色は子煩悩で、感心するほどよく赤ちゃんたちの面倒を見ています。

 

 

お産をしたケージの中にて常に子猫たちを気にかける七色

IMG_1781

 

 

赤ちゃんたちは七色の大きな愛に包まれ、安心した寝顔を浮かべています。

IMG_1815

 

 

赤ちゃんたちかわいいねえ♡

IMG_1855

 

 

みんな七色にそっくりで美形だね♡

IMG_1817

 

 

甘えん坊たちのお世話で息つく間もないでしょう。

IMG_1818

 

 

七色、お疲れさま♪

IMG_1819

 

 

トイレと食事とお水を飲む以外は赤ちゃんたちのそばを片ときも離れなかった七色に変化が起きたのは、産後8~9日目だったでしょうか? ケージを覗くと赤ちゃんたちのもとを離れ、ひとり静かに過ごす時間を作るようになっていたのです。ああ……普通の猫ケージじゃさすがに狭そう。

IMG_1899

 

 

保護活動の友人たちが保護猫を一部屋フリーで産ませたのを聞いていた私は、七色のQOLが心配になりました。しかし2LDKの我が家には空き部屋がない。私の寝室は空いているのですが、ベッドの隙間に入り込まれるとお世話が完全にできなくなるので、七色を自由にさせられない。

 

 

さんざん考えた私は、玄関の内側のちょっとしたホールに、19年前に買った巨大な犬用ケージを組み立てることに。天国のナナのために用意した思い出深いケージです。ナナは12キロくらいの成犬だったので、ここまで大きなハウスじゃなくてよかったのですが、その頃は人間を怖がって噛みつくナナをケージに入れて管理しなければならず、ナナが不憫な気がして超大型犬用のタイプを選びました。

 

 

当時住んでいた賃貸コーポにケージをいれたとき、あまりのデカさに驚いたのをおぼえています。

 

 

でも、買ってよかった。以後、多数の保護犬たちが使ってくれたから。

 

 

ね? ナナちゃん^^ (2017年9月23日のナナ)

IMG_6471

 

 

160㎝の私が入るとこんな感じ。身体を少し折ればふつうに寝れますよ。

IMG_1889

 

 

天井をつけ、側面と背面は板で覆いました。子猫たちのすり抜け事故防止対策です。

 

 

しかし前面だけは(中が見えるように)透明のアクリルにしたかったので、翌日、ゆちゃんにつけてもらうことになったのです。ゆちゃんの手際のよさはさすがプロ。同性ながら惚れ惚れとします。

IMG_1862

 

 

いろんな道具を持ってきてくれて助かりました。

IMG_1867

 

 

ひと言もしゃべらず黙々と作業するゆちゃん

IMG_1868

 

 

最後の一枚をはめています。

IMG_1874

 

 

私が中から結束バンドを通して、ゆちゃんが締める、をエンドレスに繰り返す。

IMG_1890

 

 

さぶは寝床を温める係としてお手伝いしてくれました(笑)。

IMG_1869

 

 

休憩中

IMG_1865

 

 

七色たちを新しいケージに移す前に、チチ、ゆちゃん、私でサッと赤ちゃんたちの体重測定を。チチが七色にちゅーるをあげながら赤ちゃんを一瞬借り、ゆちゃんが測って私が記録しました。

IMG_1887

 

 

お引っ越しはスムーズ。一家のベッドに毛布をかぶせ、そのままスッと移動させたのです。

IMG_1877

 

 

上からの図

IMG_1875

 

 

全体

IMG_1876

 

 

写真を2~3枚撮ったあと、カバーをかけてそっとしておくことにしました。

 

 

居心地はなかなかいいらしく、七色がベッドを出てのんびりしているシーンを何度も目の当たりにしています。子育てのじょうずなお母さんは、息抜きもうまいのですね。お互い気持ちに余裕が出てきたからか、七色と私の間にうっすらと前とはちがう穏やかな空気が流れるようになりました。

 

 

なにより、19年前のケージの主のナナをいい形で回想できて幸せです。

 

 

なんでも持っているわけではないし、なんでも手に入るわけではないけれど、試行錯誤や創意工夫をしながら私なりに楽しくやっていきたいです。ゆちゃん、忙しい中ありがとう。

 

 

皆さまにも見守っていただければうれしいです。

 

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク