Ten years later

私たちはレイ(左の黒い犬)の家のそばの大きな公園で待ち合わせました。

img_2100

 

 

 

全員が揃ったところで、てくてく歩き出す。

img_2060

 

 

 

10人11頭の行列は周囲の視線を独占。

 

 

犬たちはお構いなしでどんどん先に進みます。

 

 

 

スタート地点のまりん

59marin

 

 

 

今のまりん

img_2128

 

 

 

スタート地点のマリア

64maria

 

 

 

今のマリア

img_2127

 

 

 

まりんとマリアは同じ家にいます。

img_2061

 

 

 

まりん&マリア家の同居犬麦&メイプルも参加してくれました。

img_2098

 

 

 

スタート地点のかなた

60kanata

 

 

 

今のかなた

img_2096

 

 

 

かなた家には元保護犬のちゅらもいます。

img_2090

 

 

 

企画や幹事を担ってくれたかなたのご家族、お疲れさまでした。

img_2062

 

 

 

スタート地点のレイ

62rei

 

 

 

今のレイ

img_2122

 

 

 

今回全員でレイのお家におじゃましました。お世話になり、ありがとうございました。

img_2058

 

 

 

※ちゃっかり愛車に乗り家族写真に写っているべべは703号室のお子です。公園内でレイの里親さんがべべのカートをずっと押してくれたのです。やさあしくやさあしくに声をかけながら。

img_2110

 

 

 

うれしいねえ、べべ!

img_2105

 

 

 

 

スタート地点のはな

61hana

 

 

 

今のはな

img_2114

 

 

 

家族を代表しお母さんとお姉さんがはなを連れてきました。

img_2104

 

 

 

五頭の古巣703号室からはべべ

img_2065

 

 

 

ナナ

img_2091

 

 

 

リル

img_2094

 

 

 

チチ、ハハを添えて

img_2082

 

 

 

私たちはそれぞれに話す相手をかえ、かわるがわる近況を交わし合いました。

 

 

 

銀杏のじゅうたんを踏みしめ、広場をめざします。

img_2106

 

 

 

10年の時空を超え、姉弟たちが笑顔で並んでいます(並ばされています)。

img_2089

 

 

 

このメンバーでの集合写真はなかなかむずかしい。11頭が思うようにこっちを向きません。けれどちゃんといるんですよ。ぜひ数えてみてください。

img_2068

 

 

 

しばらく園内を散策したのち、一同はレイのお宅へ伺うことに。

img_2133

 

 

 

レイ家はすっかりクリスマスムードでした。素敵です。

img_2134

 

 

 

立ち話

img_2143

 

 

 

レイのお母さんがみなさんにお茶とお菓子を用意してくださいました。

img_2135

 

 

 

女子会

img_2150

 

 

 

みなさんからいただいたおみやげ。レイ家からは大きなプレートまで。ありがとうございました。

img_2151

 

 

 

犬たちはレイ家の広く美しい裏庭に放牧され、イクメンたちが面倒を見ています(笑)。

img_2147

 

 

 

このときいちばんうるさかったのは、手前にいる(茶色の)はなでした。

 

 

はなはお母さんとお姉さんを呼んでいるのです。

 

 

片時も離れたくなくて。

 

 

あたたかいおぜんざいを食べ終えたお姉さんは、すぐにお庭に飛び出してきました。

 

 

はなが待っているから。

img_6999

 

 

 

ほんの数分なのに、まるで長く会っていなかったかのような再会ぶりに私は唖然。

 

 

 

はなとお姉さんはほんとうにラブラブなんですね。はな、よかったね。

img_6997

 

 

 

はなの譲渡のとき小学生だったお姉さんと弟さんも、もう大学生か・・・・・・。

hana9

 

 

 

弟さんは地方の大学へ進学し、お父さんはあいかわらずはなを溺愛している模様です。

 

 

「いけないことだとわかっているんですけど、うちは同じ布団で(はなと)寝ています」

 

 

申し訳なさそうに仰るお母さん。

 

 

「いえ。犬のトレーニング上、いけないことかもしれないですけど、うちもそうしていますから」

 

 

私も小声でゴニョゴニョと伝えました。

 

 

10年前、私ははなのお姉さんに「はなちゃん日誌」をつけてくださいとお願いしました。はなを家族として迎えるまでの準備期間にいろんなことを書いてほしいと。

 

 

小学生のお姉さんや弟さんはあたらしい家族(はな)を待ちわびている様子でした。

 

 

お届けの日を指折り数え、ウキウキと喜んでいました。

 

 

だからこそ私は、初心を忘れず、いつまでもはなをたいせつにしてほしかったのです。

 

 

驚くほど美しく成長し、すっかり大人になったお姉さん。

 

 

けれどはなに対する気持ちはなにもかもあの日のままです。

h011

 

 

 

いや・・・・・・もっと膨らんでいる気がします。

 

 

はなと重ねた歳月の分も厚くのっていますから。

 

 

 

10年前、無我夢中で保護し育てた子犬たちが、家族とともに元気に生きている。

 

 

 

家族も熟し、犬たちも熟し、縁を繋いだ703号室の私どもも熟し、その間に各々が数え切れないほど泣き、笑い・・・・・・しかし再びこうして束の間の時間を共有できたことに心から深謝します。

img_2075

 

 

 

Many thanks!

 

 

 

スポンサーリンク





Five puppies

10年前、千葉の海岸に捨てられていたあなたたち

ma06

 

 

 

あなたたちは私の住む家にやってきた

ka09

 

 

 

騒々しい毎日、あなたたちは信じられないほど活発に動いた。

dsc09773

 

 

 

よく食べ、よく鳴き、よく眠った。

hiru9

 

 

 

そしてよく笑った。

014

 

 

 

まりんとマリアは今も仲よし

01

 

 

 

まりんが我が家をいちばんはじめに巣立ち、マリアは最後まで残ったのに

hiru10

 

 

 

長い年月を経てめぐりめぐって、あなたたちは再び同じ家で暮らすことになった。

6rein

 

 

 

「縁」って、どこまでも深くて、どこまでも不思議なんだよね。ねえ、おちびのはなちゃん!

h03

 

 

 

私はなるべくあなたたちにいろんな経験をさせたかった。先代猫かつも協力してくれた。

1

 

 

 

あなたたち姉弟は、かつとともに育ったから、みんな猫が大好きになったのね。

u14

 

 

 

かつが生きていてくれた。

 

 

あなたたちと遊んでくれた。

 

 

あなたたちは猫好きのままでいてくれて

 

 

だから私はかつを失っても、あなたたちの中にかつの存在を感じることができる。

 

 

 

ありがとう。

nen4

 

 

 

しかしトイレの失敗には参ったよ。

 

 

かなたの後ろに見えている水色の敷物、なんだかわかる?

ka02

 

 

 

そう。ビニールシート。

 

 

あなたたちがあまりにも粗相をするもんだから、ホームセンターで買ってきたんだよね。

 

 

なつかしいねえ。私、必死にあなたたちのトイレトレーニングをしたね。

 

 

どこに出しても恥ずかしくない犬たちになってほしくて。

 

 

実際、あなたたちはどこに出しても恥ずかしくない立派な犬たちに成長してくれたけど。

 

 

 

あなたたちは器量よしで頭がいいの。

17

 

 

 

捨て犬だったけど、心は錦。目が輝いていた。みんなとてもきれいな目をしていて。

r02

 

 

 

私は今でも、あなたたちのにおいを、子犬だったあなたたちのにおいを覚えているよ。

h017

 

 

 

えだまめに近いにおいだった。やみつきになるようなにおいだった。

15

 

 

 

でも、シャンプー後は揃って甘い香りがしたね。

ma01

 

 

 

先住犬麦を伴ってのお見合い

06

 

 

 

一頭ずつ、話が整っていく。

 

 

未来が決まっていく。

 

 

いよいよあなたたちが、703号室から旅立つ日が近づいて来る―――。

ka010

 

 

 

私はさびしくて、どうしようもないほどさびしくて、だけどあなたたちは小さいままじゃないから

 

 

早く送り出さないとうちがたいへんなことになるし、あなたたちの幸せを考えると別れを私が受け入れるのは必須なんだけど・・・・・・

 

 

なのに未練がましく、離れがたく・・・・・・だから一頭一頭を連れて思い出作りに出かけたよね。

 

 

 

レイ、家族が決まったお祝いに、大きなショッピングモールに連れて行ってあげるよ。

r06

 

 

 

抜け駆けだから、みんなにはナイショね。

 

 

はな、かなた、ドッグカフェに行ってみよう。車におとなしく乗っていられるかな?

hana6

 

 

 
まりんは私の友人宅へ連れて行ってあげる。楽しいデートをしよう。

nen5

 

 

 

マリアは体の大きさでは一等賞だけど、胃腸が弱くて心配だったよ。夜中に病院へ搬送した日はほんとうに生きた心地がしなかった。チチも、私も。

hina2

 

 

 

あと何日5頭でいられるかな?

ka03

 

 

 

あなたたちの旅立つ先が、あなたたちの楽園であることを願っています。

aki4

 

 

 

あなたたちおめでとう。卒業おめでとう。

r03

 

 

 

生まれてきたことにあらためて「おめでとう」。

h010

 

 

 

あなたたちは愛されるためにこの世に生を受けました。

 

 

全員、尊い犬たちです。

 

 

 

次回は10年後にタイムスリップします。

 

 

703号室より愛を込めて

 

 

スポンサーリンク





レイに会う会

昨日は二つも「キャーな出来事」がありました。

①べべナナリルとの朝の散歩後、犬たちの足を拭こうとしたら、べべの足に巨大なガムを発見(涙)。ガムって、人間のガムですよ。しかも真っ黒でベチャベ チャの“使用後”のものが。足の毛に絡まっていたからなかなか取れず、悪戦苦闘でした。本当に泣きそう。誰だ! ガムをポイっと口から吐き出して捨てたや つは! いい加減にしろ!

②ほうれん草のおひたしにかつお節をたっぷりとかけ、バルコニーに出て洗濯物を取りこんで室内に戻ったら、かつお節だけが消えていました。ものの1分で、ほうれん草上のかつお節は、盗人の胃袋の中に……。マジシャン顔負け。しかも早業です。

あまぱんまん。

痩せる気ゼロぱんまん。

ささ。
小話はこの程度にして(笑)、この前横浜の公園へ行った時の写真を掲載しますね。この前行った公園は、べべが子犬の頃によく連れて行った公園でした。懐かしかったです。当時、私とべべは横浜に住んでいました。べべは覚えているのかな?

うちはいつも通り遅刻でした(汗)。皆さまごめんなさい……。


今回会ったのは、横浜のレイ&ご家族 レイは美しい卒業犬ですね。


そして企画者のかなたママ&かなた! いつもありがとうございます♪


かなたはレイと兄弟なんですよ。かなたが弟で、レイがお姉さん^^

そしてレイの姉妹と言えば、お馴染み卒業生まりん一家(同居犬メイプル、麦も参加)


麦、大人の笑み


「さあ。みんなあたしについて来て。横浜ならあたしの庭だから」


おおお! じゃあ、レイちゃんが案内してください(笑)。

うちの子たちも嬉しそう


わらわら


休憩中、犬たちにおやつを与えたところ、べべナナは勢いよく食べました。リルは食べないんですよ。外では食べ物が胃を通らないらしい(笑)。卒業生まりん やメイプル、麦もすごい食べっぷり。シェルティのメイプルなんて、私の手をまるのみする勢いです(汗)。かなたも食いしん坊。何個あげても「ぼく もらっ てません」的な表情をします。うちの子も、他の卒業生も、皆食い意地が汚いな(笑)。

と思ったら!

みてください↓


レイちゃん!
どうしてこんなに優等生なの?! こんなタイプ、うちの卒業生には居ないんだけど(笑)。ちゃんと待ってるよ。お父さんがヨシ! するまで、美しいフォームでお座りなんかしちゃって。麗しいよー。他の子は、みんなちゃんと見なさい。レイのこの姿を!!

公園でのお散歩が終わると、一同はレイのお宅へ!

色々とご馳走になりました。犬たちはすぐ横のテラス兼お庭で仲良く遊んでいました。


かなた、いい笑顔だね(写真の一部はMパパさん提供)


私はコロが居るので早めに帰りましたが、楽しかったです。お誘いいただき、感謝です。あきさん、かなたのママさん、おやつや保護犬猫への物資、ありがとう♪ レイちゃんのママさんにも色々頂いてしまいました。ありがとうございます。また会いましょうね!

卒業生の笑顔に励まされ、すっかり頑張る気満々になった私でした♪

チャオ!

かつくん「単純だ。まあ、難しい人よりはいいけどさ。レイは美人だな~。小さい時、ぼくと沢山遊んだよね。レイがいた頃、ぼくはまだまだ元気だったから。懐かしいな~。

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク





ジロ、幸、チコ

ジロが死にました。

小さなお口から、血を沢山吐いて、鼻からも血を出して、肛門からも血を出して、目も開かぬまま逝きました。

その数時間後、今度は幸が逝きました。

駆けつけたユキちゃんみなちゃんが懸命に暖めてくれたのに、苦しそうに口を大きく開けて逝きました。逝く間際、ジロ同様、少し血を吐きました。

とても元気だったのに、名前もちゃんとつけたのに、ジロと幸のお母さん、本当にごめんなさい。助けてやれなくて、死なせてしまってごめんなさい。

死因は不明。

昨日は、病院へ2度も行き、その都度出来る検査をしましたが、体力の限界なのか、はたまた免疫の問題なのか、分かりません。家にはべべナナリリそれからも う一頭生き残っているチコがいるので、パルボなら最悪だから、その検査を昨日の夜中、それから今日の午前中、2度病院で行いました。

パルボは陰性。隔離はしなくて大丈夫との事で、その部分では安心しました。

可愛い3頭の写真を沢山撮ったけど、一枚も今は載せられない。

かつの時の悪夢に支配され、昨夜は一睡も出来ませんでした。
死んだジロと幸は兄妹。
生き残ったチコはその兄弟ではありません。

チコが一番弱かった。
チコはへその緒をつけて、氷のように体が冷たくなって、保護した日に死んでしまうことを覚悟していました。
その一番小さくて弱いチコが、今まだ生きています。

私は何が何でも、チコを守らなければなりません。
それなりに後悔や反省はあるけれど、今はそれを考えるべきではない。
チコを死なせるわけにはいきません。

チコは死神からは守る。

今はあまりお乳を飲めないチコに1時間おきでミルクを与えています。
そして信頼できる病院で、しばらく毎日点滴します。
体温を38度に保てるよう、常に注意を払わなければなりません。
少しでも冷やしてはいけないし、暑くなりすぎてもいけません。

チコはたった230g
まだ生まれて今日で5日経ったか経たないかの犬です。
必死にお母さん犬を探す仕草を見ていると、切なくてたまりません。

チコを逝かせたくない。
ジロ、幸、力が及ばなくて本当にごめんね。

チコの生命力に全てをかけて、子育てを頑張ります。

「チコはセンターで保護した子です。乳飲み子を捨てる位なら、不妊手術を受けさせるべきだと、ぼくは思います。ジロも幸もぼくのそばに来てしまいました。 でも、チコにはぼくの傍に来て欲しくない。コメント返しなどが少し遅れますが、応援してね。チコの容態が安定してもう少し育ったら、ハハが写真をUPす るって。」

703号室かつくん

スポンサーリンク





可愛い悪魔

可愛い赤ちゃん犬も、3頭集まればこれが結構手ごわい相手になることは、ご想像頂けると思います^^; もう朝から大バトルですよ! 誰と誰のバトルか?

勿論、子犬VS私のバトルです(笑)。

1頭ずつだと気が弱く、すぐに泣いちゃうくせに(うさおはあまり泣きませんが)3頭集まると凄い気が強くなるから(笑)笑えます・・・。勝手に飛んで勝手 に転んで勝手に泣いて勝手に暴れる(笑)。もう、勝手にしてーー!って感じですが、ゲージの中はメチャクチャ(泣)。その掃除を1日7回位繰り返し(じゃ ないとウンチとか踏んじゃうので^^;)放して運動会させ、ご飯を与え、洗濯機を回す。体も臭くなるので拭いたり、汚れを取ったり。。。それだけで何時間 もかかります・・・。それに加え、色々やることが詰まってるので、ますます時間が無くなり、昨日は珍しくベットに入って10秒位でバクスイしちゃいま した^^;

で、それから5時間半後に起床し、又繰り返し(笑)。

でも、楽しんでやってる部分が多いので、ご心配なく。

綺麗に片付けたゲージも


多分10分後にはペットシーツグッチャグッチャだろうな。。。(嘆)。。


台の上は、人様に見せられない位物で溢れ返っていますが、せっせと動いてる間、リルに子守をお願いしています(笑)。


リルも(精神的に)子供だから、最初はヨシヨシモードで子守をするのですが、最後にはいつも子犬相手に乱闘寸前になるので、頼めるのはせいぜい5分。そのうち子犬が悲鳴を上げ、私の元にダッシュしてきます。

「怖かったよー。ぼく鬼みたいな白い犬を見ちゃった!!」


「ぼくは震えが止まらないよ。犬って怖いね。。。」


「ぼく、ぼぼぼぼく、ノーコメントで。。。」(あおいぶれてますね^^;)


とまあ、こんな感じで私にチクリに来る(笑)訳ですが、リルも危害は加えていないのでご安心をー。ただ、社会勉強?の一環として追い回しているだけ?(笑)。まあ、このトレーニングを続けると、逃げ足は速くなるから良いかな??(笑)。

「ばっかみたい。」


今から子犬たちのワクチンへ行くので今日はこの辺で~。

コメントメール返信、その他大変遅れています。ご勘弁をー。
そしてお急ぎの方は、その旨をお伝え下さい。。。急いで返信するようにします。

スポンサーリンク