ごま家訪問とみいさんの根性を

※ブログ連続更新中。下の記事もご覧ください。すみません書きたいこといっぱいで!

 

 

パソコンが危ない感じになってきております。新しいのを買わないと。

 

 

とりあえずチチのノートパソコンを借りましたが、キーの位置がなれません。

 

 

少し前になってしまったのですが、卒業生ごましおんちに遊びに行った日のことを

IMG_4623

 

 

 

ごましおは昔ひどい交通事故に遭い、emi-goに頼まれ私が里親探しをした猫。

 

 

 

マイ太郎さんの卒業猫瑠璃ちゃんの里親さんが、手術を乗り越え前向きに暮らすごまの姿に目を留めてくださり、瑠璃ねえの弟分としてごまは703号室を巣立ちました。

 

 

 

以来、年に1度の割合で里親さん宅に集まっているのですが、今回はみんなが忙しく、約2年ぶりの再会になってしまったのです。

 

 

 

やあ瑠璃ねえ、久しぶり。やっぱ隠れるよね?

1kurata (15)

 

 

 

「臭い!! あなただれですか?」

1kurata (16)

 

 

 

ああ。大根餅持ってきたの。その匂いかなあ?

 

 

 

「クンクン……ちがいます 大根餅のニオイじゃなくてハハは獣臭がします」

1kurata (11)

 

 

 

※手前の白黒猫が703卒業生ごましおで、奥のキジトラが先住瑠璃ねえさん

 

 

 

ごまちゃんあんたひどいことゆうね。お涙お涙の再会はナシか。まあ隠れるのは「すっかり家猫」の証拠。一目会えたのであとは勝手にくつろいで帰りますね。

1kurata (6)

 

 

 

リラックスの図。これはあくまでイメージ画像を撮るために取ったポーズです。

1kurata (8)

 

 

 

母作の大根餅を切ってこんがり焼きます。大根餅は私の大好物

1kurata (13)

 

 

 

ごま家のキッチンでお料理コトコト

1kurata (10)

 

 

 

里親さんがパスタを茹でてくださいました。

1kurata (7)

 

 

 

うーいい! 静かな環境で瑠璃ねえとごましおは本当に幸せ

1kurata (9)

 

 

 

在宅で働く里親さんは猫たちのそばに長くいられます。このたび感動したのは「人側の急病や突然死の話」。お一人暮らしの里親さんには後見人のKさんがいますが、ほかにも万が一に備え、いろんなことを準備しています。そのひとつが、「自宅に猫がいます」というカードを書き持ち歩くこと。わが身を振り返っても、できそうでなかなかむずかしい。

 

 

愛情の形は人それぞれかもしれないけれど、里親さんの穏やかな表情と責任感漂う言葉を見聞きしながら、私はごましおをお渡ししてよかったと心から思いました。

 

 

 

ごまは不審者(私)を前にめちゃくちゃ逃げようとしていますけど……

1kurata (3)

 

 

 

 

じゃーん! ランチ完成!

1kurata (14)

 

 

 

私の持参した大根餅もテーブルに上がりました。みんなおいしいって言ってくれてうれしかったです。作ったのは母で、私は焼いただけですけど。

1kurata (12)

 

 

 

 

出してくださったお野菜が新鮮で全部めっちゃくちゃ甘いのです。

1kurata (5)

 

 

 

あまりの旨さに入手先を伺ってみると、なんと里親さんの仕事関係の商品だとか。

 

 

大げさ抜きに本気でおいしかったので、情報を貼り付けておきますね。

 

 

「天晴れ北陸」「旬のカラフル野菜セット」

 

 

ごちそうさまでした。スイーツのようなグリーンピースを、私はうまれてはじめて食べました。ズッキーニーを生で食べたのも初体験です。

 

 

 

さて、しょっぱいものを食べると、次は甘いものを欲してしまうのは人体の謎

1kurata (18)

 

 

 

ということで、デザートを担当したマイ太郎さん、ケーキいただきます。

1kurata (4)

 

 

 

ふふ。ニコニコしてる。マイ太郎さんのテンションが高くなりました。

1kurata (2)

 

 

 

仕事でお疲れモードのマイ太郎さん。ダイエットの話をしながらケーキをペロリの矛盾。体が糖分を欲しているってことですよ。

 

 

 

ごまの里親さんからは夏にぴったりのゼリーを

1kurata (17)

 

 

 

マイさんからはラスクと、先日はアマーへの心遣いをありがとうございました。

1kurata

 

 

 

ごまの里親さん、ごま&瑠璃ねえ、また来年か再来年お会いしましょう。楽しみにしています。それまでお体をたいせつにしてくださいね。

 

 

 

最後になりましたが、保護猫サクについて

IMG_5153

 

 

 

なかなか「ご縁が決まりました」の報告ができなくてごめんなさい。べべやお子たちの体調の変化と、保護猫ポテチ、十香が加わり、私自身が自由に動けません。今回ブログに登場した「ごま家訪問」は、実は約1か月前のできごとです。たった1か月ですが我が家はあの頃と状況が一変。

 

 

しかし私は、べべたちの病気を免罪符にせず、サクに合った良縁を結びたいです。読んでいて歯がゆい部分や見苦しい部分もあるでしょうけれど、皆さまが見守ってくだされば心強いです。

 

 

サクの動画をツイッターに載せましたのでよかったら見てやってくださいね。私の表現が誤解を生んでいる可能性がありますが、サクは普通にさわれます。ただ、普通にさわれるようになるまで「1か月程度」大目に見てほしいのです。それだけです。

 

 

よく写真を撮りに来てくれるみいさん。かれこれ10年以上つきあっていますが、みいさんの存在が、私の励みになっています。

 

 

数年前、みいさんちには2匹の「さわれない保護猫」がいたのです。

 

 

家族募集ができる状態になるまでもだいぶ時間がかかり、実際募集を開始したあとも2匹にマッチするお問い合わせが来ませんでした。来る日も来る日も保護猫たちをブログにつづるも、月日ばかりが経ち、2匹には気の毒なほど声がかからなかったのです。そばで見ていた私は「みいさん心折れるだろうなあ」とヤキモキしていたのですが、みいさんは淡々と2匹のことを書きつづけました。

 

 

保護主としては、やさぐれ、落胆し、あせるんです。世間から見放されたようなさびしさ。保護猫に申し訳ない気持ち。私にも何度も同じ経験があるからわかります。

 

 

けれどみいさんは募集をやめませんでした。だれもがみいさんの保護猫に飽きていたとしても、みいさんはやめませんでした。

 

 

そして保護から2年後、2匹はそれぞれ素敵なお家に旅立ったのです。2年ですよ2年。

 

 

すごい根性です。尊敬します。

 

 

くじけそうになるとき、私はみいさんの2匹「愛ちゃん夢ちゃん(仮名)」を思い出し、自分を鼓舞しています。だから大丈夫。私が絶対にサクをいい場所に連れていきます。サクを譲渡するために私はサクを保護しました。サクは素晴らしい猫です。

 

 

 

LOVE

 

 

 

 

スポンサーリンク





リュウという刻印

私の本の表紙のリュウが、闘病の末、天国へ旅立ちました。

IMG_3665

 

 

 

 

冥福を祈るとともに、たいせつに育ててくれた里親さんご夫妻に心から感謝します。

 

 

 

リュウは特別な犬でした。

 

 

 

子犬リュウと出会って、私は保護活動をはじめたのです。

 

 

 

リュウの住環境を改善したかった。保護したかった。もうリュウを心配したくなかった。

 

 

なにも持たない若き日の私は、その思いだけが原動力だった気がします。

 

 

離婚して実家のそばでひとり暮らしをはじめたのも、リュウの存在が大きかった。リュウが手に届く範囲で暮らしたかった。いつでもリュウのもとに駆けつけられるように。いつでもリュウを迎えに行けるように。これまでの人生を振り返っても、リュウほど夢中になった男はいません。

 

 

リュウを紹介するのに、過去記事を探しましたが、こんな淡泊なものじゃない。

 

 

リュウは私の中にオリジナルの深い刻印を残しています。

 

 

 

それでも、ひとつだけ・・・・・・

 

 

「ずぶ濡れの犬/幸せの703号室」

 

 

 

リュウは我が家のナナの兄弟で、リルの伯父にあたります。

 

 

 

703号室時代のリュウ(2008年)。真ん中に写っている体格の立派なのがリュウです。

D8 (2)

 

 

 

 

保護まで実に6年かかったんです。ナナを私の子として迎えたあとも、リルを私の子として迎えたあとも、いちばんはじめに出会ったリュウを、私はまだ保護できていませんでした。

 

 

 

リュウを土手から出すことこそが私の悲願で、達成した瞬間は「人ってこんなに震えるんだ」と自分の体に感心するほど、ガクガクと震えていたのをおぼえています。その時代の1枚

ryukeisai

 

 

 

 

保護後、リュウを譲渡する。

 

 

 

簡単なようで、実はとてもむずかしかったです。

 

 

 

リュウへの気持ちが「好き」を通り越して、リュウはまちがいなく私の心のシンボルで、私が生きる理由の多くのウエイトをリュウが占めていて、だから一筋縄にはいきませんでした。

 

 

 

しかし反面、里親さんご夫妻にリュウの命のバトンを渡したとき、私は溢れてくる充足感と新たな希望に胸が躍ったのです。

 

 

 

「ほんのりと痛い胸が躍る」という、不思議な体験をリュウとご家族にさせてもらいました。

 

 

 

リュウは里親さんの溺愛のもと、土手でふんばった6年をはるかにうわまわり、9年生きました。

 

 

 

15歳のリュウ。私たちの出会った5月に、リュウは家庭犬として、旅立ったのですね。

 

 

 

ご家族とともに、闘病がんばったね。

 

 

 

あなたはすばらしい犬です。

 

 

 

リュウありがとう。ご家族の中で、私の中で、あなたいつまでも生きつづけます。

D9 (5)

 

 

 

 

 

リュウへの万感を込めて

 

 

 

 

スポンサーリンク





ちゃたろ、抜糸

昨夜はちゃたろの抜糸でした。

tyatar (10)

 

 

 

抜糸の立ち会いと手術費用の支払いのためemi-goの病院へ

tyatar (9)

 

 

 

保護に関わったUさん、預かりのFさん、キャリーに入ったちゃたろとパチッ

tyatar (6)

 

 

 

MWさまからプレゼントしていただいたレボリューションを2箱渡しました。

tyatar (7)

 

 

 

UさんFさんは現在たくさんの猫たちに関わっています。外猫、多頭飼育崩壊現場・・・・・・

tyatar (17)

 

 

 

 

不遇な猫はあとを絶ちません。私も協力したいのですが、風呂敷を広げるのは今むずかしいので、「ちゃたろの手術費用」、「ちゃたろのご縁探しを引き受ける」、「物資などを手渡す」に留めています。Fさんちにいた実葉、つぼみ(なつこ)、かえ(さくら)、ソイル(メル)とつづいて今回のちゃたろ。私の身の丈にはもうこれが精いっぱいです。

 

 

 

だけど見ちゃうと気になるね。

tyatar (3)

 

 

 

 

超絶不衛生な多頭飼育崩壊現場(ちゃたろとはまったく別の家です)

tyatar (5)

 

 

 

ここに数十匹いる猫がかわいそうです。変な言い方、これじゃ外のほうがマシかも。

tyatar (4)

 

 

 

ここにいる子たちはいろんな方の助けを借りながら徐々に保護される予定だそうです。

 

 

 

すでに何匹か保護されています。その子たちが今度こそ幸せになりますように。

 

 

 

自分の思い、苦悩、立ち位置、ほんとうの願い・・・・・・ブログに書けることは限られています。だからこそ書けることはバンバン書きたい。ちゃたろ、幸せになろうね。

tyatar (8)

 

 

 

事情があってちゃたろを急きょ連れて帰ることに。Fさんとはここでお別れです。さびしいね。

tyatar (11)

 

 

 

 

とはいっても、当初抜糸につき合うだけのつもりだったのでちゃたろを迎える準備をしていません。空いているケージには先日パーティで着た着物が入っています。フードやグッズなども。つまりは物置状態。だから悩んだあげく、emi-goの病院で数日預かってもらうことにしました。

tyatar (13)

 

 

 

ひさびさに化粧した私は、中島先生を捕まえちゃたろとのツーショット写真を撮ってもらうという。あ、ほかの患者さんのいないときなので空気は少しだけ読めていますから!

tyatar (14)

 

 

 

中島先生の恐妻(emi-go)も

tyatar (18)

 

 

 

中島先生に取った腫瘍の病理検査の結果を聞く

tyatar (12)

 

 

 

くわしくはまた今度にでも。良性だったのでご心配には及びませんが、取ってよかったです。

 

 

 

保護犬ももちゃん(16歳)

tyatar (15)

 

 

 

保護犬ボボボ

tyatar (16)

 

 

 

じゃっかんキツい日でもあなたたちを見ていると心が和みます。すっかり看板犬だね。

 

 

 

お隣にちびさんが

tyatar (19)

 

 

 

 

小宮さんやUさんからおみやげいただいてしまいました。ありがとうございます。

tyatar

 

 

 

 

サクおまいちゃたろと仲よくできるのかね?

tyatar (2)

 

 

 

 

病院を出た私は近くの定食屋で自分へのごほうびを平らげました。やった^^ たまご♪

IMG_2494

 

 

 

 

iPhoneで撮ったお気に入りの1枚

IMG_2492

 

 

 

 

ふふ。かわいい。

 

 

 

私はだれの味方でもありません。だれの敵でもありません。争いに巻き込まれたくありません。派閥もありません。好きとか嫌いとか噂とか、できることならそんなのを超越する精神力がほしいと常に思っています。自分にはそこは必要ありません。

 

 

私は束の中の一本ではありません。ただの一本です。

 

 

お世話になっている方はいますが、私は自立したひとりの人間です。自分にできること、自分がしたいこと、そしてすべきことを絶えず自分の頭で考え、実行していきたいです。

 

 

私が関心を寄せるのは庇護を必要とする犬と猫のみ。私は卒業生ファミリーを尊敬しています。特別な存在です。なぜならば私の送り出した卒業生が安楽に暮らす先だからです。

 

 

私と卒業生と卒業生ファミリー、そのシンプルな関係のみが私にとって重要です。

 

 

 

と、ちゃたろの写真に語ってみる。

 

 

 

ぜんぜんだいじょうぶ。ちゃたろと出会ったことに感謝。

 

 

明日お迎えに行ってきまーす。

 

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





セスの楽園へ

さて、昨日のつづきです。セスのご家族紹介をさせてくださいね。

 

 

ご家族は、セスを迎えるにあたり、いろんなことを話し合い、大掃除し(笑)、たくさんの猫グッズを用意してくださいました。連日届くメッセージには慌ただしくも楽しみにしている様子が垣間見れて、読んでいる私もウキウキモード。

 

 

そして調子の悪かったべべを気遣い、ご主人がセスを迎えに来ることもご提案いただきました。「アンニイさんはうちの環境をお知りになりたいと思うのですが、落ち着いたら遊びに来てもらえればいいですし」と。さりげないやさしさが弱っていた心に響きました。

 

結局、チチがセスと私を乗せて里親さん宅へ送り、私たちをおろしてすぐ703号室に戻ることにしたので、一件落着。おかげで私はセスの卒業式にのんびりと参加することができたのです。

 

 

 

※お姉さんと私が撮った写真をごちゃ混ぜに使います↓

 

 

 

「セスくん いらっしゃい」

sesu2 (22)

 

 

 

 

「今日からよろしくな」

sesu2 (21)

 

 

 

「緊張してるよね? ふふ かわいい~」

sesu2 (16)

 

 

 

 

「どこですか?」

sesu2 (20)

 

 

 

 

オドオド中のセス

sesu2 (18)

 

 

 

 

マイ太郎さんがプレゼントしてくれたリバーシブルシュシュでキメています。

sesu2 (10)

 

 

 

黄色とブルー両方楽しめていいですね。

 

 

 

自分のベッドで固まっていたセスですが、食べる余裕はぜんぜんあり^^;

sesu2 (15)

 

 

 

セスのために大量のちゅーるを購入した里親さん(写真はほんの一部です)

sesu2 (30)

 

 

 

安全重視のキャリーバッグや爪とぎやおもちゃ

sesu2 (24)

 

 

 

キュートな隠れ家まで・・・・・・

sesu2 (26)

 

 

 

ブログに載せきれないほどいっぱい「ぼくのもの」が・・・・・・。

 

 

 

ご家族で意見を出し合い、ひとつひとつ揃えていく情景が目に浮かぶようです。

 

 

 

うらやましいくらい仲がよく、常に笑顔の里親さんファミリー

sesu2 (23)

 

 

 

セスが加わったら、セスは幸せになれると確信しています。はじめて猫と暮らすからこそ、真剣に慎重にあれこれ考えてくださっています。セスのケアのことで質問を受けた際、私の回答を聞いて「なるほど。子育てと同じですね」と仰っていたのが印象的でした。

 

 

つまりセスを「子どもとして育てる」という意味なのです。なんかすっごいうれしかったなあ。

 

 

 

姉妹、妻、娘と、女性ばかりの環境だったご主人はいい意味で女性なれしていて、話がおもしろく、なにごともていねいでキメ細やかな方。チチもこんな風だったらよかったのに(苦笑)。

 

 

そして家の中に男子(セス)が増えることをたいへん喜んでくださいました。

 

 

 

サクのことも気にかけ、話にちょくちょくサクが出てきます。ただ、各々の住環境やキャパシティの問題があるので、今の段階ではセスをかわいがってもらう方向でお願いすることに。

 

 

サクは逃げグセが抜けないので、いずれにせよもう少し私の手元に置こうと考えています。

 

 

 

お姉さんが撮ってくれた1枚。表情が萌える♪

sesu2 (14)

 

 

 

写真じょうずだなあ

sesu2 (13)

 

 

 

猫じゃらしで気を引きながらシャッターを切る一同

sesu2 (29)

 

 

 

もともとお姉さんの、「猫と暮らすなら保護猫にしよう」の一語がきっかけとなり、セスはこのたびの良縁を得ました。高校生の頃の自分だったら、そんなこと思いつきもしなかったはず。お姉さんは勉強ができて、部活やバイトもこなす根性のある女性。年齢関係なく尊敬しています。

 

 

もちろん、こういうお嬢さんに育て上げたご両親も。(ご家族の話し方も大好き^^)

 

 

お世辞抜きに703号室の里親さんたちの息子さん娘さんは素敵な方が多いんですよね。

 

 

 

「ハハはそこに自分の卒業生を紛れこませる魂胆ですよね?」

sesu2 (3)

 

 

 

正解です。セスよくわかったわね。

 

 

 

しじみの里親りょうちゃんが作ってくれた赤いネクタイが憎らしいほどピッタリ!

sesu2 (35)

 

 

 

 

鼻血級のかわいさ

sesu2 (34)

 

 

 

黒いからなんでも似合っちゃう。おめめクリクリだからなんでも似合っちゃう。セス得だね。

 

 

 

色黒で派手なネクタイを締めてる姿は、遊び人風の会社員にも見えません?

sesu2 (33)

 

 

 

 

あ、そうそう。換気で開ける掃き出し窓にはガッチリの脱走防止柵をつけてくださいました。

sesu2 (2)

 

 

 

セス家は分譲マンションですが、めずらしい造り。玄関を開けるとすぐまた扉があるのです。要は二重扉のイメージ。セスのいる空間には3つのお部屋があり、いずれも写真左の扉を閉めていれば問題がないので玄関から飛び出す心配はありません。

sesu2 (27)

 

 

 

安全対策についても、何度も話し合いました。私の過去ブログも読んでくださっています。

 

 

安心してお渡しできるというのは、ただただありがたいです。

 

 

 

おいしい和菓子とお茶をいただいたのですが、和菓子の写真がなーい(涙)。私が長居したばかりに、2次会? には紅茶と洋菓子まで。すみません。ごちそうさまでした。

sesu2 (28)

 

 

 

 

壁にさぶ発見! 裏は私からのお手紙です。

sesu2 (31)

 

 

 

 

セス、最初は心細いかもしれないけれど、馴れたら楽園だから、がんばれっ!

sesu2 (7)

 

 

 

セス家は自然体で居心地がよく、つい時間を忘れてしまいました。電車で帰る際も駅まで送っていただいて、女性陣でペチャクチャおしゃべり。ひさびさに楽しいひとときを過ごしました。

sesu2 (11)

 

 

 

ご主人の提案「ケージを囲んでの記念撮影」

sesu2 (32)

 

 

 

白い城の中で、セスは殿さまだなあ!

sesu2 (6)

 

 

 

べべへのちゅーるやごはん、上品な甘さの和菓子、セスにかかった医療費を過分にお預かりしました。あたたかいプレゼント、どうもありがとうございました。

sesu2

 

 

 

 

以下が↓ 里親さんから届いたセスの近況写真です。ハンサムでしょ?

sesu2 (4)

 

 

 

初日からごはんをペロッと平らげまわりを驚かせたセス。たまにシャーが出ることもあるみたいですが、私の想像よりだいぶ馴れるスピードがはやいです。

 

 

 

お姉さんの足元にくつろぐセス

sesu2 (5)

 

 

 

セス、あなた届いたばかりのあたらしいソファにガリガリしたらしいわね? カーテンも。

 

 

 

「え? なんのことですか?」

FullSizeRender (2)

 

 

 

「ぼく 覚えがありません」

FullSizeRender

 

 

 

おもちゃを追いまわして夜な夜な運動会をしているセス坊。もちろん、甘えたりもしています。

FullSizeRender (1)

 

 

「ぬーん」

FullSizeRender (3)

 

 

 

被写体が近くに寄りすぎてブレています。それだけ、距離が縮まっている証ですね。

 

 

 

「家族は一日にしてならず」ですから、長い時間を経てさらにベッタベタになるでしょう。

 

 

その道程もまた一興かもしれませんね。道ばたで出会った一匹のホームレス猫があたたかい家族の一員になれたことをなによりうれしく思います。セス、おめでとう!!!

 

 

多くの犬猫たちが終の棲家を得られますように。

 

 

 

謝謝!

 

 

 

かつくん「x247セス卒業おめでとう。ママさんいわく、パパさんはお姉さんが小さい頃、おむつのお世話が苦手だったとのことですが、今ではセスのウンチを毎朝片づけているそうです。それ聞いてハハが笑い転げていました。ぼくも、なんかいいなあと思います。セス、幸せにね!」

1-3483

 

 

 

スポンサーリンク





10分更新(じゃないけど) 『しじのの家へ』

写真を取り込むまでにすでに「10分」以上なのに、10分更新とか無理あるし^^;

 

 

ネタがたくさんあるのです。

 

 

お蔵行きは悔しいのでなるべくブログで放出します。本日は数回更新しています。

 

 

 

ソフトバンクへ行ったらiPhoneカメラなおしてくれました。ありがとうございます。

 

 

 

スーパーで買い物後、郵便ポストを開けたらこんなものが!!

ssnn (13)

 

 

 

しじみの里親りょうちゃんーーー!!

 

 

ありがとう。

 

 

 

りょうちゃんはセスのご縁のいきさつを私のブログで読み、娘さんの考えに感動したそうです。

 

 

 

先日遊びに行った際も、サクとセスを何度もかわいいって言ってくれてうれしかった♪

 

 

 

「わたし セスじゃないわよ ののこよ」

ssnn (8)

 

 

 

のの~! ひさしぶり!

ssnn (12)

 

 

 

しじみ家の一員になった黒猫ののこは「703号室」を経由しているんです。なつかしいな。

ssnn (11)

 

 

 

 

「来たのか」

ssnn (7)

 

 

 

しじみ嬢、おじゃましますね。

 

 

 

りょうちゃんがしじみ嬢を捕まえてきてくれた連れてきてくれたので抱っこ写真撮れました!

ssnn

 

 

 

超絶萌えるフォルム。だーい好きです。

 

 

 

忙しい合間を縫って個性的でおいしいランチを作ってくれたりょうちゃん

ssnn (2)

 

 

 

電車で行ったので貴腐ワインをごちそうになりました。貴腐ワイン好物です。

ssnn (3)

 

 

 

貴腐ワインでほんのりリラックスしたチーさん(ご主人)は今回も天然ぶりを炸裂。ふつうに寝室でお昼寝をはじめました。そのキャラクターに憧れます。自然体でいいなあ^^

ssnn (6)

 

 

 

りょうちゃん工房に案内してもらいました。

ssnn (5)

 

 

 

商品はネットで注文できます。

ssnn (4)

 

 

 

長くアパレル業界にいたおふたりはセンスが抜群。ほしいので予約済み。猫型クッション。猫用のベッドに添えてもいいですね。私はキャリーバッグの中に入れようと思っています。

ssnn (10)

 

 

 

未完成のバッグ類。絵を描いているのはりょうちゃんです。すごいねえ。

ssnn (9)

 

 

 

りょうちゃんのショップ「にゃっ展」に参加します。

 

 

 

チーさんがスヤスヤと夢を見ていた頃、りょうちゃんと私はペチャクチャおしゃべり。学生時代からの親友のような感覚で話ができます。猫の話もするし、猫以外の話もするし。

 

 

りょうちゃんは真剣な話も不真面目な話もできる私にとって貴重な存在。しじみ嬢をたいせつに育ててくれています。ののこももちろん。そして自分でも家のまわりの猫をTNRしたり里子に出したりしています。バランス感覚にすぐれ、力のある方です。

 

 

りょうちゃんに会って元気復活。留守番中のチチの夕飯を作らなければならなかった私は、ギリギリのギリギリまで粘って、ギリギリのギリギリまでしゃべり倒してから帰宅(笑)。

 

 

りょうちゃんもブログに書いてくれています。しじみ嬢が私のことをほんとうにうっとうしそうにしていたのがウケる。私が席を立つたびに「あなた やっと帰るの?」という顔をするしじみ嬢。

 

 

「ううん まだ帰らないよ? 私まだいる」

 

 

ひひひ笑いながら返す私。ガッカリするしじみ嬢の姿にまた悶絶。

 

 

 

しじみ嬢、あなたさあ、あなたとりょうちゃんのご縁を結んだのは私なんですけどね?

 

 

まあ、人生こんなもんです。

 

 

 

お子たちのお世話や家事から解放された週末の貴重なひとときでした。

 

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク