ほほの第二の母

最近の私はある意味規則正しい? それともめちゃくちゃ? な生活を送っていました。夜中の1時近くに就寝し3時に起きて午前8時頃まで書く。その後はみんなのお世話や家事を4時間程度。正午に寝て3時にまた起きる。もはや早起きなのか夜更かしなのか自分ではよくわからない。

 

 

でもそんな生活ももう終わり。2万文字の章を終え今朝野島さんに送りました。私なりに正月休みを楽しんで1月4日からラストスパートをかけます。

 

 

さて、先日私は703号室卒業生クー太の里親MIHOさんちに行きました。クー太ときなこを交えパジャマパーティをしたんです。クー太と私、ふたりともグチャグチャ……

222kurisumasu (3)

 

 

MIHOさんちでさんざん食べたあと、踏み台昇降運動を32分がんばりました。

 

 

意味があるのかないのか^^;

 

 

ほぼスーパーのお惣菜ですが、おいしそうでしょ?

222kurisumasu (9)

 

 

 

テーブルの花は私からMIHOさんへのプレゼント

222kurisumasu (11)

 

 

 

友だちになって長いのにそういえば一度もお花を贈ったことがない気がする。

222kurisumasu (10)

 

 

劣悪な環境から保護した成猫クー太を9年以上たいせつに育ててくれているMIHOさん。クー太は慢性鼻炎がひどすぎてメンテナンスのむずかしい猫なんです。

 

 

キラキラ輝いているのはMIHOさんのケアの賜物

222kurisumasu (8)

 

 

 

みいさんちの卒業生きなこともラブラブしました。美しさが半端ない♡

222kurisumasu (1)

 

 

 

女同士ペチャクチャしゃべりバクバク食べほしいものをネットで検索し、スリラー映画を鑑賞。運動もやったし本当に楽しいひとときでした。

 

 

MIHOさんは長年うちのお子たちをかわいがってくれています。

 

 

特にひいきしていたのはほほ。

 

 

私がほほより先に死んだら東京大学の前田先生がほほを引き取る話になっていたのですが、前田先生が何らかの事情で引き取れない場合はMIHOさんが後見人に名乗りを挙げてくれていたんです。

 

 

ほほの通院も毎度つき合ってくれました。私が誘うんじゃなくて自主的に来るんです。ほほが宇宙へ帰ったとき、私とチチの次に取り乱したのはMIHOさん。ほほとMIHOさんはいい関係だったんですよ。MIHOさんのiPhoneのカメラロールにはほほがいっぱい。

 

 

MIHOさんも私もまだ怖くてぜんぶは見られません。

 

 

先月私はMIHOさんの誕生日をサプライズで祝いました。

222kurisumasu (6)

 

 

といってもケーキとプレゼントを用意しただけですけど。

222kurisumasu (4)

 

 

 

MIHOさんの好きそうな赤ワイン、冷えをあたためる靴下、クラランスのハンドクリーム&ボディミルク、バラの花束に見えるチョコレート。ほほからはMIHOさんへの感謝のカード♪

222kurisumasu (5)

 

 

 

パチっ!

222kurisumasu (7)

 

 

 

ほほがいないこの部屋は前よりずっと暗い。私は相変わらずほほロスです。

222kurisumasu (2)

 

 

 

無理をしても忘れられないので、自分の気持ちを吐き出していきたいです。

 

 

べべとナナとほほに会いたい。かつや私が見送ってきた子たちに会いたい。会いたい会いたい会いたい。愛してきたし、愛しているから。

 

 

スポンサーリンク





本づくりの話(言い訳多め)

まなちゃんとの合同卒業生ひーちゃん家からプレゼントが届きました。保護猫たちの大好きなシーバの箱詰めにお手紙にひーちゃんカレンダーが入っています。

IMG_5172

 

 

写真がすべてかわいいのです♡ 本当に愛されていますよ。最高ですね。

IMG_5173

 

 

どうもありがとうございました。たいせつに飾らせていただきます。

 

 

ほかにもいろいろプレゼントをいただいていますがまたの機会に自慢させてくださいね。

 

 

それと703号室親バカポストカードをお求めの方々がメールで「こんなときにすみません」と書いてくださるのですが、いえいえとんでもない。超ルンルンで投函しています。ありがとうございます。

 

 

さてハットリ改めハリの卒業が近づいてきました。

IMG_5208

 

 

ドキドキ、ワクワクします。ハリとの残りの数日間を楽しんでいきたいです。

 

 

ハリは703号室の自慢のスターなので鼻息荒く卒業レポを書きますね。

 

 

今夜は保護猫リタが珍しく2回も嘔吐してしまいました。明日も吐くようなら病院へ連れて行きます。保護猫たちが健康でいてくれないと心配でたまりません。

 

 

リタパンのお気に入りのスタイル

IMG_5183

 

 

後ろから見るとこんな感じ↓

IMG_5184

 

 

おもしろいなあ。笑わせてもらっています。

 

 

最後に、先日私は野島社長&リーさんと本の打ち合わせをしました。

111kurisumasu (1)

 

 

題名が決まり、表紙のデザインのイメージも伝えましたよ。

 

 

お二方はスタンバイ完ぺきだというのに私は原稿を書き終えていないという(汗)。

 

 

正直、今年は半端なく苦しかった。ナナとほほを失ったことからぜんぜん立ち直れていません。昨年べべと別れたことも消化できていないんです。あの子たちへの未練が深すぎてどうしようもありません。気が緩んだ瞬間、涙の爆弾が襲ってきます。

 

 

私にとっての家族はかけがえのない存在で、目に入れても痛くないほど溺愛してきたつもりです。だからしばしばこの痛みに耐えられなくなります。

 

 

そんな中で昔の関連ブログ記事を読んで書き進めるのは苦行に近いのです。

 

 

言い訳がましいのですがみんなが生きていたらもっとスイスイいけたでしょう。

 

 

でもべべナナほほがいないからフリーズしてしまう。私はきっと過去からも現在からも逃げているんですね。ついでに未来も怖いです。我ながら情けない。

 

 

けれど別の次元で私の中に卒業生たちについてまとめたい気持ちがあるのも事実。

 

 

だから今、私なりに歯を食いしばっているイメージ(笑)。

 

 

1月末までに書きあげ、来年の5月前半までに出版するのを目標にしています。

 

 

もう少し進んだらまた改めて紹介させてくださいね。

 

 

今週中に大作(自分比)の一章を野島さんに送らないと。ではこの辺で失礼してとっととつづきをやります。皆さまおやすみなさい、おはようございます。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





I love my son

山口の保健所からやってきたえい吉くんはまだ怒りん坊です。

wasureru (16)

 

 

収容される前のいきさつはわかりませんが、人に馴れていないところ、未去勢であるところから考察すると生粋の野良だったのかもしれません。

 

 

人馴れをさせるのも大変ですし、FIVキャリアのえい吉くんの家族募集も少しだけハードルがあがるでしょう。それでも縁あってきてくれたえい吉くんに私は最高のお宅をプレゼントしたいのです。

 

 

今、私はえい吉くんが怒っている顔も私の思い通りにコミュニケーションを取れないところもすべてえい吉くんからのプレゼントだと思って楽しんでいます。えい吉くんが希望の星となれるよう努力していきますね。来週はソフトタッチができるのを目標にしています。

 

 

ふふ♡ しっぽに白いポイント発見!

wasureru (17)

 

 

 

さて、先日私はひさびさにネイルをしました。

wasureru (1)

 

 

 

爪が割れて仕方がないのと年末に向けて気分をあげるためです。ネイルしてくれたのは卒業生麦&とろろ家。里親きえさんとはずっと仲よしです。

wasureru (15)

 

 

 

お接待がじょうずなイケメンとろろくんにメロメロの私

IMG_4932

 

 

 

とろくんは本当に愛嬌があるお子なんです。

IMG_4931

 

 

ママ以外にはツンツンの麦嬢も無理やり抱っこさせてもらいました。

wasureru (14)

 

 

美しいきえさんと美しい麦嬢

wasureru (11)

 

 

毎度現実的なおみやげをくださるきえさんに感謝(笑)。助かります。

wasureru (5)

 

 

卒業生ファミリーの顔を見ると気分が晴れますね。

 

 

昨日お邪魔する予定だった卒業生天音ほたるのお家には行けませんでしたが、マイ太郎さんのtwitterで楽しませてもらいましたよ。

 

 

そうそう。天音ほたる家より素敵な贈り物が届いたんです。

wasureru (9)

 

 

ほたるの手紙も入っています。感動したな。ありがとうございました。

wasureru (8)

 

 

 

中身はシルバーのブレスレット。ほほのお母さんという意味のチャームがくっついています。

wasureru (10)

 

 

ほほが生きた証がほしい。ほほグッズがほしい。ほほと私を関連づけるものならなんでもほしい。そんな思いに駆られています。だからとてもうれしかったです。

wasureru (7)

 

 

 

さんざんいっしょに暮したのに、なぜもう会えないのか理解に苦しみます。

 

 

生きる意味とか死ぬ意味とか看取る責任とか順番とか……わけがわからなくなっています。正直ウンザリです。これはいったいなにを意図とした苦行でしょうか?

 

 

私はお子たちのそばから離れたくないだけなんです。私たちは家族だから。

wasureru (6)

 

 

 

私の太陽のべべが逝き、703号室一のお母さんっ子のナナが逝き、奇跡の連続を起こしつづけてくれたほほまでもが宇宙にかえってしまいました。一年半の間に3頭も。私が珠のように育て、命をわけあってきた大事なお子たちが、です。

 

 

私はべべ、ナナ、ほほのためならほしいものをがまんしたり行きたいところに行けなかったり眠い目をこすったり走ったり重いものを持ったりなんて屁でもないです。

 

 

なのにみんないなくなってしまう。寿命の差だとしても理不尽な気がしてなりません。

 

 

今日は「Hmom」ブレスをつけてフォスターアカデミーベーシックプログラム犬座学の講義をさせてもらいました。参加者たちは意識が高い専門的な方々です。

wasureru (2)

 

 

でも、ほほが腕に絡みついているからにっこりね^^

wasureru (3)

 

 

事務局の松原さんもパチッ

wasureru (4)

 

 

参加者の中には卒業生ほたるの希望者Iさんもいたんです。驚きました。その節はご縁にならなかったのですが、こうしてちがう形でご縁が持てたことに深謝します。

 

 

今年は犬のみでしたが、来年からはフォスターアカデミーベーシックプログラムの犬猫両方の講座を私が受け持つことになりました。責任重大ですね(汗)。

 

 

少人数の強みを活かしてグループディスカッションの時間等も設けています。

 

 

よりよい社会をめざして!

 

 

LOVE♡

 

 

スポンサーリンク





703交流会後半ほか

皆さまこんばんは。前回の703号室交流会関連の更新からすっかり日が経ってしまいました。ほほがいなくなってから気力が起きません。

 

 

ちょっとでもやる気が出たときは本の執筆や保護猫ハットリの家族募集を優先させてきました。

eieiie (1)

 

 

 

おかげさまでハットリが良縁に恵まれたので延び延びになっていた交流会の写真をUPします。ハットリは元気にしています。Twitterにはちょくちょく登場中!

eieiie (20)

 

 

 

卒業猫楽の里親福田ファミリーよりほほへのプリザーブドフラワーとお手紙とちゅーるが届きました。余談ですが、とハットリは似ているんですよ。

eieiie (19)

 

 

 

ほほからもありがとうございました。

IMG_4337

 

 

 

ほほ、青も似合うね。

eieiie (18)

 

 

 

お花は今ほほの骨壺のそばに飾っています。

IMG_4459

 

 

 

emi-goからもクリスマスプレゼントをもらっちゃった♡

eieiie (16)

 

 

 

中身はこれ↓ オーガニックコスメやバスグッズが大好きなのでうれしすぎます。

eieiie (17)

 

 

 

あの日ほほはまだ生きていて、チチにお世話を頼んで私は数時間交流会に参加したっけ。ほほが心配だったけれど、みなさんに会えるのがとても楽しみでした。

eieiie (3)

 

 

 

大遅刻した私ですが、幹事たちが中心となりみなさんが勝手に盛り上がっていてくれたのも最高でした。私がいなくても大丈夫だったかもしれない(笑)。

eieiie (9)

 

 

和気あいあいのイタリアンレストラン

eieiie (6)

 

 

 

50人を超えているので貸し切りで大正解!

eieiie (5)

 

 

 

スマイル

eieiie (2)

 

 

おちびさんも参加してくれました。あつこさん(ゴエママさん)のお孫さんです。

IMG_4181

 

 

 

群馬県から参加のややすやママちゃん。703号室卒業生を2匹育てています。

eieiie (8)

 

 

終盤、お仕事帰りに駆けつけてくれたジャーナリストの山路さんにもごあいさつしていただきました。山路さんは福島の動物たちのお話がメイン。足が長いです。

eieiie (7)

 

 

みなさん真剣に聞いていますね。

eieiie (4)

 

 

夢のようなひとときはあっという間に終わりました。ふだん画面上でやり取りしている方と実際にひと言でも言葉を交わすことができたのは有意義です。次回の開催は5月あたりかね? とにゃん太さんと話しています。実現をめざしますね。

eieiie (15)

 

 

山路さん、気楽に写真撮影を快諾してくださりありがとうございました。

eieiie (11)

 

 

みなさんがサプライズでプレゼントしてくれたほほへのエールの色紙

eieiie (13)

 

 

2枚あります。

eieiie (12)

 

 

色紙とたくさんのプレゼント(写真がなくてごめんなさい)を手に速攻ほほの病院へ戻ってほほに見せたんですよ。みなさんの励ましでお母さんは笑顔でほほと一晩過ごしました。ほほ共々感謝の気持ちでいっぱいです。

eieiie (14)

 

 

 

つい最近のできごとなのに、だいぶ昔の話をしている錯覚がします。

 

 

正直ほほがいないのが悲しいです。この生活、ぜんぜん慣れません。

 

 

次みなさんにお会いするときは「幸せのおすそ分け」をもらうばかりでなく、みなさんにもらっていただくことのできる人間に成長していたいです。

 

 

参加者の皆さまほんとうにありがとうございました。感想や写真をtwitterかblogのコメント欄にぜひ残してくださいね。特に写真が少なかった気がするので持っている方は放出してください。「#703交流会」をつけると関係者は読めます。

 

 

LOVE♥

 

 

 

スポンサーリンク





交流会の集合写真(前半)

※blogを連続更新中です。遡ってお読みくださいね。

 

 

保護猫ハットリの家族募集中です。めっちゃくちゃイケメンでしょ?

akarui (2)

 

 

ハットリと暮らせる方はぜったいに幸せになりますからね。保証します。

 

 

ほほが入院するemi-goの病院から戻ってきました。ただいま早朝の4時です。これから3時間程度眠ってあまぱんとさぶを連れて東大病院へ行きます。

 

 

泥のように眠りたいけれど、今が踏ん張りどき。本は明日が終わってから新しい章に取り掛かります。後手後手になっていますががんばらないと。

 

 

さて、私は昨夜夢のようなひとときをすごしました。本当に楽しかったです。

 

 

心残りはシャイな方を膝の上に抱いて話ができなかったこと。あと最初から参加していればみなさんの自己紹介が聞けたのに行けなかったこと。いつかまた同じ機会があればいいなあと思います。そのときはぜひご参加くださいね。

 

 

703号室交流会前半の集合写真

akarui (7)0

 

 

スゴいでしょ?

 

 

でもこれ全員じゃないんです。50人は圧巻ですね。

 

 

想像よりずっと大勢に感じました。幹事を引き受けてくれたあっティーさんとカノンのママさんに改めて感謝。私はほとんどなんもしていません。

 

 

メンバーはこちら↓

カノンママあっティーchicakoさん、みいさん、MIHOさん栄、タカ、まなちゃん、ゆちゃん、ややすやママまりおさんまみさんまみさんのお嬢さん、なおっちさん、ティラさん、ちほさんふくわかさん肉球きらりさん、sabuchiyoさん、poppenさん、きーやんさんきーやんさんのご主人みかぞさん福田さん福田さんの奥さんにゃん太さん、マイ太郎さん、マイママさん、なつこさん、野島社長、えるぼさん、ゴエママさん、ゴエママさんの娘さん、ゴエママさんのお孫さん、中島先生、emi-go、景虎母さん景虎父さんみかのんさん、めいとちび太のママさん、ルルのママさん、もえさん、ぷり子ママさん、ごま瑠璃ママさん、恵子さん、よっちゃんさん、amalさん、ボンドママさん、ひらりさん、アンニイママ、アンニイちゃん

 

 

職種も年齢も家庭環境も異なる方々が「猫」というキーワードを介してラフに繋がる。素晴らしいですね。足りない部分、至らない部分はあれど、私の見た限りひとりぼっちでポツンと浮いている方はいなかったような気がします。

 

 

ホッとしました。でも欲を言えばもっとたくさんお話したかったです。特に「はじめまして」の方とはなおさら。

 

 

プレゼントもいっぱいいただきました。卒業生ローズ家(にゃん太さん)よりローズからのお手紙とローズのへそくり(笑)。ありがとうございました。にゃんにゃんBOXで忙しい中、にゃん太さんは仙台より日帰りで参戦です!

akarui (1)

 

 

いただいたプレゼントは少しずつUPしていきます。

 

 

交流会の中身については次回軽く触れますね。

 

 

参加者さんもSNSやblog等にあげるときは教えてくれるとうれしいです。

 

 

読みたいから♡

 

 

もう寝る時間がなくなってきたのでこの辺までにします。

 

 

最後に猫の置物でもご覧ください。

akarui (6)

 

 

すずらんおまいさあ、警戒心を脱ぎなさいよ。

akarui (3)

 

 

新しい世界が開けると思うよ?

akarui (4)

 

 

「ウーッ!! わたちの心は不可侵よっ!」

akarui (5)

 

 

微妙なお年頃(推定1歳)の娘っ子はむずかしいよのうとお手上げぎみの保護主です。

 

 

けれど必ずすずきちをおとすぞ!

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク