それゆけヤマト坊

昼間私はこんなものを持って家を出ました。

1yamato (2)

 

 

 

出先でプレゼント用のお弁当を買って~

1yamato (11)

 

 

 

向かった先は卒業生ポテチとコテツ家きーやんさんのお宅

 

 

ジャイアン改めコテツの正式譲渡の書類を交わすためです。パチパチ。留学生のコテツが卒業生になりましたよ。コテツの卒業記事は今週中にUPします。皆さま祝ってやってくださいね。

1yamato (12)

 

 

 

コテツのトライアルの際の写真。このときポテチ兄は私に爪を切られてしまいました^^;

IMG_2909

 

 

 

ふふ♡ 本日のひそかなお目あて「ヤマト坊」とパチっ!

1yamato (4)

 

 

 

きーやんさん夫妻がご実家の近くで保護した3匹の乳飲み子たち。体に障害のある2匹の姉妹たちは残念ながらお星さまになってしまったのですが、唯一の男子ヤマト坊はすくすく育っています。実際に会ってあまりのミニチュアさに驚きました。

1yamato (3)

 

 

 

でもこれでも保護したときの倍の大きさになったんですから、当初いかに小さかったか……

1yamato (14)

 

 

 

2時間おきにミルクをあげるきーやんさん。こまめに通院もしています。

 

 

サッと並べられた育児グッズ。すんごいあったかい感じ。

1yamato (5)

 

 

 

はいはい。ミルクを飲む前に出すもん出しちゃいましょうね。

1yamato (7)

 

 

 

自力では排泄できないのでティッシュでトントン。無事おしっこしました。

1yamato (6)

 

 

 

授乳タイム♪

1yamato (9)

 

 

 

お~ じょうずじょうず

1yamato (8)

 

 

 

私の奇声が気持ち悪いですが、動画を撮りました。

 

 

 

顔を拭かれているところとか超絶かわいい。二本はりつけておきますね。

 

 

 

体重測定。ヤマト坊は155gに成長♥

1yamato (10)

 

 

 

ヤマト坊はきーやんさん夫妻なくしてはぜったいに育たなかったでしょう。あまりにも儚い。自力で生きるのは無理なサイズですものね。改めて子猫の面倒を見る世の母猫たちの偉大さを痛感。

 

 

そしてじきに目を開くヤマト坊が最初に見る景色がきーやんさんちで、最初に出会う人がきーやんさんで本当によかったと思いました。

 

 

美しい世界からスタートしたヤマト坊は恵まれていますね。幸運の持ち主です。

 

 

100gを超えてくれたらもう大丈夫。きーやんさんはしばらく大変でしょうけれどこれからはヤマト坊の生命力がどんどん発揮されていくでしょうね。

 

 

ヤマト坊は里親探しをするかわかりません。きーやんさんは深い情をかけ向き合っています。私にできることは、きーやんさんが里親探しをすると決めた場合にいっしょに全力で動くこと。意思決定は私が意見すべきところではないので、ただおふたりを尊重し応援していく所存です。

 

 

リビングでゴロゴロさせてもらいました。きゃ~! ヤマト坊と添い寝だ!

1yamato (13)

 

 

 

私が持参した赤ちゃんサークルはピンクでした。男の子だけどいいよね?

1yamato (15)

 

 

 

コテツ、素晴らしいお家に行ったね。私のことはさっぱり忘れちゃって……

1yamato (1)

 

 

 

けれどいいのいいの。コテツが私を忘れたのは今が満たされている証拠

1yamato (16)

 

 

 

私はコテツを忘れないよ。ヤマト坊ともポテチ兄とも仲よくできてえらいね。

 

 

ALL LOVE♡

 

 

 

スポンサーリンク





ほほが11歳になりました

通院をがんばった夜、703号室ではほほの11歳のお誕生日を祝いました♪

 

 

MIHOさんがほほにケーキとほほの好物のしらすを買ってきてくれたのです。

11hoho (5)

 

 

 

MIHOさんいつもありがとう。

 

 

全員揃っているのですが、べべナナがいないので数が少ないです。

 

 

犬はリルだけになってしまいました。

11hoho (2)

 

 

 

ちょっとさびしいホームパーティ

11hoho (3)

 

 

 

「ハハ~ ぼくが張りきりますよ」

11hoho (4)

 

 

 

うん。元気なあさひがいるから、シーンと静まり返ることもないしありがたい。あさひ、うち、前はもっと賑やかだったんだよ。こんなにガラーンとした家じゃなかったの。

 

 

時間は容赦なく流れているのを感じます。戻れないのが辛い。

 

 

あ、本日の写真はすべてMIHOさんの提供です。

 

 

「あさひにゆうひ」と名づけられた一枚

11hoho (6)

 

 

 

光をまとったあさひが神々しく見えます。

 

 

通院で精魂尽き果てたあまぱんとさぶは端っこのクッションで寝ながら参加

11hoho (12)

 

 

 

無精な主婦? によるスーパーのお惣菜を並べただけの食卓。サラダをお皿に盛っただけでMIHOさんが褒めてくれました(笑)。いやいや、ふだんはもっとできるんです。

11hoho (1)

 

 

 

MOHOさんはビール、私はお水でほほに祝杯をあげました。

 

 

MIHOさんはほほを我が子のように心配してくれます。

11hoho (13)

 

 

 

ほほの不調な姿を見て胸を痛めてくれました。驚かせてごめん。治さないとね。

 

 

ほほ、またふつうに歩いたり走ったりジャンプができるようになるといいね。

 

 

 

でももしできなくなったとしても、ほほが生きていてくれたらそれで充分。

11hoho (7)

 

 

 

お薬の量が増えちゃったけど、ほほはえらいからがんばれるもんね。

 

 

好物のしらすを前にクンクン。興奮気味のほほ

11hoho (8)

 

 

 

はいお待たせほほ、「いただきます」しよう。

11hoho (9)

 

 

 

一心不乱にシラスを堪能するほほ

11hoho (10)

 

 

 

ほほとの11年は、お母さんにとって黄金の奇跡です。誕生日おめでとう。

11hoho (11)

 

 

 

これからもよろしくね。

 

 

しらすを貪るほほをMIHOさんが動画に撮ってくれました。食べるほほが超かわいくて萌えますのでよかったらどうぞ。親バカですがこんなに立派なお子がいてお母さんは幸せです♡

 

 

 

ほほや、ほほ~。生きていてくれてありがとう。ほほは最高です。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





ぼくの好きとキライ

皆さまこんにちは。本日のメインももちろん保護猫あさひくん♡

 

 

と、その前に留学中のジャイアンに登場してもらいましょう。

konoo (12)

 

 

 

ジャイアンは現在ジャイアンという名前ではありません。

 

 

けどまあ、新しい名前はまだ私だけのお楽しみにしておきます。

 

 

留学先にすっかり馴れ、ちゅーるのごほうびをもらうジャイアン

konoo (11)

 

 

 

おお? 見慣れたフォルムのお子が横に写っています。

 

 

ふふ。703号室卒業生のポテチです。

konoo (10)

 

 

 

大巻先生指導のもと、ダイエットに勤しんでいたポテチですが、このたびリバウンドしていることが明らかになりました。頬の肉、お腹、太腿とお尻のあたりが証拠です。

 

 

健康第一ですが、元来私はまあるい猫がツボで、ポテチとジャイアンの写真を眺めているだけで幸せを感じるのです。ポテチもジャイアンもFIVキャリアの成猫。体型のまるさはふくふくしさ、コンディションのよさのあらわれだと思います。もちろん、太りすぎはダメだけど、少しくらいポチャッとしている位のほうが私的には安心できます。だって食べてる証だもんね。

 

 

ポテチはジャイアンに教育的指導もしているそうなので、近日中にこの目で確かめて来ますね。このふたりで追いかけっこしているんだって。悶絶。

 

 

ジャイアンはうちでずっとお友だちをほしそうにしていたので、嬉しい!

 

 

 

次は703号室の様子を。さぶとあさひがどこにいるかわかりますか?

konoo (1)

 

 

 

今日の昼間撮ったあさひです。ものすごく不機嫌な顔をしていますね。

konoo (3)

 

 

 

「だってハハがわるいんですよ? ぼくがイヤイヤしているのにしつこいから」

konoo (4)

 

 

 

ごめんね^^;

 

 

あさひはダイソンの爆音がキライで、掃除のときは耳を倒して隠れています。

 

 

このあと、ケージをずらして掃除しようとしたらスッとどこかへ消えました。

konoo (5)

 

 

 

最近はあさひにストレスを与えないようにしようという大義のもと、1週間に2回ほどしか掃除機をかけていません。そしてひと通り終われば即、坊やのご機嫌取り。

 

 

これ大事!

 

 

あさひもジャイアンに負けじとちゅーるを吸うのでありました。

konoo (2)

 

 

 

そんな必死な顔をしなくても、ぜんぶあげるから!

 

 

 

「フッ 食べもので解決するなんて 単純でいいわね」

konoo (8)

 

 

 

「お母さんお散歩何時に行くの?」

konoo (9)

 

 

 

暑い時間帯はダメ。リル嬢、日が落ちるまでしばしお待ちください。

 

 

最後に、リサ・ラーソンの箸置きと

konoo (6)

 

 

 

小皿、シール、お手紙のプレゼントをピチコさんありがとうございました。

konoo (7)

 

 

すごくオシャレで色も夏らしくていいですね。割れないように気をつけます。

 

 

あさひにご縁が決まるまでブログ更新の頻度をあげていこうと胸に誓ったので(本当!)日付が変わる前にもうひとつ書きますからね。ぜひ読んでください。

 

 

あさひ1歳は家族募集中です。お見知りおきください。

 

 

 

スポンサーリンク





まるスマイル

無気力かつバタバタで時間がかかってしまいました。お待たせしてごめんなさい。

 

 

まる坊の新居へ皆さまをご案内します。

 

 

お届けはまるをお世話してくれたemi-goといっしょに行きました。

 

 

私は個人で保護譲渡活動をしていますが、すべてに於いて独断的かと言われると実はそうでもありません。関わった人の気持ちは常にたいせつにしていこうと考えています。

 

 

今回もまるの譲渡にあたり、なるべくemi-goの意見を聞き、尊重できる部分はすべてしています。透明性も然り。emi-goが納得してこそのご縁だと思うからです。

 

 

まるを乗せて迎えに来てくれたemi-go。黒田さん宅のそばで黒田さんも合流

IMG_0738

 

 

 

まるが待ち遠しかった黒田さんは、ド緊張状態でよく眠れず、何度も吐き気に襲われた模様。犬が家族に加わる。黒田家にとってはまさに一大事ですね(笑)。

IMG_0741

 

 

 

まる、わかる? それだけ真剣なんだよ。

IMG_0740

 

 

 

頑丈なキャリーとまるで合計20キロ以上はありそう^^;

IMG_0744

 

 

 

へへ。私はこまごまとした荷物持ちの役で助かりました。

 

 

 

到着~!

IMG_0777

 

 

 

オドオドのまる氏

IMG_0763

 

 

 

「えっと……どこ?」

IMG_0751

 

 

 

「はじめての場所はとりあえず警戒します」

IMG_0753

 

 

 

そりゃそうだね。まあ、ゆっくり慣れればいいから。

IMG_0775

 

 

 

まるは黒田さんの仕事部屋(寝台もあります)からスタートします。

IMG_0761

 

 

 

黒田さんの仕事部屋(10畳弱)→娘さんの部屋→物置→寝室→リビングと広い黒田家を徐々に制覇していく予定。最終的にお庭にも出られるよう一歩ずつならしてもらう作戦です。トレーナーさんは散歩へ行けるまで3か月かかると踏んでいますが、私の予想ではもっと早く外に出れるのではないかと。まあ、焦らずのんびりね。

IMG_0776

 

 

 

玄関。猫とちがってまるはこの高さの柵をまたぎません。

IMG_0747

 

 

 

 

玄関の左側にまるの居住スペースがあります。

IMG_2854

 

 

 

まる用にいろんなグッズが用意されていました。うれしいね。

IMG_0755

 

 

 

悩みに悩んで選んだごはん。まるの体調に合わせて臨機応変にチェンジしていくんだとか。ふふ。計量カップもふたつ置いてある。黒田さん抜かりないなあ。

IMG_0762

 

 

 

リビングに繋がる廊下にはもう一つの柵が

IMG_0749

 

 

 

リビングから見るとこんな感じ。つきあたりがまるルーム

IMG_0773

 

 

 

そして専用庭。庭へ連れ出す際はもちろんリードをつけてもらうのでご安心ください。

IMG_0764

 

 

 

まるがケージ内でくつろぎはじめたので一同はリビングへ移動

IMG_0791

 

 

 

emi-goがまると黒田さんのために用意した分と私からのささやかなプレゼントを手渡しました。黒田さん、まるがお世話になります。どうぞよろしくお願いします。

IMG_0799

 

 

 

リビングの一角に設けられた「タロゾーン」。タロの写真がいっぱい……

IMG_0771

 

 

 

アルバムも見せてもらいました。なつかしい。703号室同窓会の日の写真ですね。

IMG_0797

 

 

 

譲渡誓約書や医療明細や各種証明書もファイルされきれいに残っています。

IMG_0794

 

 

 

黒田さんとタロの歴史、黒田さんと703号室の歴史を実感します。タロのおかげでほんとうにいい人間関係を築かせてもらえました。タロに感謝です。

 

 

ここで二代目のまるは、めいいっぱい幸せになると確信しています。

IMG_0811

 

 

 

だって黒田さんにとっては、簡単なことじゃないんですよ。

IMG_0801

 

 

 

乗り越えるべき壁をぜんぶ越え、大きな覚悟を持って迎え入れてくれたのです。

IMG_0803

 

 

 

だからきっとまるの未来は明るいはず。

IMG_0802

 

 

 

現に不思議なことですが、まるが異常に落ち着きを放っていたんです。

IMG_0810

 

 

 

この譲渡の意味がまるにも伝わったとしか思えません。

IMG_0809

 

 

 

ドキドキは最初だけで、すぐに穏やかな笑みを浮かべたんです。

IMG_0808

 

 

 

「以心伝心です」

IMG_0787

 

 

 

そうそう。まちがいないね。

IMG_0783

 

 

 

まるのくつろぎぶりに胸を撫でおろし、おいしいケーキをいただいて、お腹いっぱい♪

IMG_0792

 

 

 

キュートで表情豊かだから写真を連写しまくりですよ。

IMG_0786

 

 

 

結局選べなくてほぼ載せるという……

IMG_0784

 

 

 

これが私の写真ならキツくて皆さまは耐えられないでしょうが、モデルさんはまるなのでいいですよね? ハンサム王子の画像を仰山おがんでやってください。

IMG_0788

 

 

 

変顔

IMG_0789

 

 

 

やる気ない顔

IMG_0804

 

 

 

あほっぽい(あほとは言ってません!)

IMG_0785

 

 

 

利発で聡明なニコニコフェイスも添えて

IMG_0807

 

 

 

まるの写真を見つめていると、子犬のあどけない頃を回想します。

IMG_0805

 

 

 

おんなじおんなじ。まるの無邪気さは、ちゃんと残ってる。

IMG_0806

 

 

 

まるの一生は、巻き戻してスタートを切ったばかり。この先は素晴らしい日々を送っていくことでしょう。さっそく新居でやりたい放題との報告を受けています。

 

 

黒田さんのTwitterアカウント→ @KurodaJunichi  タロパパ

 

 

まるの笑顔は霧がかかった視界に一気に青い空を広げてくれた気がします。

 

 

黒田さんの視界、emi-goの視界、私の視界、まる自身の視界。

 

 

理不尽ばかりではないこと、絶望ばかりではないこと、むしろ強い希望がこの世には溢れている、いたるところに。思わずこちらがふとつられ笑いしちゃうほどに澄んでいます。シンプルな表現ですが、犬も猫も最高にかわいいですよ。パートナーですもん。

 

 

獣医志望の小2の娘さんが描いた絵。左の犬はタロかな? まるかな?

IMG_0813

 

 

 

父親黒田さんからの「注意」

IMG_0812

 

 

 

黒田さんご支援とおみやげの数々をありがとうございました。

IMG_2882

 

 

 

かつくん「x262まるおめでとう。こわいこわい世界を乗り越えてワクワク圏に突入したまる。粗相やいたずらはほどほどにしないとね。でもまるがまるらしく意気揚々と過ごしているのを眺めるのはやっぱり気分がいいね。黒田さんはたいへんだろうけど……逸材まるから目が離せません。まる、ずっと家族とともにハッピーでいてね」

1-3483

 

 

 

 

スポンサーリンク





パピーまる坊

iPhoneのカメラロールの中をまさぐってみたら、ちっこい頃の保護犬まるが出てきました。妹犬もいっしょに写っています。萌え~! 去年の6月の写真↓

IMG_3927

 

 

 

1年の間にいろんなことが起きました。

 

 

 

新たなスター候補たちと出会い、試行錯誤を経てスカウトに成功。卒業生たちとして送り出すなど有意義なこともありましたが、私にとっては総じて悲しいことが多かった1年だった気がします。

 

 

 

べべを失い、ナナを失い、台湾のアマーも天国へ旅立ったのですから。

 

 

 

私のメンタルは、未だ暗いトンネルの渦中にいます。どんなに“ふつう”に振舞おうとしても、いや振舞っていても、べべやナナの死からは到底逃げられません。

 

 

 

まるの写真を挟むように、カメラロールの前後にはべべナナの写真が大量に保存されていて、正直見るのが辛いです。自分の過去ブログも読みたくありません。

 

 

 

まるの里親になってくれた黒田さんもきっとそうだったんだろうな。

 

 

関連記事はこちらです。改めて読み返してしんみり

 

「合掌 黒田タロ/幸せの703号室」

 

 

この記事で私、タロに生まれ変わったら黒田さんちに行くよう勧めてますね。ふふ。ならもしかしてまるがタロの生まれ変わりだったりして。

 

 

 

最愛のタロと別れて黒田さんがどれほど意気消沈したか

IMG_2870

 

 

 

タロを呼ぶ黒田さんの声が今でもはっきりと私の耳にこびりついています。

IMG_2869

 

 

 

タロと歩く黒田さんの姿が私のまぶたに焼きついています。

IMG_2871

 

 

 

12年前、センターに収容され殺処分対象になったタロが、黒田家の一員という不動の居場所を得て、穏やかに一生をまっとうした事実を私は忘れません。

IMG_2868

 

 

 

生きる上で必要なプラスの感情をタロと黒田さんからほんとうにたくさん教わり学ばせてもらいました。タロと黒田さんを見ていると「絆」という単語が浮かびます。

 

 

信頼関係は1日にして築かれるものではなく、日々の積み重ねによってじんわりとお互いの全身に染みわたるものだと思います。

 

 

黒田さんとタロがそうであったように。

 

 

 

それにしてもまるデッカくなったね……

IMG_1947

 

 

 

ヨチヨチの青臭いちびっ子だったのに

IMG_3949

 

 

 

私はよくまるたちと遊んだんですよ♪

IMG_3946

 

 

 

いつでもどこでもだらしがなくてごめんなさい^^;

IMG_3945

 

 

 

まるに髪の毛を噛まれ参っているところ。完全に襲われています。

IMG_3950

 

 

 

きみたちは快活な子犬だったよね。

IMG_3937

 

 

 

妙に懐かしい気もするし、昨日のできごとのようでもあります。

IMG_3955

 

 

 

まるが身体の成長と反比例し委縮した心で病院へ出戻ってきたのは喜ばしいことではありませんが、敢えて「終わりよければすべてよし」の一語でまとめておきましょう。

 

 

まるは黒田家の末っ子として生き直すのですから。ね?

IMG_2420

 

 

 

タロママさん(奥さん)とも超仲よしの毎日だそうです。

IMG_2439

 

 

 

「ねえねえ ぼく じぶんらしく生きていいよね?」

IMG_2418

 

 

 

ママにわしゃわしゃ撫でられるまる

IMG_2460

 

 

 

 

「まあ 基本シャイで なれると図にのるけど わるいヤツじゃないのよ」

IMG_2412

 

 

 

おませなガールフレンドちゃぽぽのお墨つき!

IMG_2453

 

 

 

そうそう。まるは適応力があるし、意外と明るいのよね。

 

 

 

まるは1歳になったばかり。安息の地で永ーい時間を謳歌できるのです。

 

 

さっそく、まるは新居でやりたい放題。いたずらもするらしい。

 

 

黒田さんのため息を聞くたびに、黒田さんには申し訳ないけれど「犬らしいまる」に出会えついプッと吹き出してしまいます。幸せのおすそ分けをありがとう。

 

 

まる、ニコッとね。笑っていればたいがいのことは解決しますよ。

IMG_2481

 

 

 

まるの一生で起き得るさまざまな問題を、横に並んで解決してくれる家族に恵まれたのだから、まるは大船に乗ったつもりでどんと構えていてね。とにかく元気に、世間のだれにもなににも臆することなく精いっぱい生きていなさい。

 

 

まるの新居は次回ご案内します。

 

 

最後に4秒と短い動画ですが、パピーまる坊がやたらかわいいのでよろしければご覧ください。

 

 

もうなに? 反則! 食べちゃいたい。エンドレスで再生し昨日から寝不足です。べべナナに会いたくなっちゃうから困りますね。

 

 

LOVE♡

 

 

 

スポンサーリンク