フックたちのこれまで

家族募集中! 愛しの保護猫フック
クリックすると元のサイズで表示します

6月18日
私はこの日、地獄絵図を目の当たりにしました。

地獄に生きる猫たちの表情は、外部から侵入した私たちに対してというよりも、もっと他の何かに対して、ひどく怯えを湛えているようにはっきりと見受けられました。

ある程度の覚悟を踏まえてマスクの中にガーゼを数枚しのばせていたにもかかわらず、表現しがたい悪臭が襲って来て、私は眩暈を通り越して、気がおかしくなりそうでした。チチやKさんも眉間にしわを寄せ、両足を踏ん張って、必死にその場に立っていました。

本当はすぐにフックの保護経緯を詳しく書きたかったのに、今までどうしても書けませんでした。整理がつかないし、頭の中を整理することさえ、怖かったのです。もう、思い出したくありませんでしたから。でも、頑張って書かないとね……。

「1匹は返してよね。手術には同意したけど、終わったら返して」
「分かった。では、約束通り他の3匹は連れて行くよ。3匹はもう、返せないわよ」
「うんうん」
「本当に分かってる? 3匹はもう返せないからね」

何でここへきてこんな会話を交わさなければならないのか?

そもそも女から脅迫されたのがきっかけなのです。
「大家にばれたから、もう猫たちを保健所に持っていかなきゃ」
この日の数週間前に、わざわざ私にこう言いにきた女。「保健所」の一語は、保護活動している私たちにとって脅迫以外の何ものでもない。なのに、保護を決め た途端、最近、大家の態度が軟化してきたからという理由で、やっぱり全頭手放すのは嫌だと言い張るようになりました。最低。

持参した4つのキャリーの中に、4匹の猫たちを順番に入れていきました。
他にも2匹の猫(少し前に去勢済み)がいましたが、その子たちの顔は正視できませんでした。だって私が連れて行けるのは、4匹だけ。うち1匹は、不妊手術を終えたら返さなければならないのだから。「ここ」に……。

その時保護したのが、フック、あじさいリリーで す。手術後、女に返したのは黒白のメス。チチが返しに行ってくれました。きっと辛かったと思います。書こうか迷ったのですが、猫たちを飼っている女は、う ちのババの隣の住民です。自分の母親の家と薄い壁を一枚挟んだ古いアパートの一室は、数年間窓を閉め切られ、分厚いボロボロのカーテンに覆われ、暖かな日 差しからは遠い世界です。

どうしてか?

カーテンを開けると、猫たちを飼っている事が目の前の建物に住む大家にばれてしまうから。ちなみに、大家はとっくに気づいていましたが、今まで我慢して言 わなかっただけのこと。ババの物件は確かに「ペット不可」ですが、私がべべナナリルを連れて泊まりに行っても、大家はいつも笑顔で挨拶をしてくれます。常 識的な範囲内であれば、大家も大目に見ていたに違いありません。ババの隣家は、部屋を閉め切っても、玄関付近は物凄い悪臭が漂っていたのです。だから私 も、ババの横の住民が猫を飼っている事は昔から知っていました。

カーテンを閉め切った家でも、適切な世話ができていれば、まだ良かったでしょう。こまめに家の中を整理して、猫のトイレを掃除すれば、猫たちはある程度の快適さを得られていたかもしれません。けれど、本当に悲惨な点は、女が、一切それをしなかったことでした。

床に直接ばら撒かれた餌。尿・便・嘔吐物は至る所に垂れ流し状態。ハエが飛び交う台所まで上がり込んだ私は、得体のしれない液体を踏みつけてしまって、慌 てました。ベタベタして、生ぬるくて、腐乱臭を漂わせている何かを。その感覚は足の裏から一気に頭の先まで駆け上がり、もう、失神するかと思いました。一 秒としてその場にいたくなかった。けれど、キャリーに猫たちを入れる作業が思うように捗らなかったので、吐き気と闘いながら手を動かすしかありませんでし た。

フックと目が合いました。こんなにやせ細った「家猫」は見たことがありません。亡くなる直前の愛猫かつよりも、もっともっと小さく見えました。

早く帰りたい! この狭いアパートの一室から脱出したい。
ようやくキャリーに収まった4匹を抱えて玄関へ向かう途中で、私は更なる衝撃を受けました。何と、奥の部屋のちゃぶ台の上には、新鮮なレタスのサラダと、 お箸がぴちっと揃っていたのです。私たちが帰った後、女はこの空間で、レタスを食べようとしているのか? 前髪にカラーを巻いた女の顔を凝視しました。

「あああ。やっと捕まった。悪いね。ありがとう」
爽やかに私たちに微笑みかけたその表情は、私にとって何もかもが不快で不可解でした。

そして靴を履こうとしゃがみこんだ瞬間、奥の部屋の床の端に長い尻尾がついた黒い物体がかすかに見えました。それが子猫の死骸なのか、鼠の死骸なのか、確かめる勇気はありませんでした。

Kさんに送ってもらって、家に着いてキャリーから4匹を出すと、チチに世話を任せて私はすぐにシャワーを浴びました。洗っても洗っても、どうにもならな い。心にこびりついてしまったものは、流せない……。それからずっと調子が悪いんです、私。勿論、あれからババの家には一度も行っていません。隣家が怖く て行けないのです。

フックの保護の経緯が少し見えてきたでしょうか?

保護したばかりのフックは、あおっぱなの塊が鼻の穴を完全に塞いでいた為、口を開けて呼吸をしていました。もう、グルーミングをする気力もなかったので しょう。猫が口を開けて呼吸するのは異常です。よほど呼吸が苦しくない限り、そうはなりません。すぐに、脱脂綿を水に濡らして塊を除去しました。

「グアー ググ グハー ガッアッアーッ」

猫のものとは思えない奇妙な鼻音を立て、あおっぱなを部屋のあちらこちらに飛ばしながら横たわるフックの姿を見て、泣きながらももママちゃんに電話をかけたのです。

「今、例の猫たちを保護した。もう、きついよ……」
「そっか。明日、一匹迎えに行くからね」

次の日、ももママちゃんは、あじさいを迎えに来てくれました。
そしてその翌日、不妊手術を終えたリリーをみいさんのお宅へ届けました。

あじさいも、リリーも、フックも、見事なほど、トイレ完璧。出来るんです。彼らはちゃんと。優しくて、穏やかで、控え目でありながらも、好奇心旺盛。そして人間が大好き。素晴らしい猫たちです。

一体どうして、犬や猫は飼い主を選べないのでしょうか?

驚かれるかもしれませんが、この猫たちは、子猫の頃、保護活動している人間によって保護され、ババの隣家に「里子」として出された子なのです。あり得ない……。

ももママちゃん保護のあじさい
クリックすると元のサイズで表示します

みいさん保護のリリー
クリックすると元のサイズで表示します

703号室のフック
クリックすると元のサイズで表示します

女に猫たちを譲渡した人間を殴りたい。

かつくん「フックの話、長くなってごめんね。ハハ、語り出すと止まらなくて……。

週末も更新するなんて言ってたのにしなかったよね。嘘つきだよ。忙しかったんだって。言い訳ばっか。ぼくはいつもハハの尻拭い。皆さま、ごめんなさいね。だらしないハハで。

ハハのそれでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

スポンサーリンク





ママといっしょ

あまぱんまんが膀胱炎になっちゃいました(涙)。何回もトイレに行くのが辛そうで、可哀想です。昨日の朝、チチがMOMOペットクリニックへ運びました。あまぱん、キャリーに入りたくないと必死の抵抗(汗)。巨体を揺らして洗濯ネットからの脱出を試みていましたが、ネット内ではどんなにもがいてもどうにもならないと悟った様子で、大声で抗議の後、すっぽりとおさまったキャリー内で脱力していたそうです(爆)。

薬薬薬。
うちのお子たちの投薬だけで一日が終わってしまいそう……。
そんでもって医療費貧乏です。私の医療費、うちのお子たちの医療費(特にべべ)、コロの医療費、保護犬猫たちの医療費の合計は毎月のマンションのローンを容易に上回る。

はあ……。
主婦業って案外難しい。

倒産(破産)しないよう、頑張ります。

と、(愚痴)小話がすっかり長くなってしまいましたが、今日はティティの卒業について♪

ティティの新しいお名前は、シュナくん。シュナって顔してますよね^^

シュナはママとふたり暮らしです。そう。ママは単身の女性。しかも猫飼育初心者さんです。ママはそれを気にされていました。自分は猫を飼う資格があるんだろうか? 猫を譲渡してもらえるんだろうか? 飼った後、きちんと面倒をみれるんだろうか……?

だから私はお渡ししたんです。

一時の感情ではなく、自分や未来の家族と真剣に向き合い、悩みまくっていたから。シュナのママさんは、素敵な女性です♪ しかもうちから割と近いし!(車で30分程度の距離)

シュナのお渡しは、MOMOペットクリニックで行いました。お渡しの日、風邪気味だったシュナを診察に連れて行ったのですが、里親さんにも来てもらったんです。

診察後、車でシュナ&ママを新しいお宅へ送り届けました。ホテルライクなエントランス^^

シュナの里親さんは単身女性ですが、なんと都心に新築のマンションをお持ちなんです。今は女性が家を買う時代なんですね~。羨ましくなりましたよ。ちなみに、ご実家もそう遠くないし、いざと言う時は家族が助け合える環境なんですよ。

オシャレなリビングと美しいママ(顔出しの許可を取っていないのが残念)

寝室にはシュナのケージが

シュナ、中に入ってるの分かりますか?

待ち遠しかったんでしょうね^^ 沢山のグッズが揃っていました。

マカロン~♪

シュナ、ママは猫の本を読んでいっぱいお勉強してあなたを迎え入れる準備をすすめたのよ。

あなたは幸せな猫さんだよ。いつまでも、ママに甘えてね。

シュナの近況ですが、風邪もすっかり治ってワクチンを終えたそうです。ママとは喧嘩もするけれど(笑)、いっつもベタベタだとか。シュナのママさんからは、高級マリアージュの紅茶や医療費のご寄附を頂きました。頂いたお金は全額保護猫フックの風邪の治療に充てさせて頂きました。ありがとうございました!

私もお土産でメロンを一つ持って行ったんですが、女性一人で食べきれるのか? 少し心配だったんです。けれど最近頂いたメールで「心配無用でした。メロン、ぺろっと完食」って。安心したし、笑えました。私もメロン1、2個なら一人でぺろっとイケちゃうかも(笑)。

☆☆☆おまけ★★★

7月2日から7日まで我が家にステイしていた卒業生ロビーの写真をちょろっと。

トイレ内で酔っ払いに絡まれて

迷惑そう……。

ロビーは意外と猫が好き。

小さい時は「うさお」の仮名で親しまれていました♪

里親さんが北海道旅行を満喫できるよう703号室でおボッちゃまをお預かりしたんですが、旅行中もロビーの話ばっかだったとか。やっぱそうなるよな^^;

ロビーの里親さんからこんなに頂いちゃいました。リルはおもちゃ狙い。

この他にもケーキやら生キャラメルやら……太りそう(汗)。
ありがとうございました。

かつくん「来週の頭からフックの家族募集を開始します。フック、すっかり良くなったよ。すんごーいところから保護したフックやあじさいやリリー。その話は週明けね。週末も何かしら更新するって張り切ってるハハ。皆さま又会いにきてね~。

Ⅹ128シュナ、おめでとう。ほほやあまたに甘えたようにママにもいっぱい甘えてね。

ハハのそれでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク





オス猫の子育て

皆さまこんにちは。コメント返しが遅くてごめんなさい^^; 近いうちに必ずお返事しますね~♪ お返事も私の楽しみの一つですから!

今日は病院へフックを迎えに行かなければならないのですが、どうしてものばしのばしにしてきた写真をご紹介したくって!

保護子猫ティティのことです。
今年はなぜか黒猫が続いているので、分かりづらいかもしれませんが(笑)、ティティはフックの前にいた子です。6月12日めでたく703号室を巣立ちまし た。ティティの他の兄弟たちはYさんが担当し、それぞれを新しいご家庭に導いたそうです。元はYさんが保護したティティですが、私の方でどうしても里親さ んになって欲しい方がいたので、それをYさんに話してティティを我が家に移してもらったんです。お見合いの時はYさんも同席してくれたんですが、Yさんも 大安心の素敵な方とご縁に至りました。

新しいお家でくつろぐティティと新しいお名前は次回のお楽しみとさせてもらいます!

今日は我が家にいた頃の写真を^^

見上げる顔が可愛い
クリックすると元のサイズで表示します

ほほも私と同感だったのか、思わず抱きしめてしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します

ほほに向かって走り寄る小さな体
クリックすると元のサイズで表示します

力強いまなざし
クリックすると元のサイズで表示します

「だいじょうぶでちか?」    「うん」
クリックすると元のサイズで表示します

心配そうなほほは
クリックすると元のサイズで表示します

巣の中を見張ってわが子を守る親鳥のよう……。
クリックすると元のサイズで表示します

全身にキスを贈ります。
クリックすると元のサイズで表示します

ほほは私に代わって、ティティを育ててくれました。
ティティが素晴らしい旅立ちを迎えられるよう、力を貸してくれました。
私たち家族は、知恵を出し合い、心を合わせ、保護した子たちを見送っています。

ほほだけではなく、あまぱんまんも最高の活躍ぶりです♪
クリックすると元のサイズで表示します

このシーンは私にとっても猫たちにとっても至福の象徴
クリックすると元のサイズで表示します

尻尾にじゃれるいたずらから逃れるあまぱんまん
クリックすると元のサイズで表示します

我が家は男の子だって上手に子育てに励みます。
クリックすると元のサイズで表示します

優しいぬ子はお母さんの誇り。
クリックすると元のサイズで表示します

ありがとう、ほほ、そしてあまたん。
これからも、いたらない私を助けてね。

☆☆☆ありがとう★★★

お礼が遅くなりました^^;

MK様よりデビフ缶と紅茶とお手紙を頂きました♪ べべ、缶の蓋は無味でしょ? ^^;
クリックすると元のサイズで表示します

いつもありがとうございます! デビフはコロの大好物です。

オリーブ様よりこんなにたくさんのグッズを頂きました♪
クリックすると元のサイズで表示します

お手紙とべべが食べている低分子まで!! 嬉しすぎます。ありがとうございました。

ONE!の会場でお会いした皆さまから頂いたものの一部
クリックすると元のサイズで表示します

ありがとうございました。他にも机に収まらないほどのプレゼントを貰っちゃいました♪ 幸せです! 全部は載せきれないのでほんの一部だけでごめんなさい^^;

かつくん「みんなありがとうね! お礼が遅くなってごめんなさいね。ハハは紅茶が好きだけど、もう5年分くらいたまってるらしい。飲みきれるか心配してた。贅沢な悩みってやつ?

ぼくは病気だったから保護猫に近づかなかったけれど保護犬たちとはしょっちゅう遊んでたんだよ。703号室の猫さんたちは心が優しいんだ。ぼくを筆頭にね。

ハハのそれでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク





ONE! 未来への橋

途中で切っちゃってごめんなさい^^;
今日は昨日の続きです。そして明日からは通常通りの内容に戻りますね。明日はようやく保護猫フックの去勢です。今までフックの体調が悪かったので、去勢を見合わせていました。去勢が終わったら、募集をはじめますので、皆さま応援よろしくお願いします。まずその前にティティの卒業記事をお届けすると思いますが……。

■家族を待つ犬たち

諸問題をクリアして、毎日ホールに今回はじめて本物の犬を入れたそうです。

それってすごいことですよね。毎日新聞社の方々に感謝です。なんと、保険もかけてくれていたんですよ! 皆さま、新聞は毎日新聞がおススメです(笑)。

保護犬はめぐろのいぬやしきさんが主に担当してくださいました。

皆さまお馴染みの華ママちゃんやももママちゃんをはじめ、多くのスタッフの方が参加してくれました。家族を待つ犬たちにとってこういう場はいいですよね。主催者側も保護犬の可愛さをアピールする素晴らしい機会になったと思います。参加してくださったスタッフの方々、そして犬たちに大きな拍手を送りたいです♪ パチパチ

ちなみに犬たちに多くの希望が寄せられたそうですよ~♪
ワンダフル!

■スウちゃんとかつくん

森さんと私のトークを心配する2名の会話……。

今回、沢山の手作りグッズの中でも、私の度肝を抜いたのはこれ↓

何と森さんの総手作り。
森さんは作家と芸術家の二足のわらじを履いて生きていくのがいいと思います!
すごすぎませんかね? かつくんの方を頂きましたが、はっきり言って家宝です。みた瞬間、可愛すぎて気絶するかと思いました。いや、泣きました……。この他にもマレナ&マナちゃんの里親さんからナナちゃん人形を作って頂いたりと、感動の連続でした。ナナちゃん人形の紹介はまたの機会にね^^

どして? どして作れるの?

森さん、ありがとうございました! 一生大事にします。

■集合写真

姉ちゃんに数々の写真を撮ってもらったんですが、何枚か載せちゃいます。顔出しされた人で文句がある人は、心の中にしまっておいてください(爆)。だって、数名だけモザイクをかけるのはおかしいでしょ?(笑)。もう出しちゃいますから!

私の横に写っているのはうちのババ(母)。前日に松坂屋で買った服で参上!

誰が誰と言う紹介は怒られそうなのでパス。

ハハ妹は分かりますかね? 必ず私と似ていると言う方と似ていないと言う方に分かれます。

こんな感じで終始楽しかった「ONE!」
これを機に“犬猫の保護活動”はこれから広く深く浸透することと思います♪
スタッフ皆が楽しそうな顔をしていたから、きっと来場者の方々の考えも変わったかな^^

『苦しいことではないのね。苦しいけれど、楽しくて有意義なことなのね』

ってね!

シェシェ。

※追記
あ、そうそう^^;
今日はうちのほほの2歳の誕生日です♪
ほほの写真はまた今度!

ほほ、2年間無事に生きてくれて嬉しいです。
ほほが大好きです♪

かつくん「姉ちゃん写真ありがとう。ぼく可愛いでしょ? タイルだから703号室内で慎重に保管されてるよ。ハハはいたずらっ子たちからぼくを守るために透明の金庫を買うつもりだって。

実際の話、透明の金庫って、あるの?

ハハのそれでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク





ONE!の2分の1

お待たせしました^^

今日は「ONE!ひとつきりの命たち」の内容についてUPします!

発起人は森絵都さん。
森さんの「君と一緒に生きよう」と私の「それでも人を愛する犬」の出版を記念して何かチャリティイベントを、と考えてくださったのです。森さんは講演会などもお断りするようなタイプなので皆さま驚かれたことと思います。犬の力ってすごいな~♪

話が決まったのは私が出版するはるか前だったので(まだ書いてる最中^^;)聞いた時からプレッシャーでしたが(笑)、有意義なイベントに参加させて頂けるのは光栄でした。

メールでの打ち合わせは連日。
全体集会? も何度も行われました。
皆さまお忙しい中、本当に大変だったと思います。ありがとうございました。

ささ。

こっからはブースごとの紹介です。

■パネル展(PMさんにご協力頂きました)

定点回収から始まるパネルを見て泣いておられる方もいました。

写真が訴える力は大きいです。今はもうこの世にいない子の「最後の声」を聞いた気がしました。こういうことが「当り前」ではいけませんね。絶対に。

土手犬パネル

私が文章&写真を送って、講談社の横川さんが仕上げてくれました。3部作になっています。コロンJの写真がやたらと多かったかも(笑)。

■物販・書籍販売

フリーマーケット形式を取りました。

森さんのTシャツをはじめ、沢山の手作りグッズなどが並べられました。物資を提供してくださった皆さまに感謝感謝。物販の売り上げは100%寄附されます。勿論、犬猫の保護活動に尽力している団体などへ。

書籍の売上の一部も寄附されます。
森さんの本、私の本以外にも、渡辺眞子さん、スギヤマカナヨさん、トークゲストのきたやまようこさん、石黒謙吾さんのご著書が並びました。全て「犬猫関連」の書籍です。ご協力頂きました出版社の方々も大変だったと思います! 森さんのご主人も常時会場におりました。とっても素敵なご主人でしたが、森さんから「ほめてはダメ」と釘をさされているので、深い言及は避けたいと思います(笑)。

■似顔絵コーナー&ワークショップ

スギヤマカナヨさんが腱鞘炎になるのではないかと密かに心配しています。沢山の方が並んでいたので驚きました。スギヤマさんは笑顔を絶やすことなく皆さまの「愛犬・愛猫」をひたすら描かれていました(休憩なし)。スタッフにも大好評というか、大絶賛、いや、違うな……、大絶叫されるほど可愛かったです。うちもべべナナかつくんを描いて貰いました。リル、ほほ、あまたんはあまりの行列に断念(涙)。今度自慢します^^

■トーク&サイン会

計3回行われた森さんと私のトーク&サイン会。眞子さん司会。毎回それぞれ違うゲストをお招きしてお話ししました。台本もなしで30分間しゃべることは不可能だと思い、緊張の塊と共に壇上に上がった私ですが、妙な快感に支配され、ペラペラとしゃべり続けちゃいました^^; 眞子さんと森さんのおかげです。

1日目のトーク

2日目のトーク

こんなに大勢の方が!

うちのババ(母)も写ってる……。

703からもゲストを呼びました。武次郎のパパです。里親になることの喜びを語って頂きました。武次郎のパネルを持参したのを見て、大笑い。すごい可愛いんです^^ 今度機会があったら紹介しますね♪ むじパパさん、ありがとう♪ 大盛況でした!

サイン会には沢山の方がお越しくださいました。

ババの店で突如発明した私のサインは「顔つき」なんです。私のサインを見て「可愛い!」と言ってくださった方、ありがとうございます。チュッ

すっかり長くなってしまったので、一旦切りますね~。

「出た!! 途中で切るか?」

とか言わないで^^; エへ。
ちょっと疲れちゃった(笑)。
ちゃんと書きたいので、続きは今日か明日中には!

かつくん「姉ちゃん写真ありがとう。ここまででもかなり充実しちゃってるね。スタッフの皆さまにはひたすら感謝だよ。ありがとうね。ぼくのお話もあるから後半を楽しみにしててね。ハハはこれからスーパーに行くんだって。遅すぎるよ。いくらなんでも。

ハハのそれでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク