赤ちゃんオヤジ

今日は、以前記事で書いたことがある、犬のコロのお散歩へ行って来ました。コロは、老夫婦が 飼っているのですが、世話が出来ず、狭い屋上に短い紐で繋がれ、何年もの間お散歩へ行って貰えない生活を送っていました。2年前位から私やKさんが行くよ うになり、環境が大分改善されたのですが、この前乳腺にしこりが見つかり、広範囲の病巣部を手術させました。結果は悪性、つまり癌ですが、先生方が見事に 取ってくださったので、今は元気にしています。

そして屋上生活とはさよならして、今は玄関の中に入れてもらって、暖かく暮らせるようになりました。でも今日、すごい下痢だったのが気になるので、明日、病院へ連れて行きます。

そのコロの散歩の時だけで3頭の犬が放し飼いになっているのを見つけました。
3頭とも飼い主は別。皆おかしい位無防備で、車道なのに犬を放して普通に歩いています。放し飼いのチワワを見かけて、飼い主に注意して歩いていると、今度 はシーズーを放し飼いにしている人間に会って、又注意。そして又歩き出すと、今度はマルチーズの赤ちゃん(!)を首輪もリードも無く、放し飼いにしてい る男性に遭遇。

勿論注意しますが、相手は決まって「大丈夫。大丈夫。」と。。。

バカか、何が大丈夫だ!犬が可哀相。と思わず言ってしまいました・・・。

江戸時代でもあるまいし、未だに犬を道路で放し飼いにする能のない方が多いことに、ガッカリしちゃいました。皆血統の犬ですから、きっとわざわざペットショップで買ったんだと思うと、誰にでも売ってしまうペットショップに又苛立ちを覚えてしまいます・・・。

買い物を済ませると、さっさと自宅へ帰ります。

何故かと言うと、ほほが高い場所へよじ登って落下するんじゃないかとひやひやするから(笑)。こんなんじゃ普通に出かけるのは、夢のまた夢になるから、ほ ほ用のカートでも買おうかしら。猫をカートに入れて連れて出かけるのは、あまり良いやり方ではないと思いますが、怖くて長時間お留守番させられない。。。 どうしよー(涙)。ゲージに入れても、大騒ぎするし・・・。大騒ぎして万が一、一番恐れている「発作」が起きたら。やっぱり買おうかな?小型犬用のカー ト。悩みますね・・・。

そのほほですが、

十円はげが出来ちゃいました(笑)。


大分前に出来て、今は治りかけなんですが、一時はアンテナよりもはげの方がずっと目立って笑えました。何か毛についてる!と思って触ったら、何とぽこっとそこの毛が全部取れてしまったんです・・・。不思議。。。でも、大した事無いのでご安心を。

「ぼき こどもさんなのに はげまちた。」


後ろに写ってる黒猫の人形は、ほほの彼女(爆)。

「はーい。せにょりーた。ぼき ほほ。」 「はーい。ほほ。あまりあたちに近づかないで!」


セーラにゃん、コテツ、並の計3頭の里親さんになってくださったセーラさんからの贈り物。可愛いですよね^^ ポポちゃんと命名しました♪

そしてそれ以外のおやつやオモチャやかつくんバック(超大好き♪)を贈ってくれたのが、愛するももママちゃん。写真は少し前の物で、そこに写っているおやつは全部、べべナナリリほほの胃袋に収まりました(笑)。ありがとー♪

「くんくん・・・。」

「ももママちゃん、ぼくの名前が入ったバック、ハハ勝負時にはいつも持ってるよ。ありがと。一生大事にします。それからほほのはげ、みっともない ね・・・。まだ子供なのにはげるなんて。。。しかも、0歳児なのに既に歯周病の気があると、病院で言われハハかなりショックを受けてました。乳歯なのに歯周病。そしてはげ。。この先どうなることやら。。今、歯磨きを頑張ってます。今日も良かったら愛のポチをお願いします!」703号室かつくん

スポンサーリンク





生きるって奇跡

皆さま、ご心配をおかけしています。

実は私、ひどい不眠や動悸で、休息をとっています。その間に自分に出来る活動は続けていますが、ここでそれを細かく紹介する力が残っていません。明日は、 新しい病院へ通うつもりです。チチもちょっと不調が続き、家ではあまり会話を交わさなくなりました。それでも、不仲ではないので、ご心配なく。二人とも、 ちょっと疲れて参っているだけです。

べべもナナもリリもほほも、元気です。
今はべべナナリリほほの「元気」だけが、この家の光です。

ほほは、高い場所へどうにかよじ登ってそこから落下して頭を打つので、見張っていなければなりません。それでも、今現在、スクスク育っているように感じます。

今まで、人間が手を差し伸べれば、犬や猫はいつまでも永く健やかに生きれるとばかり思っていました。犬も猫も当然のように15年生きるものだと思って疑いませんでした。

最愛のかつが病魔に侵されてから、その考えが甘いと自分の中でジリジリ考えていましたが、本当に甘い考え方だったと今は実感しています。

今日は、楽しいことをどうにか見繕って更新する予定でした。
精神的にはまだきついけど、自分の弱さが嫌だったし、幸せなんて、すぐ近くに石のように転がっているから、それを見つけ出して延々と書こう、そう思ってい ました。無理して書こうとかそういう事じゃなくて、自分がポジティブになれば、そこから何か大きなエネルギーを得られるのではないかと漠然と考えていまし た。

昨日、ハハ妹と出かけて、同窓会に必要な物を少し買った事とか、最近ほほが大きくなったとユキちゃんみなちゃんに誉められた事とか、べべやナナやリリのチ チをめぐる壮絶なバトルとか・・・。題は何でもいいんです。とにかく、ここが「幸せの703号室」だという事を、自分に理解させる何かを書こうと決めてい ました。それを読んだ皆さまが、ちょっとほっとできるようなこと、そんなこと。。。

けれど、又ここで残念なことを書かなくてはなりません。
それがとても嫌です。

少し前に、かつの写真を飾ろうと、近所に住むおじに頼んで、壁に穴を開けてもらったことを書きました。その際に、おじが溺愛している元虐待された猫のPeaceにも触れました。皆さまの中にも覚えていらっしゃる方が多いと思います。
2年前、Kさん(保護活動仲間)と私が保護した猫。
ハンマーか何かで歯を折られ、血だらけの状態で保護して病院で手術させて、その後里親さんを探したけれど、良縁に恵まれず、おじに頼んで里親さんになってもらった可愛いPeace。その時はまだ生後7ヶ月位のオス猫。

そのPeaceが今朝、

急死しました。

もう何が何だか分からないです。Peaceはまだ2歳半。どうして急死したのか、誰かに聞きたいくらい・・・。いつもは頑固なおじですが、今パニックを 起こしています。何も変わらなかったのに今朝いきなり死んでいたなんて、どう考えても消化できず、オロオロしているだけ。何度も何度も電話してきて 「Peaceが何で死んだのか、俺に教えてくれ。」と言い続けています。

Kさんと私とババ(母親)で、おじに代わってPeaceを保冷しました。
KさんはPeaceの状態があまりにも綺麗なことに驚いていました。
私もびっくりしました。
死んでいるようにはどうしても思えませんでした。
毛並みは最高にきれいだし、少しぽっちゃりしている体で、首には迷子札と鈴がぶら下がり、外へ脱出して毒を食べた形跡もなければ苦しんだ様子も見当たらない。猫のトイレには、まだして間もないであろう形の良いうんちとオシッコが残っていました。

では、Peaceは何で死んだのですか?

生と死の境界線が全く見当たらない。

生きるって何だろう。

死ぬって何だろう。

かつが生きてかつが亡くなり

ジロが生きてジロが亡くなり


幸が生きて幸が亡くなり


チコが生きてチコが亡くなり


ずっとずっとご飯をあげ続けてきた外猫の真っ黒が生きて真っ黒が亡くなり

あんなに健康体だったPeaceが突然亡くなりました。


Peaceの写真は、亡くなった後の物です。

生きるって何だろう。死ぬって何だろう。と思うようになりました。
これはいったい何の試練?
何のための試練でしょうか。

たった一つ、分かることは、自分や愛する者が生きているというのは、間違いなく奇跡だから、その奇跡にすがって、その奇跡を大切に大切に生きるしかないということ位。私は逆境に負けるつもりはありませんが、実際今、勝つ力を得るために、ちょっと頑張る時だと思います。

ここを訪れる皆さまに辛い思いをさせてしまって、本当に情けない限りですが、どうか今は奇跡の時だと信じて過ごしてください。どんなに辛くても、疲れていても、愛する者と生きている今は「奇跡」。そう信じて過ごしてください。

「皆さま、応援ありがとね。ピースは昨夜まで元気いっぱいで走り回ってご飯もパクパク食べていたんだって。どうしたんだろうね。ピースが可愛いか ら、皆とっても辛い気持ちです。これからは毎日更新できるか、ちょっと分からないけど、次は必ず、幸せな話題や面白い話題を載せられるようハハ、頑張るっ て。生きるって奇跡だよ。ぼくもそう思う。」

703号室かつくん

スポンサーリンク





さよならチコ

何と言ったら良いか。。。

何を言えばよいか。。。

ちょっと分からない状況ですが、

チコは今朝亡くなりました。

これ以上ないくらい病院で手厚く診て貰えて、先生と奥さまの顔を直視できない位です。乳飲み子をあんなに懸命にみてくれたなんて。。感謝の気持ちでいっぱいです。

私が死ぬ時にも、先生みてくれないかしら・・・。

200g台のチコの遺体が入っていた箱に、私が持たせた犬のぬいぐるみと、奥さまが買って下さった紫色のトルコ桔梗が飾られていました。とてもシンプルで したが、厳かでした。又、チコの首には、水色の可愛いバンダナが巻かれていて、大事にされてきたのがとっても良く分かりました。

死に顔は、

とっても穏やかでした。

不眠不休で、チコをみて下さって、愛情をかけて下さって、本当にありがたいと思っています。

そして、

応援してくださった皆さまにも感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。

私のカレンダーには、ちこたちを引き取った日からの日々のスケジュールが書いてあります。チコのいのちは、カレンダーのたった一行分でした。それがチコの寿命でした。

今日から数日間は、ベベナナリルそしてほほ孝行しなくてはなりません。
ちょっと精神的に疲れてしまいました。
汚く散らかした家もきれいに片付けないと。
チチにも来週辺り、美味しい物を作ってあげたいな。
かつの仏壇にも、綺麗なお花を飾りたいし。

数日間、こちらの更新はお休みします。
でも、同窓会は予定通り行うつもりです。同窓会のことで何かあったら個別にメールをお出ししますね。

このブログを見てくださっている方の中には、色々なことで悩まれていたり、病気の愛犬愛猫を抱えていたり、大変な方も多いことと思いますが、是非、逆境に負けず、頑張ってくださいね。心から皆さまのご多幸を祈ります。

「数日間、ダラダラするんだって。ぼくの仏壇にも綺麗なトルコ桔梗、それからかつお節を飾ってね。皆さま、応援ありがとね。」

703号室かつくん

スポンサーリンク





お守り

今日は保護活動仲間のKさんに付き合ってもらって、ユキ(以前ブログで紹介したことがある)と言う犬の巻爪の処置をチコが入院している病院で行ってもらいました。

ユキの健康状態をチェックしてもらって、処置を終えて、チコを見舞いました。
チコの状態は、あまり良くないです。昨日は夜中、病院から容態が悪化したとの電話をいつもらうか、もうドキドキして眠れなかったので睡眠薬を飲んで、横に 電話を置いて寝ました。風邪をひいて辛そうなチチは、夜の10時には眠っていました。私は夕飯の片づけを終えて、色々な事を考えて、結局薬が効く夜中の2 時まで起きていました。でも、ここ最近では一番寝れました。

せっかく更新するのだから、写真も載せたいと思っていますし、色んな方にブログでその様子を紹介する約束をしていますが、どうしてもパソコンに向かう時間が少ないため伸び伸びとなっていて、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
それに写真をUPするためには、メモリースティックを整理しなくてはならず、ジロや幸の写真、チコの写真を今はどうしても見れないので、文章だけになってしまいます。本当にごめんなさい。

私のブログで募金を募っては?という声も頂き、本当に嬉しい限りですが、コメントの返信にも書いたように、個人でやっているので収支報告が出来ない現実が あります。皆さまのお金を頂く訳ですから、収支報告の義務は当然なのに、それが不完全では、頂くことは出来ません。いざとなったら売るものを売って、それ に充てますから、ご安心を。

チコの様子は変わりません。それを今細かく書いてしまうと、どうしても辛くなるのでそれもお許し下さい。私は、実は自分が思う以上に弱くて、愚かな人間で、書けない事が多いのです。それでも、今日は心温まった出来事がありましたので、それを書きますね。

病院へ行って酸素室のチコを見舞いました。

先生とも今後のお話をしなくはなりません。乳飲み子を先生と奥様だけで見て下さっているので、先生が倒れてしまう、そう思ってKさんと相談して、チコをもっと医者の数が多い病院へ転院させたほうが先生の為ではないかという結論に至ったので、先生にその旨を相談しました。

「出来たらこのまま自分が見ます。チコちゃんが頑張ってくれて、安定したら返します」

予想しないお言葉に胸が詰まりました。胸が詰まって苦しかった。苦しい位感動しました。チコは1時間おきに授乳が必要で、チアノーゼの状態を脱していませ ん。よく生きているな、という位の状態です。そのチコをみる難しさを、先生が知らないわけはありません。知った上でそう言って下さっているんです。私はも う、ただただ頭を下げるしか出来ませんでした。

大巻先生、奥様、本当にありがとうございます。
もうそれしか言葉が出てきません。
ありがとうございます。

今まで沢山の獣医さんを見てきました。本当に多くの獣医さんに色々な子の診察をお願いしてきました。腕が良い先生にお心があれば最高ですが、全ての面で納 得できる先生に出会う事は難しい。大巻先生は、今まで出会った先生の中で、最も素晴らしい先生のお一人です。お世辞は嫌いなので本心を書いています。

かつがお世話になった人気の高い病院で勤務医として働いていた先生は、その人気の高い病院でも院長先生・副院長先生と並ぶ人気でした。その人気の秘密がはっきりと分かります。だって腕は文句なしの素晴らしさだし、何よりお心が優しいから。

それに、実はチコのことが無くても、近日中に先生のことを紹介させて頂く予定でした。どうしてか?先生はユキちゃん&みなちゃん&私から2頭の犬を貰って 下さった里親さんだからです。病気がいっぱいあるのを承知で、2頭貰って下さって看板犬として大切に飼ってくださっています。その他に捨て猫や患者が見 切った猫を2頭飼っていて、お人柄の良さが病院内にあらわれています。

機会があったら幸せになった犬達と共に、可愛い看板猫の写真も是非載せたいのですが、今はなんせ、カメラに触れないので文章だけで取り急ぎ紹介させていただきます。

MOMO ペットクリニック→http://momopetc.com/index.html

開業したばかりの清潔な病院で、お心ある先生から良い医療を受けられる犬猫と飼い主は本当に幸せだとつくづく思います。駒込にあるので、703号室からも 少し距離がありますが、私は車で通っています。病院に不信を持っている、あるいはお近くの方は、是非行ってください。ユキちゃんのお宅の難病猫ナッツの手 術を成功させたのも、大巻先生です。そのお人柄に惹かれること間違いなしです。

今日はどうしても、先生のことが書きたくて、UPしました。

病院から帰る時、チコのケージに綺麗なものが掛けられているのを見つけました。

「これは?」と先生に聞くと

「チコちゃんが良くなるよう、ぼくのお守りをつけています。」と。

体が震えました。
先生は医学的根拠に基づいて仕事をする方です。
先生の仰ること全てに医学的な根拠が存在します。
それなのにそれがない「お守り」を、チコのゲージにぶら下げていた事に、私は全てを悟った思いでした。

出来る事は全部やっている。
何も惜しまずに先生は全部やってくださっている。
その上で、お守りがぶら下がっている。
祈りたいのは、先生も同じなんだと。

近日中に先生の写真や看板犬・猫たちの写真をUPしたいと考えています。
私の気持ちが少し安定したら・・・。
是非楽しみにしててくださいね。

それから、病院で励ましのお電話や面会などの対応は出来ない状況ですので、皆さまのお気持ちをここでありがたく頂戴したいと考えています。

「今日帰る時この子を助けたいとハハが言ったら、先生の奥さまが泣きながら分かりますと言ってくれたの。その分かります、でハハは逆に奥さまのお人柄が分かったんだって。まあ前から分かっていたんだけどね!今日もぽちっと応援してください。」

703号室かつくん

スポンサーリンク





知って下さい

今、病院から戻りました。

チコは入院させました。もうこの更新も実はとっても辛いです。辛くて辛くて辛くて辛くてどうしたら良いか、分からないのです。だから感情的な文章になることを、どうかお許し下さい。

昨日までは体重があまり増えない、下痢している、お乳の飲み具合が悪いチコでしたが、今日は更にチアノーゼを起こしているかもしれないとのことでした。誤飲などで起こるチアノーゼではなく、これも又原因不明。

酸素室を完備していない703号室にチコを連れて帰って来る事がどうしても出来ず、いつか近いうちに紹介しようと思っていますが、とても信頼置ける先生に チコを預けてきました。先生は泊りがけでチコを診てくれるそうで、私は幾らかかっても良いからお願いします、とお願いしました。

かっこいいことを言いましたが、本当は家計は火の車。
そういうことをブログに書きたくない、そう思ってきましたが、今日は本当の事を書きます。そう、家計はずっと前から、火の車で、どうにかこうにかやりくりしたり、私がたまにババのお店にお手伝いに行って数千円貰って凌いでいました。

703号室かつくん
チチは一生懸命働いています。けれどお金はすぐになくなってしまう。私たちは、自分達に出来る範囲でやっているから、自己責任だから、お金がかかるのは仕 方ない、そう思っています。無ければ一生懸命働くだけ。私の収入なんて、お米を買ったり、ジュースを買ったりその程度で消えます。だからメインで働くチチ には頭が下がりっぱなし。夫婦でも、とても尊敬しています。本当に大黒柱だから。

でも幾らかけても、助けられない子も居ます。

最愛のかつ、ジロ、幸、が亡くなりました。面倒を見てきた土手の犬達、地域の猫達も病気や事故で亡くなっていきます。ジロと幸が亡くなったばかりなのに昨日は、ずっと餌をあげつづけて来たとっても可愛い存在の野良猫「真っ黒」君も死にました。

死ぬ間際から、少し元気がなくて皮膚が悪いと思って、病院でもらった薬を餌に混ぜ与えてきましたが、昼過ぎにババ(母)から電話が来て、真っ黒が近くで死んでいると教えてくれました。もういやです。もういや。もうたくさん。

生きて欲しいのに、皆死ぬ。
センターで見たあの子達も、皆死ぬ。

チコは、せめてチコだけは、チコだけでも生きて欲しい、そう思って頑張りました。チコを失いたくない、チコに生きて欲しい、チコが私の希望だから。

でも今、そのチコも、失ってしまうかもしれません。

どうして、

どうしてですか。

どうしてへその緒をつけたチコを、その他沢山の乳飲み子達を捨てちゃうの?

どうしてお母さんのおっぱいを飲ませてやらないの?

どうして犬をゴミだと決め付けるの?

どうして。

せめて、せめて、せめてもう少しもう少しおっぱいを飲ませてくれていたら、チコはもっと安定したのに。あと1ヶ月、いや1週間、せめてあと3日、チコにお母さんのおっぱいを飲ませてくれたら、チコはもっと安定したのに。

避妊しろ!!

避妊しろ!!

文明社会で生きるなら、

良識や愛情があるのなら、避妊しろ!!

チコを捨てた人、私の前に出て来て下さい。

出て来て。

出て来てその汚い顔に唾を吐かせて!!!

病院から戻って、私はベベナナリルを見て、ほほを見て、生きるって、生きるって奇跡なんだとつくづく思いました。涙が止まりません。

生きるって奇跡。

自分以外のものが生きているって、とても素晴らしい奇跡なんです。

奇跡は大切にしなくては。

いのちは大切にしなくては。

「知って下さい。知って下さい。生きるって、とても尊いんですよ。とっても。」

スポンサーリンク