若い芽は美しい

昨日はフォスターアカデミーベーシックプログラム(犬)座学の講義でした。

acamemy (7)

 

 

※少人数制なので現在キャンセル待ちになっています。気になる方は事務局へ!

akademi

 

 

参加者のみなさんは午前中からみっちりと学んでいます。ちなみに午前の講師は昔私の講義を聞いてくれた「じゅりちゃん」。早めに着いたからじゅりちゃんにちょっと会えました!

acamemy (1)

 

 

会場にはかなちゃんの姿も♡ かわいいでしょ? 保護譲渡活動をはじめるそうです。

acamemy (6)

 

 

近日中に私とコラボで保護猫の赤い糸を探す予定。応援お願いしますね。

 

 

若い芽がイキイキと輝くのは美しい。どうしたら折れずにまっすぐ伸ばせるか考えながら接しています。今のところ特に心掛けているのは自分の主観を押しつけない、同じ目線で向き合うところでしょうか? それと自分への視線を意識しています。自分がどう見られているのか? どう映っているのか?

 

 

あとは投げられた質問や疑問に適切にすばやく答えること。これもたいせつですね。

 

 

2時間半ほぼぶっ通しの講義。みなさんは真剣そのもの。私も力を込めて話をさせてもらいました。情報を伝えシェアする、非常に重要だと思います。

acamemy (2)

 

 

さすがのみなさんでも集中力が切れそうになってきた頃合いに、次は私からみなさんに質問を2つ。臨機応変ができるのも少人数ならではですよね。

 

①なぜフォスターアカデミーを受講しようと思ったのか?

②犬猫の殺処分をなくすためにどうすればいいのか?(回答をひとつだけ)

 

ひとりの持ち時間は1~2分。みなさんほんとうによく勉強しています。ハワイのシェルターの話、動物医療の裏話、法律の話など、逆に私が学ばせていただくことも多かったです。またフォスターアカデミーを受けたきっかけはほとんどの方が「滝川クリステルさんのインスタグラムを見て」とのこと。代表理事の滝川クリステルさんに直接誘われた方も数名います。

 

スタイリッシュで理知的な滝川さんの影響力は大きいですね。

 

どうしたら殺処分をなくせるのかについては、みなさんの意見を伺いながら私なりの総論を述べました。会話のキャッチボール、そして落しどころを意識しています。

 

かなちゃんお疲れさま。堂々としていましたね。

acamemy (8)

 

 

今回の参加者からもわかるように、法律の専門家、1200以上のスタッフを抱える企業のCEO、動物医療の関係者など「働く人の層」にも確実に浸透している犬猫の問題。社会がこれからさらにいい方向へ向かっていくのは明白です。

 

 

写真では伝えきれませんが、超美女ばかりで驚きました♡

akademi (2)

 

 

以後みなさんは各方面から犬猫問題にアプローチしてくれることでしょう。

 

 

ご拝聴くださり感謝です。

akademy

 

 

みなさん授業料をきちんと支払っているので講義に対する満足度が心配だったのですが、事務局から届いたアンケートの一部を見て胸を撫でおろしている次第です。(メール抜粋↓)

 

・団体へ行く前に田辺先生のお話を聞けて良かった

・私も保護活動をライフワークとして取り組みたいと思いました

・自分一人では何もできないと思い込んでいたので、勇気付けられました

・ネグレクトの飼い主さんに対する接し方、目から鱗でした!

・田辺先生のようにハッピーオーラを出しながら、保護活動に関わりたいです!

このようなご意見ばかりでした。

・数値規制の話、もっと詳しく勉強したいと思いました。参考になる本やサイトなどありますか?

という質問もあったのですが、まとまっている情報って無いですよね?

 

 

ダイエット中ですが素敵なディナーをごほうびに……

acamemy (3)

 

 

ふふ。痩せられないね^^;

acamemy (4)

 

 

おいしかった♪

acamemy (5)

 

 

帰宅後またチョコレート10個食べてしまうという(汗)。

 

 

まあ脳を使ったのでヨシとします。

 

 

次回はまあるネタを!

 

 

皆さま一週間どうぞよろしくお願いしますね。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





個人と団体

※blogを連続更新中! 遡ってお読みください。

 

 

これから書くことは私の経験に基づく私見であり、自分が人前で話すときに使う資料のベースです。変な言い方で申し訳ないのですが、これは自分の財産なので文章をパクってほしくありません。ネチケットをきちんと守ってぜひ読んでいただければと思います。(●どっかで見かけた場合は教えてくださいね)なお、引用としてお書きいただく分には仰っていただければ大丈夫です。

 

 

ブログネタなのにえらそうにすみません^^;

 

 

例えるなら、写真家が自分の写真をたいせつにする気持ちに似ています。

 

 

私はこれを稀にやる講義で使っているので、お察しいただければ幸いです。

 

 

明日はフォスターアカデミーベーシックプログラム(犬)の座学です。ひさびさなのでさっき関連資料にサッと目を通しました。そこで見つけた2013年12月28日の文章を貼りつけておきます。保護譲渡活動を志す方に向けています。

IMG_0007

 

 

(ここから)

★私が個人を選んだ理由は、ひとえに束縛を受けない「自由さ」と人間関係で無駄な消耗をせずに済むシンプルさ、そしていちばんは譲渡先を自分の感性のみで決められるところに尽きます。個人は団体より展開できる幅が小ぶりですが、保護から譲渡までの一連をいい意味でワンマンにこなせるのは私にとって魅力的でした。保護動物に対する感性はおのおのですので、活動をはじめたばかりのころは助けてくださった方との対人関係に悩むこともありました。しかしベクトルを決めたあとはだいぶラクになり、今は同じ活動をする方々といい距離感を保っています。

孤独を感じそうになると、ときおり「個人」同士が助け合い、悩みを聞き合うなどいい形で循環しています。また「譲渡責任者」として責任をすべて負うのは重責ですが、専門家(獣医師・弁護士)の意見を仰ぎ、つど、つど、さまざまな問題に対処、克服しています。個人を選択するのか、団体に所属するのかはそれぞれの性格、ライフスタイル、経験値に照らし合わせ吟味していけばいいと思います。途中で方向転換などもできるので「形」に固執せず、まずははじめてみてはいかがでしょうか?

 

 

★首都圏の保護犬のフォスターは団体に所属しないとむずかしいですが、猫の場合は捨て猫や野良猫を個人が直接保護してしまう場合も多いので、個人、団体、多岐に渡っての活動が実在します。

 

 

★個人的には猫の「ミルクボランティア」の増加こそが今後の殺処分減少のキーマンになるのではないかと見ています。動物愛護センターでの犬猫の殺処分数は年々減少の傾向にありますが、依然として離乳前の手のかかる時期の幼猫の殺処分が多いので、ミルクボランティアが増えることを期待しています。私も幼子の譲渡に関わるときは「ミルクボランティア」の方の力を借り、リレー方式にて保護譲渡をすることがあります。

 

 

★どのような団体に所属するかは、団体主催の譲渡会へ出向く、あるいは団体のHPから情報を入手しましょう。オススメなのは規模より「回転率」の高さのある団体(譲渡の質もチェック!)と募った分の支援金に対し、収支報告の徹底されている透明性のある団体です。

なぜなら回転率は活動の実態や能力を示し、収支報告の徹底は団体の誠意を示すからです。

団体から抜けるときは、大概「収支が不透明で信頼できなくなった」の意見が聞かれるため、事前に調べておくのもいいかもしれません。

 

 

団体メリット

●各々のスキルや得意分野を活かし、パートわけができる

運転の得意な方は運搬ボランティア、在宅時間の長い方はミルクボランティア。Web、カメラ、譲渡会場の設営の手伝い・・・・・・など

●すべての責任を請け負わず後ろ盾を得ることができる。力を合わせながら活動できる

●相談する相手がいる

●資金集めがしやすくなる

●活動にかかる資金(保護動物の医療費、備品、交通費、制作費)を団体が負担してくれる場合がある

●一定のネームバリューがあり、譲渡の際、新オーナーからの信用を得やすい

●TNR活動などの際に近隣住民の理解を得やすい。助成金なども申請しやすい

●期限を区切っての活動ができる。(例:3か月までならフォスターとして保護猫を預かる)

●同じ方向を向いている方と知り合い、楽しく活動できる

 

 

団体デメリット

●人間関係の摩擦に消耗する可能性がある

●予定をすりあわせて動くなど、ペース、足並みを揃える苦労

●意見の相違、方向性のちがいに悩むことがある

 

 

個人メリット

●保護や譲渡に関わるすべてを個人の一存で決められる(◎)

●関わる人数が少ないゆえ、シンプルな活動を展開できる

●自分のプランニング、スケジュールで活動できる(保護する頭数や期間など)

●規模を拡大するのも縮小するのも自由

 

 

個人デメリット

●資金は原則個人のポケットマネー(新オーナーが医療費を負担してくれる場合がある)

●保護、譲渡に関わるすべての責任を負う

●相談相手が少なく、孤独を感じるときがある

●ネームバリューや後ろ盾がないため、活動に於ける理解および信頼を得るのに苦労する

●トラブルに巻き込まれたときに対策を考えてくれる同志がいない

●時間的、環境的、経済的キャパシティが団体より少ない

 

(ここまで)

 

 

長々とお読みいただきありがとうございました。

 

 

感想大歓迎ですので、コメント欄かtwitterにお寄せくださればハッピーです!

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





He is my good friends

フォスターアカデミーベーシックプログラム(犬コース)に参加する皆さまよろしくお願いします。と言いつつ準備していないけれど当日に間に合うようがんばります!

aa11

 

 

あつこさん~! 箱いっぱいのマンゴーとぶどうありがとうございました。すごい量で驚きました。おいしくて毎晩いただくのを楽しみに生きています。

aa11 (10)

 

 

 

そんなあつこさんから預かった保護猫まあるのほっこり写真が撮れましたので自慢します。

aa11 (13)

 

 

 

このシーンを見たとき、私は身体の底から愛おしさが止まりませんでした。

aa11 (11)

 

 

 

天使ですよ。仲よしのこのふたりは心が澄みきっています。

aa11 (12)

 

 

 

「生き直す」

 

 

私のブログにはよく出てくる一語ですが、うちに来るスターたちは過去をサッと脱ぎ捨てて明日へ向かって歩いているんです。見習わないといけないですよね。

 

 

まあるは素直でやさしい猫です。

aa11 (1)

 

 

 

ハットリも障がいを感じさせないタフガイですよ。

aa11 (14)

 

 

 

ハットリを病院へ運んだのは、彼に長年ごはんをあげていた人たちじゃありませんでした。彼の存在を知って間もない方だったそうです。

 

 

不遇や不幸は見慣れてしまうものでしょうか?

 

 

常に手が血だらけでだれが見てもおかしな形で骨がくっついていたのに、どうして毎日見ていた人は1年以上も病院へ連れて行こうと思わなかったんだろう?

 

 

逆に手の件を黙殺しておきながらごはんだけは欠かさずに与える精神がすごいと思いました。ちぐはぐな印象を受けます。どんな事情があったのかな?

 

 

駐車場の片隅で激痛に耐えながらの外暮らしは筆舌に尽くしがたい苦しさだったでしょう。それでもまっすぐに育ってくれてあなたはすばらしい!

aa11 (2)

 

 

 

ハットリを終の棲家に案内できる私は得役ですね。こんないい子といっときでも家族でいられることに深く感謝しています。(あ、今目が合った♡)

 

 

たいせつに保護しますので未来のご家族は安心してくださいね。

 

 

もうひとりの保護猫おこりぼ娘のすずらんも元気です。

 

 

先日いるはずの場所に居なくて家じゅうを捜しまわった私^^; すずちゃんあんたねえ……

aa11 (9)

 

 

 

「なによ? 叩くよ?」

aa11 (7)

 

 

 

「しつこく見ないでっ!!」

aa11 (8)

 

 

 

最後に妹家のまめと福の写真でもひさびさに載せますかね?

 

 

月に一度機嫌がいいとネイルをしてくれる妹。この日は8分目まで赤を塗って金箔をあしらってくれました。赤はいちばん好きな色なのでテンションがあがります。

aa11 (4)

 

 

 

ふふ。できた♪ 赤に金は台湾では結婚式などにも使われる縁起のいい色です。

aa11 (6)

 

 

 

何歳になっても指先がキラキラだとうれしい。明るくなれる気がします。

 

 

おばあちゃんになった福を抱っこ

aa11 (5)

 

 

福ちゃんはね、賢いですよ。

 

 

まだ生後半年くらいのときに自ら私のもとにやってきて「保護して~」って泣きついてきた猫なんです。あまりにもしつこいから根負けして保護したという(笑)。

 

 

犬のまめも私が15年前に草加警察から保護したのです。もう超老犬です。

aa11 (3)

 

 

 

まめと福はいちばん身近な卒業生。妹家でのんびり暮らしています。

 

 

穏やかに生きれれる犬猫が一頭でも多く増えるといいですね。

 

 

そのためのなにかを常に模索していきたいです。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





参加締め切りまで数日です!

皆さまこんばんは。

 

 

今日は豆さんとごはんを食べて満腹の1日でした。豆さんちの猫たちのことは近日中にご紹介します。昔からお世話になっているたいせつな方です。

 

 

さて、703号室交流会の参加者41名の発表です。幹事のあっティーさんが表に打ち込んでくれました。おおよその人数が決まったら「箱」を押さえたいので、参加したいなあという方は遠慮せずにお申し込みください。みんなカモーン!

IMG_2243

 

 

お手数ですが、こちらに参加表明をお願いします。

 

→ happy703family☆gmail.com (☆を@に変えてください)

 

敷居の低ーい食事会です。怖がらないでくださいね(笑)。

 

申し訳ありませんが、準備があるのであと1週間以内に締め切らせていただきます。

 

 

「おれは行かないけど みんな来てな♡」

77a (1)

 

 

はい^^; さぶたちはお留守番ですけどね。

 

でも親バカお母ちゃんは里親あじさいママさん作のうちのお子たちの缶バッジやシールを配布しようと思っています。参加者の皆さま、もらってくださいね~!

 

 

それから、私が講師をつとめている「フォスターアカデミーベーシックプログラム/犬座学」の今年度分の参加を締め切らせてもらいました。おかげさまで定員をオーバーしてキャンセル待ちが発生しているそうです。ありがたいですね。回数をこなしていますが、毎回緊張との闘いです。

 

 

皆さまどうぞお手柔らかにお願いしますね。

 

 

11月の回にはemi-goの病院スタッフかなちゃんも来るんだそうです。

77a (2)

 

 

かなちゃんの前で「自」がもろ出ている私は、なんだか落ち着きません。

77a (6)

 

 

スイッチを切り替えられるか不安です。

77a (5)

 

 

若くて美しいかなちゃん。犬猫の保護譲渡活動に関心があるんだそうです。

77a (3)

 

 

今度は私の個人レッスンも受けたいとのこと。よーし! じゃコラボしていいご縁を見つけよう。保護譲渡活動はニコニコ楽しむのがいちばんです♪

77a (4)

 

 

 

明日はみいさんがこやつの写真を撮りに来てくれます。

77a (11)

 

 

おい、まある。ウロチョロせずモデルさんがんばるんだよ?

77a (9)

 

 

わかった?

77a (8)

 

 

かわいいけれどさらにかわいく撮ってもらおうね。

77a (10)

 

 

「ぼくも?」

77a (7)

 

 

もちろんハットリくんもモデルさんになります。

 

 

では皆さま、この辺で失礼します。

 

 

おやすみなさい。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





703塾

皆さまこんばんは♪

 

 

近ごろは一気に忙しくなり、本の執筆はほとんど手つかずで焦っています。ブログネタが溜まりまくっているため、1日に2回更新したいのですがパソコンに向かう時間が取れず叶いません。

 

 

はあ。今度余裕のあるときに一気にいきますね。

 

 

さて、10月からはじまるフォスターアカデミーベーシックプログラムの座学(犬)の講習をまた私が担当させていただくことになりました。

 

 

先日表参道のスタバにて打ち合わせ

0hhhh (2)

 

 

 

ふふ。事務局の松原さん、オシャレですね。

0hhhh (1)

 

 

 

私は「脱走防止の重要性」にウエイトを置いた2時間にしようと考えています。細かい部分はこれから考えていかないと。興味のある方はぜひご参加ください。

0hhhh (3)

 

 

 

それから、まなちゃんと共同で家族募集中のヒヒ♡

0hhhh (5)

 

 

 

みいさんの写真のおかげでいくつかお問い合わせをいただいています。

0hhhh (9)

 

 

 

ヒヒを保護したまなちゃんと相談して決めていきますね。

0hhhh (8)

 

 

 

なにか進展がありましたら皆さまにすぐお伝えします。

0hhhh (7)

 

 

 

あたたかいまなざしで応援してくださりありがとうございます。

0hhhh (6)

 

 

 

外にいる多くの猫たちがヒヒみたいにチャンスを得られますように。

0hhhh (4)

 

 

 

僭越ではありますが、私は保護譲渡活動のできる人を育てていきたいです。私は譲渡が得意だと自負しています。ほかの分野ではダメ人間ですが、ここは自信があるので教えられることもあると思っています。これまでたくさんの方々が私からノウハウを学んでくださり、それをご自身の周りに還元しています。

 

 

有意義ですね。まなちゃんも真剣に取り組んでいるひとり!

 

 

だから私も張りきっていろいろお伝えしているのです。

 

 

心がよほど図太くない限り、人に犬猫を押しつけるのはみんな不本意でしょう。

 

 

しかし自分が譲渡する自信はない。

 

 

そんな葛藤を抱えるくらいならスキルを磨けばいいのです。おこがましいながら703号室は塾のように「良縁」を広げる活動もしています。

 

 

本日もまなちゃんが会社の帰りにemi-goの病院へ来ました。

IMG_3685

 

 

 

フットワークの軽いまなちゃんですがご近所さんじゃありません。なんと茨城県からemi-goの病院へ通っているのです。きっといてもたってもいられないんですね。

 

 

私も初心の頃を思い出します。いろんなことをすごく焦ってしまうんですよ。

 

 

でも、ちゃんと感じている証拠だから素敵です。

 

 

ヒヒの良縁を願う一同で記念写真♡ うちの妹の横にいる「白米子(はくまいこ)」ちゃんの顔っ! かわいいなあ♪ ヒヒは今宵も超絶のお利口でした。

IMG_3682

 

 

 

病院によくしていただいて感謝です。

 

 

では皆さま、明日も必ず更新しますのでどうぞよろしくお願いします。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク