私が思うこと


愛犬愛猫が寿命を全うすると、その後襲ってくるのがペットロス。ちゃんと愛した分だけ、重くの しかかって来て、まるで鉛のようにあなたを押しつぶすかもしれません。最近は、それが原因でうつ病になることもあるそうで、そんな時あなたは、もう外へ出 たくない、思い出したくない、犬猫を見たくない、ましてはもう一度飼うだなんて考えられない。だって前の犬猫の存在は、あまりに大きくて、それを失ったあ なたは、計り知れない悲しみの中に取り残されたのだから……。

「こんな思いをするなら、もう2度と犬猫を飼うものか」
そう思うのは、当たり前。
深い悲しみの中のあなたは、必死に前を向いて生きているのですから。

でも、そんな方にこそ、私は犬猫を飼っていただきたいです。

犬や猫を真剣に愛し、看取った方にこそ、彼らともう一度暮らしてみませんか?とお勧めしたいのです。勿論、人の心に土足で入り込んで、無理強いするような事はしません。それぞれの考え方があって当然だと思います。

けれど、もし、一度犬猫を飼って、その生涯を立派に全うさせた方々が二度と飼わないと決めてしまったら、行くあてのない犬猫達が溢れてしまいます。最期は 悲しいことばかりだったと思います。でも、最期に至るまでの長い間、沢山の数え切れない思い出を愛犬愛猫が与えてくれたのは疑いようのない事実です。
犬や猫は、あなたを辛い目にばかり遭わせていましたか?
彼らと暮らした年月に、輝きはありませんでしたか?
その輝きが、例え涙で曇ってしまったとしても、彼らと暮らした日々は、嘘には出来ない。なかった事にも出来ない。

彼らが素敵な犬猫だったとしたら、それは飼い主のあなたが、素敵な方だからです。
彼らが幸せだったとしたら、それはあなたが与えていたから。
彼らのように、あなたを必要としているいのちは、沢山居ます。

それらのいのちも、幸せにしてみませんか?

私の里親さんの多くは、愛する犬猫を看取った方々です。
昨日紹介した、麦&まりんのママのあきさんも……。

あきさんは愛するフリエちゃんを失ってしまいました。
しばらくはブログもお休みし、その悲しみは計り知れないものでした。
まりんを届けた時お邪魔しましたが、綺麗に片付いたお部屋にはフリエちゃんの血痕が沢山ありました。

それはフリエちゃんが生きた証。
あきさんとご主人が、懸命に愛し、看取った証。
失礼かもしれませんが、それを見て、私は心が熱くなりました。
フリエちゃんが痛い思いをして血を流したことを喜んだわけではありません。
フリエちゃんは確かにここに居て、そして一生懸命いのちを全うしたんだと。
こんなにも、愛されながら……。

それは当たり前のことですが、それは同時に奇跡なのかもしれませんね。

犬猫を飼うと、旅行へ出かけるのが難しくなるでしょう。
寒い日や台風の日に散歩へ出かける苦労も絶えないでしょう。
家中が毛だらけで、掃除は面倒だし、給料前に病気されるとちょっと辛い。
けれど、彼らはそれ以上のものをあなたに与えてくれる。
他人には分からない大きなものを。

犬や猫を飼ったことがある方にも、ない方にも私は彼らと一緒に暮らすことをお勧めします。勿論、責任感があって愛情深い方のみの限定になりますが(笑)。

里親募集中のさくらちゃんと優人(お雛様状態にしてみました♪)


かつくんもさくらの撮影に大活躍(ナナはエキストラ?)


お礼にアップを撮ってあげました♪


べべはちょん切れてますね。


同じような色のさくらと生(セイ)


違う部屋にちょこんと伏せてる命(メイ)発見!


こちらは胃炎がよくなって里親募集を開始したレイン


ほらほらちゃんと前を向きなさい。


食べる→寝る→食べるを繰り返しています(笑)。


「ぼくも写りたい!」とおねだりするので優人も。


明日は、新しい犬の里親募集も開始する予定(詳しくは明日以降!)
まめ以来3年ぶりの柴犬です。

恵まれない犬猫を703からもらってくださるのもいいし、他の団体や個人、あるいはセンターなどから譲渡されるのもいいでしょう。703の審査は厳しいで すが(笑)、旅行の時は、無期限に預かる特典つきです♪ ここから巣立つ子には、私とチチの愛情をいっぱい背負わせていますから、少し重い感じがするかも しれませんが……。

雑誌WanDay(1月29日発売)の里親特集で、703号室が紹介されることになりました。
半端に歳をとった顔がバッチリ写ってるし、本名も出ちゃってるし(笑)ここで紹介するのが恥ずかしいのですが、とってもいい特集で、他の団体の方々も多数 出る予定です。犬を飼いたい方は是非、ご覧ください。各団体のこだわりや、譲渡までの手続きが分かると思います。卒業生、そら(ACO)やとわも私と一緒 に写ってます^^
それから、卒業生アニー&里親さん加藤さんのページもあります!
加藤さんは、愛する犬を癌で失って、アニーと出会いました。そのことも書いてありますので、よろしかったらご覧ください!

スポンサーリンク





コメントを残す




*