ケンとの50日


振り返ると、この50日の間、ケンはよくがんばったなあ、としみじみ思うのです。

IMG_2986

 

 

私はケンをお迎えするにあたって、「自分の覚悟」にばかり焦点を当てていたのですが、ケンの目線で改めて考えてみると、15歳9か月になって、はじめての環境&はじめての人間たちとの生活は、戸惑いのオンパレードだったはずですよね。不安や恐怖もおぼえたにちがいありません。

63 (5)

 

 

視力、聴力の低下、腰の痛みや違和感などの影響で、ケンを急に触ろうとするとガブっとやられます。ケンは本能的に自分の身を守ろうとするのです。ぬいぐるみのごとくかわいいビジュアルですが、怒っているときのケンは意外と勇ましく、まだまだ現役といった雰囲気ですよ。

63 (4)

 

 

例えば、前触れなしにおむつを替えられるのがイヤみたいなのです。

 

 

そのため、必ず、「ケン、さわるよ?」と、一声かけてからタッチしています。

 

 

まあそれでも、近頃はだいぶ穏やかになりました。

63 (10)

 

 

ケンの小さな身体から「安心」のオーラが出ていることが増えた気がします。

63 (8)

 

 

もう、たまらなくかわいいっすよ。

63 (9)

 

 

おむつしながらのお散歩が多いのですが、片足上げておしっこをします。

63 (14)

 

 

中身は勝気の男の子だなあ^^;

63 (1)

 

 

ごはんはこんな形であげています。

63 (2)

 

 

昔、天国のゴンタに用意した懐かしい介護用食器。2つとも重宝しています。

63 (3)

 

 

ケンはお散歩を終えると、自分の足で703号室に戻るようになりました。

 

 

「おうち」がはっきりとわかっています。

 

 

お散歩中も、私のそばを離れません。

 

 

そして、出かけようとすると、玄関まで見送りに来てくれるのです。

 

 

後追いしてくれることもあったり♡

63 (6)

 

 

私という個体をはっきりと認識してくれています(笑)。

 

 

片思いでも満足だけど、ほんのりと両思いかも? と想像すると余計にうれしいですね。

 

 

 

あと1か月ちょっとでケンは16歳になります。

 

 

全然若くはないから、つい、残された時間を意識せずにはいられません。

 

 

けれど、だからこそ、珠のごとく、大事にしていこうと心に決めています。

63 (7)

 

 

信くん、みーちゃんにも強く願ったのと同じで、ケンとも1日も長く共に暮らしたいです。ケンにとっては新米の親ですが、いろんなことをいっしょに乗り越えていきたいです。

IMG_2987

 

 

ひとり目のお母さんが、生前に送ってくれた若いケンの写真

63 (12)

 

 

宝物として保存しています。

63 (13)

 

 

ふふ。左側の舌をちょろんと出しているほうですよ。

63 (11)

 

 

命を引き継ぐのは重責ですが、はつらつとしたケンの姿が私の気力に繋がっているのも事実です。

 

 

困るのは、日に日に「好き度」が上がってしまっていること。ほとんど自制がきかないレベルです。

 

 

でも、これだけ好きな対象が、うちにいるのは幸せなことですよね。

 

 

あたたかくなったらドッグランに連れていきます。

 

 

ケンと遊ぶのが楽しみです。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





コメントを残す