幸せは、生き物のように


皆さまこんばんは。最近「弱音」についてふと考えました。

 

 

たいへんなできごとが起きても弱音を吐かない人と、すぐに弱音を吐く人。

 

 

私はどちらともつかない中間かなと自己分析しています。

 

 

ときどき弱音や愚痴を書き殴ることもあるし、ここは甘えていいんじゃないかな? 関係者やみんなに話してスッキリしてもいいんじゃないかな? と思うようなことをだれにもいわずに黙っていたり。ケースバイケースなのか、気分次第なのか。自分でもよくわかりません。

 

 

まあ傾向として、本当に苦しいときは(そのテーマについて)無言になることが多い気がします。

 

 

弱音を吐いたら自分はスッキリするけれど、聞かされる身の立場になると、常に言ってもいられない。でも、悩みや問題がないわけじゃないので、空元気とやせ我慢で乗り越えるしかありません。

 

 

きっと皆さまも同じような経験ありますよね?

 

 

では、弱音を吐かないで前へ進める方は「弱音」を一体どんな方法でデリートしているのでしょう?

 

 

もしかすると消去ではなく、胸のどこかに溜めているのかもしれませんね。

 

 

弱音を吐かない人は、弱音がないのではなく、ただ「吐かない」だけですよね。

 

 

溜めておける貯蔵庫があるのかな? それが心の広さ、というものかもしれませんね。

 

 

さて、本日はちょっと前に撮った写真をUPさせてください。

 

 

リルを連れて私の職場(シッティング先)付近に行ったのです。

rirururu (2)

 

 

私がお世話をさせてもらっているジロちゃんとごあいさつ

rirururu (4)

 

 

※飼い主さんにはすべて細かくご報告しています♡

 

 

「こんにちは♪」

rirururu (5)

 

 

ジロちゃんのお宅へは月の半分伺っています。私にとって、とてもありがたくて大事なお仕事です。

 

 

ジロちゃんは文句なしにかわいいし、リルとの時間ももっとほしい。

 

 

欲張りのお母さんが思いついた、公私混同? いえいえ、みんな仲よし! の小さなイベントです。

rirururu (8)

 

 

草の上で眠るのが大好きなリルは穏やかな表情で(本気で)スヤスヤ……

rirururu (1)

 

 

家族になって長いけれど、今も毎日リルの幸せを願いながら共に暮らしています。

rirururu (6)

 

 

「幸せ」って生き物みたいに、一か所に留まらずに、波及し、あちこち行ったり来たりしますよね。リルが幸せだとリルの幸せが私に飛んできます。私も幸せになります。私が幸せだと、私から幸せを受け取るお子がいます。そうやってみんなで幸せをうつし合って生きていきたいです。

 

 

神さま、私にもう少しリルと過ごす時間をください。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





コメントを残す