保護部屋の住民


※ブログを連続更新中

 

 

先ほど宅配ボックスを覗いたらなんと追加で赤のエアバギーコットとオシャレな猫のおもちゃが届いていました。ビックリ。すごいうれしい。ありがとう。

yyye (8)

 

 

布を使ったキャリーバッグは心配で、これまでハードをすすめてきましたが、エアバギーコットの実物の丈夫さを見て考え方が変わりました。女の子の保護猫は赤、男の子の保護猫はカモフラージュ柄で通院と新居へのお届けをしよう♪ 微々たる保護譲渡活動が楽しくなるグッズですね。

 

 

さて、本日は我が家の保護部屋を引きのアングルでご紹介します。

yyye

 

 

築約15年。ペット可マンション。頭数制限ナシ。これが私の自慢です。だから昔、大型犬や中型犬の保護犬たちが数頭いたときも普通に暮らしていました。でもまあ、頭数制限はないけれど人の目はあるので、なるべくほかの住民の方に迷惑をかけないよう心を配っています。

 

 

猫たちがメインで過ごす保護部屋の広さは6畳弱程度。朝陽がよく入る腰高窓が一か所。ちょっと狭いのと、昼を過ぎるとじゃっかん暗くなるのが不満です。

 

 

ケージは先日1台断捨離し、現在3段ケージ3台、コンパクトケージ2台、ソフトケージ3台、大型犬用の予備のケージ1台、予備の3段ケージが1台あります。

 

 

シェルターと比べると少ないけれど、個人のコンパクトなエンジンで回転率を出す、をモットーに活動する私には十分な数。保護部屋は6畳弱ですが、玄関のホール(密室)5畳を入れるとおよそ11畳。もちろん、上を見たらキリがないけれど、最低限はクリアかな?

 

 

木のぬくもりが漂うキャットタワーで上下運動や爪とぎも可能

yyye (4)

 

 

近ごろ邪魔なデスクが増えてしまいましたが、猫を膝に乗せて仕事をするチチのおかげで保護猫たちが退屈せずにいられます。チチが在宅ワークのため、お留守番時間は短いです。

yyye (1)

 

 

室温は基本的には25度を保つようにしています。

 

 

みんなが嫌う掃除機は、週3~5回。トイレ掃除は1日3~4回。トイレの数はひとり1個+1。お水とごはんの食器もそれぞれ一つずつ。ごはんは基本的に1日2回。ロイヤルカナンインドアキャットがメイン。おやつは1日1~2回。ちゅーるやかつおバーなど。頻繁に使う消毒液はバイオウィルクリア。床や気になるところに惜しみなくシュッシュと吹き掛け、布巾で拭いています。

yyye (3)

 

 

ベッドや毛布を洗うのは汚されたときや自分が気になったとき、でしょうか?

 

 

今、保護部屋の住民はココ玉とミミ玉。ホールにはたわしとすずらんがいます。

yyye (7)

 

 

各々にケージはあるものの、このメンバーはもう扉を開けっ放しで大丈夫!

 

 

仲よくルームシェアしてくれてありがとう。きっと不自由もたくさんあると思うけれど、みんな不満を漏らさずにうまく共存してくれています。えらいでしょ♡

 

 

保護猫牛丸はリビングにいるので、保護猫の合計数は5匹。たった5匹と笑う方もいるかもしれませんが、5匹ときちんと向き合うのって意外と大変です。

yyye (2)

 

 

と、ここでいきなり問題ですが、「保護動物たち一頭あたりにかける時間/日」の(動物先進国を中心とした)国際的な水準を皆さまはご存じですか?

 

 

国によっても多少ちがいますが、一頭あたり最低30分(以上)が理想とされています。一頭あたり、30分以上ですよ? するとうちは、2時間半は保護猫たちに時間をかけなければならないのです。

 

 

2時間半……短くはないですよね。

 

 

30頭いるシェルターやお宅なら?

 

 

50頭いるシェルターやお宅なら?

 

 

100頭いるシェルターやお宅なら?

 

 

うーん(苦笑)。いったいどれだけの人員が必要になるのでしょうね?

 

 

だから私はキャパシティの大切さを重んじる必要を感じるのです。

 

 

しょうがない部分もあるのはわかりつつも……。きっと敵が増えるな。

 

 

(という私も実は昨年西山ゆう子先生の講義を拝聴して知ったのですけど)

 

 

保護犬猫たちはみんなひたむきで個性豊か。生きているからご飯を食べておしっこをしてうんちを出して甘えて眠って(ときには)病気する。生きているから怒ったり隠れたりケンカする。生きているから鳴くし、毛も抜ける。掃除してもあっという間に汚れる。たまに粗相のアクシデントもある。

 

 

けれど私は、全部を含めて犬猫との生活は有意義だと思います。

 

 

理由は彼らが「生きている」から。

 

 

本日は703号室の保護スペースを紹介しました。

yyye (6)

 

 

なるべくいい環境に近づけるよう、自分なりにこれからも精進します。

 

 

うちの保護猫たちの里親さんになってくださる方が増えますように。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*