たわしの不妊手術を終えて


皆さまこんばんは。本日は保護猫たわしの不妊手術でした。

 

 

偶然にも安藤さんの保護猫たちも去勢手術が入っていたので、少しおしゃべりを

IMG_1399

 

 

もふもふ譲渡祭では運搬を一手に引き受けてくださりありがとうございました。

 

 

ボボボの散歩をしていたemi-goと3人で(距離を取って)しばし談笑

IMG_1398

 

 

お天気でよかったね♪

IMG_1396

 

 

チャポポもいました。元気?

IMG_1393

 

 

猫舎にいた安藤さんの保護猫助さん&格さん

IMG_1409

 

 

手術が無事に終わりました。お疲れさまふたりともがんばったね。

IMG_1410

 

 

助さん格さんは現在家族募集中です。気になる方がいたら仰ってくださいね。

 

 

たわしもえらかった。この一枚は麻酔から覚めつつあるところです。

IMG_1411

 

 

開腹の結果、たわしは卵巣及び子宮、そして腎臓がひとつしかないことがわかりました。

 

 

中島先生が追加でエコー検査してくださったけれど、やはり腎臓はひとつしか見当たりません。

 

 

稀ですが、先天性の奇形ではないか? とのこと。

 

 

結果を聞いて、たわしが外猫で終わらなくて本当によかったと思いました。

 

 

そして改めてたわしが愛おしくなりました。

IMG_1413

 

 

みんなそれぞれにちがうので、私はたわしの「持っているもの」も「持っていないもの」も好きです。なにがあろうと、なにがなかろうと、すべてはたわしの個性。

 

 

たわしの細胞の一個一個まで……それがたわしのものなら、それだけで充分です。

 

 

あるもの、欠けているものでたわしを判断しません。

 

 

しかし子宮や卵巣はいいとしても、シニア期になったら腎臓は注意が必要ですね。中島先生に年に数度の検尿や血液検査を勧められました。私も同感です。

 

 

まあ、でも生き物ですから、そうでなくても老齢になったら注意をするのは当然ですよね。

 

 

昼間は病院で軽く狼狽したのですが、今は晴れ晴れしています。

 

 

私の目の前のたわしは元気に生きているから。

 

 

明日お迎えに行ってきますね。あたたかいまなざしで応援してくださる皆さまに感謝して。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





コメントを残す