別れ屋さん


※ブログを連続更新しています。遡ってお読みください。

 

 

先日私は急にあるシーンを思い出しました。

 

 

まさかそんなことがふと頭をよぎるとは。そして今まで忘れていたとは。

 

 

19年前にテレビの前に座っている自分の姿がありありとよみがえってきたのです。

 

 

その頃の私は念願の犬を家族に迎えようと、日々犬に関する情報を集めている最中でした。数か月後にべべと出会い、以後、私の人生がガラリと変わったのです。

 

 

私は「盲導犬のパピーウォーカーに密着する番組」に嗚咽。

 

 

世の中にこんなつらい役目を背負った人がいるのか……それが当時の正直な感想でした。

 

 

だって手塩にかけて育てた犬を1年後に盲導犬協会へ返還するのです。

 

 

寝食を共にしているのはもちろんのこと、山や海にもいっしょに出かけ、なんていったらいいか、犬ファーストのパピーウォーカーの方々にとっての彼ら(盲導犬訓練生の犬たち)は、家族の一員を通り越して、家族構成の中核にいます。

 

 

返すのがあらかじめ決まっているとはいえ、かわいい盛りの犬と「さようなら」する心中はいかほどでしょう。想像するだけでも私には耐えがたかったです。

 

 

番組を観終わったあと、しばらく私は(勝手に)引きずりました。

 

 

そして、べべと暮らすようになると、今度はべべの予想寿命から逆算した余命に意味のない悲嘆を繰り返していたのです。べべが2歳になれば、ああ2歳になってしまった。3歳になれば、どうしよう……もう3歳か、と。もったいないことですね。

 

 

でもそれくらい、私は「お別れ」が怖かったのです。

 

 

あれから約20年経ち、気がつけば、メンタルがだいぶ強くなっています。

puppy (2)

 

 

盲導犬のパピーウォーカーの番組に涙をしていた自分が、何十回、何百回とパピーウォーカーたちと同じように「別れ」を選択しています。パピーウォーカーたちがしない「譲渡先の選定」も自分で行っています。微々たる活動は私の自由意思に基づいていますし私にとっては有意義ですが、同時に苦行のように感じられます。団体ではない個人の私は基本的に犬猫の世話を人に任せることもしません。自分の横にいる子の未来を決め、自分のお金を使って自分の家から送り出すのです。

 

 

譲渡に関してはだれも責任を取ってくれない。

 

 

渡すのはタオルや麦茶じゃない。

 

 

自分が大事に育ててきた犬猫です。

puppy (3)

 

 

肩にドシッとのってくる命はとてつもなく重い。

 

 

人に馴れない猫や犬にも接してきました。

 

 

過度に人を警戒し、人に攻撃するのをおぼえてしまった子たちにさわるのは私には勇気の要ることです。一枚ずつ一枚ずつ、薄皮を剥がしてその子の心に到達するまでコミュニケーションをつづけるしか選択肢がありません。根気と根性が必要です。

 

 

そうしてようやく仲よくなれた頃、次は「家族募集」が待ち受けています。

 

 

問い合わせがなければないで悩み、たくさんの希望が来れば、延々とメールのやりとりをします。

 

 

だから私はたまにギャーと叫びたくなります。

 

 

自分が削られていくような疲弊をおぼえます。

 

 

けれど私のやっていることには「意味がある」と信じて踏ん張っています。

 

 

まうとの2ショットをMIHOさんが撮ってくれました。

puppy (4)

 

 

目に入れても痛くない存在ですよ。

puppy (5)

 

 

保護猫白まんじゅうも彼のペースで家猫化しています。

puppy (6)

 

 

白まんじゅうをうちのさぶは本当にかわいがってくれています。

 

 

私はさぶにも自分の活動を押しつけて、さぶからも多くのお友だちを奪ってきました。

 

 

ついさっきまで自分が面倒を見ていた子たちが突然目の前からいなくなる違和感を、さぶはどう感じているのでしょう。想像するとたまらない気持ちになります。

 

 

ごめんね。いつも助けてくれてありがとう。

puppy (1)

 

 

703号室に出入りするボランティアさんはいません。人間は私やチチだけですが、我が家はさぶやあまぱんが率先してほかの子たちに寄り添ってくれています。

 

 

さぶを膝に抱きながら、さぶに感謝を込めてこれを書いています。

 

 

さぶは私のいちばんの理解者かもしれません。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*