残っている正常な細胞をどこまで保てるか


aiさん、かわいいカードと誕生日プレゼントをありがとうございました。

111toudai (10)

 

 

日々猫の保護お疲れさまです。たいせつにつかわせていただきます。

 

 

先日、あまぱんとさぶの定期検診に東大病院へ行ってきました。

111toudai (13)

 

 

さぶ、検査がんばってね。

111toudai (6)

 

 

イライラして前田先生、岡本先生にシャーしちゃだめだよ。

111toudai (7)

 

 

写真をパチパチ撮ってくれるMIHOさんのおかげで記念が増えます。

111toudai (5)

 

 

MIHOさんおつき合いありがとう。長い待ち時間をニコニコ過ごせています。

111toudai (4)

 

 

MIHOさんといっしょにお弁当を食べるのも楽しみのひとつ。品数豊富、野菜がたっぷり入ってボリュームどっしり! しかも飲み物つき。これで数百円とはお得感満載ですね。

111toudai (11)

 

 

待合室で(また)偶然卒業生麦&とろろ家のきえさんにお会いしました。

111toudai (9)

 

 

麦の目の診察にご主人といらしていたのです。麦は難病を患いながらもきえさんとご主人の庇護のもと、元気に暮らしています。めちゃくちゃかわいいですよ♡

111toudai (2)

 

 

遅れて登場した主治医の前田先生と岡本先生と。私たち階段みたい(笑)。

111toudai (3)

 

 

と、ここまではよかったのです。

 

 

あまぱんとさぶの検査結果が出るまではヘラヘラしていた私ですが、結果を聞いてさすがに落ち込みました。ふたりとも腎臓の数値が悪化。変わらないケアをしているのに少しずつ悪くなっている現実に打ちひしがたというか。目の前に黒い雲がかかりました。

 

 

さぶは6年間慢性腎不全と闘っています。あまぱんは5年。

 

 

慢性腎不全にくわしい方からは「すごい」と言われます。

 

 

けれどやっぱり、永遠はないんですよね。

 

 

猫は原則移植も透析もできない。

 

 

残っている正常な細胞をどこまで保てるか、それしかありません。

 

 

今、毎日欠かさず補液をしています。

 

 

500mlのラクテックが1日で1本なくなります。

 

 

そのせいであまぱんとさぶは絶えずおしっこをしています。

 

 

トイレに駆け込む姿がふびんです。まあ、出ているうちが華ですけど。

 

 

一生けんめいやっているつもりなのに状態をキープしつづけられないのがつらい。

 

でも、ずっといっしょにいたいから弱音はここまでにして、ひきつづき私にできる限りのことをしていきます。私はあまぱんとさぶのお母さん、だもんね。

 

 

あまぱんは慢性腎不全のほか、超難病の肝アミロイドーシスを患っています。

 

 

安定していた肝臓の数値が今回あがったのも不気味で不安……

111toudai (12)

 

 

さぶは慢性腎不全のほか、過去に2度、突如膿胸になり、胸が血と膿だらけで死の淵を彷徨いました。怖いので定期的にレントゲン検査で確認しています。

111toudai (8)

 

 

結果、膿などは溜まっておらず、きれいな状態であることがわかりました。ホッ。

 

 

前田先生と相談してあまぱんとさぶの補液の量をさらに増やし、まめに経過観察をすることに決めました。あきらめずに攻めの姿勢、そして強い気持ちで闘病していきます。結局のところ、日々の積み重ねがあまぱんとさぶの未来を形成していくと思うから。

111toudai (1)

 

 

私はやすやすとあまぱんとさぶを失えないです。

 

 

皆さまが皆さまの愛犬・愛猫家族にしているように、私も全力で私の家族を守りたい。

 

 

次回の通院は3月。日々コツコツと腎臓を労わるおまじないの暮らしをつづけていきます。

 

 

Smile!

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*