高菜のあだ名集


私の健康の師匠ルルママさんより誕生日プレゼントが届きました。うれしすぎます。感謝。美容ドリンクは、「いざ」の1週間前から飲ませていただきますね。

IMG_9308

 

 

年明けに香さまよりお子たちへのお年玉が届いてびっくり。友だちや親族の子ども(人間)にはあげるけれど、うちはもらったことないなぁ……。ひとりひとりの名前入りポチ袋を見て胸がいっぱいになりました。どうもありがとうございました。

IMG_9113

 

 

長男猫あまぱんを添えて♪

IMG_6796

 

 

さて、保護犬まうですが、なぜかリビングだと私から逃げ惑うのが悩みです。

IMG_9168

 

 

寝室ではベタベタなのに、不思議。対策としてごはんを一粒一粒手からあげています。

IMG_9247

 

 

まうはまだ子犬の域ですが、「元野犬」は警戒心がとても強いのですね。

 

 

近々トレーナーの大村さんに一度じっくり相談してみよう。

 

 

まあ、臆病なところ以外は特に問題なくいっしょに暮らしていますけど。

 

 

日々の積み重ねが絆を生むと信じて接しています。莫大な時間をかけながら(笑)。

 

 

まうは家族募集中です。どうぞお見知りおきください。

 

 

「お母さん なにしていますか?」

IMG_9316

 

 

あ、高菜だ^^

 

 

かわいいお顔で覗いてくれていますね。

IMG_9315

 

 

実は高菜にはいくつかのあだ名があるのです。

 

 

ワンワンうるさい高菜は「高菜獣」

 

 

甘えモードの高菜は「パピー高菜」

 

 

ドライフードをじょうずに舌ですくうグルメな高菜は「カメレオン高菜」

 

 

そして最近「高菜亀」というキャラがしばし出現しています。

IMG_9314

 

 

ねえねえ高菜くん、逆にどうしたらこんな風にできるのか教えてほしいです。

IMG_9313

 

 

老犬あるある、ですね。

IMG_9312

 

 

高菜亀→救出→高菜亀→救出→高菜亀のエンドレスリピート

 

 

生きている証拠なので可能の限りつき合っています。

 

 

まうの“ゴール”は安全意識の高い未来のご家族のもとで幸せに暮らすことですが、ときどき、高菜のゴールはどこにあるのだろう? と、ふと考えこんでしまいます。

 

 

そうすると心がざわざわ落ち着かなくなり、考えたことを激しく後悔するのです。

 

 

高菜がレギュラーメンバーに加わった昨年の5月、私は生き場を失った15歳の高菜への憐みで高菜を引き取りに行きました。私も人間ですから、正直、かなり複雑な気持ちだったのです。

 

 

けれど今は高菜への同情ではなく、高菜が好きで高菜と暮らしています。

 

 

きれいごとでは済まないことも多いですが、高菜は私にとってお荷物ではありません。

 

 

そう思えるようになったのは、ひとえに高菜の穏やかなキャラクターのおかげかもしれません。

 

 

届かない場所へ手足を一生けんめいに伸ばす姿、転んでもすぐに起き上がろうとする本能と精神力。

 

 

高菜は不屈のおじいちゃんです。

 

 

高菜は若いときから勇敢で立派でしたが、加齢とともに愛嬌が増し、ますます味のある犬になりました。この先なにがあろうとも、私は高菜とやっていきたいです。

 

 

私は高菜の看取り役ではなく、私は高菜の家族です。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*