星太郎のファミリー


※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

さて皆さま、本日は星太郎の新居へご案内します。

 

 

星太郎のおうちは都心のマンション。人間の家族はパパ、ママ、お兄ちゃんの3人。とにかく明るく朗らかで、しかも家族の会話がひたすらおもしろいご一家です♡

 

 

ワンフロアーに2世帯しかなく、そのうえ内廊下。非常に脱走しづらい構造です。

Inkedhositarou (6)_LI

 

 

にもかかわらず、じゃーん! 玄関に脱走防止対策をしてくださっています。

hositarou (10)

 

 

立派な3段ケージは爪とぎつき! このケージお高いんですよね^^; ご覧のとおり、掃き出し窓にも脱走防止柵がついています。安全安心、ですね。

hositarou (25)

 

 

「え~? ここはどこでしょうか? ぼくプチパニックですっ」

hositarou (15)

 

 

星太郎の終の棲家なの。きっとすぐなれるから♪

hositarou (21)

 

 

だいじょうぶだいじょうぶ!

hositarou (8)

 

 

ほら、後ろにパパさんがいるでしょ? 星ちゃん落ち着いてね。

hositarou (14)

 

 

開口呼吸でドキドキしていた星太郎。意外とビビりで繊細ですね。

 

 

ママさん手づくりのプレートが星太郎のお部屋(ケージ)にかかっていました。

hositarou (23)

 

 

かわいい……星太郎が待ち遠しかったのがよく伝わってきます。

 

 

チリひとつない清潔なお宅

hositarou (1)

 

 

壁に素敵な飾りを見つけました。家族の象徴ですね。旅先で買ったそうです。

hositarou (9)

 

 

星太郎のために準備された寝床と丈夫なキャリーバッグ

hositarou (13)

 

 

震災時にも使えるようにと大きめのタイプを選んでくださいました。

 

 

星太郎のファッショングッズ

hositarou (17)

 

 

黒猫は何色でも似合うので写真撮影のときに小物たちが役立ちそうです。

 

 

マイ太郎さんお手製のブルーサテンのシュシュをさっそくつけてみることに

hositarou (20)

 

 

うわ……ハンサム! 端正な顔つきの星太郎にピッタリです。

hositarou (19)

 

 

おいしいコーヒーとケーキをごちそうになりました。

hositarou (4)

 

 

もりよさん夫妻もいます。和気あいあい、星太郎の未来について語りました。

hositarou (11)

 

 

このファミリーなら1㎎の心配もありません。本当に素敵な方々です。

hositarou (7)

 

 

ノラスタノラ猫あがりのスターたち)も買ってくださっていたので

hositarou (18)

 

 

僭越ながらサインとメッセージを書かせていただきました。

hositarou (26)

 

 

里親さんはもふもふ譲渡祭にもいらしてくださいます。またお会いできるのが楽しみで仕方ない。(里親さんのtwitterアカウント→@yamada_seitaro 星太郎★)

 

 

星太郎の医療費交通費のほか、お菓子、保護猫メル子の首輪、そしてなんと星太郎のマウスパッドをプレゼントしてもらいました。もりよさんとお揃いです。ありがとうございました。

hositarou (3)

 

 

「星ちゃんマウスパッドがもったいなくて使えない」と話していたもりよさんですが、翌日には会社で使っている自慢写真を里親さんと私に送ってきて爆笑。

 

 

へ? と呆気にとられるほどのスピードで「家族の一員」として見事に溶け込んだ星太郎。

 

 

以下は里親さんが撮った近況です。

hositarou (24)

 

 

黒々と光ってかっこいいこと!

hositarou (16)

 

 

お兄ちゃんがブラッシングしてくれています。

hositarou (2)

 

 

すぐ仲よしになりました。

hositarou (12)

 

 

来年の年賀状だそうです。最高!

hositarou (5)

 

 

(※画像や情報はすべて里親さんと相談しながら公開しています)

 

 

ふふ。いいでしょう?

 

 

「子猫ではなく成猫を希望した理由はなんですか?」

 

 

そうたずねた私に里親さんは不思議そうに首を傾げ、答えてくれました。

 

 

「え、うちは最初から子猫は考えずに、オトナの子を探していたので……」

 

 

深い理由や理屈もなく、ただ普通に成猫を求めていた里親さんの自然なリアクションが私にはとてもあたたかく、新鮮に感じられました。感動しますね。

 

 

5か月もの間、星太郎を預かってくれたもりよさん、そして星太郎の最後の日まで星太郎を息子として迎え入れてくれた里親さんに感謝しています。

 

 

不遇の犬猫たちが一匹でも多く星太郎みたいに安楽の日々を過ごせますように。

 

 

LOVE

 

 

かつくん「Ⅹ291星太郎おめでとう。星太郎が加わったことで、もともと会話の絶えない家族がさらにいっそう楽しくなるだろうね。高い場所にのぼったり走りまわったり……自由もいいけれど、星太郎、いたずらはほどほどにお願いしますよ」

1-3483

 

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*