コロが逝きました


本日午後、13時、コロが死神に連れ去られてしまいました。

昨日から今日にかけて、病院を5往復し、大師にお参りし、お守りも買ってきたのに、コロを失ってしまいました。

無念でなりません。

もっと抱きしめてやればよかった。

昨夜、ナナやリルを輸血犬として病院へ連れていき、最後の望みをかけて緊急手術を行いました。6cmにも及ぶ巨大な肝細胞がんが突如破裂し、お腹の中は血 の海の状態。手術をしなければ、絶対に助からない。でも、手術をしても、助かる見込みは極めて少ない。究極の選択をしなければならなかった私は、逃げ出し たい気持ちに駆られながらも、手術にすべてをかけました。

術後の状態は悪くなかったし、麻酔からもさめましたが、コロの病状は既に深刻でしたので、腎臓、脳、その他さまざまな臓器が徐々に機能しなくなり、頑張りぬいたあげく、息を引き取ったのです。

肝細胞がんや腎臓がんの大きさや数などは、前々から把握しています。積極的な治療を施せなかった理由は、それよりも深刻なクッシング病を抱えていたから。 血液検査の結果も、いつも最悪でした。それでも、今週の土曜通院する予定でしたので、その時に、大きくなってしまった肝細胞がんの手術をするかどうか、先 生と話し合うことになっていたのです。病院へ行く度に告げられる「危ない状態」。でも、私の知っている家でのコロは、それなりに元気に生活していたので、 どこかで実感がわかなかったのかもしれません。

医療ケアについては、間違った選択をしたと思っていません。
私にできる精一杯をやらせてもらえたと思っています。

でも、もっともっともっともっともっともっともっともっと抱きしめてやればよかった。

今まで応援してくださった皆さま、ありがとうございました。(2010年3月27日撮影)
クリックすると元のサイズで表示します

コロは穏やかで優しい表情を浮かべながら、永遠の眠りにつきます。
クリックすると元のサイズで表示します

ぼろぼろだったコロですが、最期はとびっきり美しいでしょ?
クリックすると元のサイズで表示します

今はまだ、コロを失ってしまった悲しみで、涙が止まらないけれど、コロに出会えて、本当に幸せな4年半でした。

さよならコロ。またいつか。(2006年7月22日撮影)
クリックすると元のサイズで表示します

数日間お休みします。
ごめんなさい。

スポンサーリンク





コメントを残す




*