2 不平等が大きらい


卒業生サスケ、このは、景虎(いせやん)家より出版祝いにうなぎが届きました。 keufa (2)

 

 

口内炎に悩まされていた私ですが、いただいたら口内炎がよくなった気がします。おいしかったです。ごちそうさまでした。どうもありがとうございました。

 

 

 

さて、子猫たちの写真を撮ったあと、emi-goに頼まれていたノラスタのサインをしました。

 

 

部屋が空いていなかったのでオペ室で
keufa (6)

 

 

 

「こんばんは わたしをおぼえていますか? いろいろあって 今ここにいます」

keufa (5)

 

 

 

やあ。こんばんは。もちろんおぼえているよ。

 

 

ずいぶんきれいになったんだね。

 

 

 

前は捕獲箱の中にちんまりいたでしょう?

keufa (1)

 

 

 

このときのみすぼらしくボロボロの被毛が悲しげで、私はあなたを忘れられなかったの。

 

 

目が不自由なら外では生きていけないからリリースをやめるよう中島先生があなたを不妊手術に連れてきた人を説得して、あなたはお家に入れると聞いたんだけど。

 

 

 

「うん でも結局 わたしは外に出されてしまいました」

keufa (4)

 

 

 

そうみたいだね。

 

 

事情を知ったemi-goが、あなたを“病院で引き取る”のを条件に、再度捕獲するよう頼んで、あなたはまた病院に来たんだよね。怖かったし、混乱したでしょう?

 

 

私は無性にあなたに縁を感じるの。

 

 

もし少し待ってもらえるなら、私があなたをスターに変身させようと思うんだけど。

 

 

 

「やるんですか?」

keufa (7)

 

 

 

はい。やります。

 

 

ミラクルが巣立ったあとに迎えに行きます。

keufa (3)

 

 

 

まずはミラクルを卒業させ、リタに良縁を結べたら、ですけど。

keufa (9)

 

 

 

私は不平等が大きらい。幸せと不幸せの境界線には立てません。

 

 

人間は仕方がないとしても、人間より弱い者は上も下もへったくれもないです。

 

 

正直私は目の悪いあの女の子がかわいくて仕方ないです。同情心からではなく、きょとんと澄ましたお顔がただタイプで胸がきゅんきゅんするのです。看板犬ちゃぽぽが近づいたら、女の子はちゃぽぽの気配を感じ、速攻で喉を鳴らしました。emi-goいわく、ちゃぽぽ好きなんだそうです。それを聞いたらますます愛おしくなりました。

 

 

日本は広いので、あの子が生きる場所ぐらいはあります。必ずある。

 

 

私が見つけて案内します。

 

 

ふふ。どんな名前にしよう?

 

 

あ、皆さまご安心ください。数が減ったら家に入れます。じゃないとキャパオーバー

keufa (10)

 

 

それぞれのQOLを念頭に入れて行動します。 keufa (8)

 

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





2件のコメント

  • きりん

    初コメントさせて頂きます!リリース対象なのにこの目は?とついお目々…見えてるよね?とTwitterで見て気になってたあの子…やはり見えないんだ、と知りその後おうちに入れるよう説得してくださったとあったので勝手に安心していました。なぜダメなんだろうか?決めたのに…でもよかった!スター候補生になれるんですね。この子もどの子も外は似合わないんですもん。
    あ、ノラスタまだ完読できてないです…魂のこもった作品だから読む方も気力がある時に読んでます。知ってる子、気になってた子の章から読んでスターになった姿にまた涙してます…

    • anny703

      きりんさま
      ありがとうございます。全盲ではなく少し見えているんです。
      ただ白濁があり、見た目も健常の子とは少し違いますよね。
      幸せになれるよう力を尽くして頑張ってみようと思います。今いる子たちが優先なので少し先になってしまうかもですけど。
      ノラスタ、少しずつでいいのでぜひ完読してくださいね。
      ありがとうございます。そして応援宣伝してくれるとうれしいです。波及をめざしているので^^

コメントを残す




*