亡きまーもに誓ったこと


卒業生ビビが703号室を巣立ってから4年だそうです。卒業記事を読んでしんみり。最近のようなのにそんなに経つんですね。里親さんは毎年プレゼントとお手紙を送ってくださいます。

IMG_3745

 

 

ありがとうございます。フルーツが大好きなのでうれしい。そして恒例となったビビアルバムも……

IMG_3748

 

 

はじめての記念写真はビビももちろん写っています。美男美女のご一家♡

 

 

外を放浪していた猫たちが終の棲家を得て幸せに暮らす姿はたまらないですね。

 

 

保護譲渡活動の醍醐味だと思います。ちなみにビビは怒りんぼ娘だったんですよ。

 

 

「ふーん」

IMG_3721

 

 

 

「ぼくはまだ婿入りしていないのでよくわかりません」

IMG_3722

 

 

 

「ぼくもいつの日か家族を包む愛猫になれるでしょうか?」

IMG_3755

 

 

 

あたり前でしょ? そのためにハットリと私がここにいるんじゃないの?

 

 

バタバタしていていい写真が撮れていなくてごめんね。ちゃんと考えているから。

 

 

問題はすずらんです。正直な話、すずらんは近所にいたときのほうが堂々としていました。

 

 

ごきげん顔で無防備にあちこち飛びまわっているところを私が見つけたのです。

 

 

だから早くなれると踏んでいたのに、日に日に距離が空いていく。

IMG_3750

 

 

なれない猫はいないと信じています。すべては以心伝心だと。

 

 

しかし野良のときのほうが警戒心が薄いとなると、すずらんを不幸にしているようで落ち込みます。お気づきの方も多いでしょうけど、私は近年1匹もリリースしていません。昔はTNRをしていたのですが、まーもの死をきっかけにまーもに誓ってリリースはやめたのです。

 

 

どんなツワモノも私は放しません。それが正しいのはわからない。

 

 

けれど私は頑固なので、「正しかったことにするための努力」をつづけています。

 

 

実は意外とむずかしい。破ったほうが楽です。

 

 

でもまーもに誓ったんですよ。あの壮絶な最期に私は誓ったんです。

 

 

まーもを一度リリースしてしまったことを私がどれだけ後悔しているかはだれにもわからないでしょう。自分の中でまーもの存在がどれだけ大きいのか、ふだんは話さないから。

 

 

犬猫たちは言葉を喋るかわりに身体を張って教えてくれるときがあります。

 

 

命を賭した彼らの伝言に私はずっしりと重みを感じています。

 

 

やるんなら徹底的にやる。やらないならはじめから手を出さない。

 

 

これも私の曲げられないポリシーのひとつです。

 

 

犬猫たちから学んだことです。

 

 

こういう顔を見ても私には、ぜんぜん迷いはありません。

IMG_3753

 

 

ただすずらんと仲よくなりたいと強く願っています。どうしたらいいかな?

IMG_3752

 

 

すずらん、シャーの顔も好きだよ。素直な感情のあらわれだもんね。だけど私はすずらんを楽しませたい。安らぎを与えたい。怒らせる回数を減らしたい。

 

 

絶対に投げ出したりしない。すずらんは私のたいせつな子です。

 

 

ゆっくり時間をかけるしかないですよね。

 

 

0.1歩ずつだとしても、あきらめるわけにはいきません。

 

 

おやすみなさい♪

IMG_4117

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*