私を照らす太陽4 最後の散歩


とわ、13歳の誕生日おめでとう。我が家を巣立ってから10年が経ちましたね。保護猫たちが家族に加わり、今もとわがとっても元気にしていると伺ってうれしかったです。とわは3歳までひどい虐待を受けていたね。でも何ごとにも屈さない笑顔が素敵でした。703号室に来てくれてありがとう。

suki (26)

 

 

 

少し前にとわ家から亡きべべへ可憐なお花が届きました。

suki (45)

 

 

 

べべのお骨に添えて飾らせていただきました。感謝!

suki (44)

 

 

 

とわが里親さん宅に巣立ったあとも703号室同窓会にて何度も遊んでもらったよね。同窓会の記事はこちらをクリックしてください。自慢の卒業犬たちの一部をぜひ見てほしいです。里親さんはお花とカードのほかに、同窓会で撮った写真を送ってくれました。なつかしいべべのはしゃぎぶりに涙が止まりませんでした。

suki (25)

 

 

10年経っても里親さんと私は交流しています。もっと付き合いが長い方もいます。人と人の縁を繋いでくれる犬猫たちの尊さを改めて噛みしめています。

 

 

さて、べべが死に向かって進んでいく様子。死という言葉が憎くてたまりませんが、敢えて死の一語を使います。べべが死に向かっていく様子を、私は少しずつブログに書いています。なぜ少しずつかというと心が苦しくてたまらないのです。

 

 

自分の中で、べべは最愛の存在。ほかの子が二番三番という意味ではありません。べべとの出会いがなければ、私の人生は無意味で空虚なまま終わっていたからです。私は宇宙でいちばんべべが好きで、べべは私の宇宙そのものです。

 

 

べべが逝ったあと、私はすぐに心療内科を受診し、レクサプロという抗うつ剤を処方されました。今も通院していますし、毎晩欠かさず飲んでいます。

 

 

できれば自分が病気であることを隠したいです。心身ともに健やかでなければ、いろんな方々から信頼を得ることがむずかしいかもしれません。

 

 

けれどすべてをひっくるめて、私は私です。喜怒哀楽があり、光と闇があり、感情と理性があります。私だけではなく、だれもがそうではないでしょうか?

 

 

べべは私にとって「大きい」という言葉では表現できない。べべを失った際「アンニイさんの手足をもぎ取られたような苦しみでしょう」と慰めていただくことがありました。そのとき感じたのは、「手足ならまだよかった。むしろ心臓をもぎ取られたに等しい」ということ。べべと私は16年半共に生きてきたのです。

 

 

しかし親孝行のべべのおかげで、生死の別れの悲しみだけで済みました。

 

 

自己満足ですが、もっとも理想的な形で、あの世に送ることができたのです。

 

 

さようならの記事をひとつにまとめるのは不可能です。

 

 

一頭の犬がどういう最期を迎えたのか、犬猫たちと暮らす方々に読んでいただければ本望です。前回の記事にまとめてあるので、よろしければ1と2と3のリンクを遡りべべの最期をご覧ください。よろしくお願いします。

 

↓↓↓↓↓

 

「私を照らす太陽3 さようならの準備/幸せの703号室」

 

 

これからお伝えするのは2017年7月19日、べべが逝く約半日前のできごとです。

 

 

中島先生の往診が終わったあと、お母さんはべべのお昼寝につき合いました。

 

 

夕方6時前後でしょうか? チチがリルと散歩へ出ようとしていたので声をかけたのです。

 

「リルだけじゃなくて、ナナも連れて行ってあげてよ」

 

「うん。わかったそうする」

 

「はい。行ってらっしゃい」

 

 

玄関でナナとリルの首輪にリードを引っ掛けるチチを見て、私は言いました。

 

 

「待って! 私とべべもいっしょに散歩へ行く。みんなで行こう」

 

 

チチはべべを動かすことに猛反対。「もう飲み食いすらできなくなったべべを家で寝かせておけ」の一点張り。言い争っても疲れるだけなので、私はべべの愛車(カート)にクッションを高く詰め込んでべべを抱っこして入れたのです。

 

 

「行くよ。べべも私も行く。みんなで行く」

 

 

頑として曲げない私にチチは呆れモード。こうして最後のお散歩がスタートしました。

suki (40)

 

 

 

べべがわかるのです。私にはべべのなにもかもがわかる。嘘じゃないです。

 

 

ガタガタする道は私がカートを持ち上げて振動を防ぎました。

 

 

べべ、ナナ、リル、私のたいせつな家族たち。彼女たちの痛みを代われるなら、ぜったいに代わりたい。彼女たちの老いも病も、私が引き受けたい。

suki (28)

 

 

 

7月とは思えない涼しい散歩日和。べべの耳がときどき風に揺られてパタパタ

suki (33)

 

 

 

どうしてこんなにかわいいんだろう。

suki (39)

 

 

 

べべどう責任を取ってくれるの? お母さんは全身が煩悶しています。

suki (38)

 

 

 

べべ、愛しているよ。

suki (29)

 

 

 

べべ、ナナ、リルと!

suki (27)

 

 

 

「来てよかったな。全員で来てよかった」

suki (32)

 

 

 

べべを見てチチがしみじみ独り言を漏らしました。

suki (31)

 

 

 

家族写真

suki (30)

 

 

いいなあチチ。あとで私もべべにチュウしまくろ♪

suki (41)

 

 

泣きはらしたすっぴんで醜いですが、べべとお母さんも撮ってもらいました。

suki (37)

 

 

 

べべの前ではなるべくニコニコしていないとね。

suki (36)

 

 

 

この表情を見てください。散歩へ連れてきてよかったでしょ?

suki (35)

 

 

 

心地いい風を浴びるたび薄目を開けべべが笑っているんです。べべが笑ってる。

suki (34)

 

 

 

私は胸がいっぱいになり、べべを抱きしめそのまま自分の中に押し入れてしまいたい衝動を抑えるのに必死でした。いっそひとつになれたらいいのに。

 

 

 

14歳の頃のべべ。みいさんが撮ってくれました。

suki (24)

 

 

 

筋肉質だからちょくちょく男の子だと間違われていたべべ

suki (1)

 

 

 

emi-goに海外のおみやげにもらった赤いワンピースを着てにっこり♪

suki (47)

 

 

 

どうですか? これなら女の子らしいですよね?

suki (46)

 

 

お母さんは長生きしたいですが、もう一度べべに会えるなら、べべの元へ行けるならそれはそれで喜んで向かいます。べべは再びお母さんと暮らしてくれますか?

 

 

 

スポンサーリンク





6件のコメント

  • ぶーこ

    アンニイ様
    レクサプロ!私も今年から服用していま
    すよ!ビックリです(@_@。が、仲間♪
    ジェネリックがあればいいのですが、まだ
    駄目なのですよね・・・。
    命と向き合うと心も体も大変なことがあ
    りますよね。
    徐々に心が穏やかになりますように。

    • anny703

       ぶーこさま
      おおお。同じ薬を飲んでいるのですね。
      私はべべの死後、どうしても復活できそうになくて心療内科へ向かいました。
      そこからスタートです。仲間^^
      薬代高いですよね。もう何もかもが切実ですよ。

  • けやこ。

    annyさんへ

    どうしても伝えたいことがあってスマホのツイッターからPCに移動して書き込んでいます。

    私は20歳の頃から鬱病を発症しました。
    とてもとても辛いことがあったからです。
    通っていた大学も退学しました。
    大学病院の精神科に入院をする必要があったからと、私が生きることを諦めたから退学しました。

    一般的に使用されるような抗鬱剤はほとんど使ったことがあります。
    毎日薬を飲んで、錯乱状態になれば肩から安定剤を注射で打たれるような日々でした。
    退院してからも薬漬けで、大量服薬で救急搬送もありました。
    その頃からぽっかり記憶が抜け落ちています。
    22歳から23歳ぐらいの記憶が全くありません。
    完治したのは25歳の時です。

    私はそれをずっと隠して生きています。

    ママ友でこの事を知っている人は一人もいないです。
    ずっと隠していくつもりです。
    不安定な状態はまだたまにあります。
    頓服でたまにセルシンを飲む程度ですが。

    私はそれを隠して、マイ太郎さんにチャイラテの里親を希望しました。
    駄目なんじゃないか、とも思いました。
    チャイラテにとって、そういう病歴がある人間なだけで信頼されず里親候補から外されるのが怖かったからです。
    だから隠しました。
    私もannyさんと同じで、信頼を得られないことが怖かったからです。
    それでも、チャイラテの里親になりたかったから私は隠しました。
    ごめんなさい。

    人の目は単純でその事実だけで反応が変わります。
    信頼を得たいから隠してる、その気持ちが痛い程分かるからブログを読んでいて涙がボロボロ出てきて止まらなかったです。

    でも、そういう経験があるからこそ分かる感情や心情があると思います。
    だから犬や猫や人の痛みに敏感で優しくなれるんだと思います。
    annyさんはそういう方だと思っています。

    薬を飲んでいても、
    闇があっても、
    チャイラテがいるから今の私には光があります。

    的外れで偉そうなコメントだったら、ごめんなさい。
    でも私は、annyさんを信頼していますから。

    • anny703

      けやこさん
      コメントありがとうございます。そうだったんですね。とっても大変な思いをされてきたのですね。
      私も21歳の頃に薬害によってうつ病になりました。インターフェロンの副作用です。
      当時ほど今はつらくはありませんが、それでもベベを失った悲しみから1日も早く立ち直りたくて心療内科へ行ったんです。
      私は病んでいられない事情があります。ナナリルほほあまぱんさぶに加え、保護猫たちや大勢の卒業生とその家族について考えなければならないことがあるからです。薬で楽になれるならとレクサプロを飲み続けています。今の副作用は日中の眠さ。
      でもいつも寝ていられるわけでもないので、ウトウトとの闘いですね。夜はなぜか元気になりますけど^^;
      けやこさんの過去は今のけやこさんを形成される上でとてもお辛かったと思いますが必要なことだったのかもしれませんね。
      チャイラテへの惜しみない愛情をかけていらっしゃる様子を拝見しています。
      マイ太郎さんにお世話になった子たちですが、チャイラテを保護した者としてとても感謝しています。
      どうかチャイラテのためにも、かわいいお子様たちのためにも、心身お大事にお互い健やかに過ごしましょうね。
      病気を打ち明けると多くの場合信頼を失ったりしますので、言いづらいこともありますが、でも自分は自分なのでべべを失った悲しみも今の状態も含めて自分をたいせつにしていこうと思います。
      ありがとうございました^^

  • ペータとシータ

    アンニイさん、べべちゃんに会わせてくれてありがとうございます。べべちゃんに学ぶことだらけです。涙涙のブログです。会いたくて、会いたくて胸が張り裂けますね。でも、実はべべちゃん。いつもアンニイさんの側にいます。いつも!

    • anny703

      ペータとシータさま
      べべのことをババっと書いてしまいたいのですが、どうしても小刻みになってしまいます。
      こちらこそ読んでくださりありがとうございます。そしてコメントうれしかったです。そばにいるのかな?
      見えませんけどね。見えないのが淋しいんですけどね。
      また書きますので見てやってくださいね。終焉までまだべべはがんばっていました。
      その続きを読んでくれたらうれしいです。いつ書けるかわかりませんけど^^;

コメントを残す




*