親愛なる 満天殿


「ハハ~ ぼく どこかおかしいのかもしれません」

11-10

 

 

 

「とにかくやたら腹がへるのです ほかのねこたちより代謝がいいのでしょうか? ところで その手に持っているのはおやつですね? ぼくは鼻も利くので隠してもすぐにわかります」

11-2

 

 

 

満天。あなたは常に空腹を訴えているね。外で食べものに恵まれなかったの?

 

 

若い(推定2歳)満天は703号室のだれよりも食べるから見ていて気持ちがいい。

 

 

 

顔が大きい。態度が大きい。身丈も手も足も大きい。ドッシリ(5.2キロ)と安定感があるね。

 

 

なのにどこかあどけなくて、ぬいぐるみみたいに抱きごこちがいい。よしよし。だいじだいじ。

11-5

 

 

 

満天、あなたがうちに来てからわかったことがあるの。

 

 

“あの声”がピタッとやんだよ。満天が野良猫でなくなってから、ほんとうに一度も聞こえない。

 

 

“あの声”の正体はまぎれもなく、満天だったんだね。

 

 

秋頃まで私、いったいどんな猫が近所で夜な夜な騒いでいるんだろうと気になっていたの。マンションの高層階にまで響いていた“恫喝”。ほかの猫と頻繁にケンカしていたのは、満天か。あなたの声は特徴的だから、いろんな角度から合点がいく。

 

 

ストリート出身のもとホームレス猫。あなたすごく生きづらかったんでしょう。

 

 

 

あなたの真のキャラクターとは、ずいぶんちがっているようだったもの。加えてあなたの雄叫びは生活苦や悲壮感をも含んでいた。満天は助けを求めていたのかもしれないね。

11-6

 

 

 

満天を保護したとき、あなたが捕獲箱内で暴れたもんだから、私はあなたを誤解した。

 

 

屈強な侍タイプだと思った。

 

 

けれど蓋を開けてみると、あなたは明るく、やさしく、ただの朗らかな青年だった。

 

 

今考えてみると、驚いただろうし、怖かったんだから、満天らしいリアクションだったんだけど。

 

 

できれば争いごとを避けたい天真爛漫のあなたが、鼻にほかの猫の爪痕をつけ、トボトボゴミ置き場の近くをうろついている姿を私は見かけたことがあるの。満身創痍のあなたは、汚れていて、痩せていて、傷だらけで、みすぼらしく、目つきがやたら悪かった。

 

 

 

いつも裸なのに、鎧をつけたような生き方・・・・・・かわいそうだったねえ。

11-7

 

 

 

満天。あなたいいところがたくさんあるよ。

 

 

元気なところ。健康なところ。賢いところ。

 

 

家猫として生きるにふさわしい術も身につけているよね。だれが教えたわけでもないのに、トイレ完璧。ケージでおとなしくくつろいでいられる高い落ち着き度もアピールしておかないと。

11-4

 

 

 

おしゃべりだけど、決して無駄鳴きはしないのよね。

 

 

目が合って食料を得られそうなときに、ここぞとばかりに主張するだけで。

 

 

ラテン系だけど、省エネタイプ。

 

 

あとあなた、空気を読むのもやたらうまいよね。

 

 

 

多頭のこの部屋で、満天はじょうずにたちまわっている。おかげで笑顔に溢れ、私たちは楽しい毎日を送れているよ。欠けている部分を補い、エネルギーを注ぎ、703号室にバランスのよさを与えてくれる。きっと未来の家族も、あなたの存在に感心し、感謝すると思う。

11-8

 

 

 

私は満天のぜんぶが好きなんだけど、しいていくつか挙げてみるね。

 

 

濃い黄金色の目が好き。顔のブツブツ模様が好き。猫にしては太い声が好き。

 

 

 

それから水頭症の黒猫ほほに媚びない満天が新鮮で好き。

 

 

 

満天以外の猫がみんなほほに気をつかう中、満天はほほに自然に接してくれているよね。

11-3

 

 

 

 

ほほが満天に意地悪をしたら、満天は怒るし、隙あらばほほのごはんを狙うし、ほほに甘えたり、ほほを踏んづけて歩いたり、なんていうか、だれをも特別視しない満天の平たさに私は強く惹かれた。そこ心から尊敬する。すばらしい長所だよ。

 

 

 

満天の家族になる方は幸運だよね。手前みそだけど、こんな逸材、なかなか出会えないし。

11

 

 

 

 

満天、ご縁に恵まれるといいねえ!

11-9

 

 

 

あなたならきっと、家族を癒し、和ませ、家の中に絶えず暖気を送りつづけると思う。

 

 

 

満天へのお問い合わせをお待ちしています。ペットのおうちの満天のページはこちらです。

 

 

善き方の目に留まることを祈って!

 

 

※満天の写真はすべてみいさん撮影

 

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*