魔性の女


豆さまオシャレなプレゼントありがとうございました。新体験。おいしくいただいています。

utukusiiko

 

 

 

皆さまこんばんは。

 

 

今日もべべは調子がよさそうです。べべにしてはたくさん食べてくれました。

 

 

嘔吐や下痢もなし。やったね^^

 

 

猫集会中の我が家。べべ、ナナ、リルはお昼寝しています。べべが小さく写っているでしょ?

utukusiiko (4)

 

 

 

東大での手術はやめましたが、べべの命をあきらめたわけではありません。投薬の内科的アプローチをつづけています。薬の塩梅がべべに合っているのかも。

 

 

べべのことばかり書いている時期に、私はよく「もったいないな」と思っていたことがあります。

 

 

 

こんなに美しいお姫さまを皆さまにアピールできなかったことがもったいなかった。

utukusiiko (8)

 

 

 

「あらべべちゃん失礼ね。わたしの耳元で“馬子にも衣装”とか囁くのやめてくれる?」

utukusiiko (9)

 

 

 

気持ちに余裕が生まれた私は、しじみの里親りょうちゃんが作ってくれた姫飾りを保護猫海子につけてみました。するとなんということでしょう。ほんとうに似合うじゃありませんか!

utukusiiko (11)

 

 

 

 

「うみちゃ かわい」

「どう? ほほさん にあう? わたし外にいた頃は こんなドレス着たことなかったの」

utukusiiko (2)

 

 

 

ブレちゃったけどほほが海子を褒めちぎっていました。ペロペロチュウばかりして^^;

utukusiiko (3)

 

 

 

ほほ、ほほのもあるよ? つけてみようか。

utukusiiko (5)

 

 

 

うん。いいね。ハンサムに見える。

utukusiiko (7)

 

 

 

海子に見せてきたら?

 

 

 

「はずかし でち」

utukusiiko (6)

 

 

 

海子、ほほが海子に夢中なの。知ってる?

 

 

ほほがというより、うちの猫ども全員が海子好きです。

 

 

ほほ、あまぱん、さぶ、保護猫ジョイ、先に巣立った卒業生大吉、みーんなみーんな。

 

 

 

海子には場を和ませる不思議な雰囲気があるんですよ。出すぎない。引っこみすぎない。

 

 

海子は常にほかの猫に対し絶妙な遠近バランスで接しています。

 

 

ときどき、相手を包む母のオーラを放ち、かと思えば、相手に頼り、娘のように甘える。いっしょにはしゃぐ友になってみたり、いいムードの恋人役を演じてみたり、かいがいしいお嫁さんの一面も。

 

 

「世渡り上手」とはちがうのかな? うまい表現が浮かびませんけど。

 

 

 

観察していると海子の女子力の高さに驚き、しばし呆気にとられます。

utukusiiko (10)

 

 

 

海子は野良時代もきっと出会う猫出会う猫に愛されたんだろうなあ。

 

 

猫との相性だけでなく、人間も必ず海子の魅力にハマります。

 

 

ビジュアルがいいのはもちろんですが、海子は中身がねえ・・・・・・魔性なんですよ。

 

 

 

私がドタバタしている最中は部屋の隅で微動だにしないのに、家事が一段落したかな? のタイミングを見計らい、足元に来てスリスリしながら訴えるのです。

 

 

 

「ハハ~ おそうじお疲れさま たいへんだったね。あの わたしはいいんだけど ほほさんたちが小腹すいてるみたいなの。そろそろおやつの時間でしょ? なにかあげてみたら?」

utukusiiko (12)

 

 

 

ああ。モタモタして忘れてた、ごめん。海子はよく気がつくやさしい子ねえ。

 

 

じゃあ、まずは海ちゃんにあげる。なににする?

 

 

みたいな展開に・・・・・・。

 

 

これ、作り話じゃないんです。海子がそうさせるんです。うまくないですか?

 

 

 

私も海子みたいな女性だったらもう少し得した人生を送れていたかもしれませんね。

 

 

 

「どうだかな」

utukusiiko (16)

 

 

 

りょうちゃん おれへのプレゼントありがとな」 (さぶへじゃなくてべべへのプレゼントです)

utukusiiko (14)

 

 

 

「海子もなかなかの役者だけど おれのオーラには負けるだろ?」

utukusiiko (15)

 

 

 

毎度お決まりのオチですみません。姫飾りにいちばん興奮していたのはまちがいなくうちの大根役者・・・・・・いえ、看板役者です(笑)。

utukusiiko (13)

 

 

 

これからは海子やジョイをたっぷりお伝えしていきます。

 

 

家族に名乗りをあげてくださる方を心待ちにしながら!

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す




*