反対の役


皆さまこんばんは。いつもポチの応援、あたたかまなざしありがとうございます。

 

連日保護猫龍とキャッチを放出中ですが、いただいたプレゼントや、デカ円の近況、(今さらながら先月の)お出かけ記事なども書きたいのでそちらもUPしていきます。

 

次回は札幌市が制定をめざす犬猫の「8週間条項」を応援する集会へ参加したときの模様をお伝えしようかと。札幌市へは永田町・議員連盟(犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟)からもエールを送っています。

 

いろいろなことが滞り、関係者の皆さまにご迷惑ばかりおかけして申し訳ないのですが、ちとお腹が痛いのでみいさん撮影の龍とキャッチの写真を使い簡単更新にて失礼します^^;

 

 

「ハハ~ ぼくいいたいことあります! 食いしん坊はぼくだけではありません!」

ryuutyae (6)

 

 

そうね。

 

 

龍が甘えん坊、キャッチが食いしん坊・・・・・・すっかりそういう感じにおさまったけれど、というか実際その通りなんだけど(笑)、龍が食べないわけでもないし、キャッチが甘えないわけでもないんだよね。どちらかと言えば、龍が甘えん坊、キャッチが食いしん坊かな? ってだけで。

 

 

おやつを食べる龍の巻

 

 

「ハハ~ キャッチのいない隙に手に持っているちゅーるのお皿ぼくに舐めさせてくださいよ」

ryuutyae (2)

 

 

 

「んー おいしー! ぼく ちゅーるだいすき♪」

ryuutyae (10)

 

 

 

龍くん、首輪曲がってるね。ブカブカだよ? 龍ってもやしみたいに細いのよね。うらやましい。キャッチより手足が長いしスタイルいいよね。本体のボーダーレスやっぱしびれるねえ。

ryuutyae

 

 

 

龍「べべちゃん ぼくに圧力かけないでください。べべちゃんはこれ食べちゃいけないんだよ。これはねこ用で つまりはぼく用です」

べべ「わたしねこ ちゅーるくれ」

ryuutyae (4)

 

 

 

龍とキャッチはつい先日のバレンタインに我が家に移動し、うちではじめて犬と暮らしました。すごいと思いません? 順応性の高さに驚きませんか?

ryuutyae (5)

 

 

 

「あ もうちょっとしかない・・・・・・」

ryuutyae (3)

 

 

 

龍とキャッチの家族になってくださる方には、龍とキャッチを信じふたりに少し時間をいただきたいのです。お見合いの日、龍とキャッチはおそらく緊張して自分を出すことができません。

 

みいさんが写真を撮りに来てくれたとき、龍とキャッチはビビりまくっていました。

 

お届け後、数日間は岩のように固まっているかもしれません。

 

でもたったそれだけなんです。

 

2週間、いや10日以内に、龍とキャッチは本来の快活さを思い出し、甘えぶり、食べっぷりを発揮し、まっすぐに育っていきます。龍とキャッチは短期間の間に、はじめて会った私になついてくれました。はじめての家で走りまわり、はじめて見る犬たちと遊ぶようになりました。

 

この猫は「なにができない」「なにが欠けている」ではなく、「なにができるようになったか」に着目してもらえればきっとすぐに円滑に楽しく暮らせるようになります。

 

ご家族のポジティブさが龍とキャッチに伝わらないはずがありませんものね。

 

すべては繋がっているんだと思います。

 

 

 

「ハハ~ ハハがかわいくないのが惜しいですが 龍の食いしん坊のあとは ぼくの甘えん坊写真もだすべきですよね?」

ryuutyae (8)

 

 

「ハハって パジャマすっぴんマスク姿なのにカメラを向けられるとカメラ目線になるんですね」

ryuutyae (7)

 

 

 

うるさいな。意地悪ばかり言ってるとキャッチおまいお婿行けないぞ!

 

 

 

「えー みなさま ぼくはねこだから当然日本語をしません。ぼくの写真にハハが勝手にセリフをつけているにすぎないのです。誤解のなきよう おねがいします。ぺこり。キャッチより」

ryuutyae (9)

 

 

 

皆さま明日もよい一日をお過ごしください。

 

私もそうします。

 

LOVE!

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*