べべ、悪かったね


今日のできごとをざっとコラージュしてみました。

kyatti

 

 

左上:703号室にて自分宛にメールを書いています。とち狂ったわけではありません。「フォスターアカデミー(猫)や「教えてアンニイさん」で使う資料を作成しているのです。参加する方はあとでわかりますが、皆さまへの出題にさせていただこうと思っています^^

 

右上:夜、二駅歩いて妹んちへ。妹の愛猫「福」が不機嫌ヅラでふんぞり返っています。推定12歳くらいのシニア猫ですがいつ会っても若々しい。福は私が保護し妹に譲渡した猫です。

 

左下:妹が残した生クリームを舐めまわす福(♀)。女性は甘いものが好きなのですね。

 

右下:帰りスーパーでブラウンマッシュルームを大量ゲット。驚きの安さでした。半分はシチューへ。残りの半分はガーリックオイルで炒めました。おいしかった♪

 

 

福が「甘い物好き」ならキャッチは「食べ物好き」。食べ物ならなんでもいいみたいです。

kyatti (7)

 

 

 

私が手につけたちゅーるをペロペロ♪

kyatti (8)

 

 

 

かわいいなあ。こんなにいっしょうけんめい食べるんだもん。

kyatti (6)

 

 

 

みいさんが撮ってくれた数々の写真の中で、これもすごく気に入っているのです。

catch (6)

 

 

キャッチがちまっと写っています。顔の表情も前足もたまらない。

 

正直キャッチは龍ほど甘えん坊ではないですが、キャッチはキャッチのペースでキャッチの思考で生きています。彼の丸ごとを抱いてくれるやさしいご家族に出会えますように。

 

 

龍も元気ですが、龍の写真はまた次回にしますね♪

 

 

 

みいさんが撮ってくれた我が家の老犬べべ公

kyatti (3)

 

 

 

みいさんから送られてきたべべの写真を見て、なぜか涙が止まりませんでした。

 

 

多頭の環境に翻弄されながらも15年間私のそばにいてくれたべべ。はじめはひとりっ子だったのにお母さんがどんどん仲間を増やしちゃってべべ、悪かったね。

kyatti (2)

 

 

 

淋しがり屋で目立ちたがり屋のべべ

kyatti (4)      

 

 

 

もし、べべにたくさんの選択肢が与えられていたら、あなたは私を選んでくれたでしょうか?

 

 

べべはお母さん以外の人と他の道を歩むかな?

 

 

ときどきすごく絆を感じるし、ときどき少し不安になる。

 

 

べべの幸せのバロメーターを私はそれなりに満たせているのか、と。

 

 

両思いの気もするし、片思いの気もします。

 

 

たしかなのは、お母さんの気持ちだけかもしれないね。

kyatti (5)

 

 

 

べべがお母さんを好きな百倍、お母さんはべべが好きです。

 

べべのおかげで、いつもぜんぜん孤独じゃない。べべありがとう。

 

 

LOVEを添えて!

 

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*