栗子さん 私の話を心で聞いてください


鍋待ち中のカメラマン太田康介氏とあきこさん。母にお願いして太田さんご夫妻の台湾薬膳鍋はベジタリアン仕様にしてもらいました。

ota2

 

 

おっぱいのような桃饅頭が本日のデザート!

ota1

 

 

写真には写っていませんが、MIHOさんとうちの妹もいっしょです。

 

 

保護猫栗子さんを無事に保護したので母の店で「お疲れ会」を開催したのです。

 

 

栗子さんはMIHOさんと太田さんの地元の野良猫。外でごはんをねだる栗子さんのけなげな姿に胸を痛めたMIHOさんが保護をがんばりました。近所の太田さんに捕獲箱を借りて。

 

地元の子だから幸せになってほしい、とのお心で太田さんご夫妻は栗子さんを我が家まで連れてきてくれました。もちろん保護した張本人MIHOさんも同乗しています。

 

 

太田さんご夫妻に甘えるリルとべべ。太田さんリルは男好きなので気をつけてください(笑)。

kuriko (4)

 

 

世間知らずの保護猫デカ円が威嚇してしまい申し訳ありません(汗)。

 

 

肝心の栗子さんは……保護から一晩経ってなお、超不機嫌オーラを撒き散らしています。

kuriko (3)

 

 

まだ飲まず食わず。困ったなあ。

 

栗子さんは人間不信を克服します。おこりん坊のデカ円だっていつかは!

 

絶対です。100%そう言いきれます。

 

なぜなら今までどの保護猫も克服してきたから。

 

ベッタベタの甘えん坊とまではいかなくても、人間との共存ができるようになります。

 

その子なりに人に心をゆるし、その子なりにすこし開くようになります。

 

けれど時間がかかるのも事実。時間の長さは個体によって異なりますし。

 

栗子さん、私は際限のない時間を栗子さんに与えたい。

 

栗子さんは栗子さんのペースで馴れていってくれたらいいよ、と言ってあげたい。

 

しかし今回ばかりは私にも事情があるのです。

 

どうすれば近道できるのか? スピードアップできるのか?

 

「仲よし」になるために足りない頭をフル回転させないといけませんね。

 

栗子さん押しつけがましいのは重々承知していますが、すべてはあなたのためです。

 

あとで必ず今私が話していることの意味がわかるようになります。

 

だからどうか早いところ私を信じてくれませんか?

kuriko (2)

 

 

栗子さん、明日は不妊手術および医療ケア入院です。

 

度重なる移動が不憫ですが、やらないといけないですもんね。はあ。

 

言葉で伝えることができたら、どんなに楽でしょう。

 

でもそうじゃないから犬猫と人間は言葉を超越した絆が生まれるのかもしれませんね。

 

おやすみなさい。

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*