シナ&モン、病院へ


愛の実たちを連れて病院へ行ってきました。

7avjp (3)

 

 

ふたりいるのに、ずいぶん軽いキャリーです。

7avjp (2)

 

 

シナ&モン、下痢です。子猫はいつ体調が変わるかわからないので不安で。

 

検便、診察をお願いしました。

 

まずはモンちゃん、体重450g

7avjp (12)

 

 

熱を測る際、肛門に体温計を入れられ大鳴き

7avjp (9)

 

 

体温38.4度。猫の平熱です。

7avjp (13)

 

 

にょきー!

7avjp (14)

 

 

耳の中もチェック

7avjp (4)

 

 

ふて顔?

7avjp (5)

 

 

爪切り中

7avjp (6)

 

 

いや~ いちいちかわいい顔をしますね。

7avjp (10)

 

 

ミニチュアモンは診察上異常ありませんでした。

7avjp (11)

 

 

モンくん、お疲れさま♪

7avjp (8)

 

 

キャリーに入って待っててね^^

7avjp (7)

 

 

つづいてはグリーンの小シュシュをつけたシナ坊の番です。

7avjp (15)

 

 

体重550g。体温38.3度でした。

7avjp (16)

 

 

実は私、気になることがあったのです。

写真だとわかりづらいかもしれませんが、シナは頭が大きく目がグリッと飛び出ています。

うちのほほの赤ちゃんの頃に少し似た感じ。頭が重そうというか……。

もともとこういうビジュアルなのか、はたまた病気が隠れているのか。

杞憂かもしれませんが、疑問に思ったことはなんでも先生に聞いておきたいのです。

 

「大巻先生、どうなんですかね?」

 

「ええと……言われてみると、まあたしかに頭部が大きいですね。ぼくは異常ではないと思いますが、もしあれならエコーやっておきますか?」

 

キャリーからモンを再び取り出し見比べる大巻先生(左:モン 右:シナ)

7avjp (21)

 

 

「似てるようで、似てませんね」だって。(左:モン 右:シナ)

7avjp (22)

 

 

部屋を暗くして瞳孔の動きを確かめました。

7avjp (17)

 

 

うん。黒目がちゃんと広がっています。

7avjp (19)

 

 

シナ坊、萌え~!

7avjp (20)

 

 

あまりにもシナ坊が愛らしいので病院内で泣き出しそうになりました。

7avjp (18)

 

 

エコー検査といっても、シナ坊には負担がかからないのでご安心ください。

7avjp (24)

 

 

頭にゼリーをつけ機械をあてるだけ

7avjp (26)

 

 

へんな顔~(笑)。でも、よーくがんばっています。

7avjp

 

 

大巻先生が何度も真剣に診てくださいました。

7avjp (25)

 

 

「異常は……見当たりませんねえ」

 

 

おお!! やった!!

 

心配しすぎだったか^^;

 

診てもらってよかったです。「大丈夫だろう」と簡単に括り、今までの自分の経験値に甘え病気を見逃すより、医療人に根拠を持って否定される方がずっと確かですものね。

 

大巻先生、ありがとうございました。

 

肝心の下痢ですが、検便は異常なしだったので、ad缶によるものじゃないか、とのこと。

ad缶はたしかに良質で高栄養ですが、子猫は下痢をすることもあるそうです。

なるほど。

私はいろんな種類のフードを与えていたのですが、ad缶を中心に組み込んでいたのでad缶が関係していてもおかしくないですね。

まずはad缶をやめ整腸剤を飲ませてみることに。

シナ&モンはまだチュルチュルと吸うように食べるのがお得意なので、ロイヤルカナンのドライフードを粉砕し、子猫パウチに混ぜて与えてみることにします。

 

シナもモンも小さな体です。

心配しすぎはよくないですが、体から発する声を聞き逃さず、きちんと育てていきたいです。

 

愛の実、だからね!

 

ごめんなさい。ちょっと疲れてしまったので本日はいせやんの写真をお休みします。いろいろなプレゼントが届いていますが、今度UPしますね。ではよい週末をお過ごしください。

 

LOVE!

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*