あなたとつきあう


気がつけば、あまぱんは最低でも11歳(推定)を超えるシニア世代になりました。

不調のひとつやふたつは当然といえば当然かもしれません。

けれど、「肺の結節(しこり)」という爆弾をいきなり落とされた私は消化不良のまま。

私はあまぱんにじゅうぶん手をかけてきたといえるだろうか―――?

 

私は昔から「後悔」に蝕まれる体質です。

 

ならば自分のためにも「後悔」は最低限に留めたい。

 

ということで、大巻先生からの紹介状を手に本日東京大学附属動物医療センター

kessetu (10)

 

 

大学病院の予約が取れるまで、いや肺の結節に気づいてからというもの、ただただ心配で時間が長く感じられました。もう永遠かと思うほど。

日々いっそうあまぱんの大切さばかりが身に沁みていたのです。

 

 

急な誘いにも関わらず快くつきそってくれたMIHOさんありがとう。MIHOさんは朝8時すぎに703号室に到着し9時を少しまわったところで出発!

kessetu (9)

 

 

キャリーにしじみさんの里親りょうちゃんからいただいた「お守り」をぶら下げています。

kessetu (11)

 

 

「待ち時間」のはじまりはじまり!

kessetu (4)

 

 

名を呼ばれ診察室へ

kessetu (8)

 

 

先生にデータを渡し細かい問診を経てあまぱんを預けました。

熱はなし。体重5.16キロ。肺に雑音あり。

 

あまぱんはまず約1時間基礎的な検査を受けることに。

kessetu (6)

 

 

血液スクリーニング検査、レントゲンも撮りなおします。

 

結果、血液スクリーニング検査は異常ナシですがやはりレントゲンには肺の結節が認められました。この時点で担当医が増え、二人体制に。

 

結節の正体がもし「肺がん」なら原発巣は別の場所の可能性が高く、転移で肺に結節ができたと考えるのが一般的だそう。先生の口ぶりや表情を窺い私はよからぬ想像をしてしまうほど怖くなりました。急にあまぱんが遠のいていくような気さえします。

 

不安をかき消してもまた募り、かき消してもまた募る。

 

つづいてCT検査を依頼し再度先生たちにあまぱんを預けました。麻酔に関する同意書にサインをしながらも往生際のわるい私は「無麻酔でCTができないか?」と相談。

 

東大のCT機器はかなり性能が高いのを大巻先生に聞いていたのです。肺がんの恐れのあった17歳超の老猫さんが東大にて無麻酔の状態でCT検査を受けたのを知っていたので、あまぱんも同じようにしてもらいたくてお願いしました。

 

「できそうならやってみます」

 

先生は前向きに答えてくれました。

 

無麻酔でできるかどうかは患者がじっとしていられるかがポイントになります。患者の状態や性格にもよるので、あまぱんが激しく動いてしまう場合にはむずかしいのはわかっていました。

 

「無麻酔が無理なら仕方ありません。正確な検査をお願いします」

 

「はい。お預かりします。なにかありましたらお電話します」

 

 

長丁場の待ち時間のあと診察室へ。どうやら無麻酔でCTができたようです。

 

あまぱんの負担を軽減できたのがうれしい!

 

 

あまぱんのCT画像。結節の部分にまるをつけています。ハッキリ写っているでしょ?

kessetu (12)

 

 

結節の正体は組織をとってみないと断定できないとしながらも

 

①他の部位に原発巣が見当たらない

②結節は腫瘍とは限らず、肉芽種、過去の肺炎の後遺症の可能性もある

③肺の中は他に異常がない

 

などを理由に挙げ、1ヶ月に一度の経過観察を提案されました。

 

肺に針を刺したり、開腹して肺の組織をとることもできるそうですが、あまぱんの症状を鑑みて今回はそこまでやる必要性が感じられないとのこと。

 

つまり毎月画像のチェックが必要だけど、ただちに命に関わるものではなさそうとの見解を示してくれたのです。来月から月一で東大病院か大巻先生の病院へ検査に行きますが、結果を聞き今は安堵と満足の気持ちの方が大きいです。

 

 

会計待ち。あまぱんは前を向いてくれなかったけどMIHOさんが記念に撮ってくれました。

kessetu (2)

 

 

不精な中年の見苦しめのスマイルですが、ハッピーオーラだけは満タンです!

 

ちなみに今後検査を考える方の検討材料になればと思うので金額を載せておきますね。

 

【外科】

診察料 3,000円

注射料 3,880円

検査料 6,020円

画像診断料 53,070円

合計 65,970円

+駐車場料金1,300円でした。

 

あまぱんは保険に入っていないので100%自己負担。サラリーマン家庭にはけっして安くはないけれどCT検査をしているので妥当かもしれませんね。麻酔をかけていたら麻酔料や処置料も加算されていたはず。要麻酔なら若干金額が上がるかと。

 

 

MIHOさんも「やった!」を連発。MIHOさん、クー太も回復気味でよかったね!

kessetu (14)

 

 

MIHOさんと診察を終えたあまぱん

kessetu (16)

 

 

気分アゲアゲだからMIHOさんのバッグとかも余裕で持っちゃう!

kessetu (13)

 

 

ささ、おうち帰るど~!

kessetu (3)

 

 

パーキングを出るとき、運転席で手が滑り100円玉を車の下に落としてしまった私ですが、車を路肩に停め主婦の執念で見つけ取り戻しました。

 

 

「あった! 100円~!」

kessetu (5)

 

 

喜びの瞬間です。

 

 

帰宅後、頭痛がひどく布団へへたれこむ。朝から晩まで頭がガンガン痛くてウザいです。

kessetu (15)

 

 

本日は頭痛薬6錠(一気にじゃありません)飲みあまぱんの通院に挑みました。いったいいつになったら頭痛が去ってくれるのでしょう。私、悪いのは頭だけなんですよ。

 

 

ソレイユ、空美、お留守番がんばったね。MIHOさんがふたりと遊んでくれました。

kessetu

 

 

あまぱんお疲れさま。おなか減ったでしょう?

kessetu (7)

 

 

あまぱん、お母さんは惰性であなたのそばにいるわけじゃないのです。

このたびあなたの存在がどれだけ重要か思い知りました。

そして決意したのです。

 

あなたとつきあう。

あなたの結節とつきあう。

結節があなたの一部なら、ぜんぶ含めて

お母さんあまぱんとつきあう。

 

 

長くなりましたが、覚書としても残しておきたかったのです。

お読みくださってありがとうございました。

皆さまのお子が健やかに生きられますように。

 

LOVE!

 

スポンサーリンク





10件のコメント

  • kaz

    あまぱんちゃん 本当に良かったです
    ハハさんのとっても明るい笑顔(*^^*)
    嬉しいです

    • anny703

      kazさま
      先ほどのコメントに書いたのですが
      お守りほんとうにありがとうございましたー^^
      あれ中山さんのですよね!
      かわいいですね~♪ ごりやくたくさんありそうです。

  • りえ

    ご無沙汰しています。

    あまぱん君、とりあえずは一息という
    ところでしょうか。
    良かったですね。

    私、最近のハハ様のブログを拝見して
    お子様達よりもちょっと気になる事が
    ありコメントさせてもらいました。

    それはハハ様の「頭痛」です。
    私も頭痛持ちで長年悩んでいました。
    母が脳梗塞やくも膜下出血を患って
    いるので、心配でCTやMRIを撮った事もあり、その都度「特に脳に異常なし」で
    安心と共に「だったらこの頭痛は?」
    とモヤモヤ感も残っていました。

    鎮痛薬を飲んでも治まらない日もあり
    困っていた時に友人に頭痛専門の医師を
    紹介されて診てもらうと。。。

    「偏頭痛と緊張型の混合頭痛」更に
    鎮痛剤の飲み過ぎで頭痛を悪化させて
    しまう「薬物乱用型頭痛」との診断を
    受けました。

    偏頭痛の痛みには鎮痛薬は効きません。
    鎮痛薬を飲めば飲む程悪化させてしまう
    可能性が高いそうです。
    偏頭痛用の頓服薬でないとダメなのです。

    今年3月から治療を始め、頭痛を起こし
    にくくする薬や漢方薬等の服用で
    今では頭痛の回数も減っています。
    鎮痛薬は1ヶ月6回までと決められて
    います。

    ハハ様もお忙しいでしょうけれど、
    一度頭痛外来や頭痛を診てくれる医師を
    探して受診してみては?と思いました。

    余計なお世話を長々とごめんなさい。
    頭痛持ちとしてはあの痛みを抱えて
    仕事やお子様達のお世話や家事等
    とても大変だろうなぁ。。。と
    勝手に思ってしまっています。

    応急的には痛い時に水枕等で頭全体を
    冷やしたりすると少し楽になりますよ。
    また、微糖のコーヒーも偏頭痛には
    良いそうです。

    • anny703

      りえさま
      ご心配くださりありがとうございます。そしてりえさまも頭痛で悩まれているのですね。
      1ヶ月6回って……下手したら1日2日で飲んでしまう量です。ダメですね。
      私も数十年前から頭痛体質で過去には頭が痛くてどうにもならず、CTやMRIを撮ったことがあります。
      りえさまと同じく「異常なし」との診断で、緊張型頭痛と言われました。
      たしかに人と会って不得手な話をしたり緊張したりすると筋肉が凝り固まりすぐ頭が痛くなります。
      寒いときも体がなまっている? ときも眼精疲労のときも例外なく頭痛が起きます。
      体勢が悪いとすぐ頭痛。
      もう頭痛の苦しみから解放されたいと切実に願っています。
      この2日くらいは調子がいいのですが、ここ1ヶ月で調子がいい日は数えるほどしかありませんでした。
      昔CTなどを撮って異常がなかった私でもまた受診した方がいいですかね?
      それから、頭痛の専門病院、りえさまが通っていらっしゃるところは何県ですか?
      首都圏なら行ってみようかなと思います。
      偏頭痛もちではないと思うのですが、素人判断ですのでもう一度先生に聞いてみたいです。
      ご迷惑でなければ教えてください。
      そしてお大事に!

      • りえ

        ハハ様は緊張型頭痛なのですね。
        私も今の病院を受診する前は訳が
        分からず、痛みを止めたいが為に
        鎮痛薬を乱用してしまっていたので、
        悪化させてしまった経緯があるので。。。
        ハハ様も鎮痛剤の飲み過ぎで悪化して
        居る可能性もあるかも??

        私は現在千葉県千葉市在住で。。。
        通っているのは大きな病院ではなく、
        友人の紹介で知った個人医なのです。
        看板では内科・外科・脳神経外科・
        漢方内科を掲げているので。。。
        大丈夫かな??と思ってしまいますが、
        元々は大学病院で頭痛外来をしていた
        先生らしいです。

        個人医ですが、基本要予約です。
        書くのが面倒な程(笑)丁寧な問診から
        始まり、先生は優しくて丁寧に診て
        くれます。
        先生の所に通って半年過ぎましたが
        だいぶ頭痛の発生頻度が減って来たと
        思います。
        私は自分に合っている病院だと思います。

        ただ、同じ千葉市でもJR千葉駅から更に
        モノレールに乗り換えて20~30分
        移動しなくてはいけないので、ハハ様の
        ご自宅からは少し遠いのかな??と。

        一応、病院のURLを貼っておきますので
        覗いてみてください。
        http://www.raimura-clinic.com/index.html

        頭痛は頭痛を専門に診ている先生の方が
        良いと思いますので。。。
        もし、都内でお探しになるのなら
        脳外科よりも脳神経内科や頭痛外来等を
        探した方が良いかもしれないです。

        • anny703

          りえさま
          ご丁寧にありがとうございます。
          お返事が遅くなって申し訳ありません。
          そうですか。それだとちょっと距離があるので通うのは難しいかもしれません。
          私明日肝臓内科の通院が入っているので先生にちょっと相談してみようと思います。
          肝臓と頭痛はちがうのですが、いろいろと詳しい先生なので頭痛の方でも情報を得られるかもしれません。
          一度受診をしようと思います。
          頭痛がするとほんとうにやる気が半減して悔しい気持ちにさえなりますよね。
          りえさまもたいへんな日々を送っていらっしゃることでしょう。
          お互い自愛しましょうね!笑
          薬の乱用を控えるよう努力します。
          すぐに薬に逃げるのはダメですね。
          でもがまんもきついし^^;

  • ただちに命に関わるかかわるものではない
    との文字を見てものすごく安堵しました。
    あまぱん氏偉かったね、がんばったね
    無麻酔CTが出来てたと知ってすごく嬉しかったです。
    無理矢理な検査はしないって素晴らしい先生に出会えて本当に良かった。
    それもこれもハハ様とあまぱん氏が一緒に頑張ったからですね。
    後ろ向きにならずに前向きに頑張るハハ様と
    あまぱん氏を見て私も家の子の治療を頑張ろ
    うと勇気をもらえました。
    雑念はいらない全ては愛する子のためにって
    気づきました。

    • anny703

      豆さま
      優しいお言葉ありがとうございます。
      100%すっきりしたわけではないのですが、まずは少し安心しました。
      無麻酔のCTには私もほんとうに心から感動しました。猫が無麻酔でCTですよ? すごいことですよね。
      それだけ東大のCTの性能がいいらしいのです。あっという間に撮れるから動きまわる子じゃなければ
      「え」という間に終わってしまうんだとか。本来は無麻酔で使用するために使われているわけではないと思うのですが
      性能がいいから応用が利くんでしょうね。
      CTを必要とする子はイメージだと重病の疑いや老齢の子たちが中心でしょうから麻酔をせずに検査ができるのは心強いですよね。
      豆さまのお子はまちがいなく幸せですよ!
      いつも全力で取り組んでいらっしゃるじゃないですか!

  • moneyama

    昨日の未明はカシオペア流星群の極大期で、一筋でもいいから
    どうしても流れ星を見たくて、アラームをセットしました。
    結果的に薄雲がかかってて、一つしか見られませんでしたが
    お願いしたかったんです、流れ星に。

    「わたしが知ってる仔の病の全てがなんてことありませんように」

    もちろん、あまぱんさんもです。
    さぶさんも、ベベさんも。
    おーあみさんとこのスーパーマンも。
    私の大切な猫師匠のとこの玉三郎も。

    いのちが輝くためには、周りにいるいのちが輝いてなきゃ
    いけないんだって小学校の先生に言われました。
    月がキレイに輝くのも太陽のおかげ。

    ハハさんが月なら、あまぱんさんは太陽です。

    • anny703

      moneyamaさま
      ツイッターの方でもいつもありがとうございます。あまぱんを心配してくださりありがとうございます。
      さぶもほほも元気にしています。べべも^^
      あまぱんは太陽ですね。moneyamaさまのおっしゃるようにうちのお子たちはみんな私の太陽です。
      輝いてもらわないといけませんね。

      大網さんとやり取りしていました。スーパーマンちゃんのこと。
      いろいろいい方向へ向かうといいですね。
      どの子も健やかに穏やかに生きれるのがいちばんですよね。

コメントを残す




*