愛の塊たちをキャリーにのせて


お得意の「時系列メチャクチャ」記事^^;

 

今日は先週火曜(8月11日)までさかのぼります。

 

の前に! みいさん撮影会の8月9日

シナ&モンは終始ハイパーにはしゃぎまくりでした。ふだんより人の手のぬくもりを多く感じて幸せなひとときだったからでしょう。私も見ていてうれしいような切ないような。

 

このときはまだシナ&モンのご縁が決まる前だったので、なにがなんでも甘やかせてくれるお家を早急にさがさなければ! と気を引き締めたほどだったのです。

 

恒例のみいさん写真♪ (左:シナ 右:モン)

IMG_0058

 

 

卒業まで載せまくりますよ! (手前:シナ 奥:モン)

IMG_0011

 

 

「ねえねえ MIHOさんて なんさい?」   (シナ)

IMG_0003

 

 

「なんさい?」 (モン)

IMG_0014

 

 

「え? ほんと? いがいと年ですね。ぼく もっとお若いのかと」 (シナ)

IMG_0038

 

 

「ぼく とんぼで MIHOねえ にあそんでもらいました」 (モン)

IMG_0015

 

 

「へへ すえっこはどこも世渡りじょうずです」 (モン)

IMG_0016

 

 

と、すごく楽しそうだったシナ&モンですが、翌日の月曜モンが連続嘔吐。

 

ちなみにシナは変わらず元気でした。

 

1日モンを隔離して様子を見ていたのですが、次の日念のため大巻先生の病院へ連れて行くことに。治ったように見えても子猫だから心配です。モンはシナよりひとまわり小さいし。

 

シナは付き添わせました。

診察時、モンの比較対象にもなるのでシナがいたほうがいいのです。

 

ついでに卒業を控えたいせやんも連行。

 

ひとりで3匹。シナ&モンが小さいとはいえ結構たいへんで(汗)。

 

病院到着後。これがこの日撮った唯一の通院写真。いせやんは洗濯ネットの中にいます。

IMG_6093

 

 

診察時すでにモンの吐き気が止まっていたことや、撮影会のはしゃぎぶりなどから推察し、大巻先生は「一過性の嘔吐」と診断。

 

もちろん、いつもどおり丁寧に診察してくれました。シナもついでに診てもらいましたよ。

 

チビたちは大丈夫とのことでつづいていせやんをお願いしました。

 

いせやんを保護したのは昨年9月。若く健康的に見えたので病院は保護当初の1回のみ。卒業にあたり、一度きちんと診てもらいたいと思ったのです。

 

里親さんには通院の了承を得ていました。

 

いせやんが新環境にすっと馴染むとは考えられません。

 

新しいお宅で食欲不振や元気消失が起きた場合、保護主として私は「大丈夫です。いせやんはただ緊張しているだけです」と言いきれる根拠がほしかったのです。

よって血液スクリーニング検査を依頼。外から見てもわからないですものね。

結果、腎臓以外の全項目が「基準値」におさまりましたが、腎臓の数値が若干高め。

腎不全初期 ステージ2(基準値2.4までに対し、クレアチニン2.8)

まずは食事療法とネフガードからスタートすることに。

 

まさかと思っていたので、正直ショックでした。すぐさま里親さんに電話。

キャンセル覚悟で率直にお話しました。

 

里親さんは穏やかな声でこう言いました。

 

「なにに気をつけてあげたらいいんだろう? (病気を)見つけてくれてありがとう」

 

そしてその後届いたライン↓ (左から右へとつづきます)

IMG_6106

 

 

自慢ばかりで申し訳ありませんが、私は本当にすばらしい里親さんに出会えたと思っています。

 

いせやんの丸ごとを受け止めてくださりありがとうございます。

IMG_6192

 

 

彼がどれだけ外をさまよっていたか知る術はありませんが、外暮らしは命の消耗が激しいので若くして腎臓を病む子がいます。特にうちの近所は野良猫たちにいい環境とはいえないし。でも昔のことはどうしようもありません。せめてお届け前にいせやんの体の状態を知れて幸いです。そして里親さんの深い理解のもといせやんが晴れの日を迎えられたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

サスケ、このは、いせやんは今、ご家族とともに努力中です。

 

最高の環境ですが一筋縄にはいきません。

 

心躍らせながら皆さまに卒業レポをお送りできる日を夢見つつ、まずは静かに見守りたいです。

 

長くなりましたね。

 

明日もいい一日になりますように!

 

LOVE!

 

スポンサーリンク





4件のコメント

  • ハハさま、こんにちは!
    シナモンちゃん、いせやん、素敵なご家族が決まって本当に嬉しいですね。
    おめでとうございます!

    我が家のキジ丸ですが
    みいさんがツイッターで触れてくださっていて
    ハハさんも胸に留めてくださっていた事嬉しかったです。
    実は、土曜日のSALAちゃんの退院の時
    同じく私も病院にキジ丸のお迎えでいたのですが
    (その日輸血の為半日入院でした)
    なんだかちょっとドキドキ恥ずかしくなってしまって
    ハハさんにお声を掛けられませんでした。(^_^;)
    帰り際に、SALAちゃんのお顔を見られてよかったです。
    SALAちゃんの身体の痛みが少しでも穏やかになるよう
    キジ丸のミラクルパワーも届くように祈っています。

    我が家ももう1匹の猫がCREAが2.3なので
    腎不全の初期と考えていいそうなので
    また、腎不全との戦いに備えていきます!
    いせやん、さぶくんも頑張れー!!
    ハハさんもご自愛ください。(^_^)

    • anny703

      美和&あられさま
      キジ丸くんのご冥福を心よりお祈りいたします。あれだけのケアをしてもらったのですから本当に幸せなお子だったと思います。
      でも淋しいでしょうね。お察しします。ずっとがんばってこられたのですから、せめて少しお休みくださいね。
      うちにもさぶがいますし、卒業生のいせやんもクレアチニンが高いと言われました。
      慢性腎不全と闘いながら上手に付き合いながら猫と暮らしていきたいですね!

      それにしても!
      声をかけてくださいな(笑)。
      私よく声をかけづらい雰囲気だと言われるのですが「意地悪」な感じとか漂ってますか?
      もしそうなら直す努力をするので教えてください~^^;
      どうぞよろしくお願いします~!

  • kaz

    いせやん そして シナ&モンちゃん ずっとのお家が決まって
    本当に おめでとうございます

    これは もしかして SALAちゃんが導いてくれたご縁かもしれませんね

    ハハさんは ケアの必要なお子たち 家族探しのお子たち 大変な中でも
    SALAさんを丸ごと引き受けられた
    SALAさんのお世話は大変とわかっていても見ない振りできなかった
    その大きなLOVEがご縁を呼んだんですね

    ほほさんや SALAさん そしてサブさん 愛しいお子たちに
    たっぷり愛情を注いでください

    ハハさんには素敵なお仲間たちもいらっしゃるから心強いですね

    • anny703

      はい。いせやんはもう少し時間がかかりそうですが、シナモンは無事に巣立つことができそうです。
      でも小さいので気が抜けませんね。お届けまで大切にしていかなければと思います。
      闘病だらけになってしまった我が家ですが、今は自分のお子と向き合って彼らとの時間を大切に過ごしたいです。
      ブログは闘病記や日常の様子にしばらくなるかもしれませんがおつきあいくださいね~!
      これまでずっとあとまわしにしてきた子たちです。
      本当に我慢強いすばらしい子たちです。
      自慢の子たちにスポットライトをあてたいです^^

コメントを残す




*