まーもとゴンタ


我が家には、宝物がいました。

今も心の中に生きています。

姿は見えなくても、彼らの呼吸を感じない日はありません。
クリックすると元のサイズで表示します

懸命に生き抜いたあと、縁あって703号室に来てくれました。
クリックすると元のサイズで表示します

だけど彼らに、華々しい卒業をさせてやれなかった。死と隣り合わせの重病を患っていたから。

白血病、重度の慢性腎不全と闘い潔く逝ったまーも
クリックすると元のサイズで表示します

自宅で治療も行いました。まーもと生きたくて。

私はまーもが好きで好きでたまらなかったです。

まーもの病気が進行するたびに、胸をえぐられる思いでした。

去年の今頃は、まだ闘ってた。

生きていました。まーもが、生きていました。

手の焼けるゴンタも
クリックすると元のサイズで表示します

ゴンタが亡くなってから、あの洗濯の量や、ゴンタの介護の大変さが改めて身にしみました。2年以上、本当に自分が洗濯していたのか、シーツをかえていたのか、食事を作り、介護していたのか、あれをやったのは自分だったのか? わからなくなることも。

一筋縄にはいかない感情もありましたがゴンタを愛していました。

まーももゴンタも、私を揺さぶりました。

彼らの「生」が私の全身に響いていたのです。

数え切れないくらいたくさんの「生」をこの家に残していってくれてありがとう。一緒に生きれて光栄でした。

今年の盆には、帰って来るよね。

会って抱きしめたい。

そして生きているお子たちを大切にしなくては……。

スポンサーリンク





コメントを残す




*