命の覚書


ゴンちゃんのサークルを掃除する間、リビングで寝かせました。

この時は、穏やかな寝顔を浮かべていました。
クリックすると元のサイズで表示します

ゴンちゃんの寝顔を見ていると、心がポカポカしてきます。前も書いたかもしれないけれど、ゴンタから、ごほうびを与えられたような気分になるのです。

1時間後、起きてしまいました。

絶叫がはじまると、私も心の余裕がなくなるので、写真におさめるのはいつも寝顔。だけど1回くらいは、覚書として、カメラを構えてもいいよねゴンちゃん。

一見、笑っているような表情
クリックすると元のサイズで表示します

パッチリおめめで、どこをみてるの?
クリックすると元のサイズで表示します

私? きっとちがうよねえ……
クリックすると元のサイズで表示します

力の限り、叫ぶ姿
クリックすると元のサイズで表示します

ごはんもお水もおむつも寝返りもあんよも、全部終わったよ。
クリックすると元のサイズで表示します

ゴンタ、しんどい? 立てないのは辛いよね。
クリックすると元のサイズで表示します

立ってクルクルまわってた頃は、いつも笑ってたもんね。

ゴンタの気持ちは、わかってるんだよ。

もう自力では首もあげられなくなってしまったから、悔しいんだよね。

立派な肉球を、持て余してるんでしょう。

ゴンタの話を、全部聞いてあげられる余裕がほしい。
クリックすると元のサイズで表示します

写真を撮ったあと、サークルに入って、ゴンタの首を起こし抱きしめました。私の匂いや熱に気を鎮めてくれることもあるから。でもこの時はダメでした。一筋縄にはいかないようです。

ゴンタの望みがわからないわけではありません。認知症を患っているとはいえ、2年1か月の間、ずっと一緒に暮らしてきたのです。でも望みを叶えてやることができない。なぜなら、ゴンタの望みは自然の摂理と真逆だから。

今はかろうじて、前足が少し動くだけ。

首に力が入らなくなっているので、車いすはもちろんのこと、人間がゴンタを補助するハーネスでも、もうほとんど歩けません。

できない、が増える。

イライラが募る。

爆発する。泣く。泣く。
クリックすると元のサイズで表示します

この写真に写っている肩の床ずれは一進一退ですが、腰の床ずれは消えました。

ほらね。ここ、けっこうひどかったんです。
クリックすると元のサイズで表示します

おむつを替える際、腰の床ずれが見当たらなくてさがしちゃったよ。こんな風にきれいに治ってくれたのがうれしくてたまらなかった。免疫力、自然治癒力の低い老犬にとって、傷が治るって、当たり前じゃないんです。

ゴンちゃん、できることもあるじゃない。

まだいっぱいある、と思う。

スポンサーリンク





コメントを残す




*