新メンバー追加


「こんにちは。あたちはみも♪ ヤングにゃでしこの女子部リーダーですっ! 今日は新しいメンバーを紹介します。みなさま、お見知りおきをっ!」
クリックすると元のサイズで表示します

ヤングにゃでしこに新メンバー登場です。
クリックすると元のサイズで表示します

ずっと保護したくて何日も探しまわっていたキジトラ。

仮名は「なお」。

うららさんがつけてくれました。

みも、まこと、かすみみゆの順に外にいた猫たちを保護した私は、犬の散歩中に、ゴミ置き場でゴミを漁る「なお」の姿を見て、仰天しました。

同じ位の月齢の猫が、またいた……。

みゆで最後だと思っていたので、開いた口が塞がらず、一気に脱力。

これで、5匹目……。

まだ、1匹も里親が決まっていないのに、どうしたらいいのか。

できれば、最後の子は、見なかったことにしたい。

そう思いました。

気力も体力も保護場所もない。

なのに目の前にどんどん現れる。

もう、どん底の心境でした(苦笑)。

だけど、どうしても気になって、犬たちを家に置いてから、再び行ってみると、なおは姿を消していたのです。その日から、私の「なお」捜索がはじまりました。

たった1度ゴミ置き場で見ただけの猫を、どうやって探せばいいのか?

どこへ行くにも、洗濯ネットとフードをバッグに忍ばせました。

素手で保護できるかわからないけど、もし会えたら、連れて帰れるように。

もう覚えてないけど、10日以上は探したと思います。

高熱を出した日曜日も、ジュースを買いに行くふりをして家を出て、なおの姿を探しました。あまりにもいないから、私は幻覚を見ただけだったのかしらとも考えました。

体がしんどくてしょうがないので、さすがにもう帰ろうとしましたが、念のため、普段は通らないアパートの方へ足を伸ばしてみることに。

そうしたら、アパートの入口に、なおがいたのです。

しゃがんで、手を伸ばす。

なおが一目散に逃げる。

この子は捕獲箱じゃないと厳しいなあ。

捕獲箱を取りに、703号室に戻りました。

その際、「いいかげんにしろ」とチチに怒鳴られたけど、聞き捨てました。

猛ダッシュで、なおのいたアパートに戻ると、なおが消えてる。

ああ!! くそ!!

思わず自分の頬を自分で殴りました。

まだ近くにいると踏んだ私は、フードをたっぷり入れた捕獲箱を仕掛け、腰を据えました。

どうしても連れて帰りたかったのです。

おそらく、みもたちの一味だから。

どれくらい待ったでしょうか?

その間に、不審者だと間違えられ、怒り口調で女の人に話しかけられ、ひたすら弁明に走り……。

そうこうしている間に、なおが再び戻ってきて、捕獲箱に近づいてくれたのです。

来た!

この子は、絶対に入る!

10分後、捕獲箱の扉が閉まる音を聞き、私は捕獲箱の近くに走り寄りました。

入った!
クリックすると元のサイズで表示します

やった!

里親探しに詰まっていた私は、もうーすさんのアドバイス通り、捕獲の瞬間からストーリー性を持たせるために記録として写真を撮ったつもりですが、もうさん、ひどいもんでしょ?

もうーすさんのようなすばらしい写真なんて、撮れませんよ(笑)。

余裕がない中で、もうーすさんはどうしていつもあんないい写真を残せるのか?

プロとアマの差はあれど、私の写真は、やばすぎますね。
クリックすると元のサイズで表示します

フラッシュをたいても暗いし、スマホだったし、熱でフラフラしてたからかな?

と、たくさんの言い訳を並べてみましたが、無事、なおを保護しました。

控えめな一面がある男の子ですが、本当はべったべたの甘えん坊!
クリックすると元のサイズで表示します

人間に捨てられたとしか、考えられません。
クリックすると元のサイズで表示します

どうしてか?

野良なら自分のえさ場を持っているはずですが、なおにはありませんでした。

保護後、うららさんちではじめてした「なおのうんち」は、2cmにも満たなかったそうですが、うんちの中身はなんだったと思いますか?

うららさんが気になってうんちを割ってみてくれたのです。

うんちとは名ばかりで、出てきたのは、ぐちゃぐちゃに絡まった、小さなビニールと砂利。

なおのお腹の中には、それしか入っていませんでした。

どれだけ、空腹だったのでしょう。

餓死するのも時間の問題だった気がします。

仮に近くに餌やりをする家があっても、すべての猫がそこで食べれるわけではありません。量が足りないから、当然猫同士の争いが出てくる。強い野良さんは、ごはんにありつくことができるでしょう。でも新参者のやさしいなおは、ごはんを確保することすらできなかったのです。

被災地じゃなくても、野良猫の現実は甘くありません。

いったい誰が、この子たちをここまで大きく育て、挙句、手放してしまったのでしょう。

未去勢のなおたちだけど、100歩譲って、もしかすると飼い猫かも? なんて、1%くらい考えたけど、飼い猫なら、いくら放し飼いでも、食生活はもっとマシでしょう。少なくても、ビニールと砂利しか食べていないってことはないはずです。

なおは捨てられてしまったんだね。

確信したよ。

なおにも、幸せになってもらわないと。

ってことで、ヤングにゃでしこ、メンバー追加です。

どうぞよろしくお願いします。

かつくん「なおは生後8か月位の男子です。去勢手術を終えてます。ウイルス検査(マイナス)、フロントライン、済みです。現在はうららさんのお家にいます。

それにしてもひどいうんちだね。

生きている間に、ハハに会えてよかった。

飢えていたみたいですが、健康状態は良さそうです。

今度こそいい人と暮らせるといいね。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





コメントを残す




*