シェンシェンが好き


午後、少し時間があったので、従妹のシェンシェンを連れて、近所のショッピングモールへ行ってきました。台湾で働き詰めだったシェンシェン。給料は自分のためではなく、ほぼ全額、父親の生活費に消えました。贅沢なんて、したことなかったんだろうなあ。

台湾は急成長を遂げているとはいえ、すべての人が豊かな暮らしを得られるわけではないんです。シェンシェンはよくがんばった。これからは自分のために生きてほしいです。

背なんて私より12cmも高いし、三十路前の凛とした女性ですが、私の目には、儚く、あどけない少女に映るのです。そんな風に言ったら、シェンシェンに怒られるかな?

日本語を学びたいと言ってくれて、すごく嬉しい。

餃子の皮や、薬、ちょっとした雑貨などを買ったあと、モールのカフェでお茶♪

その後通りかかった本屋の前で、シェンシェンの足が止まりました。

「いつか日本語の辞書を買う。今回は買わないけど、次回来たら……」

シェンシェンの言葉を聞いた私は、シェンシェンの手を引っ張って、本屋の中へ。

「いつかじゃなくて、今買ってあげる」

「いい。いい。お姉ちゃん、今はいい。お兄さんのお古をもらえるかもしれないし……」

遠慮がちの頑固女子シェンシェンを完全に無視し、店員と私で勝手に選びました。
クリックすると元のサイズで表示します

さんざん迷った挙句、買ったのは左側。

「日本で一番売れている」

帯のポイントが高かったから^^

シェンシェン、辞書は贅沢品じゃないの。自分には早いとかもったいないとか、そんな風に自分を蔑んではいけないよ。シェンシェンはきっと、この辞書を網羅する頭脳の持ち主だと思う。

いつも忙しくてごめんね。今は生活がいっぱいいっぱいで、なにもしてあげられなくてごめんね。台湾へ帰っちゃう前に、またお茶しよう。たくさん話そう。

家族ネタが長くなってごめんなさい(笑)。

悪いクセですね、ふふ。

「そうです。ここは犬猫ブログ。シェンシェンは人間でしょーがお母さん」
クリックすると元のサイズで表示します

「あたち、こうしてると落ち着く……」
クリックすると元のサイズで表示します

かわいいねえ

お母さん口にものを咥えているリル、超大好き♪

犬猫たちはおかげさまでみんな元気です。

まーもはさすがに辛そうな時もありますが、ギリギリのところで踏んばっています。今のところ、嘔吐はおさまっているので、私も精神的に余裕が持てます。ありがたいですね。

最近のスヌーゴン↓
クリックすると元のサイズで表示します

毛が伸びてぼさぼさになってきちゃった^^; でも、先日私が洗ったので、ふわふわですよ。

あまぱん太郎はご覧のありさま(汗)。
クリックすると元のサイズで表示します

怠惰の極みですね。

「ぼくとちがって、あまたくんは寝相がきたならしい……」
クリックすると元のサイズで表示します

そう……かな?

ほのも結構すごい姿で寝てる時あるけど?

ブログを読んで、ほのパパさんが写真を再送してくれました(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します

ほのの一時帰宅に向け、準備完了間近のようです。

私信:ほのパパさん、ルルさんからプレゼントされたこのサークルを使うなら、ケージになるよう、上を塞いだ方がいいかと。まあ、まだ日にちがあるので、おいおいやってくださいね!

かつくん「シェンシェンか。ハハはずっと台湾へ帰ってない後ろめたさと、台湾の親族になにもしてやれていない申し訳なさがあるんだよね。大切だと口で言うのはとても簡単だけど、それだけじゃ、足りないと感じているみたいです。

この前、シェンシェンがチチのカレーを食べたがったので、チチがババちゃんのお家で作ってくれたみたいですよ。ハハ妹ちゃん夫妻も呼んで、みんなで食べたんだって。家族っていいね。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





コメントを残す




*