まーもの今


今夜、点滴をしようと、まーもをベッドの下から出したチチと私は、顔面蒼白になりました。

まーもの口のまわりが、血だらけだったのです。

血をぬぐったと思われる両手も。

内臓からの吐血ではなく、口内潰瘍がひどすぎて口から血が噴き出した感じです。

点滴前に、まーもの口の周りをそっと拭きました。手も。

点滴、アルサルミンの投薬を終えたあと、また拭きました。

コットンが血に染まりました。

ハンサムなまーもに、血の汚れは似合わない。

蒸しタオルを作って、体全体を拭きました。

まーもは気持ちよさそうに目を細め、体をすり寄せてきました。ごつんごつんと音が鳴るほど激しく。私たちは体をぶつけ合わせ、お互いの存在を確かめました。

とてもいい時間だったけど、針の筵のようでもあります。

「キレイに拭いてもらった。オレ、ハンサムでしょ?」
クリックすると元のサイズで表示します

今夜撮った写真です。血だらけの姿は、撮れませんでした。

なんでこの子は、こんなに凛々しいのでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します

誰か、教えてください。まーもがこんな目に遭わなきゃならない理由を。

今まで、まーもの好きなようにさせていましたが、ベッドの下はもうダメです。

奥に隠れてしまったら、顔が見れない。

万が一、脳痙攣が起きたら、終わり。

ベッドの下で苦しみ悶えるだけ。

猫は隠れて死にたがるという意見もありますが、それは違います。猫は死に場所を求めて隠れるわけではありません。敵に見つからない場所で、じっと息をひそめながら体力を養う生き物なのです。復活を遂げるために。生きるために。

チチは最近、毎晩まーもとリルと一緒に寝ています。

ベッド下の奥深くに潜られるのは避けたいとしても、寝室への立ち入りを禁止したくない。

考えた末、チチはベッドの枠を分解。マットレスだけにしてみました。
クリックすると元のサイズで表示します

これなら一緒の空間にいられるけど、ベッドの下には行けないですね。

でもちゃんと隠れる場所も用意してあるから、ご安心くださいね。

猫の習性については、多少の知識があるつもりですから。

分解してもなお巨大なベッド枠は、保護部屋に移動。
クリックすると元のサイズで表示します

もう保護部屋とは呼べないほどごちゃごちゃですね。布団とかもぐちゃぐちゃで見苦しくてすみません。言い訳ですが、この方がまーもの点滴をしやすいのです。

分解作業が終わると、チチはスーパーへ行き、まーものごはんを買ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

口の中がこんな状態でも、まーもはまだ食べようとします。

一口でも食べてくれるなら、一口でも食べてくれるなにかを、一口でも食べてほしい。

リーナルケア、ふやかしたドライフード、ウエットを用意しました。
クリックすると元のサイズで表示します

チチによるマッサージタイム。まーもは全身で喜び、赤ちゃん猫のようにフミフミします。
クリックすると元のサイズで表示します

まーもが、がんばれますように。

まーもが、がんばりすぎませんように。

スポンサーリンク





コメントを残す




*