みゆき


チチがナンパした(チチが逆ナンパされた?)猫のみゆきちゃんについて♪
クリックすると元のサイズで表示します

体重:2.1キロ 痩せすぎではないのです。もともと小柄。

推定年齢:3~4歳? もっと若いかも。外猫の年齢はよくわからないです。

性別:女の子 不妊手術をしたあとがあります。保護された状況から考えて、地域猫や迷子猫ではなさそうなので、元飼い猫ですかね?

状態:FIV、FeLV共にマイナス。食欲旺盛で健康に見えます。けれど、片目が風邪の影響でしょぼしょぼしていて、口内炎がありました。おそらく、猫ヘ ルペスだと思われます。目については、インターフェロン入りの目薬を、口内炎については、抗生物質で様子見中。大巻先生のおススメもあって、黄金サプリ、 D-フラクションプレミアムをはじめようかと。ワクチンは済んでます。3種混合を打ちました。

性格:人が大好き。大胆不敵です。だけど人にゴマするのは初日だけ? 慣れてくると、部屋に入っても、目でご挨拶するのみ。体勢を変えずお昼寝してます (笑)。こういうタイプの女性いますよね^^; 最初だけ尽くす系の。私は最初から尽くしてないから、みゆき以下だけど(爆)。

夜は側室として、リルとともにチチの部屋で寝ています。

汚らしい写真ですが、よろしければご覧ください。
クリックすると元のサイズで表示します

みゆきが一番幅を取ってないか?(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

全部の写真のリルの表情にご注目ください。どれだけチチ好きか、わかっていただけるかと。
クリックすると元のサイズで表示します

それにしてもチチ、ハンサムな寝顔ですこと@~@
クリックすると元のサイズで表示します

リルー、お父さんは、うっとりする相手か?

「うん。大好き! 好き好き」   「ヨシヨシ。オレもリルが好きだよ
クリックすると元のサイズで表示します

「あっ! いけねー! みゆきも大好きだよ。オレって罪……」
クリックすると元のサイズで表示します

「おい。パチパチ写真撮ってないで、テーブルの上の十六茶取って」
クリックすると元のサイズで表示します

「ぐびぐびっ」
クリックすると元のサイズで表示します

まあこんな感じで、みゆき&チチ&リルは共存しています。みゆきは動じないお子なので、どこへ行っても、うまくやっていけそうな感じです。でもたまにトイレを失敗するから、里親さんになる方は、トイレを2つくらい置いてもらった方がいいかな?

保護後に知ったことですが、実はみゆき、うちのマンションのエントランスに数日間居たそう。突如どこからともなく現われたみゆきのあまりのなつっこさに、4Fに住む方と2Fに住む方が、メロメロになり、毎晩ごはんを運んでいたらしいです(笑)。

特別猫が好き! でもなさそうな住民さんが、夢中になっちゃうほどみゆきは性格がいいのです。

みゆきを保護したあと、2Fの住民さんが突然703号室を訪ねてきたんですよ。

「白っぽい猫ちゃん知りませんか? もしかして保護してませんか?」

って。

若いお嬢さんとお母さんが。

「え……うちにいますけど?」

きょとんとしながら答えたチチと私。

すると、お嬢さんはこう続けました。

「よかった! あれからずっと探してて、でもいなくて……今、お母さんに相談したら、お母さんが、田辺さんが保護しているんじゃないかって。あの白っぽい 子、外で私の膝に乗ってきたんです。かわいくて、猫缶あげて、何時間も一緒にいました。でも、飼ってあげられないから、彼氏(男友達)に相談したら…… やっと、彼がいいって! 彼の家で飼ってもらうことに決まったから、探しに来たんです」

若いお嬢さんは必死でした。

でも、私たちが保護し病院へ連れて行ったし、責任があるので、はいっと渡すわけにはいきません。みゆきのことを真剣に考えてくれるようなら、今後の通院な どもお願いしたい。若いお嬢さんが飼うのではなく、彼氏? が飼うとのことでしたので、なおさら。もう一度熟考してもらうことにしたのです。

しばらくして、若いお嬢さんから、電話がかかってきました。

「彼と話し合った結果、やっぱり飼えないかも……どうか、あの子をよろしくお願いします。いい人に渡してください」

でも、私は、素直に嬉しかった。

彼女がよく考えてくれたから。

若いお嬢さんが、みゆきに向けてくれた善意と慈悲の気持ち。

うちの近所もすてたもんじゃないな。

みゆきのご縁が正式に決まった暁には、また改めてご報告しますが、現在、みゆきにはご縁のお話があります。先住動物がいらっしゃるお家なので、慎重にやり 取りを重ねていきたいと考えています。みゆちゃんに幸せが訪れることを、切に願いながら、楽しく保護生活を送っていきますので、皆さま、またみゆきに会い に来てくださいね。よろしくお願いします。

かつくん「外の子にあたたかい眼差しを向けてくれる人がいるってことがわかって、ハハは感動したそうです。野良猫に冷たい近所の人にもまれながらここで暮らしてきたチチハハにとっては、ステキな発見でした。幸せになれる子が増えるといいですね。

それにしても、チチってナチュラル……。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





コメントを残す




*