TOKYO ZERO 勉強会


土曜の本日は早起きしてTOKYO ZEROの内輪の勉強会へ

IMG_0460

 

 

ひとりでは絶対に道に迷うとわかりきっていた私は、前日に絵本作家のスギヤマカナヨさん(呼びかけ人)に電話をかけ、会場の最寄り駅で待ち合わせてもらうことにしました。

 

カナヨさんのおかげでサクサク

IMG_0444

 

 

通りがかった店舗前に無残に行き倒れたサンタクロース発見……もうクリスマスか^^;

IMG_0442

 

 

徐々にメンバーが集まってきました。

IMG_0453

 

 

事務局の上野さん、お店の看板犬を抱っこして♪

IMG_0457

 

 

8週齢規制がメインテーマですが、他にもいろいろ学ばせていただきました。

IMG_0468

 

 

 

普段草の根活動をしている個人の私だからこそ「蛇口を締める」大事さが身に沁みます。

IMG_0467

 

 

 

終盤は今後のTOKYO ZEROについての意見交換も交わされました。

IMG_0466

 

 

2時間に渡りびっちりやりました。

 

後半、フードスタイリストのマロンさん(呼びかけ人)も参加。マロンさんの横に写った女性はモデルの小林里香さん(呼びかけ人)

fayaf

 

 

TOKYO ZEROは東京オリンピック開催までに殺処分ゼロを目標に掲げさまざまな取り組みをしていきます。支柱は以下の3本↓

①ペット産業適正化のために必要な「8週齢規制」の早期実施

②既存のセンターなどを「ティアハイム」に近づけるはたらきかけ

③「保護犬」「保護猫」との出会いを広める

 

まだ詰めるべき問題が多々ありますが、日々の活動に加え、こちらの方でも自分にできることをしていきたいと考えています。寛大なお心で見守っていただければ幸いです。

 

女性陣記念撮影(小林さん、事務局上野さん、事務局西川さん、私、カナヨさん)

fayaf (4)

 

 

そして、703号室よりお知らせがあります!

保護猫ごましおの募集を一時ストップいたします。

IMG_0058

 

 

詳しくは近日中に必ずご報告しますね。

 

 

本日のありがとう♪

 

子猫のとき里子に出したあーちゃんが約7歳で我が家に出戻ったのが去年の秋頃でした。

同じ家にいた3猫、あーちゃんのんたふく(プップ)の家族探しは大変でしたが、どうしても戻してほしい事情があったので帰って来てくれたときは全身が震えたのを覚えています。

我が家から再度卒業させたあーちゃんがmidoさんのお子になって1年!

こんなにラブラブの生活を送っています♪

fayaf (3) fayaf (2)

 

祝一年! ということで里親midoさんからプレゼントとお手紙が届きました。

IMG_0497

 

ミルフィーユのチョコおいしいです。お手紙読んでウルウル。

あーちゃんに生き直すチャンスを与えてくれてありがとうございます。

あーちゃんを珠のように大切にしてくださりありがとうございます。

卒業生たちだけが私の誇りで卒業生たちだけが私の足跡です。

 

 

 

スポンサーリンク





4件のコメント

  • ミミトマ

    今日本屋でかわいい靴のお話の絵本を見つけて、娘には早い対象年齢だったけど気に入って買いました。
    帰ってから作者解説を読んだら、スギヤマカナヨさんの写真があって、アンニイさんの!とビックリしました。
    ちょうど昨日、うちに遊びに来てくるみと遊び、猫を飼いたい(ペットショップで)と言っていた友人を思いだし、TOKYO ZEROを紹介してみようと思いました。

    • anny703

      ミミトマさま
      ぜひぜひ~! ご紹介くださいな^^
      スギヤマカナヨさんとはもうながーいお付き合いをさせてもらっていますが、児童教育に熱心な人格者です。
      カナヨさんが解説されている絵本ならきっと素敵ですね^^
      センスのいいミミトマさんのお目に留まった絵本を娘さんが読んで心癒されますように^^

  • anny703

    midoさん
    こちらこそいつもありがとうございます。あーちゃんの幸せな日々が本当にうれしいです。そしてうれしいプレゼントやお手紙を!! 本当に感謝です。
    TOKYO ZEROの方も日々の活動もどっちもそれなりにがんばっていけたらと思います^^

  • mido

    アンニイさんへ
    いつも保護活動、お疲れ様です。
    TOKYO ZEROの勉強会、殺処分ゼロを目指しての会議・活動は素晴らしいですね。
    ひと一人が出来る事は少ないですが、小さいことが集まって不幸な犬や猫がゼロになってみんな幸せになればと願ってやみません。

    ブログでのご紹介ありがとうございました♪

コメントを残す




*