ほのの卒業1


午前中は家の大掃除、午後はずっと運転しっぱなしで疲れました。これからチチのごはんを作らなきゃと思うと、はぁ~、ですが、主婦なんで、がんばります。

さて、今日は卒業ほやほやのほのについて♪
クリックすると元のサイズで表示します

ほのは誰とでも仲良くしてくれたお子なので、ほのが巣立った後は、みんな淋しそうにしています。
クリックすると元のサイズで表示します

特に、写真に写っている黒い影が(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します

ほほはほのを弟分だと思い込んで、そばを離れませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します

ふたりでいれば、スヌーゴンのケージの上だって立派な遊園地!
クリックすると元のサイズで表示します

よくこんな猫だんごをみかけたっけ?
クリックすると元のサイズで表示します

ベベナナリルとも同じお布団で眠ってくれたほのは、すっかり我が家の空気に溶け込んでいました。
クリックすると元のサイズで表示します

大きないたずらもせず、問題行動もなし。おりこうの花丸猫さんは、子だくさんの703号室ゆえに、後回しにされる回数も多かった気がします。我慢させてしまったこともいっぱいあったかも。特に、食いしん坊にはごはんの順番待ちが辛かったんじゃないかな^^;

早く食べたくって、泣きながら一生懸命空腹を訴えていたもんね。

私もチチも、つい甘くなって、どんどんあげてしまうから、保護当初より、だいぶまるくなってしまいました。でも、ふくよかになっても、ほのはお笑い系じゃなくて、やっぱりハンサムなんですよ。ふふ。

ほのはこれからひとりっ子として、生きていくことになります。ひとりっ子って淋しそうなイメージがあるけれど、里親さんご夫婦の愛情を一身に受けられるので、いいことも多いはず。

お見合い時に里親さんの足もとに自分からやってきたほの↓
クリックすると元のサイズで表示します

おやつで釣ったとはいえ、シャイなほのが意外な行動を取ったので、ルルさんも私もにっこり。写真はルルさんのカメラで撮ったものです! お見合いは、騒々しい703号室ではなく、うちのマンションの会議室(密室)で行いました。だからいつもの我が家とは、違う雰囲気でしょ?

これもお見合い時の一枚。ルルさんが撮ったのですが、すっごく美男子じゃないですか?
クリックすると元のサイズで表示します

お見合い後、里親さんにこの写真を送ったら、PCのTOP画面にはりつけてくれました。毎日ほのの写真を眺めながら、お届けの日を指折り数えていたんでしょう。

ほのの里親さんは、猫と暮らすかどうか、すごく真剣に悩んだそうです。だから、「いつでも里親募集中」のHPでほのをみつけても、すぐにはお問い合わせを せずに、しばらくほのの様子を見守ってくださっていたそうです。衝動的で感情的なお問い合わせではなく、じっくり考えた末の結論でした。一本筋の通ったブ レないご夫婦ですね。

同じ公園にいた他の猫たちに比べ、保護されたのが遅かったほのですが、ようやく、幸せの切符を手に、我が家を巣立っていきました。ほのを保護したルルさんや、ほのに関わってくれた方々に、感謝の気持ちでいっぱいです。どうも、ありがとうございました。

出発前のほの
クリックすると元のサイズで表示します

え? なにがなんだかわからんって?

私のスタンダードな「お届けスタイル」ですよ(笑)。

ハードキャリーにバスタオルや毛布を敷き(この時も敷いていましたがほのがずらしちゃいました)、洗濯ネットに入った猫を入れて、取っ手やカギの連結部分はすべてガムテープをペタペタはります。

果たしてここまでやる必要があるかどうかは、個人の判断ですが、私は絶対に猫を脱走させたくないので、これが普通です。ネットに入ったほうが猫は落ち着 くってことを知らない方が多いから、このスタイルだけをみるとギョッとされてしまうのですが、動物病院などでは、よく誉められます(笑)。まあ、ガムテー プが汚いって言われるけど。

猫を移動させるのは、ものすごくあぶないことなんです。

一歩間違ったら、猫の死に繋がります。

私は猫のハーネスも一切信用していないし、機能性の低い、やわなキャリーも信じません。

余談ですが、私は昔、お台場でキャリーから飛び出してそのまま車道に突っ込んでいった猫をみたことがあります。飼い主さんは慌てていましたが、あれじゃあ、あとの祭りです。あそこは、車が猛スピードで駆け抜けるかなりあぶない場所でした。

ハーネスをつけた猫を、チャックの開いたキャリーにちょこんとのせて歩くことが、猫にとって気持ちいいと思ったのか? それともオシャレだと勘違いしてし まったのか? あるいは、飼い主さんのステイタスだったのか? 真意はわかりませんが、不幸が起きてからでは遅すぎます。他にも、ここに書ききれないくら い、出先で猫を逃がしてしまった人の話を知っています。話を聞くと、そのほとんどが、注意すれば防ぐことができた不幸ばかりなので残念です。

私は自分の犬猫を、自分の不注意で危険な目に遭わせたくないので、その辺は徹底することにしました。うちの里親さんがた、大丈夫ですか? 移動の際は、慎重に慎重を重ねてくださいね。あとで悲しい思いをしないように。

と、また話が逸れまくってしまった私ですが、いいかげん夕飯の支度をしないといけないので、つづきはまたあとで! ほのの安全を守ってくださるよう里親さ んにはお願いしましたし、里親さんは私に言われなくてもそのつもりだったので、ほのは安全で快適な新生活を送っています^^ ほののお坊ちゃまぶりはこの 後たっぷり^^

かつくん「ハハ、また話が逸れましたね。

でも、逸れていそうで、実は全然逸れていないかも。犬や猫の安全を守れる人が、一番の“いい里親さん”、“いい飼い主さん”、“いい家族”だと思うから。

正しい管理こそ、最大の愛情、これ、ハハの座右の銘。

こんな言葉はないんですよ。ハハが勝手に作った言葉です。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





コメントを残す




*