ほしになったねこ


実は、皆さんにお知らせしなくてはならないことがあります。

少し前に、里親募集を手伝っていた猫が 5月8日、お星様になりました。まるくんは、胸のお肉がべろっと剥がれる大怪我を負い、保護主さんに助けられ病院で手当を受けていました。容態が良くなっ たら里親募集を開始しよう、そう思っていた矢先、猫エイズ・猫白血病のダブルキャリアであることが判明しました。まるくんは九州地方の猫で、保護主さ んから相談を受けて居たので、関東方面でも里親を募集しようと様々な方にリンクをお願いしたり、ご協力頂いたのですが、その途中でダブルキャリアの事 を知って、空輸を見合わせていました。

空輸と言っても、犬や猫は空調や環境が整った客室に搭乗できるわけではありません。爆音が轟く中、気圧や環境の変化と闘って、場合によっては暑さ・寒さと 闘って、貨物便で「貨物」として揺られてきます。到着してからも、すぐ引き渡してもらえるわけではなく、数時間待たされることもあります。ストレスが最大 の敵とされるエイズ・白血病を両方持ったまるくんには、ちょっと耐えられないかもしれないと判断しました。

リンクをお願いしておきながら言うのもおかしいのですが、ダブルキャリアと知った時点で、里子に出すのは難しいと思いました。どちらかならまだしも、 両方持ってしまったまるくんを迎え入れる家庭は限定されます。ダブルキャリアの先住猫が居るお宅、あるいは一頭も飼っていないお宅、もしくは先住猫と 完全に隔離できる大きなスペースを持ったお宅。可能性が無いわけではないのですが、成猫の里親探しは、ただでさえ難しい場合があります。楽観できる材料 など一つもありませんでした。だから私の母親の店で引き取ろうと思っていたのですが、空輸の問題がどうしても邪魔して前へ進めませんでした。

とっても甘えん坊で、優しくて人が大好きだったというまるくん。
まだ、推定1歳の若さでした。
迎え入れたら「長寿くん」と名付けようとチチが提案してくれました。
でも、生きることは叶わず、お星様になってしまいました。

保護主さんは、ご自身の事が色々大変な時にまるくんを保護してしまい、飼い猫3頭と合わせて路頭に迷う思いがしたと思います。でも、誰にも誉められない尊 いことを最後までやり遂げ、まるくんに良い生き場所と、死に場所を与えることが出来ました。遠方ということもあって、私はあまり力になることが出来ません でした。気持ちばかりの寄付とお手紙を送ったり、メールのやり取りをしたり・・・。せいぜいそれ位・・・。

味方が居ない環境で、朝から晩まで働き、まるくんを見舞い、飼い猫たちの世話を続ける。何ヶ月もそれを繰り返し、こちらが心配になってしまうほどでした。 治療費も本当に凄い額でした。無理言って一部教えてもらいましたが、これを払い続ける事は普通であれば難しいだろうという額で、私とチチが心ばかり送った お金は、オモチャのようにさえ思えました。

でも、とても不思議なんですよね。保護主さんはどんどん強くなるんです。最初貰ったメールでは、心配や不安の方が目立っていましたが、月日が経つにつれ、まるを保護できて良かった。まるが可愛い。まるに頑張ってもらいたい。メールの内容はそう、変化していきました。

誰にも誉められない、誰も味方が居ない、1頭の猫に莫大なお金をかけても前向きでした。私なら、同じようには出来なかったでしょう。未来を案じ、不安を嘆き、立ち止まっていたかもしれません。人は誰だって、とても弱いものだから。

まるくんは1年しか生きられませんでした。
苦しい思いもしただろうし、痛い思いもしたでしょう。
でも、ちゃんと愛されて、守られて、その生涯を立派に閉じました。
数え切れないほどの猫たちが、道端で野垂れ死にする運命に晒される中、まるくんには抱き上げてくれた温かい手がありました。

心から冥福を祈ると共に、まるくんに教えてあげたい。

苦しみや悲しみを超越した愛が、あなたには与えられたと。
あなたの苦しみや悲しみを代わってやる事は出来なかったかもしれないけれど、あなたを真っ直ぐ見つめて抱きしめてくれた人が居たことを。
そしてあなたが生まれたことに感謝して、あなたと出会えたことを喜びとしている人が居たことを。あなたは愛されて、心配されて、その尊い生涯を閉じたということを。

私の元には、多い時で一日数通、「近所に可哀相な犬が居て保護したいけどどうすれば良いか分からない。」や「何を始めたら良いか分からないけれど、何かし てみたい」というメールが届きます。どの方も、とても素晴らしい気持ちを持っていて、応援したくなるのですが私はあえて突き放すようにメールを返していま す。

「大変ですよ。出来ますか?本当に出来るの?」そうやって・・・。

犬や猫の保護は、途中で投げたり返したり捨てたり出来ない。多少お金もかかるし、時間もかかるでしょう。きっと、誰もがそれを知っているからこそ躊躇して、誰もがそれを考えて迷うと思います。だから無理に勧めません。

ただ、一言。
正しい人間の力は果てしなく大きい。自分が知ってる自分の力より、本当の自分の力は大きい。出来ることは多い。だから自分を信じて、できる事を思い切って はじめてはいかがですか?失うものもあるかもしれない。でもそこから得るものは、誰もあなたから奪えないものになる。結局あなたの糧になる。

まるくんと出会った保護主さんは、その出会いを後悔しているようには思えません。
その出会いを糧として、救い上げた事実を誇りとして前を向いて歩いている。きっと、まるくんと出会えて良かったと感じている事を、私は知っています。

まるくん、さよなら。


生まれてきてくれて、ありがとう。

沢山の方にリンクしていただいた事、とても感謝しています。
本当にありがとうございました。

スポンサーリンク





コメントを残す




*