祈りよ届け


703号室は、保護猫めい(チャトラ女子)、保護猫大吉(キジトラ男子)、福島からやってきた リア子のの里親を募集しています。めい&大吉に会いにきてくださった方は一つ下の↓ 記事からご覧ください。めいと大吉のかわいい写真や動画がたくさんあ りますよー! 家族希望のお問い合わせを心よりお待ちしています♪

●●●●●●●●●●●●●●●●

第5話“みらいを夢見るリア子”

「わたしがお手紙を書いたのよ。未来のパパママ、わたしからのお手紙を読んでね」
クリックすると元のサイズで表示します

乱文ですが、お許しください。ペコリ。
クリックすると元のサイズで表示します

「ねえねえ、おねい、ふっくんのように、わたしにもいつか、家族ができるかなぁ? わたし、家族のあたたかい手を、ずっと待っているんだけどな」
クリックすると元のサイズで表示します

「ふっくんはね、福島時代を一緒に生き抜いた同志なの。戦友に近い存在で、女の子のわたしを、いつも守ってくれたやさしい猫さんだった。わたし、言葉にで きぬほどの辛い日々をふっくんと一緒にすごしたのよ。ふっくんはねえ、FIV、FeLVのダブルキャリアという、ハンデを背負っているの。ふっくんはその ハンデを受容し、前向きに生きていたのよ。そりゃもう、わたし以上の甘えん坊さんで、近づいてくる人間たちに、全身で愛嬌を振りまいたの。

わたしはふっくんが大好きだった。今も大好きよ。

福島時代のふっくん(写真提供:もうーすさん
クリックすると元のサイズで表示します

自慢の白い毛が、すっかり汚れてしまっているけど、ステキな猫さんでしょ?

そのふっくんがね、なんと少し前に、家族に出会ったんだよ!!

今のふっくんは、こんな風に暮らしています。(写真提供:もうーすさん)
クリックすると元のサイズで表示します

ふっくんの家族はきっと、ふっくんのこと、愛しているんだね。立派な猫タワー、猫草、猫トンネル、おもちゃ……ふっくんだけの空間、ふっくんだけの家族……」

「ごめんなさい。わたし、正直、ふっくんがうらやましいの」
クリックすると元のサイズで表示します

「ふっくんに比べたら、わたし、小さいし、存在感薄いし、幸薄そうな顔って言われたことあるし、甘えるのも、ふっくんほど上手じゃないけど……

でもおねがいっ!! わたしも、幸せになりたい!!」
クリックすると元のサイズで表示します

懸命に自分をアピールして、リア子は 本当にえらいね。ふっくんの幸せを、リア子は祝福しているのよね。そして、憧れのふっくんのように、なりたいのよね。リア子の家族探しは、簡単じゃない。 でも信じて。リア子はひとつも悪くないよ。魅力的な猫さん。リア子はリア子のままでいて。必ず、笑顔でリア子を迎えに来てくれる家族に出会える。リア子が 望む未来は、手に入る。だってこの世は、捨てたもんじゃないんだから。

リア子は健やかだよね。姉ちゃんちのどの猫よりも食欲旺盛で、イキイキしていて。

ちゃんと知ってるよ。だから安心して。

勝手にリア子の未来を杞憂して、今から悲嘆しかしなくて、盲目的にリア子の本質を殺す人じゃなく、リア子の、「今」をみてくれる家族が、現われる。楽観視しすぎかな? 私は、希望を持ちたいんだよ。希望は、リア子が私に教えてくれたんだから。

リア子は、 最悪の人災である原発事故にがんばって耐えたもんね。空腹にも、喉の渇きにも。FeLVキャリアのことは、しょうがないじゃんね。第一、未発症なんだし。 それより、生きて私たち人間を待っていてくれたリア子の、底知れぬ生命力を、私は信じているよ。誰かに笑われたとしても、構わない。リア子は生命力に溢れ た力強い猫だってことを、何度でもここに書くからね。

ふっくんのように幸せになれるよ。

それまでおりこうに待てる子~!

「はーいっ!!」
クリックすると元のサイズで表示します

かつくん「リア子、かわいいね。お手紙も上手に書けてるよね。ぼくはFIVキャリアだったけど、家族と賑やかに暮らしました。リア子にもそんな日がくるといいね。ぼくも祈ってる。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





コメントを残す




*