みらいのいろ


第4話“リア子のお部屋”

「5月26日、不妊手術を終えたわたしは、病院のケージの中で、ひっそりとお迎えを待っていたの。わたし、ようやく病院のせまいケージにも、騒がしさにも なれた頃だったけど、長くはいられない事情があったみたいで……せっかく福島からやってきたのに、命が助かったのに、いったいわたしは、どこへ行けばいい のでしょう?」
クリックすると元のサイズで表示します

おねいとけめこちゃんと、ハハが迎えにきてくれた。わたしをどこか安全な場所へ連れて行ってくれるのかしら? ここがわたしの居場所?」
クリックすると元のサイズで表示します

「ここから出ても、いいの?」
クリックすると元のサイズで表示します

いいんだよ。出ておいで! リア子はここで、ご縁を待つの。ここはね、この世の中で、私が最も信頼を寄せる姉ちゃんのお家。リア子は今日から、姉ちゃん家にお世話になって、私たちと一緒に、リア子の未来をさがすのよ。

「わ~、ここ、わたしのお部屋? MIPORINが春吉のために買ってくれた大きなケージがおねいの家に置いてある。どうして? これ、わたしがつかっていいの?」
クリックすると元のサイズで表示します

もちろん^^
MIHOさんが春吉のためにプレゼントしてくれたケージだけど、リア子のためにつかったら、MIHOさんだって喜ぶよ。リア子、ケージになれたら、徐々にフリーにするから、ひとつのお部屋、ぜ~んぶつかっていいからね。日当たりもいいし、静かだし、きっと気に入るよ♪

「ごめんなさい……わたしのために。ありがとう、嬉し涙が」
クリックすると元のサイズで表示します

※ここからは私が!

リア子の預かり先は、リアンドクシネのメンバーで、私の無二の親友の、姉ちゃんちです。姉ちゃんも“リア子預かり日記”を書いていますので、覗いてみてください。ただ、姉ちゃんのPCが壊れてしまい、今、修理に出しているそうなので、少しの間、更新が滞ると思います^^; ご容赦ください。

我が家は満杯状態で、白血病キャリアのリア子を隔離するスペースがありませんでした。リア子の預かり先で悩んでいる時に、「うちでいいよ♪」と即、快諾してくれた姉ちゃん。短い言葉の中に、姉ちゃんの深い情を感じずにはいられませんでした。

リア子は現在、姉ちゃんちの1Fのお部屋にいます。

姉ちゃんは6人と、犬5頭、猫9匹の大家族ですが、生活スペースは3F、4F部分なので、リア子とは、完全に生活空間が違います。姉ちゃんがちょくちょく 1Fのお部屋におり、リア子のお世話をつづけています。先住猫がいるお宅でも、生活空間をわけることで、白血病キャリアのリア子との共存が可能になりま す。もし、先住猫さんがいらっしゃるお宅が、リア子の里親に挙手をしてくれるなら、暮らし方について、希望者さまとともに考えていこうと思っていますの で、どんな場合も、お問い合わせください。心からのお願いです。

4Fを拠点にする犬たち
クリックすると元のサイズで表示します

猫の写真はこれだけ^^;
クリックすると元のサイズで表示します

今は幸せにみえるリア子も、永久に姉ちゃん家にいれるわけではありません。

姉ちゃんがリア子のために用意した1Fのお部屋は、実は姉ちゃんのおばあちゃんのお部屋なのです。認知症を患うおばあちゃんは、現在、長期入院中。おばあちゃんがいずれ戻ってくる可能性は極めて高いのです。だから私たちは、リア子のご縁探しを急いでいます。

しかも当初は、姉ちゃんのパパ(お父さん)に、ナイショだったんですよ。でも、すごくやさしいパパ、今は「にっこり黙認」してくれるようになりました。家 族にナイショってどうなの? って思う方もいらっしゃるかもしれませんが、私は、家族の反対を押し切ってでも、リア子の居場所を確保してくれた姉ちゃんを 心から尊敬しています。

リア子のご縁は決まっていません。お問い合わせもほとんどない状態ですが、ひと方だけ「預かり」を申し入れてくださった方がいます。すごくありがたいお話 ですよね。感謝感謝です。けれど、ここでまた環境をコロコロかえることが、リア子にとって、いいことなのか……。なので、できれば、リア子のお引っ越し は、あと1回で済ませたいと考えています。

姉ちゃんちから、未来のご家族の元へ。

預かりではなく、里親希望者さまにリア子のバトンをお渡しします。

白血病キャリアが不安ですか?

その不安を、取り除くことは、誰にもできません。

でも私たちは、リア子の里親になれる方は、幸せだと思っています。

リア子は、本当に愛らしい猫です。

リア子はリア子。

WE LOVE LIACO!

あなたリア子ちゃんっていうの? 苦労したのね。いらっしゃーい
クリックすると元のサイズで表示します

やすこママ(姉ちゃんのお母さん)と、みらいちゃん(姉ちゃんの娘)も、リア子を歓迎してくれました。やすこママ、みらいちゃん、どうもありがとう♪ 里親さんが決まるまでの間、リア子をよろしくね。

リア子が姉ちゃんちにやって来る前日が、やすこママの誕生日だったので、けめこちゃんがケーキを買ってきてくれました。私もちゃっかりごちそうになっちゃった^^;
クリックすると元のサイズで表示します

リア子、お心ある方の目に留まるといいね。

「うん」
クリックすると元のサイズで表示します

キリリ顔をして、どこをみつめているの?

「色鮮やかな、わたしの未来を……」
クリックすると元のサイズで表示します

リアンドクシネ、および703号室は、リア子の家族を募集しています!
クリックすると元のサイズで表示します

リア子に会いにきてくださった方は、パピコ代理さん力作の、リア子専用HPをご覧ください。随時情報を更新中です!!

かつくん「リア子は白血病キャリアですが、白血病キャリアの猫は、珍しくないと思います。軽く考えているわけではないよ。ただ、それがリア子のハンデになるなら、ぼくに教えてください。この世の中で、ハンデがひとつもない人なんか、いるんでしょうか?

ハンデと共存し、乗り越え、生きようとする力こそが、大切ではないですか?

リア子に興味がない方には、なにも言いません。ぼくがぼくの言葉を伝えたい相手は、リア子に惹かれていながらも、迷いがある方です。いるはずです。絶対に。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





コメントを残す




*