Faint Love


第3話 “リア子意中のヒト”

「ねーねー、おねい、ハハ~、まーだー?」
クリックすると元のサイズで表示します

「はやく支度しないと、遅れちゃうよ?」
クリックすると元のサイズで表示します

「お庭の植木のお手入れは、帰ってきてからでもできるでしょ?」
クリックすると元のサイズで表示します

「ひとりで少し遊んでなさいって言われても、今日はなんだかねずみ遊びって気分じゃなくて……」
クリックすると元のサイズで表示します

「わたし、ドキドキする。エヘ♪」
クリックすると元のサイズで表示します

リア子を輿に入れ、姉ちゃんとともに向かった先は……

「へへ」
クリックすると元のサイズで表示します

「ぼくがお世話になっている病院ですよ。リア子ちゃん、ぼくに会いに来たのかな?」
クリックすると元のサイズで表示します

「ごめんなさい……そうじゃなくて……
クリックすると元のサイズで表示します

わたしが会いたかったのは、バカ面スヌーゴンじゃなくて、その後ろにいる光明なお方の方で……

スヌーゴン、診察の邪魔だから、ハハと一緒に待合室で待っていてくれない? シッシ」

はーい、リア子ちゃん、お口あ~んってあけてね
クリックすると元のサイズで表示します

(あ、ダメ! わたし、今日はまだ、おねいに歯磨きしてもらってないっ!!)

お口の中がきれいになってる! 口内炎が消えちゃったよ。リアちゃん!
クリックすると元のサイズで表示します

(え? ほんとう? あれが効いてるのかしら? 毎日がんばって飲んでてよかった! わたし、黒木先生に口臭がきつい女だと思われたら悲しいもの)

はい。抜糸しましょうね。まずはこのババシャツをちょきちょきしなきゃ
クリックすると元のサイズで表示します

(く、黒木先生っ! い、いきなりそんなぁ

おとなしくしてて。今全部、脱がしちゃうからねー
クリックすると元のサイズで表示します

(せ、先生……)

ほーら脱げたっ
クリックすると元のサイズで表示します

(ま、待って。わたし、心の準備がまだ……すっぽんぽん姿を、黒木先生にはみせられないっ

大丈夫。力を抜いて。ぼくは、リア子ちゃんのお腹の中まで知り尽くしているんだから
クリックすると元のサイズで表示します

(え? お腹の中って……もしかして、わたし、なにか勘違いを?)

抜糸後、リア子の担当医師、黒木先生と今後のことを話し合いました。現地点ではもう、なんの治療も要らないそうです。リア子の状態はどんどんよくなってい るようです。保護当初、口の中にいくつかあった口内炎は、すべて消えました! ちゃんとお世話をすると、ここまで変わるんですね。感動しました。お世話と いっても、姉ちゃんは、良質なごはんと、サプリメントを与えているだけですけどね。

リア子、よかったねー。

パチパチ。

「ん?」
クリックすると元のサイズで表示します

黒木先生が、もうしばらく通院しなくていいって^^

「いやーーーーーーーー!!!」
クリックすると元のサイズで表示します

じゃあ、念のため、月末にもう一度ワクチンを打とうか?
クリックすると元のサイズで表示します

また来るの?』              「うんっ!」
クリックすると元のサイズで表示します

※クロキセンセイ、スミマセンデシタ(汗)。ゴキョウリョク、アリガトウゴザイマシタ。ペコリ。

かつくん「リア子、乙女だね。黒木先生のことが好きなんだね。でも、知的でやさしそうな外見が好きなわけではないんだって。実は他に理由があるらしい。それはまた今度ね。

週末は、新しくきた猫(チチが名前を発表します!)の経緯と、リア子のCMをお送りする予定です。めいと大吉のことも書きたいって。皆さま、お楽しみに。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





コメントを残す




*