あずきの明日1


「こ、ここはどこ? そういえば、ハハとKさんと一緒に、先週もここに来たような気がしますが、また今日もあずとシロタンの写真撮影ですか?」
クリックすると元のサイズで表示します

そうじゃないよ、あず。

ここはね、あずの新しいお家だよ。そして、最後のお家になると思う。

はじめは少し落ち着かないかもしれないけれど、すぐになれるからね。

あずの里親さんはね、最初はペットショップで猫を買おうと思っていたんだよ。だけど、あずのように、「家族」を求める犬猫が、たっくさ~んいることを知っ て、あずに出会うために、日々里親サイトをのぞくようになったの。あずが出戻ってきたことを、私はすごく気にしていたけれど、里親さんは、だからこそ、名 乗りをあげたいと思ってくださったんですって。ありがたいよね。

あずき専用の食器や
クリックすると元のサイズで表示します

フード、おもちゃ
クリックすると元のサイズで表示します

写真におさめきれないほどいっぱいそろえてくれたんだよ。トイレ砂は数カ月分のストックがあり、爪とぎはいたる場所に置いてあったし、猫草や、えーと、なにがあったっけ? とにかく、思いだせないほどいっぱい!

ひとつひとつの物に、気持ちを込めて、買ってくださったんだろうね。私はね、お金持ちかどうかで人を判断するのは間違いだと思うけれど、こうやって、いろいろ考えながら、犬猫が快適に暮らせるよう、心を配ってくれる人は、信じたい。信じられる気がする。

物だけじゃないよ。

里親さんは、お見合い前、家の図面を送ってくださったの。あずの新生活が、安全に、円滑に進むよう、また、私が安心できるよう、気持ちを込めてくださったのよね。

やり取りさせてもらっているうちにね、不思議と私の肩の荷がおりていくのを自覚した。私はヘラヘラと生きているばかりじゃなく、時には、大きなプレッシャーを感じてしまうタイプだからね(笑)。

あずきのお家をさがす。終の棲家をさがす。

大真面目に考えすぎて、実は吐きそうだった。

あずきに苦労をかけてしまった。そのことばかり考えていたの。

あずちゃん、ごめんね。でももう、大丈夫。
クリックすると元のサイズで表示します

あずの里親さんは、情け深く、聡明で、誠実な方たちなの。理性的で物静かな一面もありながら、よく笑う方々で、その穏やかな笑顔が、私の胸をかすめる不安 を、明快に取り除いてくれたよ。KさんもFさんも、私と同じ印象を持ってくれた。みんなで決めたご縁だから、今度こそはうまくいく。

あずちゃん、よかったね。
クリックすると元のサイズで表示します

あずのがんばりと、未来に、拍手喝采を送ります。
クリックすると元のサイズで表示します

あずにピッタリの超ステキなお宅&里親さんとの家族写真は、この後つづきます♪

お楽しみに^^

と、ここでまた図々しい女からのお願い!

「お願いの内容」、わかりますよね?(笑)

あずきは、コンテストに参加しています。

長いまわり道をしてきたあずきを応援してくれませんか?

⇒ http://contest-2011.doubutukikin.or.jp/vote/detail/311/ (ここから参加できます)

★★★どーでもいい話★★★

最後に、どーでもいいことをこだわってダラダラ書きますが、保護犬猫が卒業するたび、かつくんが、“Ⅹ○○番のだれだれ、卒業おめでとう”と祝辞を述べますよね? その「Ⅹ○○番」ですが、実は卒業した子の数ではありません。ブログで紹介した卒業生の数です。

つまり、ブログをはじめる前に、我が家を巣立った子、かつ、ブログで紹介していない子については、番号をふっていないのです。未紹介の子(大昔の卒業犬 猫)が、あと40頭超はいると思います。大昔の卒業生は、機会があったら紹介しますが、なかなかネタがきれないので、いつになることやら^^; 期待せず にお待ちください(汗)。

今回、あずきのことは、新たな番号で紹介しようと思います。よって、2年前のあずきの番号は、スヌーゴンにしました。意味わかりますかね? 私、自己満の趣味で、Ⅹ1の子の写真からずっと、PC内のフォルダー&デジタルフォトスタンドに保存しているのです。

当然、一度卒業を経験しているあずきも入っています。その、昔のあずきのところにスヌーゴンの写真と番号を入れれば、あずきが2度登場せずに済むので、そのようにします!

ね、どーでもいい話だったでしょ? しかも意味不明?

まあ、いいです(笑)。

かつくん「あずきはお名前が変わりません。Fさんが子猫の時につけてくれたあずきのままでいくそうです。あずきを預かってくれたFさんも大喜びです。あず きの家族紹介は、この次ね。ハハ、瞼が落ちそうだって。最後のどーでもいい話、ぼくはわかったけど、みなさまはどうかな? わかった上でいうなれば、ホン ト、どーでもいい話だよ! まあ、ハハにはハハのこだわりがあるんだろうけどね。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

「こ、ここはどこ? そういえば、ハハとKさんと一緒に、先週もここに来たような気がしますが、また今日もあずとシロタンの写真撮影ですか?」
クリックすると元のサイズで表示します

そうじゃないよ、あず。

ここはね、あずの新しいお家だよ。そして、最後のお家になると思う。

はじめは少し落ち着かないかもしれないけれど、すぐになれるからね。

あずの里親さんはね、最初はペットショップで猫を買おうと思っていたんだよ。だけど、あずのように、「家族」を求める犬猫が、たっくさ~んいることを知っ て、あずに出会うために、日々里親サイトをのぞくようになったの。あずが出戻ってきたことを、私はすごく気にしていたけれど、里親さんは、だからこそ、名 乗りをあげたいと思ってくださったんですって。ありがたいよね。

あずき専用の食器や
クリックすると元のサイズで表示します

フード、おもちゃ
クリックすると元のサイズで表示します

写真におさめきれないほどいっぱいそろえてくれたんだよ。トイレ砂は数カ月分のストックがあり、爪とぎはいたる場所に置いてあったし、猫草や、えーと、なにがあったっけ? とにかく、思いだせないほどいっぱい!

ひとつひとつの物に、気持ちを込めて、買ってくださったんだろうね。私はね、お金持ちかどうかで人を判断するのは間違いだと思うけれど、こうやって、いろいろ考えながら、犬猫が快適に暮らせるよう、心を配ってくれる人は、信じたい。信じられる気がする。

物だけじゃないよ。

里親さんは、お見合い前、家の図面を送ってくださったの。あずの新生活が、安全に、円滑に進むよう、また、私が安心できるよう、気持ちを込めてくださったのよね。

やり取りさせてもらっているうちにね、不思議と私の肩の荷がおりていくのを自覚した。私はヘラヘラと生きているばかりじゃなく、時には、大きなプレッシャーを感じてしまうタイプだからね(笑)。

あずきのお家をさがす。終の棲家をさがす。

大真面目に考えすぎて、実は吐きそうだった。

あずきに苦労をかけてしまった。そのことばかり考えていたの。

あずちゃん、ごめんね。でももう、大丈夫。
クリックすると元のサイズで表示します

あずの里親さんは、情け深く、聡明で、誠実な方たちなの。理性的で物静かな一面もありながら、よく笑う方々で、その穏やかな笑顔が、私の胸をかすめる不安 を、明快に取り除いてくれたよ。KさんもFさんも、私と同じ印象を持ってくれた。みんなで決めたご縁だから、今度こそはうまくいく。

あずちゃん、よかったね。
クリックすると元のサイズで表示します

あずのがんばりと、未来に、拍手喝采を送ります。
クリックすると元のサイズで表示します

あずにピッタリの超ステキなお宅&里親さんとの家族写真は、この後つづきます♪

お楽しみに^^

と、ここでまた図々しい女からのお願い!

「お願いの内容」、わかりますよね?(笑)

あずきは、コンテストに参加しています。

長いまわり道をしてきたあずきを応援してくれませんか?

⇒ http://contest-2011.doubutukikin.or.jp/vote/detail/311/ (ここから参加できます)

★★★どーでもいい話★★★

最後に、どーでもいいことをこだわってダラダラ書きますが、保護犬猫が卒業するたび、かつくんが、“Ⅹ○○番のだれだれ、卒業おめでとう”と祝辞を述べますよね? その「Ⅹ○○番」ですが、実は卒業した子の数ではありません。ブログで紹介した卒業生の数です。

つまり、ブログをはじめる前に、我が家を巣立った子、かつ、ブログで紹介していない子については、番号をふっていないのです。未紹介の子(大昔の卒業犬 猫)が、あと40頭超はいると思います。大昔の卒業生は、機会があったら紹介しますが、なかなかネタがきれないので、いつになることやら^^; 期待せず にお待ちください(汗)。

今回、あずきのことは、新たな番号で紹介しようと思います。よって、2年前のあずきの番号は、スヌーゴンにしました。意味わかりますかね? 私、自己満の趣味で、Ⅹ1の子の写真からずっと、PC内のフォルダー&デジタルフォトスタンドに保存しているのです。

当然、一度卒業を経験しているあずきも入っています。その、昔のあずきのところにスヌーゴンの写真と番号を入れれば、あずきが2度登場せずに済むので、そのようにします!

ね、どーでもいい話だったでしょ? しかも意味不明?

まあ、いいです(笑)。

かつくん「あずきはお名前が変わりません。Fさんが子猫の時につけてくれたあずきのままでいくそうです。あずきを預かってくれたFさんも大喜びです。あず きの家族紹介は、この次ね。ハハ、瞼が落ちそうだって。最後のどーでもいい話、ぼくはわかったけど、みなさまはどうかな? わかった上でいうなれば、ホン ト、どーでもいい話だよ! まあ、ハハにはハハのこだわりがあるんだろうけどね。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

スポンサーリンク





コメントを残す




*