ゆびちょうだい

今夜ほたるのケージに入り浸りのチチに聞いてみました。

 

 

「来る前反対してたじゃん? なのになんでちゅーるとかあげまくってんの?」

 

 

返ってきたのは不思議な答え……

 

 

「ほたるがさあ、お山(ピンクのクッションのことらしい)にのぼって一生懸命耳を立て澄ませるから、なんかね……いいねえかわいいねえ」

aisi (11)

 

 

 

お山(クッション)どころじゃないですよ?

 

 

蓋閉めないとサークルからふつうに外に出てきます。

 

 

「あのね チチがわたしにメロメロぎみ」

aisi (9)

 

 

 

ねー! 簡単だよねー!

 

 

「ねー! ふふ」

aisi (10)

 

 

 

ほたるのきょうだい源ちゃんの里親さんからのプレゼント(ぬいぐるみ軍団)をお友だちとして投入してみました。毛布はemi-goが持ってきたものです。

aisi (3)

 

 

 

ほたるはふかふかのベッドが大好き。遊び疲れるとお友だちたちといっしょにごちゃごちゃ寝ています。安心している顔を見ると私もニコニコ^^

aisi (2)

 

 

 

ほたるうちに来てくれてありがとう。いいご縁を見つけようね。

 

 

この子たちといると、私はときどき不安に駆られます。

 

 

余計な感傷に支配されていないかな?

 

 

過度な熱さは自分をも燃やし灰にしてしまうおそれがある。

 

 

必要なものと不必要なものの選別ができているかな?

 

 

持っているべきものと、解き放たれるべきものとのバランスは取れているかな?

 

 

負の感情や世界に支配され気力を落としてしまわぬよう、雑多な情報に惑わされ埋没してしまわぬよう、ニュートラルに戻る修練をしなくては。

 

 

極論、犬猫たちの声と里親さんの笑顔そして応援以外は雑音かもしれません。

aisi (13)

 

 

 

私もほたるみたいに「聴力」を鍛えなくては。聞く力と流す力の両方を。

aisi (12)

 

 

 

「あたしは耳もいいし顔もいいし鼻も利くの」

aisi (1)

 

 

 

「あ ハハだ」

aisi (8)

 

 

 

「ハハ~ ゆびちょうだい」

aisi (4)

 

 

 

「あハハのゆびだ ホタテ味かな? かつお味かな?」

aisi (5)

 

 

 

「ぼくが (・´з`・)してあげる」

aisi (6)

 

 

 

ありがとうポテチ。でも今日は味しなかったでしょう? 残念だったね。

 

 

ポテチに(・´з`・)してもらえるよういつもは指にちゅーるをぬっているんです。

 

 

「騙された でもいいです 先払いしたので ハハつぎはなんかくださいね」

aisi (7)

 

 

はいよ。

 

 

おやすみなさい。皆さままた明日お会いしましょう。

 

 

 

スポンサーリンク





スリスリしなきゃ

本日、風邪でダラダラ中だった私を卒業生クー太の里親MIHOさんが見舞いに来てくれました。

 

 

MIHOさん、たくさんの食料と猫たちへのかつおバー、ちゅーるのおみやげをありがとう。

 

 

MIHOさんがうちに来るとお子たちは大騒ぎ。遊んでもらったりおやつもらったりいいこといっぱいだもんね。MIHOさんがかわいい写真を撮ってくれたのでまたの機会に自慢させてください。

 

 

実葉の顔が見たかった私は、MIHOさんを助手席に乗せ病院へ

surisuri-9

 

 

 

じっとしていられない性分です。

 

 

Fさんが実葉をご自分の行きつけ病院へ入院させ、私は先生と電話で話をしただけでした。手術が近いのでどうしても直接先生にお会いしたかったのです。実葉にもね。

surisuri-2

 

 

 

事情を説明し、待合室で待たせてもらうことに^^

surisuri-6

 

 

 

MIHOさんもにっこり

surisuri-7

 

 

 

院内は猫専用の待合スペースもあり、きれいでした。

surisuri-8

 

 

 

名を呼ばれ診察室へ。実葉の腕のレントゲン画像を見せてもらいました。

surisuri-4

 

 

 

ほんとうだ。橈骨、尺骨ともに折れています。どちらかだけの骨折なら折れていない方の骨を添え木代わりにできたのですが、両方折れているとなるとやっかいだそうです。なるほど。

surisuri-5

 

 

 

これまでの検査の内容を伺い、追加でいくつかの検査を依頼。実葉の腕はもちろんのこと、内臓の損傷がないのかも気になります。Fさんから保護のいきさつを聞いていた先生も検査をした方がいいと思ったそうですが、立場的にFさんの懐事情なども考慮していたとのこと。

 

 

いやもうこの際できる検査はすべてやってくださいとお願いしました。

 

 

新たに判明した病状について箇条書きしておきます。

 

①食欲はあるが血便が出た

→膀胱や腸に損傷がないか調べてもらいました。エコー上では損傷は見つかっていません。

 

②骨盤も折れていた

→今のところ排便障害が見られないので安静にし、経過観察します。

 

③何度エコーをあてても左側の腎臓が見あたらない。腎臓が1つしかない。

→これには驚きました。マジかよと思いました。血液検査の結果腎臓の数値は悪くなかったのですが、2つあるはずの腎臓が1つしかないなんて。

 

 

外でがんばってきた実葉の姿を想像すると苦しくなりますね。お疲れさまと言いたい。

 

 

虐待を免れていたとしても腎臓が1つしかなく、FIVキャリアなら寒い冬はきつかったでしょう。

 

Fさんが私をあてにして(笑)保護してくれてよかったです。

 

 

 

実葉に会わせてもらいました。

surisuri-3

 

 

 

静かに横になっていた実葉ですが、私たちの存在に気づくとムクッと起き上がり、片足を浮かせスリスリ歓迎モードに! 性格のいいところがなんとも切ない。

surisuri

 

 

 

「わたしの お見舞いきたの? スリスリしなきゃ」

 

 

 

「タナベさん MIHOさん わたしに会いにきてくれてありがとう」

 

 

 

無事に明日を乗りこえてほしいです。

surisuri-10

 

 

 

その先の未来を私に任せてほしい。ああ。あああああ。

 

 

寝れるかわからないけれどおやすみなさい。うちのお子たちは元気です。

 

 

スポンサーリンク





実葉について

ご心配いただいている実葉についていろいろとご質問をいただきましたのでこちらで簡単に!

 

 

①ブログやSNS等で手術費のカンパを募るかについて

 

―――募りません。皆さまのお優しさお心だけありがたくたっぷりといただきます^^

 

 

 

②退院後の実葉について

 

―――まだ手術前ですので、手術の無事を祈るだけで今後のことはなにも決めていません。ですがリリースはあり得ません。ヘルパーのFさんのお宅も経済状況が厳しく、実葉と暮らすのはむずかしいでしょうから、おそらく私が責任を持って里親さんをさがす流れになると思います。

 

 

 

③傷つけた未成年について

 

―――デリケートな問題ゆえ以後はSNSとブログでの記載を控え、水面下で対策を考えていきます。専門家の友人らにはすでに方法を相談し、アドバイスをもらっています。

 

 

 

もう少ししたら入院中の実葉に会ってきます。写真撮れたら撮ってきますね!

 

 

 

LOVE

 

スポンサーリンク





実葉の手術が決まりました

今朝、ヘルパーのFさん(キットの保護主さん)が実葉(みは)を病院へ連れて行きました。

 

「病院へ行くお金がない」

 

「仕事の都合で土曜日まで病院へは行けない」

 

と言っていたのですが、昨夜顔と顔をつきあわせ早めに通院するよう話をしたのです。

 

元来は行動的な方ですから、よーくお考えになって予定を前倒しにしたのでしょう。

 

それでも先生は残念がっていました。「来るのが遅すぎる」と。

 

 

実葉に会って私の心境はまるで変わりました。

 

 

会う前はとにかくイヤで仕方がなかったのです。この手の話が多すぎる。チチは反対している。どう説得するのか? 第一、どうして私がチチのごきげんをとり、まるで自分の習いごとや旅行やわがままの許しを請うがごとく振る舞わなければならないのか? 私だって自分のお子たちで精いっぱい。いったい私はだれの尻ぬぐいに追われているのか? 私だっていろんなことをがまんしてる。無理してる。余裕ない。被害妄想にも似た気持ちでした。

 

狭い度量。小さな器。醜いですね。

 

 

人が絡むとどうしても責任の所在を明らかにしたくなるのが私の悪い癖です。

 

 

くすんだ心のままFさん宅に到着した私は、まず実葉のあまりの快活さに圧倒されました。

 

 

前足がパンパンに腫れているというのに、実葉の「歓迎モード」と「自己アピール」のすごさ。

 

 

「おきゃくさまは かみさまです」

img_5744

 

 

 

ふーん。営業力半端ないね(笑)。参りました。

 

 

実葉は小さな傷がいくつもあり、耳がただれ、毛がボサボサでした。

 

 

なのに天使みたいに清らかで、目がキラキラと輝いているのです。

 

 

人をぜんぜん疑っていないのにも驚きました。足を浮かせながら全身で突進してくるのですもんですから私の方が「おいおいだいじょうぶ?」みたいに引きぎみに・・・・・・。

 

 

かわいかった。めちゃくちゃ。

 

 

最後はこの一語に尽きます。

 

 

Fさんちの帰り道、運転しながら私は実葉の姿を笑顔で思い出していました。

 

 

人がどうのではなく、自分の問題として実葉を幸せにしたいと思いました。悶々が消え、清々しい。霧が取れてせいせいした。だれのせいにもせずに済むのは自分の精神衛生上たいせつなことです。実葉と私が出会った、結局はシンプルで自然なできごとですものね。

 

(※でもこれ以上はどうかご勘弁を。今は実葉以後のお話をお受けすることはできません)

 

 

 

「めんどうをおかけしますが よろしくおねがいします ぺこっ」

img_5735

 

 

 

くわしくはまたあらためてご報告しますが、たくさんの方に気に留めていただいているので概要だけ簡単に説明しますね。

 

 

実葉は通院後、そのまま入院となりました。現在、病院は実葉の手術に使用するプレートを注文しています。手術は14日の金曜日を予定しています。

 

骨折のレベルは「かなり酷い」だそうで、手術をしてももとの状態に戻るかはわかりません。

 

痛みの体感レベルもすさまじい模様。右前足は橈骨、尺骨、両方折れている。

 

橈骨にいたっては3等分されその上粉砕骨折。尺骨もバキッといっちゃってます。

 

骨折は本来すぐに処置や手術をしないといけないらしいので、結果的に一定期間放置されたのが悔やまれます。けれどそこを嘆いてもはじまらない。とにかく手術をしないと。

 

費用は退院まで(予後が順調なら)で約20万円。ざっくり先生が見積もってくれました。

 

退院時期は未定。経過を観察しながらおいおい決めていきます。

 

推定年齢は若い。ウイルス検査はFIVキャリア、FeLVマイナス。血液検査は異常なし。腎臓や肝臓の数値が安定しているので麻酔や手術を乗り越えられる可能性が高い。術中に亡くなる恐れはなくはないけれど、低い。

 

 

プレートとねじを使い骨を固定するため手術時間は短くはない。そもそも簡単な手術ではない。

 

 

先生の説明を聞きながら、想像より悪かったことに私は落胆を隠せませんでした。

 

 

手術が必要になったとしても、なんかパッともとに戻る気がしたのです。甘いですね。

 

だって私が会った実葉はほんとうに気丈でした。ここまでたいへんな状況だとは思えませんでした。実葉の態度と実際の体調の差が開きすぎていて頭が追いつかないです。

 

 

実葉を傷つけた犯人小学生については対策を考えています。小宮さん、直接事情を知っているFさんと相談しながら、両親、学校、町内会、警察などにアプローチする所存です。ここは私よりも実際に一連を把握し現場にも通っているFさんの得意分野かも。しかし女の子への報復行動も考えられるので、女の子の立場を最優先に考慮しなければならないのも現実です。なにもしなければ繰りかえす恐れがある、というのは認識しています。9年前も同じようなケースがあり、そのときは犯人の学校へ行き、校長先生、教頭先生、担任の先生方と話をしました。複雑な家庭環境を抱えた少年による犯行で先生たちが特別に指導することを約束してくださったのです。このたびは専門家の友人らの意見を聞いてみるつもりです。

 

 

とにかく、私は実葉をもと通りにしたい。その一念だけを強く強く願っています。手術が無事に終わるまではソワソワが止まりません。

 

 

ほかにもやらなければならないことがあって、個別の対応ができないかもしれませんが、気にかけていただきありがとうございます。皆さまのおやさしさに感謝して。

 

 

スポンサーリンク





わたしは 実葉

「みなさん こんばんは すっかり冷えこみ 秋らしい陽気になりました ごきげんいかがですか? わたしは 名のない 小ぶりな みけねこです」

nrko-5

 

 

 

「わたしの話を 少しだけきいてもらえませんか? 3日前 わたしは 信じた人の家に連れかえってもらえました 寒くなるまえに 家のなかに入るチャンス到来 胸がおどりました」

nrko-7

 

 

 

「わたしは もう ながく外でくらしています ヘルパーのFさんがわたしを知ったのは 2年前ですから いくつもの季節が わたしをとおりすぎていったのです だんちのちかくが わたしの寝床 かわいがってくれた人もいました わたしは 愛嬌ではまけません だれにでもスリスリするのがわたしの処世術 ごちそうをもらったり あたたかい手になでられたり これでもわたし 一部の人には アイドルだったのよ」

nrko-3

 

 

 

「でもやっぱり 外の世界は わたしには ひろすぎる気がしたのです こわいこともたくさんあったし さむいのも たまらなかった だからわたし 3日前は家に入れてうれしかったです

 

けれど 中に入ったのはほんのいっしゅん

 

すぐにわたしは ベランダに出され 2Fから地面めがけて叩きつけられてしまいました

 

わたしを叩きつけたのは だんちに住む小学校六年生の男子児童

 

ぜんぶを1Fで目撃したのは おなじだんちに住み おなじ小学校にかよう女の子

わたしをよく なでてくれたやさしい女の子

わたしは ショックと痛みと恐怖でまいりました ぼうっと女の子の悲鳴をきいていました いつもみたく 女の子のそばにかけよる勇気はありませんでした 物陰にかくれた わたしに 女の子が声をかけてくれたのです

 

“だいじょうぶ?”

 

だいじょうぶ とかえしたいところですが わたしはいま ぜんぜんだいじょうぶじゃないです 足痛い 耳も痛がゆい たすけてください」

 

 

「次の日 女の子は 家族を介護しにきた ヘルパーのFさんに わたしのことをいいました

“おばちゃんもかわいがってた あのみけねこ 昨日2軒となりの家の男子に ベランダから投げられて ひどいことされて ケガしてどっかにうずくまってる かわいそうだよ”

 

わたしを心配したヘルパーのFさんが わたしをさがしてくれました

 

なのにわたしは 隠れたままで Fさんにかけよる気力がありませんでした」

nrko-8

 

 

 

「ヘルパーのFさんは 仕事をおえ 帰っていきました だけど心は わたしのそばに置いていってくれたみたいです 翌日 カリカリの袋音をシャカシャカさせながら わたしをさがしてくれました おなかがへったわたしは 姿をみせるしかありませんでした」

nrko-4

 

 

 

「たぶんわたし 右前足 折れちゃった 床につけず パンパンに腫れています」
nrko-6

 

 

 

「耳もグジュグジュで 血がちょっと床にたれてしまいました」

nrko-2

 

 

 

“殺されてしまうかもしれない 放っておけないよ・・・・・・” ヘルパーのFさんは わたしをだきあげ キャリーにいれ 自転車をこいで かえりました わたしをうちに連れていってくれたのです おせわになります ヘルパーのFさん ありがとう」

 

「ヘルパーのFさんが わたしのよこで でんわをかけはじめました

“もしもし タナベさん? 仕事先でみけねこを保護しちゃったのですが病院に連れていくお金の余裕がないの なんとか力を貸していただけないでしょうか?”

でんわぐちのタナベさんと しばらくわたしのはなしをしていたみたいです

そしてさっき タナベさんが わたしにあいに きました

 

ようこそ タナベさん

わたしは具合がわるいから あまりお相手はできませんが どうぞごひいきに」

nrko

 

 

 

「タナベさんが撮った わたしの映画」

 

 

「タナベさん わたしいつもはもっと美猫なんですけど・・・・・・」

 

 

 

「名のないわたしに タナベさんが 実葉(みは)と名づけてくれました おぼえてくださいね びょういんにも連れていってもらえそうです また思いっきり走れるようになりたいなあ」

 

 

 

スポンサーリンク