みいちゃん来ました!

日々めまぐるしく変化する703号室。放出が追いつくか不安です。更新速度をあげていきますので皆さまよかったらちょくちょく覗いてください。更新が早いゆえ、記事がどんどん上積みになります。スクロールして下の分もごらんいただければうれしいです。

 

昨夜MWさまより驚きの量のシーバ&ちゅーるが届きました。やっほーの夜々子獣♪

yayakot (7)

 

 

お米、ビール、クオカード、ご支援も。何年もの間あたたかく応援してくださっているMWさまのメッセージつき。MWさまクリスマスプレゼントありがとうございました!

yayakot (8)

 

 

ポストをのぞいたらマイ太郎さんからも贈り物が! ちょっときつかった夜々子のシュシュをなおしてくれたついでにほほ、あまぱん、さぶのクリスマスシュシュも作ってくださいました。

yayakot (10)

 

 

かわいいしなんとリバーシブル。マイ太郎さんありがとうございました。

yayakot (9)

 

 

家の掃除やお礼状書きをしながらこのお方の到着を待つ(写真:あつこさん

IMG_9102

 

 

倉庫にしまったばかりのケージを再び組み立て消毒しました。

yayakot (11)

 

 

それにしても夜々子はいろんな場所に顔を出していますね。もはや景色の一部?

yayakot (3)

 

 

でしゃばりややと引っ込み思案栗子(笑)。凸凹コンビになりそうです。

yayakot (6)

 

 

栗子は名前が「すや」に変わります。里親さんがつけてくださった素敵な名前。紛らわしいかもしれませんが皆さまぜひおぼえてくださいね。

yayakot (5)

 

 

ケージから出す際は相変わらず怒りまくっていますがそこをクリアすればこねられます。

yayakot (4)

 

 

すや(栗子)さん、どうか今夜は夜鳴きを控えてください。下僕は慢性的に睡眠不足です。

 

 

「もう7時か……あつこさんそろそろ来るぞ」

yayakot (2)

 

 

あつこさんとニューフェイスの保護猫みいちゃん来ました~! ほかの猫が苦手なみいちゃんはチチの寝室に置かせてもらいます。703号室は部屋数が少なくてしんどい^^;

yayakot (13)

 

 

※ チチにはみいちゃんが着く1時間前にみいちゃんを保護する旨を話しました。「おれ聞いてねー」的なリアクション。私を冷ややかな目で見下ろしていたチチ。愚妻でごめんなさい。

 

 

あつこさんと夜々子は涙の再会。(涙の、はウソ)

yayakot (12)

 

 

床に転がりながらみいちゃんの写真を撮るあつこさん。部屋の加齢臭は大丈夫でした?

yayakot (15)

 

 

こんなこともあろうかと、チチの掛け布団、ベッドパット、シーツを丸洗いしといてよかった。

 

 

妹が私のカメラで撮ったみいちゃん。みいちゃんって名がみいさんみたいで複雑な心境^^;

yayakot (14)

 

 

美猫でしょ?

 

みいちゃんは3歳すぎの女性です。まだ1歳未満の頃にTNRされましたが、年老いた餌やりさんが他界し餌やり宅が取り壊しになったので地域猫としての「生き場」を失ったのです。

 

みいちゃんをTNR(不妊手術)した方がいきさつを知り、外で放浪していたみいちゃんを保護。けれどその方のご主人が保護活動に反対しているため家に連れて帰れず、みいちゃんは動物病院のケージ(有料)で暮らすことに。

 

あつこさんから事情を聞かされた私は、みいちゃんのご縁探しを決意。

 

みいちゃんを保護した方がみいちゃんに持たせてくれたおみやげ。ありがとうございました。

yayakot (18)

 

 

みいちゃんを703号室に入れれば10頭になってしまう。

 

うちはシニアの子、闘病中の子、人馴れしていない子ばかりなのでつい先住たちのQOLを考えてしまいましたが、ここは私の踏んばり時だと思うのです。ご縁探しが円滑に運ぶよう自分なりに考慮しているつもりですので見守っていただければ幸いです。

 

 

恒例の母の店でのディナー

yayakot (16)

 

 

あつこさんの娘さんご夫妻もいっしょです。母にキレイなお花をありがとうございました。

yayakot (17)

 

 

あつこさんたちが帰ったあと、薄汚れたリルを捕獲(爆)。

yayakot (19)

 

 

リルの首筋あたりから漂う「獣臭」に我慢の限界を感じ水責めの刑に処しました。

 

 

ドライヤーから逃げ半乾き状態のリル。濡れるとショボい。一瞬だれだかわからなくなった。

yayakot

 

 

風呂場で私に肛門腺を絞られ激怒。リルごめんね。でもさっぱりしたでしょう?

 

お母さんもリルも入浴済みだからふたりとも女子力上がったね♪

 

べべ、ナナ、リル、ほほ、あまた、さぶ

デカ円、夜々子、すや(栗子)、そしてみいちゃん!

 

キャラの濃い面々でしばらくドタバタしますが、703号室のスターたちをごひいきに!

 

LOVE!

 

スポンサーリンク





LOVE探求

保護猫いせやんはときどき間仕切りの扉をするりと交わしてリビングに入ってきます。

IMG_4275

 

 

サイドテーブルに重ねておいたクッションの上でくつろぎはじめました。

IMG_4282

 

 

おーいいせやん!

IMG_4276

 

リビングにはいせやんを怖がるほほやライバルのさぶがいるんだよ。

IMG_4286

 

 

私と保護猫スペースで一緒にあそぼう♪ いせやんの大好きなブラッシングしよう!

 

 

「やだ。おれ ここがいい!」

IMG_4289

 

 

うん。いせやん変わったね。

私やほかのお子たちがいる場所がいいんだ。

屈強で孤高の野良猫時代とはちがうよね。

いせやんの主張をぜんぶ聞いてあげられなくてごめんなさい。

でも、必ずいいご縁をさがすから!

 

 

さあ、明日からまた一週間がスタートしますね。

近頃、保護猫たちのお届けや卒業生ファミリーとの再会などで犬猫を愛する方と頻繁にお会いします。あらためて自分の周囲を見渡すと「里親になる方」「不遇な犬猫に目を留め、家族として迎え入れる方」にはいくつかの共通点があるのです。

知性と教養に富んだ(私とはちがい)奥ゆかしい方々が多いように感じます。

懐の深い想像力豊かな方々。

他を思いやり他の痛みに己の心を重ね合わせることのできる方々。

「人間力」の高さはほんとうに憧れます。

お話をしていて刺激になるし楽しいです。

 

いっぽう、ファッション感覚で犬猫たちを入手する人もいまだにあとを絶ちません。

 

売られている「血統の犬猫」に価値を見いだすすべての方へ

千度でも万度でも声をかけて差し上げたいです。

「家族は買わなくても出会えます」

道徳心溢れる社会は、健全で成熟した国家を形成していきます。

私たちの慈悲と品格が道しるべとなり、生き直すチャンスを得られる犬猫たちがいることをどうか知ってください。

命を粗末に扱う時代はそろそろ終わりにしたいですね。無関心や他人事もしかり。

ブランド、ビジュアル至上主義を超越した先に実在するLOVE! を探求して。

スポンサーリンク





タキシードのシンデレラ2

皆さまこんばんは! 間が空いてしまいましたが、天音の新居へご案内します。

 

「わたしんちは ここ?」

IMG_4146

 

 

天音の新居はなんとマイママさんちのすぐそばです。これも含めていいご縁ですね。

お届けはマイ太郎さん、マイママさんと3人で仲良く伺いました。

 

 

すでにiPadの動画や写真で拝見していましたが、実物を見て感嘆!

IMG_4169

 

 

天井部までビッチリ! 専門業者に依頼し特注した猫脱走防止柵(玄関)

IMG_4171

 

 

内側から見た図。安心ですね。

IMG_4150

 

 

先住猫くろこさんのためにつけた柵。つける前は夜遅く帰ってくるご主人さまへ毎晩、「ドアを開ける時くろこの飛び出しに気をつけて!」のメールを送るのが大変だったとか。

ご夫婦ともに安全への意識が半端じゃなく高いですね。

 

「いらっしゃい。あなたたちタキシードのゲストを連れてきたの?」

IMG_4197

 

 

「わたしが“先住くろこさん”よ。9歳の女子」

IMG_4220

 

 

海外暮らしの長かった里親さんは、買わずにシェルターから犬猫を譲渡してもらうのが当然のお考え。くろこさんのほかに「ばあさん」と名づけた猫さんとも暮らしていました。

 

在りし日の「ばあさん」

IMG_5303

 

 

虐待を受けつづけていたばあさんを里親さんがカナダのシェルターから引き取ったのはばあさんが11歳の頃。18歳の老衰で天国へ旅立つまで大切に育てていました。

過去のトラウマもありなかなか人馴れしなかったばあさん。動物病院へ連れて行くのも難儀ですし先住猫くろこちゃんとの相性も2年かかったそうです。

でも工夫しながらストレスフリーに暮らしていたのを聞き、天音も大丈夫だと確信しました。たとえはじめはむずかしくても、大らかでやさしい里親さんがくろこさんと天音の間に入り、どうにかしてくださるはずです(爆)。

 

「おてやわらかによろしく」

IMG_4219

 

 

くろこさん、天音がお世話になります。こちらこそどうぞよろしく^^

 

天音は2Fの書斎からスタートすることに

IMG_4154

 

 

天音を部屋に入れたあと、いろいろパパラッチさせてもらいました。

IMG_4178

 

 

なぜかメインのソファのほかに各部屋にもソファが……うちなんてマーキング臭のひどい10年物が一台だけなのに^^; 猫はソファが好きだからいいけど、どこでくつろいだらいいか?

IMG_4156 IMG_4140

IMG_4160 IMG_4162

 

4枚目の写真はIKEAのドールベッド。色を塗りなおして(猫が)使っています。

 

出入り自由の猫ドアと外国製のめずらしい猫トイレ

IMG_4164 IMG_4213

 

 

ソファ型の爪とぎ発見! かわいい♪ くろこちゃんと天音のふたりにそれぞれ1個ずつ!

IMG_4214

 

 

いったいこの家はどんだけソファが好きなんでしょう?(笑)

 

タワーも食事台も2つずつ。インテリアに合わせ安全な塗料で色を塗りなおしています。

IMG_4141 IMG_4148

 

 

お仕事をしながら1週間足らずで準備されたとは……びっくり。

 

「わたしの家族はなんでもスピーディなの」

IMG_4191

 

 

長年の皿洗いのバイトで培ったという「キレイ好き」の里親さんのキッチン

IMG_4172

 

 

あれー? おかしい!

私も皿洗いのバイト歴が長いはずなんですけど。私はなにも得られなかったです。

 

キッチンで見つけた天音用のチュール

IMG_4217

 

 

天音の好物を大人買いしてくださったんですね。うれしい。

準備万端のご夫婦ですが実は2匹目を引き取ることは毛頭頭になかったのです。猫と暮らしたい友人との会話で里親サイトを開き、たまたま天音に目を留めてくださったのがいきさつ。

逆境の中生き抜いてきた天音に運命を感じ、彼女の余生を一緒に過ごす決意をされました。老猫の天音に残された時間を心から慈しんでいます。

穏やかでゆっくりした話し方をする里親さんが、お見合い途中言葉を詰まらせ、目から大粒の涙をポタポタ机の上に落としました。

 

私が、「どうして天音なのですか?」と聞いてしまったから。

 

里親さんは、一生懸命お話ししようとして結局うまく答えられませんでした。

なんていうか……清らかで不器用な方。私たちはその様子を見て、里親さんが天音に深く気持ちを寄せてくださっていると実感しました。

皆さまには残念ながら「見えている部分」しかお伝えできません。お家はたしかに素敵ですが、素敵なお家に猫を譲渡するのではなく素敵な人に猫を譲渡しています^^

 

 

着いたときはコンパクトだったエクステーションテーブルが大きな食卓に早がわりしました。

IMG_4174

 

 

うちもエクステーションテーブルを数年前に買ったのですが、テーブルの上は洗濯物や書類や化粧品など私の私物置き場になっていて反省。どうして私はだらしがないのでしょう?

 

 

天ちゃんのママさんがおいしいランチを作ってくださいました。高知産のウナギでウナギ飯!

IMG_4180

 

 

美しいデザートまで!

IMG_4187

 

 

と、食べ物が出てきた段階で! ようやくカメラを取り出したマイ太郎さん(爆)。

IMG_4184

 

 

あれー?

このお方、写真教室に参加してたしか写真をがんばるって豪語していたはず。

 

食べ物しか撮らないとは……。

 

ウソ。

みんなでパチパチしていると譲渡の話ができないので写真は私がメインで担当したのです。

 

 

マイママさんもほっとして天音のそばで美魔女の笑みを浮かべていました。

IMG_4204

 

 

天ちゃんよかったね。天ちゃんの家族がぜんぶ受け止めてくれるよ。

IMG_4211

 

 

亡くなった前の飼い主さんにもいいご報告ができてなによりです。

 

伴走者マイ太郎さんの書いた天音の卒業レポもぜひご覧ください。

 

天音おめでとう~1~

天音おめでとう~2~

 

里親さんからはカードとプレゼントとご支援をいただきました。動物実験をしない会社LUSHのハチミツ石鹸。私これ昔から大好き!!

IMG_4227

 

 

カード内容はすでに書きましたが、ご自宅に揃えた材料で作ってくださったのです。

IMG_4153

 

 

心あたたまる贈り物にほっこり。

 

 

「う~~~ん♪ エンジョイ姫時間!」

IMG_5210

 

 

里親さんからはラインのグループトークで天音の近況報告がどんどん寄せられてきます。

 

 

最新は天ちゃんのために追加で買ったというケージの画像が

IMG_5302

 

 

くろこちゃんと天ちゃんを顔見知りにさせるためにご用意くださいました。なるほど。これなら同じ部屋にいられますね。ちなみに天音のほうがいばってくろこちゃんを蹴散らしています。

 

たのむよ天ちゃん(汗)。あなた後輩……

 

まあ里親さんはぜんぜん気にしていません。くろこちゃんものほほんと過ごしています。

 

里親さんが撮った動画。天音がくろこちゃんをいびっている? 最新バージョンもありますが今度マイ太郎さんにUPしてもらうとして(他力本願)今回はこちらをどうぞ↓

 

 

天ちゃんのママさんの説明つき動画。声でお人柄がわかりますね。

 

応援してくださる方々のおかげで天音は苦境の先に楽園を見つけました。

 

シンデレラになりたい保護犬猫たちは大勢います。

 

一頭でも多くの犬猫たちが幸せになれることを願いつつ!

 

LOVE!

 

かつくん「X222天音さんおめでとう。マイママさんのお宅と天音さんの新居が近いのも運命のいたずらかもしれないね。

天音さんに出会った日、ハハが暗がりの中呼んだのです。

“ねこちゃん……いるの?”

自由の身でありながら元飼い主さんの家の前を離れなかった天音さんが、自分の存在をハハに知らせるためにあげた声を聞き、ハハは“天音”という名を思いついたらしい。あのニャーはまさに天の音。まるで導かれるようにあなたは終の棲家に輿入れしたのですね。

ぼくたち犬猫と人間は深い縁で結ばれていると思います。縁を大切にしたいですね」

1-3483

 

 

スポンサーリンク





ダーリンたち どうもありがとう

卒業猫天音の記事は時間を取ってきちんと書きたいのでもう少しお待ちください^^

仕事が落ち着いたら必ずご報告します。

 

今日は私のダーリンたちとの濃厚な小話を!

 

Ⅰ「お母さん呼んだぁ?」

 

『ほほ~』

『さぶ~』

『ほほ~♪』

『さぶ~♪』

『ほほ、さぶ、ほほ、さぶ……』

 

昨日、リビングで笑いながらほほとさぶの名を連呼していたら、一度も名を呼ばれていないあまぱんが私の視界の外から突如、私のもとへ駆け寄ってきました。

 

「お母さんぼくのこと呼んだぁ?」

IMG_3713

 

 

私の膝めがけ重い体で飛んできたのです。

 

屈託のないあまぱんのまあるい目を見て、私は「ハッ」としました。

あまぱんを抱きながらほんとうに謝ったのです。

どうしようもなくダメなお母さんでごめんなさい。

あまぱんの健康に甘えて、お母さんはあまぱんにひどいことをしました。

あまぱんがそばにいてくれることが当たり前だなんて思っていません。

お母さんはあまぱんを愛しています。

もっとちゃんと気持ちを表現できるようあまぱんに淋しい思いをさせぬよう気をつけます。

シーバとブラッシングで許しを請いました。

あまぱん、どうもありがとう。ずっと一緒だよ。

 

 

Ⅱ「ケンカすんなよな」

 

これまた昨日の話ですが、人間の夕飯時足元にいた犬のナナとリルがふとしたきっかけで年に1度やるかどうかの大ゲンカをしてしまいました。ナナに首を噛まれ、リルが少し流血。

だいたい調子に乗ったリルがナナにケンカを売って負けるパターン。女同士の本気の戦いはなかなかの迫力ですが、めったにしないとはいえほかのメンバーはなれたものです。

リルの首輪を掴み別の部屋に隔離し収拾させました。

さて、つづきを食べようと席に着いた瞬間、逆毛を立てたさぶがウーウー怒りながらナナに近づき、なんと! ナナの首をかぶっと噛んだのです。

あっけにとられ、きょとん顔のナナにさぶはもう一度言い渡しました。

 

「(ウー)ごはん中はケンカすんなよな」

 

私はただただ驚きました。

 

「おれがでしゃばって犬たちをしつけてごめんな。食事中はマナーがだいじだからつい……」

IMG_3724

 

 

我が家に来て約1年半のさぶ。

たしかナナとリルのケンカははじめてだよね?

びっくりしたでしょう?

さぶ、どうもありがとうね。ナナちゃんもさぶに一喝され、反省したと思うよ。

 

 

Ⅲ「ぺろぺろぺろ……おくしり おえ ぼき いきてまち」

 

ほほとさぶは毎日薬を飲まされています。スポイトタイプの投薬をさぶは1日1回ほほは2回。

 

点滴は暴れまわるさぶですが、薬はまあまあ上手に飲めます。

いっぽうほほは、薬のスポイトを見て逃げられないと悟った直後からペロペロ舌を出し飲み込む仕草をはじめるのです。ちなみにこの時点ではまだ薬を与えていません。

親バカながら、スポイトを見て投薬に気づくほほは実に賢い猫だと思います。

 

「ぼき おくしり ちと ゆーつでち」

IMG_2200

 

 

気をつけていてもときどき薬を喉に詰まらせて苦しい思いをさせてしまう。

涙ぐみゴホゴホ咳をしながらも薬を一生懸命飲み込もうとがんばるほほを見ているのが私はつらかったりするのです。そして余計ほほを好きになってしまう。

 

ほほ、生きるって大変だよね。どうもありがとう。

 

 

Ⅳ「こっちに来いよ」

 

サスケとこのはが我が家を巣立ったあと、保護猫スペースにはいせやんが残りました。

サスケとこのはが卒業した日の夕方、家に戻るといせやんの様子がおかしい……。

 

鳴きながらサスケとこのはを探していたのです。

寝室、保護部屋、ホール、止まることなくうろつきあちこち覗いては行ったり来たり。

やっとできた仲良しの友だちをふたり一気に見失ってしまったんだね。

いせやん、ごめん。

 

それからは、輪をかけて私を呼ぶようになりました。

私は保護ゾーンとリビングを行ったり来たり忙しいです(笑)。

 

いせやん、リビングに招致したいけどほほがいせやんを怖がるの。

IMG_3968

 

 

6月中に家族募集する予定だったのに、結局手がまわらずできなかったね。

サスケもこのはも天音も家族が決まったから、次はいせやんの番だよ!

 

いせやん、どんどん近づいてきてくれてどうもありがとう。

 

今の距離感なら、いせやんの心がよく見えます。

 

 

I LOVE MY CATS!

 

 

 

スポンサーリンク





Day of happy rain ~祝! サスケこのは~

今日は703号室を巣立ったさんきゅう&寿子の新しいお家へご案内します。

さんきゅうは「サスケ」、寿子は「このは」として生きていくことになりました。

ご主人さまが考えてくださったかっこいいお名前です!

 

お届けはひとりで行きました。大荷物と2匹の猫たち。方向音痴なので母の車を借りることに。私の車はカーナビの調子がおかしいのではじめて行く場所は不安なのです。

IMG_5249

 

 

ガソリンがカラカラの状態で借りたのに、満タンにして返せとか暴力的な母(笑)。

でも有能なカーナビのおかげで迷わず時間通りに到着しました。

 

雨の中、外で待っていてくれた奥さまと息子さん。お人柄はすでにこちらの記事で紹介済みですね。お問い合わせから譲渡の日まで真剣にやり取りをつづけてくださいました。ご家族皆さまが「人徳者」そのものです。

 

 

おじゃまします!

IMG_4033

 

 

ご主人さま渾身の手作り柵。安全ですし木の雰囲気がオシャレですね。

IMG_4031

 

 

お見合いのときお会いしたご主人さまは若輩者の私の話をいろいろ聞いてくださいました。

 

 

そして真心を込め準備してくださったのです。

IMG_5248

 

 

家中すべての窓に脱走を防止する柵を設置してくださいました。一部載せておきます。

IMG_4036 IMG_4019

 

 

キッチンの勝手口は開けられるようにしてあります。ここまでやってくださるとは……。

IMG_4039

 

 

脱走防止だけではありません。萌えグッズや楽しいアレンジがいっぱい^^

IMG_4098 IMG_4095

IMG_4022 IMG_4037

IMG_4096 IMG_4049

 

 

がんばったんですけどすべてのグッズは撮りきれませんでした^^;

 

 

光が降り注ぐリビング

IMG_4043

 

 

サスケとこのはがメインでつかう和室にはお手製のキャットタワーまで♪

IMG_4028

 

 

奥に見えるのは「先住さん」たちのゾーン

IMG_4017

 

 

快適に過ごせるようにとトイレも複数ありました。

IMG_4046

 

 

器用な里親さんは猫柄のキュートな布地で

IMG_4026

 

 

パソコンカバーやソファーカバーを作ったんだそう。本気でうらやましい才能です。

IMG_4023 IMG_4025

 

 

先代ウサギ「アロマちゃん」「ミルクちゃん」。8年間ご家族に溺愛されていました。

IMG_4018

 

 

ご家族のアルバムの中にはいつもアロマミルクちゃんの姿が

IMG_4111

 

 

動物が好きでたまらないお兄さんと。おリボンつけておめかし?

IMG_4110

 

 

すでに独立されている娘さんとも仲良しです。

IMG_4119 IMG_4116

 

 

ウサギさんたちは寿命をまっとうし天国へ旅立ちましたが、このお方たちは元気いっぱいです。

 

カメの一徹さん

IMG_4054

 

 

ヘビの王子さん(数年後女性であることが判明、玉子にするか? との案も出たようです)

IMG_4065

 

 

毒はありませんし性格の穏やかな艶やか女性です。私もちょこっとさわらせてもらいました。

IMG_4062

 

 

ふふ(笑)。未知で新しい感触~!

 

実はウサギのアロマ、ミルクちゃん、カメの一徹さん、ベビの王子さんのお話を伺って私はご家族にサスケとこのはをお願いすることに決めたのです。

彼ら全員が行政処分の対象でした。慈悲深いご家族が引き取らなければすでにこの世には存在しなかった子たちです。ウサギもカメもヘビも専門的な飼育知識の要る動物たちですがご家族は一丸となり勉強しみんなを長生きさせています。専門クリニックへ通ったりして。

 

奥さまは当初「ヘビはさすがに~」と思われたそうですが、ご主人さまから事情を聞かされ「連れて帰ってもいい?」の打診を受けすぐに飼育本を買ったとか。

 

ニコニコお話しする姿を見て私は何度も泣きそうになりました。なんていうか、あったかくて。

 

 

お届け時もアジサイという名のキレイな和菓子をいただきながらたくさんお話しました。

IMG_4102

 

 

サスケ、話聞いたか?

IMG_4074

 

 

「サスケは聞いてなかったわね。わたちはちゃんと話を聞いてた。たしかにいい家族ね」

IMG_4093

 

 

いやいやこのはちゃん、あなたの家族の話ですよ?

IMG_4091

 

 

「え? ぼくたちの家族の話なの?」

IMG_4090

 

 

そうよ。すばらしいよね。

私はあなたたちのご家族の大ファンになりました。

 

なんて美しい笑顔だろう。私も将来、こういう女性になりたいです。

IMG_5186

 

 

礼儀正しくやさしく育ったイケメンの息子さん

IMG_5189

 

 

私、サスケとこのははまちがいなく幸せになると確信しています。

 

ああ……なにこの気持ち

IMG_3294 keiswaizumi (2)

 

 

出会った日も雨

 

卒業した日も雨

 

あなたたちを見送りながら雨も悪くないなあと、ふと思った。

 

 

「ハハ~ 雨降って地固まる、ですから」

IMG_3261

 

 

「ですから~」

IMG_3351

 

 

ご家族からはお手紙、猫の扇子、おいしいお菓子、ペットシーツ、ふたりの医療費、ご支援をいただきました。どうもありがとうございました。

IMG_4135

 

 

余談ですが、ふたりのきょうだい猫麦さん(元 素なう)の里親さんがサスケ&このはの里親さんとコンタクトを取ってくださり、メールでお話をしているようです。きょうだい同士の里親さんのご縁がまたいいですね。麦さんも里親さんとラブラブの日々を送っていますよ。

 

麦さんの卒業記事はこちら⇒ 「麦さんちへ」

IMG_2398

 

 

サスケとこのはの里親さんからの近況写真↓

IMG_5247

 

 

きみたちさあ、夜中の運動会はいいかげんにしなさいよ?

 

スクスク、ね。

 

のんびり、ね。

 

 

かつくん「X220サスケ、221このは卒業おめでとう♪ ぼくからもお祝いのことばをひとこと!

サスケとこのはを保護したハハは、無事に保護できた時点から大きな安堵感、幸福感に包まれていたらしい。そしてふたりを送り出した今、幸せがさらに倍増したんだって。

幸せをもらっているのは人間たちのほうかもね。

幸せをもらえる人が増えますように! ぼくからLOVE」

1-3483

 

スポンサーリンク