悲しみと喜びの両翼

皆さまが気にかけてくださった我が家のみーちゃんは、2022年3月5日の早朝5時頃に息を引き取り、本日、「さようならのお式」を経て、一足先に空へと向かって行きました。

IMG_0994

 

 

生前はみーちゃんに対して、やさしくお声がけをいただき、ありがとうございました。

 

 

推定21歳半のみーちゃんと、家族として過ごした1年5か月を私は忘れません。

IMG_1537

 

 

みーちゃんの亡骸が美しいので、正直、死の実感がわかず、「みーちゃん、起きてこないかな?」と、何度も考えました。近頃は寝てばかりだったので、長時間動かなくても違和感がないのです。

 

 

しかし、冷え切った身体に手を当てると、現実に引き戻されますね。

 

 

未練がましい私は、みーちゃんがいなくなってさびしいです。みーちゃんが大好きです。

 

 

3月2日の深夜まで、みーちゃんはみーちゃんなりの「ふつう」に見えました。

 

 

シリンジご飯だけではなく、バイキングにも精を出すことがあったのです。

IMG_1343

 

 

ときどき、ボリボリいい音を鳴らしながら、みーちゃんは夜食を楽しみました。

IMG_1344

 

 

歯なんてたった2本しか残っていないのに、えらいと思いませんか?

 

 

動きのおっとりとした小さなみーちゃんなのに、漲る生命力を感じます。

IMG_9774

 

 

私は「看取り」という言葉が実は苦手で、なるべく使わないようにしています。

 

 

また、ライフステージの“ひとつのカテゴリー”として扱われるのも不本意です。

 

 

「ああ、あの看取りの子ね?」みたいに言われたくないのです。

 

 

うまく表現できないのですが、「死に場所を与えてあげよう」、ではなく、いっしょに生きたくて、生のほうに大きなウエイトを置いて、私は家に迎え入れています。それでも、重い病気や老齢の犬猫たちは、譲渡に適さないと知っていますし、生い先が長くないのも想像できます。

 

 

けれど、たとえ残された時間がわずかだったとしても、できることは山のようにあります。

 

 

ちなみに、私が「幸せそうだなあ」と感じるシニアさんたちは、以下のとおりです。

 

①(体温調節をしづらくなるので)、暖のとれる場所にいる。

 

②脱水を起こしていない。

 

③酸素が足りている。

 

 

ほかにも、環境が清潔、危険物がない、生命維持レベルの栄養が取れている、生き物として最低限の運動ができる、など、いくつかありますが、特に意識するのは上の3点。

 

 

もちろん、自分ちにも照らし合わせています。

IMG_0271

 

 

水分は皮下補液で調整し、温活は湯たんぽと、みーちゃん専用に買ったアラジンのヒーター(人間も端っこに入れてもらっています)、そして最後は酸素室を準備しました。

IMG_0276

 

 

みーちゃんは、熟睡中は酸素室に入っていられるのですが、起きるとバタバタ出たがります。

IMG_2124

 

 

全体像

IMG_2125

 

 

だから、こうして酸素を吸入してもらっていました。

IMG_2126

 

 

酸素がみーちゃんを楽にしてくれました。

IMG_2117

 

 

ありがたい限りです。

IMG_2118

 

 

最後の夜も、穏やかな寝顔を披露してくれていたのですよ。

IMG_2123

 

 

みーちゃん、かわいいねえ……

IMG_2119

 

 

私の半生は、数えきれないほどの「はじめまして」と、「おめでとう」と、「さようなら」と、「ありがとう」を繰り返し、その上に……いえ、その中に、私自身の命が成り立っています。

 

 

俯瞰をすれば、犬猫たちは、悲しみと喜びの両翼を授けてくれる尊い存在。

 

 

究極のスィートアンドビターかもしれません。

 

 

これを書いている今も、みーちゃんのいた右の足元をついチラチラ見てしまいます。

 

 

習慣は恐ろしいし、みーちゃんがいないとしんどいですね。

 

 

みーちゃんを見送りたくもなかったし、失いたくもなかったけれど、みーちゃんと出会えたことには深く感謝しています。みーちゃんの独特の濃い雰囲気が恋しくてたまらないです。

IMG_2122

 

 

お花に囲まれた天使のような姿は、次回ブログに記録しておくことにします。

 

 

みーちゃん、みーちゃん!

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





みーちゃんの状況

近頃のみーちゃんは、私の目からは穏やかに過ごしているように映りました。

 

 

ケンのベッドを横取りした姿でも笑わせてもらっていたのです。

IMG_1179

 

 

旋回も落ち着き、円形サークルをいったん片づけようかと迷っていたところでした。

 

 

けれど、おとといの深夜に激しく嘔吐。その後も数回吐きつづけたので、心配で病院に連絡。通院するか悩んだ末に、昨夜、私がひとりで薬を取りに行くことにしたのです。

IMG_2089

 

 

通院は大事ですが、みーちゃんを動かすのが怖いというのが正直な気持ちでした。

IMG_2053

 

 

セレニア、ガスター、抗生物質の入った皮下補液を作ってもらい、私が自宅で投与しました。

IMG_2093

 

 

もちろん、主治医の中島先生と相談しながらもろもろを行っています。

 

 

目を離すときはサークルへ

IMG_2067

 

 

スヤスヤ眠ってくれる一幕もありました。

IMG_2068

 

 

投薬とシリンジご飯を終え、いっしょにリラックス

IMG_2094

 

 

みーちゃんは本当によくがんばっています。

IMG_2095

 

 

前回のエコー検査でさまざまな問題が見つかりました。そのうちのひとつが「横隔膜ヘルニアの(濃厚な)疑い」です。みーちゃんの肝臓は、あり得ない位置にあるのです。

 

 

おそらく昔、強い衝撃か、事故などに遭い、横隔膜ヘルニアになったのだろうと推察されているのです。肝臓、腎臓、心臓、脳にも異常がありそうですが、麻酔をかけてくわしい検査をする体力はみーちゃんにはないですし、私も積極的なアプローチを望んでいません。

 

 

みーちゃんの年齢を考えて現実的ではないと思うからです。

 

 

いっぽうで、血液検査の結果がよかったので、先生は驚いていました。

 

 

本日より、酸素室を自宅に設置して、みーちゃんを看ています。

IMG_2111

 

 

慢性的な鼻炎の影響かもしれませんが、努力呼吸をしているように見えることがあるので、酸素室は必要かなと。もしイヤがっても、吸入器もついているので好きな場所で使えます。

IMG_2112

 

 

朝は25mlのシリンジご飯を食べられたのですが、先ほどはもう口を開こうとしませんでした。

IMG_2116

 

 

みーちゃんは今、厳しい状況です。

 

 

保護猫あゆむの卒業記事や、保護猫七色の写真を更新するのが遅くなってしまうかもしれませんが、皆さま、ご容赦ください。私はみーちゃんと共に生きていきたいです。

 

 

看取ることに疲れました。不安やドキドキにも辟易です。

 

 

マイペースのみーちゃんは独特の雰囲気ですが、天使のような女の子です。

 

 

毛艶もだいぶキラキラになり、ごはんも一生けん命に食べてくれていました。

 

 

まだどこにも連れていかれたくないと切に切に心から願っています。

 

 

皆さまへの不義理があるかもしれませんが、お見逃しください。

 

 

そして少しだけ、祈っていただければ幸いです。

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





老いてなお2

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

またまたみーちゃん主役でブログをUPします。

 

 

うちはキラキラスターが多いので更新が追いつかないのですよ^^;

 

 

ふふ。皆さまに自慢をしたいステージママの心境です。

222 (4)

 

 

転倒などが怖いので、留守番の間はこうしてサークルに入っているみーちゃん

222 (2)

 

 

サークルの中身は必要に応じて、そのときどきで変えたりしています。

 

 

いろんなものに限りはあるのですが、有限の中でみーちゃんの安楽を追求していきたいです。

222 (3)

 

 

放牧中のみーちゃん

222 (1)

 

 

このあとケンちゃんのベッドを奪ってしまいました(笑)。

 

 

みーちゃんにやさしく譲るケンちゃんも、無遠慮なみーちゃんも、どちらもかわいいです。

 

 

お水もじょうずに飲めましたよ。

222 (5)

 

 

カメラを向けたら、ワーワーおしゃべりしてくれました。

222 (7)

 

 

みーちゃん、セクシーな目線をどうもね♡

222 (6)

 

 

ひさびさにトイレに入ってオシッコ大成功!

222 (8)

 

 

形のいい運子も出てきました。パチパチ、拍手喝采です。

222 (9)

 

 

みーちゃんの、一生けんめいな姿がどこかゆるく感じられます。

 

 

老いてなお、こうして周りをあたたかい気持ちにさせてくれてありがとう。

 

 

周りに笑顔をもたらせてくれるのは、すべてみーちゃんの徳ですね。

222 (10)

 

 

みーちゃんが生きているととてもうれしいです。

 

 

ゆるゆるといっしょに歩んでいこうね。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





みーちゃんのクル活対策

皆さまこんにちは。皆さまが気にかけてくださっている老猫みーちゃんの近況をお伝えします。

 

 

みーちゃんは本日の午後、病院へ行きます。

 

 

もともと定期健診の予約が入っていたので、血液検査等をしてもらう予定です。

 

 

先日、私が仕事でどうしても通院できなかったとき、安藤さんが通院代行を引き受けてくれたのです。いつもお世話になっている大師前どうぶつ病院が時間外だったため、ほかの病院を検討していたのですが、結局中島先生に診てもらうことができました。

IMG_0543

 

 

中島先生、安藤さん、お世話になり、ありがとうございました。

IMG_0544

 

 

みーちゃんもがんばったね!

IMG_0545

 

 

レントゲン検査の結果、折れた歯が残っていて、その悪影響がでているとのこと

IMG_0566

 

 

抗生物質入りの注射をしてもらいました。また、うっすらと胸水が溜まっているため、補液は現在、お休みしています。今後は先生と相談して量を半分にして再開する予定です。

IMG_0567

 

 

体温は少し低め。体重2.75キロ。数日前より突如みられるようになった旋回(クル活)は、脳に腫瘍かなにかができているからだとみられています。しかし、みーちゃんの年齢を考えると、手術といったような積極的なアプローチはできません。対処療法、緩和療法の道を模索します。

 

 

ここ最近まで1日のうち22時間ほど静かに眠っていたみーちゃん

IMG_0455

 

 

食欲の低下がじゃっかん気になっていたのですが、それ以外はいたってふつうに見えたのです。

IMG_0456

 

 

それがいきなりクルクルまわりはじめて、よく転ぶようにもなりました。先生いわく、みーちゃんはすでに目が見えていないので、これからはさらに安全に配慮していきます。

IMG_0525

 

 

私はみーちゃんを「看取るため」に引き取ったのではありません。

 

 

どの子も絶対「看取るため」ではないのです。

 

 

私が意識しているのは、彼ら彼女らの「死」ではなく、常に「生」のほうです。

 

 

無理やり生かす、という意味ではありません。

 

 

ただ、生をそれなりに心地よく維持するために、自分がすべきことをしながら暮らしています。

 

 

小さな体に宿る大きな命、そして重い尊厳

IMG_0526

 

 

湯たんぽとみーちゃん専用のヒーターで温活を継続中

IMG_0527

 

 

コードに絡まったり、家具にぶつかると危ないので目を離すときはサークルに入れています。

IMG_0530

 

 

XLサイズだから広々としているのですよ。人間も入れちゃうという……

IMG_0533

 

 

縞々のしっぽだけ見えていますね。さあ、みーちゃんはどこにいるでしょう?

IMG_0531

 

 

トイレはできなくなったので、洗えるトイレシーツを敷いています。

 

 

ごはんは私がシリンジであげています。

 

 

中島先生も「舌が動く限りは食べさせたほうがいい」と言ってくれました。

IMG_0528

 

 

推定21歳のみーちゃん。我が家のお姫さま♡

IMG_0541

 

 

みーちゃんの日一日を大切に、明るく共存していきたいです。

 

 

お読みくださりありがとうございました。そろそろ支度をはじめます。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





それゆけヤマト坊

昼間私はこんなものを持って家を出ました。

1yamato (2)

 

 

 

出先でプレゼント用のお弁当を買って~

1yamato (11)

 

 

 

向かった先は卒業生ポテチとコテツ家きーやんさんのお宅

 

 

ジャイアン改めコテツの正式譲渡の書類を交わすためです。パチパチ。留学生のコテツが卒業生になりましたよ。コテツの卒業記事は今週中にUPします。皆さま祝ってやってくださいね。

1yamato (12)

 

 

 

コテツのトライアルの際の写真。このときポテチ兄は私に爪を切られてしまいました^^;

IMG_2909

 

 

 

ふふ♡ 本日のひそかなお目あて「ヤマト坊」とパチっ!

1yamato (4)

 

 

 

きーやんさん夫妻がご実家の近くで保護した3匹の乳飲み子たち。体に障害のある2匹の姉妹たちは残念ながらお星さまになってしまったのですが、唯一の男子ヤマト坊はすくすく育っています。実際に会ってあまりのミニチュアさに驚きました。

1yamato (3)

 

 

 

でもこれでも保護したときの倍の大きさになったんですから、当初いかに小さかったか……

1yamato (14)

 

 

 

2時間おきにミルクをあげるきーやんさん。こまめに通院もしています。

 

 

サッと並べられた育児グッズ。すんごいあったかい感じ。

1yamato (5)

 

 

 

はいはい。ミルクを飲む前に出すもん出しちゃいましょうね。

1yamato (7)

 

 

 

自力では排泄できないのでティッシュでトントン。無事おしっこしました。

1yamato (6)

 

 

 

授乳タイム♪

1yamato (9)

 

 

 

お~ じょうずじょうず

1yamato (8)

 

 

 

私の奇声が気持ち悪いですが、動画を撮りました。

 

 

 

顔を拭かれているところとか超絶かわいい。二本はりつけておきますね。

 

 

 

体重測定。ヤマト坊は155gに成長♥

1yamato (10)

 

 

 

ヤマト坊はきーやんさん夫妻なくしてはぜったいに育たなかったでしょう。あまりにも儚い。自力で生きるのは無理なサイズですものね。改めて子猫の面倒を見る世の母猫たちの偉大さを痛感。

 

 

そしてじきに目を開くヤマト坊が最初に見る景色がきーやんさんちで、最初に出会う人がきーやんさんで本当によかったと思いました。

 

 

美しい世界からスタートしたヤマト坊は恵まれていますね。幸運の持ち主です。

 

 

100gを超えてくれたらもう大丈夫。きーやんさんはしばらく大変でしょうけれどこれからはヤマト坊の生命力がどんどん発揮されていくでしょうね。

 

 

ヤマト坊は里親探しをするかわかりません。きーやんさんは深い情をかけ向き合っています。私にできることは、きーやんさんが里親探しをすると決めた場合にいっしょに全力で動くこと。意思決定は私が意見すべきところではないので、ただおふたりを尊重し応援していく所存です。

 

 

リビングでゴロゴロさせてもらいました。きゃ~! ヤマト坊と添い寝だ!

1yamato (13)

 

 

 

私が持参した赤ちゃんサークルはピンクでした。男の子だけどいいよね?

1yamato (15)

 

 

 

コテツ、素晴らしいお家に行ったね。私のことはさっぱり忘れちゃって……

1yamato (1)

 

 

 

けれどいいのいいの。コテツが私を忘れたのは今が満たされている証拠

1yamato (16)

 

 

 

私はコテツを忘れないよ。ヤマト坊ともポテチ兄とも仲よくできてえらいね。

 

 

ALL LOVE♡

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク