ここに居るよ

不在着信の回数で、分かりました。

あいりが旅立ってしまったことを。

今はただ、冥福を祈るばかりです。

そして小さな体で闘い抜いたあいりを、全力で支えてくれたご家族に、感謝の気持ちでいっぱいです。あいりは素敵な子だけれど、独りでは多分、闘えなかった。

そこが温かい家庭だからこそ、闘えたのだと思います。

静かな闘病。
辛い闘病。

まだ2歳を過ぎたばかりの猫の早過ぎる死。
これを悲しみ、悼む思いはあります。
あいりの闘病中も、私はよくそのブログを訪れて泣きました。
どうして、どうしてあいりなの?
あいりを奪わないで。
何処にも連れて行かないで。
あいりの家族に希望を与えたい。

そういうことばかり考えていました。

死を知らされた後は、1日中何も手に付かず、ひたすら泣きました。
ご家族の思いを考えると、うまい言葉も見つかりません。

でも、あいりは最高の環境で、最高の家族と生き抜いた。
今はその事実だけが、重要だと思います。

あいりは素敵な女の子で、わがままも言わず、弱音も吐かず、パパママを困らせることなく生きて、パパママを困らせることなく逝ったよね。

あいりがあまりにも可愛くて素敵だから、居なくなってパパママは困るけど、ママがずっと泣いていたら、そっとママの胸の中に入って、ここに居るよ、と言ってあげて。


ママ、私は何処にも行かないよ。
ここに居るよ。
ママには見えないけど、ちゃんといるの。
だってここが、私のお家でしょ。
私はここで育ったんだもの。
ここで食べ、ここで遊び、ここで寝たんだもの。
ママ知ってるでしょ?
私がここで、どれだけお転婆さんだったか。
だから見えないことを嘆かないで。
ちゃんといるんだから。
ママの心の中に、ちゃんといるんだから。

あいりは703号室の卒業生。
私が自分の手で保護した子猫でした。
赤ちゃんの頃からとても美しかったです。

あいりの写真は、もっと沢山あるのですが、今はまだ整理するのが心境的に厳しいので1枚だけ載せました。可愛いあいりをもっと沢山見たいって方は

あいりの赤ちゃんの頃の記事

あいりママちゃんのブログ

へどうぞ。

「703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんのの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから。かつくんより」

スポンサーリンク





さよなら風ちゃん

金曜日、MOMOペットクリニックで保護猫トトロの診察、ほほの診察をしていると、電話が鳴りました。診察室を出て、覚悟を決めて息を整え、電話に出ました。

「30分ほど前、風太が逝きました」

私は思わずかがみ込んで、頬を伝う涙を拭いきれないでいました。

「そうですか。風ちゃん……。 お疲れ様でした。26日、会いたかったな」

今月の26日に、里親さんのお宅へ行く事が決まっていました。
風太を里子に出してから1年半、ずっと会いたいと思っていましたが、なかなか実現せず、数日前にお電話頂いた時、26日会いに行く事を約束したばかり。

その前に風ちゃんは、天国へ旅立ってしまいました。
風太の事を書いた記事がありますので、こちらをご覧ください。

風太は、車に轢かれた所を保護され、動物病院へ運び込まれた猫でした。
安楽死を免れましたが、長い間、病院のケージに入れられっぱなしで、ろくに世話をしてもらえない状況でした。その病院で土手犬たちに飲ませるフィラリアの 薬を安く売ってもらっていた私は、風太の事を聞き、会い、当時犬の愛者の里親を希望してくださっていたIさんに話し、引き取ってもらう運びとなりました。

Iさんに引き取られてからの風ちゃんは、それはもうとても幸せそうで、先住猫ちゃんと仲良く暮らし、ベランダにやってくる野良猫ちゃんから自分の家の先住 猫ちゃんを守って立ちはだかったり、同居するIさんの弟さんと一緒にご飯を食べて、お膝で眠ったり……。家族として互いを必要とし合い、楽しく暮らしてい ました。

去年、かつの闘病の時、風太も又具合が悪かったようで、私は良く電話でIさんに励ましていただきました。色々検査した結果、風ちゃんはエイズ・白血病の ダブルキャリアだったそうで、検査してからお渡ししたはずなのに、違う結果が出てしまった事に私自身、とても悩みました。2度検査してからお渡しすれ ば良かった。こんな検査結果になってしまって申し訳ない、そう思って自分を責めたりしました。
でもIさんは「あなたが悪いんじゃないのよ。こういうことは稀にあるって先生が言ってくれたし、何よりも風太を私と弟に引き合わせてくれて本当に良かっ た。風太に出会って、私も、弟もとても幸せなのよ。家に来てくれて良かったね、とずっと話しているの。本当にいい子なのよ」と言ってくれました。その言葉 と風太の頑張りに、闘病中のかつを抱えた私は、ちゃんと立っていなければと、気がつきました。

風ちゃんは、亡くなる3日前から少し食欲が落ちた以外は、気持ち良さそうに日向ぼっこをしたり、コタツに入って甘えたり、お水を飲んで排泄したり、とても穏やかだったそうです。前日まで普通に振る舞い、その終焉を迎える準備を淡々としていたのかもしれません。

亡くなる前の数時間は、歩行も困難で、体温も低かったようですが、愛するIさんに抱かれ、穏やかに死を迎え入れる事が出来ました。

風ちゃん、良かったね。

とても大変な一生だったけど、最後の1年半は、あなたにとっては宝石のような暮らしだったでしょう。ねえ、そうでしょ? 風ちゃん、良いご家族と出会え て、あなたの全てを受け入れてもらって、あなたの存在に笑ったり涙したり、あなたを心から必要としてくれて、愛してくれるご家族に出会えて、あなたは幸せ な猫さんでしたね。

本当に良く頑張りました。

風ちゃん、風ちゃん、風太、風太。

よく頑張ったね。

風ちゃんが居なくなった事は、私にとってもとても辛い事だけど、でも、風ちゃんが居なくなった事よりも、風ちゃんが居てくれたその事実が胸に沁みる。風ちゃんは素敵な猫さんですね。

お渡し時点で10歳は超えていただろうと思われた風ちゃん。色んな困難を乗り越え、家族と出会い、ちゃんと生きて、ちゃんと逝きました。

さよなら風太。

風ちゃんの事、私は絶対忘れません。

そして、最期まで看取ってくれたIさんと弟さんに、深く感謝します。
風ちゃんを幸せにしてくださって、ありがとうございました。

多くの犬猫を新しいご家庭に送り出している私ですが、送り出してから既に3頭の子が天国へ旅立ちました。

里親さんのお宅で脱走し、内臓破裂で亡くなった黒猫のダニエル。
おじに里子に出し、まだ若くして突然死した猫のpeace。

風太。

それぞれのドラマがあって、それぞれの生があって、それぞれの死がありました。
どんな死であっても死は死。
悼む気持ちを抑える事が出来ません。

でも、何故だろう、風太の死を悼むと、同時に喜びに近い気持ちが溢れてくるのは。

その死を喜んでいる訳ではなく、何だかうまく言えませんが、最高のご縁の元で、風太が旅立っていったのが嬉しいのです。と同時に、身を引き締めて、これからも良い出会いを探し、又、我が子たちに最高の生涯をプレゼントしたいと願わずにはいられません。

風ちゃんさよなら。


又いつか。

「風太君。よく頑張ったね。ぼくと一緒に遊ぼうね。男の子同士、うまくやろう!
ご家族の皆さま、風ちゃんを幸せにしてくれてありがとう。ぼくからもお礼します。かつくんより」

703号室かつくん&なな

スポンサーリンク





日記

さよならチコ

何と言ったら良いか。。。

何を言えばよいか。。。

ちょっと分からない状況ですが、

チコは今朝亡くなりました。

これ以上ないくらい病院で手厚く診て貰えて、先生と奥さまの顔を直視できない位です。乳飲み子をあんなに懸命にみてくれたなんて。。感謝の気持ちでいっぱいです。

私が死ぬ時にも、先生みてくれないかしら・・・。

200g台のチコの遺体が入っていた箱に、私が持たせた犬のぬいぐるみと、奥さまが買って下さった紫色のトルコ桔梗が飾られていました。とてもシンプルで したが、厳かでした。又、チコの首には、水色の可愛いバンダナが巻かれていて、大事にされてきたのがとっても良く分かりました。

死に顔は、

とっても穏やかでした。

不眠不休で、チコをみて下さって、愛情をかけて下さって、本当にありがたいと思っています。

そして、

応援してくださった皆さまにも感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。

私のカレンダーには、ちこたちを引き取った日からの日々のスケジュールが書いてあります。チコのいのちは、カレンダーのたった一行分でした。それがチコの寿命でした。

今日から数日間は、ベベナナリルそしてほほ孝行しなくてはなりません。
ちょっと精神的に疲れてしまいました。
汚く散らかした家もきれいに片付けないと。
チチにも来週辺り、美味しい物を作ってあげたいな。
かつの仏壇にも、綺麗なお花を飾りたいし。

数日間、こちらの更新はお休みします。
でも、同窓会は予定通り行うつもりです。同窓会のことで何かあったら個別にメールをお出ししますね。

このブログを見てくださっている方の中には、色々なことで悩まれていたり、病気の愛犬愛猫を抱えていたり、大変な方も多いことと思いますが、是非、逆境に負けず、頑張ってくださいね。心から皆さまのご多幸を祈ります。

「数日間、ダラダラするんだって。ぼくの仏壇にも綺麗なトルコ桔梗、それからかつお節を飾ってね。皆さま、応援ありがとね。」

703号室かつくん

スポンサーリンク





それから

今日は谷中墓地の周りをあても無く歩きました。

とても暑くて、体の底から夏が嫌いになったと実感しました。
かつの尻尾の一部の骨と爪をカプセルに入れてもらったので、かつも一緒です。

かつのお線香を買って、ブラブラあるいはよたよたと家路に着きました。

家に居ても地獄だし、外へ出ても救われません。

亡くなった日からずっと、パソコンを戸棚の一番奥にしまいこんで、何もかもから目を伏せる毎日を過ごしてきました。そして愚か過ぎる私は、「かつくんご飯よ。」とつい口に出してしまいます。お返事は勿論ありません。虚しい空気だけが辺りを満たします。

あまりにもきつい最期だったので、まだ書けません。
死に顔も酷く、安らかな永遠の眠りとは程遠いイメージでした。
かつの死に顔を見た人は10人。
誰一人「安らかなお顔」とは言いませんでした。

もしそんなことをお世辞で言われたら「どこを見てそう思ったのか?」と問い詰めたかもしれません。それ位苦しみを背負った死に顔でした。

かつを燃やす時、私は火葬場へ行くか迷いました。
Kさんはやめておきなさいと言ってくれました。

私は行きました。
最後に抱っこしてあげてくださいと言われ、コチコチに凍ったかつを抱くと、焼かれる釜へ放り込むことが困難で、そのまま火葬場の外へ逃げ出したい衝動に駆られ、それも叶わないと知ると、コンクリートの床に頭をつけて、よだれをながして泣きました。

小さな骨壷に収まって帰ってきたかつを抱いて、そのまま病院へ向かいました。
最後の診察の時のお金を払うためです。会計を済ませる時間さえ、苦しみ悶えるかつには無かったので、お金はいつでも良いと言われていました。

院長先生に骨壷を見せると合掌してくれました。

会計してくれた看護士が私に「落ち着いてからでも良かったんですよ。」と言ってくれたので「いいえ。この子の為にお金を払うのもこれが最後だと思うと、ちゃんと来なければと思ったものですから。もう、かつのためにお金を払うことも出来なくなるから」と言いました。

そしたら受付の看護士さんがぼろぼろ泣くので、私も崩れるように泣きました。

帰ってからの数日のことは良く覚えていません。
どのような週末を送ったのか、どのようなことを口にしたのか、今思い出そうとしても思い出せません。何処に居ても居所が無く、私は身の置き場を探さなくてはなりませんでした。

そして心臓が破れてしまうようにドクドクと動き、呼吸困難に陥る。木曜食べたのを最後にご飯が受け付けず、ようやく眠ると足をそぎ落とされる感覚に悩まされ、他にもここに書ききれないほど沢山の症状が私を蝕み、ついに、チチに連れ添ってもらって、精神科を訪ねました。

「適応障害」

何だか訳の分からない病名ですが、精神安定剤を処方され、それを飲んでボーと過ごす事を楽しみに生きています。私が行った精神科は皮肉にも、かつの通院時、毎日車で通った場所で

「かつくん、面白い建物だね。あれなんだろうね。」と話しかけていた場所でした。

これからは、毎週1度診察に行かなければなりません。

私は肝臓が悪いので、10年前にお酒をやめました。
それまでは、イメージと合うか分かりませんが、毎日浴びるほど飲みました。
10年間、いい事ばかりではなかったけど、お酒に手を伸ばしてこなかったのは、ささやかな自慢の一つ。けれど、かつの闘病が始まった6月からは、驚くほどお酒に頼る毎日を過ごしてきました。

お酒に答えを求めて飲みました。

答えなど、一つも得られないことを知りながら。

自分のことばかり書きましたが、ベベはとてもいい子です。優しく寄り添ってくれて、泣けば何処からでも飛んで来て、私にチューの嵐をプレゼント。

ナナはおとなしくて手がかかりません。ババ(母親)の家に泊まりに連れて行くと、特別扱いされたのが嬉しいのか、いつまでも笑いました。

リルはかつのお骨に向かって何度も何度も吠えて、何かを話しかけていましたが、私は何を話していたのか分かりませんでした。

ハハ妹は、私と共にかつを看取り、抱き、泣き、分骨した爪と尻尾の骨を愛しそうに抱いてOLを続けています。

チチは、ボロボロです。
703号室のブログを読むことが出来ず、あまり無邪気に笑わなくなりました。笑っていることすら罪だとばかりに何となく仕事を続け、家に帰って子猫の世話に追われています。

お世話されている水頭症の子猫、輝一(キイチ)ですが、名前を「ほほ」に変えました。チチが名前に意味を持たせるのは嫌だと言った為です。
ほほは、猫らしい動きが出来ず、トイレもジャンプもそれから歩くのも困難な状況でしたが、毎日投薬を続け、世話を続けて何とかトイレを覚え、少しだけなら歩いたり鳴いたりできるようになりました。

今月中にもう一度診察してもらって、里子に出せる状況かどうか見極めてもらうつもりでいます。もしかすると、ほほも又、短命かもしれない。それを踏まえて、先生と相談して今後のことを決めようと思っています。

生きている時から応援してくださった方々。
励ましのコメント、お手紙、メッセージ、様々な情報、プレゼント、お気持ち、おやつ、サプリメント、お灸等をご提供頂いた方、又お貸し頂いた方、本当にありがとうございました。

かつの死を悼んでくださった多くの方々。
お花や、お花代、プレゼント、お手紙、メール、コメント、メッセージ、ありがたく頂戴いたしました。個別にお返事したり、お返ししたい気持ちでいっぱいですが、今はまだ出来ません。どうか許してくださいね。どうかお許し下さい。

この場をお借りして、お礼差し上げます。
本当にありがとうございました。

亡くなる5日前のかつ。吐きっぱなしで動くことも出来なくなっていました。


この次の日から本格的な地獄を味わうことになりました。


それでも、最期まで立派に生きましたよ。


本当に立派でした。

「ハハがもうすこち、落ち着いたらあたし達の写真や楽しいお話も載せてくれるって。皆さま、又良かったら遊びに来てね。皆で待ってます。」

「まだ新しいキャラを用意してません。もうしばらくかつくんのお顔をクリックしてくださいね。お願いします。」
middle_1183825675

スポンサーリンク





かつが逝きました。

かつが逝きました。

3歳と3ヶ月と5日。

通院した回数40回。

最期は、生易しいものではありませんでした。
想像を絶するような苦しみに耐え抜いて、闘い抜いて逝きました。

こちらが驚くほど苦しんで、苦しんで逝きました。
覚悟していた苦しみの100倍程でした。

それを私とチチは、ただ見ていただけ。
何もしてやれませんでした。

かつは生きました。
そして死にました。

今まで沢山の方に応援してもらって本当にかつ共々嬉しい限りです。
最期の写真、亡くなるまでの話、未掲載の写真やエピソードは山のようにありますが、まだ載せられません。

明日灰になります。
ミッキーマウスのようなお手手も、
長くて黒い尻尾も、クリクリのお目目も、全部この世から消えてしまう。

でも、亡くなった瞬間、私はとってもほっとしました。
色んな死を見てきました。
でも、どう客観的に見ても、どう自分を慰めようとしても、かつが味わった苦しみを小さく評価できません。それ程苦しい最期でした。

何度も何度も苦しい最期と書いてしまってごめんなさい。
けれど、事実だけを書かせてください。

チチは看取れませんでした。仕事が終わって電話してきて、かつが逝った事を告げると、渋谷駅のまん前で、吠えるように泣きました。

かつはとても立派でした。
今度詳しく書きますね。
ちょっと今はご報告だけで精一杯です。

かつのために涙したり、笑ってくださったり、ここを訪れてくださって本当にありがとうございました。ありがとうございました。

「今まで応援ありがと。ぼく、やっと楽になれたよ。さよなら。」

middle_1183825675

スポンサーリンク